『この本でいいか?』


私が本棚の高いところを睨み付けていたら、彼は手を伸ばして目当ての本を取ってくれた。
同じクラスで、隣の席の男の子。

名前は確か……須賀京太郎くん、だったかな。


『よろしくな、宮永』


クラス委員決めの時。
私は風邪で休んでいてその場にいなかったので、勝手に決められていた。

図書委員だから、別に不満はなかったけど。
少し驚いたのは、彼も図書委員になったこと。

ジャンケンで決まったって、彼は言ってた。


『え……家、隣だったのか』


少し、驚いたような顔。
言われてみると、彼と一緒に帰ったのは初めてだった。

彼はハンドボール部で、私は麻雀部。
こうして帰るタイミングが重なるのは、珍しかった。


『照』

『名前で、いいよ』

『改めて、よろしくお願いします?』

『ふふ……』

『よろしくね、京ちゃん』

『良かったらさ、今度の試合見にこないか?』


ハンドボール……のルールはよくわからないけど。
練習試合の中で、背が高めの京ちゃんはよく目立っていた。

将来はスポーツ選手になったりするのかなって、『この時は』思ってた。


『ん? ま、レギュラーだし自信はあるけど……考えたことはねぇなあ』


何となく進路の話をしてみたら、返ってきたセリフ。
あれだけ目立ってたら引く手数多な筈なんだけど、どうも自覚はないみたいだった。

……なんて、考えてたんだけど。

京ちゃんが特別に目立っていたわけじゃなくて――私が京ちゃんしか見てなかったんだって、気が付いたのはもっと後の話。


『ほら、危ないぞ』


本を読みながら通学路を歩いていたら、京ちゃんが私の手を引いた。

数歩先にある段差。このまま歩いていたら、足を引っ掛けて転んでしまうところだったみたい。


『ありがとう』

『なら本はしまえよ。また転ぶぞ?』


そしたら、京ちゃんがまた引っ張ってくれるでしょ?
そう言ったら、京ちゃんは私のおデコを軽く小突いた。

『ばーか』って、京ちゃんは笑って。

それからずっと、京ちゃんは私の隣で手を握ってくれた。

そして、今。

あの日みたいに、京ちゃんは私の手を取って。


京太郎「俺と、結婚してください」


私の指に。

ダイヤモンドの、指輪をはめた。

驚きとか、喜びとか。

色んな気持ちがぐちゃぐちゃで、爆発して。

何かを言いたくても言葉にならなくて。


「……はい!」


私は、泣きながら、頷くことしかできなかった。


……さて。

普通なら、めでたしめでたしで終わる話なんだけど。


「おめでとうございますっ!!!」


焚かれる無数のフラッシュに、けたたましいシャッターの音。

我に返って現状を振り返ると。


「……あっ」


ここは、優勝記者会見を終えた後の、廊下だった。

自分で言うのもなんだけど、私は新人プロとして大きく注目を浴びている。

こんな時に、パパラッチが食いつかないわけがなかった。

マイクやカメラを向けられても、いつもみたいに気の利いたコメントは言えない。


「よっと」


固まっている私の腰に手を伸ばして、京ちゃんは私を抱き上げた。

お姫様だっこ。密かに菫が憧れていた状態。

注目を浴びる京ちゃんは、そのままカメラの前で、見せ付けるように――私に、キスをした。

再度、湧き上がる歓声。焚かれるフラッシュ。


「すいません、ちょっと通りますよ」


京ちゃんは私を抱き上げたまま、群がる報道陣の波をかき分けるように進んでいく。
情けなかったり、ヘタれることも多いクセに。

今夜の彼は、凄く強引で。
お陰様で、この後の予定を全てすっぽかしてしまった。


その後も、色んなことがあった。

私をアイドル的に売り出そうとしていた人が頭を抱えたりだとか。
先輩と試合をすると、必ず私が優先的に狙われたりだとか。
子どもが牌のおねえさんにハマったりだとか。
ストーカーみたいな人がいたりとか。

とにかく、色んなことが目まぐるしくあって。

私が転びそうになった時は、いつも京ちゃんが引っ張ってくれた。



――春の日差しは暖かく、風は涼しい。


同窓会で久しぶりに訪れた母校の屋上から見る景色は、結構変わっていた。

アレから何年も経っているから、当たり前だけど。

やっぱり、寂しいと思う気持ちはある。

卒業アルバムの写真と、眼下のグラウンドを比べて見ても、細かいところが変わってるし。

流石に年をとったなぁ、と実感する。

……こう言うと、恐ろしい顔をする先輩方を見てうちの子が泣くから、口には出せないけど。

……でも、絶対に変わらないこともあって。


「また、こんなとこで本読んでんのか」


後ろから、苦笑と溜息。

振り向かなくたって、例え声がなくたって、誰だかわかる。

私はアルバムを閉じて、ゆっくりと振り向いた。



「それじゃ、行こっか――京ちゃん」




カンッ