学校であった須賀い話


あ、あの…次は私が話します

ええと、最初に話した方と内容が被ってしまうかもしれませんが……

はい、私のもその…ストーカーに関するお話なんです

し、しかも、怖いのは………

これが……”私達”のストーカーだということなんです



………私は普段、インターネットなどはあまりしないんですが、その時はTちゃんとY杏ちゃん…

あ、ええと私のお友達のH森T子ちゃんとI館Y杏ちゃんのことです

二人に教えてもらったサイトにアクセスをして覗いてみたんです

そこでは全国の雀士、主に高校生を中心にした話題でいっぱいでした

長野の清澄、大阪の姫松、奈良の阿知賀、東京の白糸台…

そして私達の高校の名前もあったので、思わずクリックをしてしまいました


するとそこに


「京太郎×N香 SS」というタイトルのものがあったのです


なぜ、京太郎君と私の名前が…?それにSSとは…?



いえ、京太郎君のことが話題に出るのはおかしくはないと思うのです

全国の麻雀部の殆どが知る名前だからです

あんなに素敵な方であれば仕方がないのでしょう…それにしても本当に京太郎君って素敵ですよね

風に流れる髪の毛、長い手足、整った顔立ちに優しい声……はぁ、本当に素敵です



……ごめんなさい、話を続けないといけませんよね


それでそのタイトルのSS?というものを読んだのです


……ああ、いま思い出しても胸が熱くなってしまいます

そこには私と京太郎君がで…デートをして、だ、だ、抱き合ったり……

…はぁぁ~





あ、ああ!すみませんすみません!私ったら、こ、こんなだらしのない顔をお見せして…!


えぇ~と…あうぅ………こほん


で、でも不思議なんですよね







こんな素晴らしい思い出をどうして私は忘れているんでしょうか






だって、そこに克明に描かれているということは京太郎君と私は確かにデートをしたという事ではないですか

それを誰かが見ていて、こうしたサイトの中でSS…というもので表現をしたのです

そうに違いありません


ほかにも私達のSSはありました

バレンタインデーに私が京太郎君にチョコをあげていたり、一緒に麻雀を打って楽しい時間を過ごしていたり、

その……き、きき、キス………!


はぁ、はぁ、はぁ……




…え?ほかの人のお話ですか?

はい、ありましたよ

TちゃんやY杏ちゃん、ほかのみんなのも


でも、それは想像の描写でしょう


話題の京太郎君とあの高校のあの子がもし付き合っていたら……という仮定のお話に過ぎません

だって私はTちゃん達が京太郎君とデートをしているところなんて見たことないのですから


あんなに可愛いみんなのことを書きたがる気持ちは理解できます

しかし、わざわざ私のことなんて書きたがるでしょうか?

こんなに地味な私のことを


ですから私が忘れてしまった事実を新聞記者のように誰かが張り付いて書き上げたのです

そうとしか考えられません

ああ、怖いです…私と京太郎君にストーカーがついているなんて



…失った京太郎君との素敵な記憶を思い出すために先週まで病院に通っていましたが、お医者様も匙を投げられました

一体、私の身に何が起こっているのでしょうか…

それに私は覚えていないのですが、京太郎君のほうはどうなのでしょう

私達のことを覚えているのでしょうか……

もし京太郎君のほうも忘れていたら…

弱い私はそれを告げられるのが怖くて彼にその事を聞けないでいます…



…今ではどこかにいるであろうストーカーの書いた私と京太郎君の"SS"を読むのが、
ささやかな楽しみになっています

怖いことですけれど…


もう私の失った記憶を記してくれるのは私達のストーカーしかいないのです…

今の私に出来ることは、主はいつか記憶を取り戻させてくれると信じて待ち続けるほかにありません…



……私のお話は以上です

次はどなたが…?


カンッ