穏乃「……」

優希「……」

京太郎「……」

穏乃&優希「「アイコデショオッ!!!」」

京太郎「なぁ、なんであの二人あそこまでガチでジャンケンしてるんだ?」

和「……優希にとっても、穏乃にとっても……引けない勝負なんでしょうね」

憧「理由は果てしなく下らないけど、麻雀やってる時並の真剣さ……あたしは流石にここまでマジになれないわ」

京太郎「……ああ、俺もそう思うよ」

穏乃&優希「……あいこで、ショオッ!!!」

穏乃「あっ……」グー

優希「……フフフ、勝ったじぇ!シズちゃん!私の勝ちだぁ!!」パー

穏乃「くっ、くやしぃ~!!……でも負けは負けかぁ、先を譲るよ」

優希「むふふ~、それじゃ京太郎!膝を持てい!」

京太郎「はいはいっと」椅子に座る

優希「そいっ!」京太郎の膝の上に座る

穏乃「……ど、どうなの?京太郎の膝の上は……」

優希「こっ、これは!何か凄い力が湧いてきた気がするじぇ!」ジュウデンジョウタイ!

穏乃「おおっ!!凄い!!」

和「そんなオカルトありえません」

憧「プラシーボ効果なんじゃないの?」

京太郎「まぁ、この二人の場合胡桃さんがシロさんで……充電?……だったかをしてるのを見て真似したがってただけだろうし、その場のノリだよ絶対」

和&憧「ですよね~……」

??「それほどでもない」ガチャッ

京太郎「あ、あなたは!」

京太郎「シロさん!」

白望「そう、私だ……ダルい」

和「白望さん、それほどでもないとはどういう事ですか?」

憧「何か京太郎が充電でパワーを与える事が出来るって言う根拠でも?」

白望「いや、別にそんなものはないけど」京太郎の横に来る

京太郎「えっ」

白望「ただ……さ」ギュッ

京太郎「フォオオッ!?」

穏乃&優希「なっ!?」

和&憧「ワオ」

白望「京太郎に触れてる時、側にいる時、近くに感じる時……ダルくない」胸で京太郎(の頭)が埋まっている

京太郎「(ウオォォ!頑張れ!カットビングだ、オレェ!今優希が膝の上にいるんだ!耐えろォ!)」

和「……須賀君、熱いんですかね?凄い汗です」

憧「いや、あれは……そうじゃないでしょうね」

優希「ムムムッ!京太郎!」向き合う状態になり、抱きつく

京太郎「優希!?」ビクッ

優希「わ、私だっているんだじぇ?も、もう少しくらい意識してくれたっていいだろぉ!?」京太郎の胸に顔を埋める

京太郎「(何てタイミングでなんという事を!不味い、下半身への刺激は危険だから!それ以上動くなよぉ!)」

和「汗が滝みたいですよ、病院に行った方が……」

憧「いや和、あれはそうじゃなくて……」

穏乃「(仲間外れは嫌だ……昔と違って今友達は近くにいる……でも好きな人は一人だけ、京太郎だけなんだ!今動かないと、二人に京太郎を取られちゃう!)」

穏乃「京太郎!」腕に抱きつく

京太郎「シズゥ!?」ビビクン

穏乃「私には、京太郎しかいないんだよぉ……京太郎ォ……」ナミダメ

京太郎「(あ、ダメだ……我慢できないわこれ)」

優希「ピッ!?」ビクッ

白望「ん?」

穏乃「へ?」

和「?」

憧「あっ(察し)」

優希「き、京太郎のエッチ……////」

京太郎「……俺は悪くねぇ……」

三人「???」

その後しばらく優希と気まずかったり、憧に慰められたりしたそうな。

カンッ!(出番が欲しいよ京ちゃん!)