京太郎「お、おい咲……一体どうしちまったんだよお前」

咲「京ちゃんが…京ちゃんが悪いんだもん………

 私の気持ち知ってるクセに和ちゃんやゆーきちゃんにばっかり構って、私の事なんてほったらかしで……」ブツブツ

京太郎「メールの件は気づかず放置してたのは悪かった。

   と、とりあえずその危ないのをまず下ろして落ち着け。な?」

咲「京ちゃんは優しいから色んな人に親切にしちゃうんだ、だから私の事だけを見てくれない。

 だから、わたし決めたんだよ、京ちゃんを殺せば、京ちゃんはずっとずっと私だけのものになるんだって……」カタカタ

京太郎「さ、咲…落ち着け。危ないからやめろ。な?」

咲「さよなら京ちゃん、心配しないでね!!後で私も一緒に死んであげるから!!」ダッ

京太郎「さ、咲!待て!!やめろ!!!



   やめろっつってんだろこのやろう」ペチッ

咲「あいたっ」 

京太郎「おーまーえーなー安全ハサミでも危ないからやめなさいって

   前もその前も散々いってだろーがー」ギュウウウウウ

咲「い、いひゃいいひゃいよひょうひゃん」

京太郎「つーかこの前もハサミ使おうとして指切っただのなんだの

   ビービー騒いでたのはどこのどいつだこのやろうコラ」ギュゥゥゥ

咲「だ、だって…包丁とかだったら京ちゃん死んじゃうかもしれないし…」

京太郎「ハサミでも刺しどころ悪かったら死ぬわぁぁ!!!」ギリギリギリギリ

咲「ご、ごめんなひゃいいいい ほっぺ引っ張るのやめひぇぇぇぇ」

京太郎「……くだらん心配しなくても、和とタコスはただの友達だから。

   彼女で恋人は咲だけだって」

咲「うん……でも、わたしって麻雀だけしか取り柄ないし胸だってチンチクリンだし……

  いつ京ちゃんが他の人に取られるんじゃないかって…」

京太郎「取られねーって。(ペチッ)この世のどこにオレ以外にお前みたいなのを

   面倒見れる奴がいると思ってるんだ。」ペチペチペチペーン

咲「いた、いたいって…もうそんなにペチペチしないでよぉ……うえへへへ」

京太郎(叩かれてるのになんで嬉しそうなんだろうなコイツは……)

カンッ