姫子「ねぇ…京太郎?」

京太郎「なんですか?」

姫子「京太郎って胸の好いとーね?」

京太郎「えぇ愛してます!」

姫子「私胸なかばってん、なして付き合ってくれたの?」

京太郎「それは…」

姫子「それは?」

京太郎「新道寺に来て!胸より素晴らしい物を見つけたからです!」

姫子「…そいはなに?」ドキドキ

京太郎「足です!」スバラッ!

姫子「…帰る」


京太郎「逃がさない!」ガシッ

姫子「足掴まなかで///」


京太郎「この綺麗な肌にスバラな触り心地!」

京太郎「太股もベストなむちむち具合に見えそうで見えないのも良し!」ナデナデ

姫子「あんっ、撫でなかで~///」



哩「今日も異常なーし!」

美子「平和ですね」

煌「何時も通りです」

仁美「なんもかんも2人が悪い」


カンッ!