咲「淡ちゃんってさ、犬みたいだよね」

淡「ほぇ?急にどうしたのサキー?あ、それちょーだい。おせんべと交換しよ」

咲「あ、うん。はいこれ」

淡「ありがとー♪うまうま♪」

咲「うーん…やっぱり犬っぽいよねぇ…」

淡「えー?この淡ちゃんのどこが犬っぽいって言うのさ?」

咲「じゃあ質問するけど…京ちゃんを見つけたらどうする?」

淡「走ってって飛びつくに決まってんじゃん!」

咲「へー…なんで?」

淡「アイツに撫でてもらうのってなんかきもちーんだよねー。何となく良いにおいもするし!」

咲「うん、やっぱり犬だ」

淡「なんで!?」

咲「いや、主人に撫でてもらって安心したり、じゃれついたり、匂いでも安心するって完璧犬の習性だよ…もうあわんわんだよ…」

淡「なんでそんなに語呂悪いの」

咲「気にするのそっちかよ」

…………

淡「!」ピコーン

咲「ん?どうしたの淡ちゃん?」

淡「今キョータローがこっちに来てる気がする!ちょっといってくるー!」パタパタ

咲「えぇ…」

キョーッタロー!! ウォワッ!?

咲「…まんま犬じゃん、やっぱり…」


カンッ