咲「京ちゃん、台所借りるね」

京太郎「おぉ、わりぃな」

和「私も手伝いましょうか?」

咲「いいよいいよ。和ちゃんも座ってて」

和「そうですか。ではお言葉に甘えて」

京太郎「二人っきりだね、和」

和「はいはい」

京太郎「ちょっとはノッてくれよ~」

咲「ん?………」

咲「ねぇ京ちゃん、バルサミコ酢なんて京ちゃん使うの?」

京太郎「ん?あー、それこないだ憧が置いてったやつだわ」

咲「新子さんが……」

京太郎「バルサミコ酢なんてどこで使うかなんて俺わかんねーよ」ワハハ

和「………」

咲「私、ちょっと買い物行ってくるね!」

京太郎「え、なんで」

咲「ちょ、ちょっと足りないものがあって!」
京太郎「じゃあ俺も一緒に行こうか?」

咲「うぅん、大丈夫だから」

京太郎「そうか?なら後でお金払うよ」

咲「いいってば。じゃ、行ってきます」

京太郎「迷子になるなよ~」

京太郎「どうしたんだ、あいつ?」

和「はぁ……」

京太郎「なんでため息つくのよ?」

和「なんでもありません」





憧「京太郎、この料理酒どうしたのよ」

京太郎「こないだ咲が置いてったー」

憧「咲、ね……」

和「………」

京太郎「なぁ、それ飲んだら美味いのかな?」

憧「やめときなさい、飲めたもんじゃないから」



京太郎「おなかすいた……」

憧「しょうがないわね、キッチン借りるわよ」

咲「わ、私がなにか作るから新子さんは座ってていいよ!」

憧「いいわよ、あたしがやるから」

咲「いや私が!」

憧「あたしが!」

京太郎「おい、なんで喧嘩してんだよー」

咲・憧「京ちゃん(京太郎)は黙ってて!」

京太郎「あ、はい」

和「またですか……」

泉「あんたも苦労しとんな」ケラケラ

和「まったくです」


咲「ん?これ…」

憧「なに?」

咲「これ、新子さん?」

憧「あたしじゃない……。京太郎、このソース何?」

京太郎「それはこの前、泉がお好み焼きを作ってくれたときに……」

咲・憧「はぁ!!??」

泉「え、なに!??」

和「私、帰っていいですか?」

カンッ