京太郎「シロさん」

白望「ん……何?」

京太郎「いや確かに誕生日ですし大抵のことはやろうと思いましたよ……でもさすがに一日中ずっと背中におぶられているってのはどうなんですか……」

白望「でもこうしておけば移動も身の回りの事も全部京太郎がやってくれる……ダルくない」

京太郎「いやだからといって……」

白望「それにいつでも京太郎分が補充できる……一石二鳥」クンカクンカ

京太郎「ちょっ! 恥ずかしいからやめてくださいよ!」

白望「京太郎も胸が当たって嬉しいくせに……」

京太郎「えっ!? いやっなんの事だか……」アタフタ

白望「……冗談」

京太郎「冗談って……まぁ何はともあれ……」

京太郎「誕生日、おめでとうございます」

白望「……ありがとう」

カンッ