雅枝「どないしよ…」

洋榎「どないしよ…」

絹恵「どないしよ…」


バタンッ!


京太郎「どうも須賀京太郎!緊急事態と聞いて、長野から『かがやき』と『サンダーバード』を乗り継いで、馳せ参じた次第!
    あ、これ金沢に着いたときに少し時間あったんで”あんと”で買ってきたお土産です!
    そんなことより一体どうしたんですか!?」


雅枝「ああ、ようやっと来てくれたか…すまんな京坊、お土産の方も」

洋榎「緊急事態ってのはあれのことなんや…」ビッ


浩子「………」


京太郎「……浩子さん?」


絹恵「うん、今は疲れて寝てるけど…もうそろそろ起きだすで」



浩子「…!」パチッ

洋榎「あ、くるで」

京太郎「え、なに?なにがくるんです?」


浩子「………ハァーイ京ちゃーん!今日もダルい所存なのですよー!もー!!」




京太郎「」


絹恵「京太郎君?気を確かにもって」ユサユサ

雅枝「須賀の、現実を受け止めや」ユサユサ

洋榎「ほれ、しっかりし!」ユサユサ



浩子「オーッホッホッホ!どうしたんですの京太郎!こんなん考慮しとらんって顔してますのだ!
   そうだ、一緒に釣りに行けば元気になるじぇ!すばら!」



洋榎「京太郎!………絹のおっぱい、また大きくなったらしいで」ボソッ

京太郎「マジで!?……はっ、いかん!俺としたことが現実逃避してしまってた!」

絹恵「? お姉ちゃん、何言うたの?」


京太郎「そ、それであの…」


雅枝「ふぅ…始まりは昨日のことやった」

洋榎「ホワンホワンホワンホワワーン」

雅枝「そういうのいらんから」

洋榎「ごめんちゃい」


………………


浩子「はぁ…おばちゃん、ウチって個性ないなぁ」

雅枝「藪から棒に何言うてんの?あんた充分個性ぎっちりやと思うんやけど、寧ろ濃いわ」


浩子「でも!個性的やったら!もうちょいチヤホヤされてもええやん!

   カプSSがもっと増えてもええやん!
   フェスのグッズで一人だけハブられんでもええやん!」


雅枝「おう、メタい事言うのやめーや」

浩子「ウチだって一応愛宕ファミリーなのに扱いが酷すぎるわ!うわーん!
   データキャラだなんて何か龍門淵の人と被ってるしー!あっちは巨乳やのにウチはこんなんやしー!」

雅枝「ああもう泣くな泣くな…はぁ、そんなに言うんなら、そのデータキャラ活かしたらええやん」

浩子「ぐすっ…どういうこと?」

雅枝「つまりな、個性的やって思うほかの子を…」



    参考にしたらええんやないの?


………………


雅枝「…そして今朝早くにこの子の家から電話かかってきて『何とかしてくれ』言うから行ってみたらこの状態で、
   しゃーないから連れてきて今に至るというわけ」


京太郎「アンタが悪いんやないかい」


雅枝「てへぺろ♪」


洋榎「(うわキツ)」

絹恵「(キツ)」

京太郎「(ちょっとアリかも)」キュンッ



浩子「ン!」(『何こそこそやっとーとね!三人で京太郎君を独占だなんてずっこい!』と書かれたホワイトボード)








京太郎「てゆーか何で俺呼んだんですか?千里山の人らと相談すればいいじゃないっすか」

雅枝「こんな身内の恥をよその子に見せられるか」

京太郎「…俺もよその子なんすけど」

洋榎「あっはっは!おもろいこと言うなー京太郎は!」

絹恵「もうウチらの身内みたいなもんやのにねー」

京太郎「???」


ボンッ


京太郎「いてっ!な、なんだ?これ…エトペン?」


浩子「ワターシ、丸いもの見ると蹴りたくなりマース!
   Kill the Etopen!」


絹恵「あいつ殺す!」

洋榎「落ち着け絹!」グググ…


浩子「後ひっかけの洋榎とは、格が違うさんさんころり~ほっちっち~♪」


洋榎「あいつしばく!」

絹恵「落ち着いてお姉ちゃん!」グググ…


雅枝「アカン、もう色々ぐだぐだになってる…京の字、あのコントしてる姉妹はほっといていいから何とかせ」


京太郎「俺の呼び方統一してください

    …まぁ、何とかしますよ
    そのために来たんですから」


雅枝「きゃんっ、まさえんうれピー☆」


京太郎「(これはナシだな)」

浩子「ぼっちじゃないよー、知らんけど」


京太郎「そうです、浩子さんはぼっちじゃありません」


浩子「………」


京太郎「悩むことなんてないじゃないですか、浩子さんには船久保浩子っていう立派な個性がありますよ」


浩子「……………京太郎君」


京太郎「それに、俺はそろそろいつもの浩子さんに会いたいなー、なんて…ね」


浩子「………………

   そうやね、データキャラ被ってようと、ぺったんこやろうと、ウチはウチやね…
   誰かの真似なんかせんでよかったんやね…


   気づかせてくれて、ありがとう京太郎君…」



洋榎「(チョロいなー)」

絹恵「(チョロいなー)」

雅枝「(チョロいけど、助かった)」



……


浩子「ご迷惑かけました」ペコリ


洋榎「まあ戻ってくれたんならええよ」

絹恵「そうそう」

京太郎「俺も、浩子さんの元気な顔が見れたんで満足っすよ!」

浩子「ぐすっ…みんな…」


雅枝「さっ、辛気くさい顔してないで折角京太郎もおるんやし、どっか食べにいこっか!おばちゃん奢るで!」


洋榎「ひゃっほう!さっすがオカン、本当の意味で太っぱらー!」

絹恵「最近2cm増えただけあるー!」

雅枝「あ?」

洋榎&絹恵「なんでもないですはい」


京太郎「うーん、何がいいかなー…浩子さんは?」

浩子「ウ、ウチか?そうやなー…」



タコスとからあげ入りラーメンにお菓子と緑茶を添えたのがええかなー…



愛宕一家&京太郎「え?」


カンッ