付き合う前

和「ここはこれを切って…」ムニュッ

京太郎(おおう、和っぱいがムニムニと…って違う違う折角和が時間を作ってくれたんだから集中しないと!)

和「…須賀君?聞いてますか?」

京太郎「あ、あぁ…ごめん、ちょっと考え事を」

和「もう、指導の最中はちゃんと話を聞いてください。もう一度説明しますが…」フニュン

京太郎「あの、さ、和…すごく言いづらいんだけど」

和「はい?なんでしょう」

京太郎「・・・胸、当たってる」

和「っ!!?」バッ

京太郎「……」ポリポリ

和「須賀君のエッチ…」カァァァ

京太郎(かわいい)


付き合った後

和「で、こうするとですね…」ムニュムニュ

京太郎「あの…和さん…」

和「はい?どうかしましたか?」ムニュニュン

京太郎「めっちゃ当たってます…」

和「ああ、当ててますから」

京太郎「は、はぁ…えっ?」


付き合って1年ほど

和「こういう時はですね…」フニュ

京太郎「あの、和さん…?」

和「なんですか?京太郎君」

京太郎「ちょっと固めの感触が感じられるんですけどもしかして…」

和「あぁ、ブラを外してますから」

京太郎「なんで!?」

和「なんではこっちの台詞ですよ!」バンッ

京太郎「はい!?」

和「どうして一年も付き合ってるのに手を出してくれないんですか!」

京太郎「」ブホッ

和「父のことなら大丈夫です!母に京太郎君のことを話したら今のうちにしっかり既成事実を作っておきなさい、父のことは私がどうにかするからと言っていましたから!」

京太郎「うぉおい!和のお母さん何言っちゃってるの!?」

和「こうなったらもう実力行使です!」ガバッ

京太郎「え、ちょまっ…あっ…」


その後、彼がどうなったかは本人と和のみぞが知る…

カンッ