http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1395008273/


京太郎「遠くのヒトより近くのカノジョ」

というSSの続きというか、おまけみたいなものになります


須賀さんのお宅。


ピンポーン


がちゃ


?「おーすっ犬!!遊びに来てやったじぇー」しぱっ

京太郎「はぁ…やっぱり来たのか。優希」

優希「はぁ…とは何だじぇ!はぁとは!!」

優希「お前が…咲ちゃんがいなくて寂しい想いをしてると思って、せっかく遊びに来てやったと言うのに……」

優希「人の好意を素直に受け取れないなんて、全くこの犬は……」ぶつぶつ

京太郎「……分かったよ。俺が悪かった。よく来てくれたな優希」にこ

優希「――――!!わ…分かればいいんだじぇ……//////」かぁ

京太郎「ははっ。まっ…んな事言っても、俺ん家を使って飲みに来ただけ……なんだろうけどな」

優希「そっ…そうだじぇ!それだけでも有り難いと思えよ。京太郎!//////」

京太郎「はいはい。よくお越しになられました。優希お姫さま」ぺこり

優希「!!///////わっ分かればいいんだじぇ//////」かぁぁ

?「あのー。一応…私もいるんだけど……」

京太郎「おう。お前もよく来てくれたな。高鴨」

穏乃「うん。でも…ほんとに良かったのかな?」

京太郎「ん?何がだ?」

穏乃「宮永さんが遠征で居ない時に、彼氏さんの家に女の子がお邪魔なんてしちゃって……」

京太郎「ふむ……まぁ…女の子っていっても。アンタと優希だからな。流石に咲も何とも思わないだろ?」

穏乃「今の言い方…それ女の子としてどうなんだろ……」はは…

優希「まったく失礼極まりない犬だじぇ!!」ぷんすか

京太郎「ああスマン。まっそうじゃなくても、咲には一応言ってあるし大丈夫だろ。多分……」

穏乃「…………はは。そうだね……大丈夫…だよね……」

京太郎「ん?歯切れ悪いな?どうした?」

穏乃「……ううん。何でもないよ。何でも」にこ

優希「そんな事より早く部屋に上げろー!!いつまで私達をこんな処に立たせっぱなしにしてるんだじぇ!」がぁ

京太郎「あっそうだった。すまんすまん。早く上がってくれ」

優希・穏乃「「おじゃましまーす」」



―――――



優希「それで咲ちゃんが帰ってくるのって、明日だっけか?」

京太郎「ああ…早くても明日だって言ってた。それだったら…この飲み会も、もうちょっと先でも良かったかな?」かちゃかちゃ

優希・穏乃「「…………」」

京太郎「ん?どうした?急に黙って」

穏乃「あはは…何でもないよ?」

優希「そうだじぇ!何でもない!何でもないじぇ!!」


京太郎「……ならいいけど……ほい。お前達が飲みに来るって言うから、作っといてやったぜ」コト…

優希「うおータコスじゃないか。さっすが私の犬。分かってるじぇー。須賀だけに」どやっ
 

京太郎・穏乃「「はっ?」」

優希「……ちょ…ちょっと高度過ぎたかな……」コホン…

京太郎・穏乃「「何が?」」はて…×2

優希「……まぁいいじょ。私もおつまみ持ってきたじぇ」こほん

京太郎「おうサンキューな……ってこれタコスじゃねえか!?」

優希「正直、被るとは思ってなかったし……余ったら全部私が持って帰るから問題ないじぇ!!」

京太郎「まぁいいだろ。ビールにも合うし」

穏乃「私も持ってきたよー」

京太郎「ん?この葉っぱを巻いたやつって……」

穏乃「めはり寿司。吉野の郷土料理なんだ。あとお稲荷さん。憧から好きだって聞いて作って来たんだ」

京太郎「そっか…ありがとな。高鴨」にこ

穏乃「うん」

優希「そんな事より早く食べるじょ!」

京太郎「おおっそうだな!!じゃあ―――――」


京太郎・優希・穏乃「「「いただきまーす!!!」」」


――――


優希「でも…ついこの間まで、京太郎が咲ちゃんと付き合っていなかったなんて、知らなかったじぇ」くぴくぴ

京太郎「そうか?」

優希「そうか?じゃないじぇ!てっきり二人は高校の時から…その…恋人同士だったとばかり……」くぴくぴ

京太郎「ん…?まぁな……色々あったって言うか、アイツが言うにはタイミングが悪かったんだそうだ」ぐびっ

優希「タイミング?」

京太郎「ああ。もしプロ入りが決まる前に告白していれば、その場でOKしてたんだと」

穏乃「…………」もぐもぐ

京太郎「とは言っても、俺が咲の事が好きだって気付いて、告白しようと思ったのは…プロ入りするのが決まって……」

京太郎「何か咲が急に遠くに往っちまう様な気がしたからだしな……結局の処、どうしようもなかったんだよ……」
 
優希「そうだったのか…卒業まで二人で、普通に話しとかしてたから、てっきり……」

穏乃「…………」もぐもぐ

京太郎「まぁ…振られたって言うよりも、保留みたいなモンだったし……」ぐいっ

優希「まったく…紛らわしい犬だじぇ…なぁシズちゃん?」くぴくぴ

穏乃「はは……私にはよく分からないや……」もぐもぐ

京太郎「うーん…でも確かに、よくよく考えると優希には悪いことしたな……」

優希「えっ!?」どきっ

京太郎「いや…だって咲に告白しようか迷ってた時に……」

京太郎「当たって砕けろって、背中を押してくれたのはお前だったのに、ちゃんとした報告もしなかったし……」

優希「…………そうだじょ…京太郎は薄情だじぇ……」

優希(私の気持ちも知らないで……私は京太郎の気持ちも…咲ちゃんの気持ちも知っていたのに…それなのに……)

京太郎「はは…すまんすまん」

京太郎「その代わりと言っちゃ何だけど、久し振りにお前の為にタコスをたくさん作ったから、遠慮なしに喰ってくれよな」

優希(……きょ…京太郎が……【私の為】に作ってくれたタコス…………)

優希「…………おうっ!!遠慮なしに食べさせて貰うじぇー!!」がば!!


京太郎「どうだ?久し振りに作ったんだけど…旨いか?」

優希「ま…まぁまぁかな?……でもやっぱりまだまだだじぇ」もぎもぐ

京太郎「はは…相変わらず手厳しいな」ぽりぽり

優希(…………ホントは…すっごく美味しいじょ……私の作ってきたヤツなんかよりも…ずっと……)もぐ…もぐ……

優希(咲ちゃんと恋人同士になって…高校卒業して……もう作って貰えないって思って……)

優希(せっかく頑張って練習して…やっと一人で作れるようになったのに……)

優希(…………こんなに美味しいの食べたら…もう自分のナンか食べられないじょ……)

優希「……………」じわ…

京太郎「ん?どうした優希。ナンか泣きそうな顔になってるぞ?」

優希「な…なんでもないじょ……」


優希(うう…今までの事を思い出したら…鼻の奥がツーンとしてきたじぇ……)

優希(………でも…………おいしい……)もぐもぐ

穏乃(うん。美味しい)もぐもぐ

京太郎「ははーん。さては俺のタコスが旨過ぎて、感動の余り涙が――――」

優希「―――――!!思い上がるんじゃないじぇ犬!!ただちょっと辛かっただけだじょ!!」

京太郎「そうか…そんなに辛くした心算は…無かったんだがな……」ふむ…

優希「…………ふんだ。これだったら私の作って来たやつの方が…よっぽど美味しいじぇ」

京太郎「へーそうなのか?じゃ…そんなに言うんだったら一つもらうぜ?」ぱく

優希「あっ…………」

優希(美味しくないのが、ばれちゃ―――――)うう……

京太郎「……へぇ…結構旨いじゃねえか?」もぐもぐ


優希「えっ!?」


京太郎「てっきりお前の事だから、虚勢でも張ってんのかと思ったけど、思ったよりずっと良く出来てて正直…驚いたぜ」もぐもぐ

優希「ふんっ…上から目線で言われてもうざいだけじぇ//////」

優希(ホントは京太郎にこんな事言われるなんて思っていなかったから…すっごく嬉しいじょ……)

京太郎「でも…ま。俺のに比べたら、まだまだだな?」

優希「なにをー!!」がぁ!

京太郎「しょうがねぇ。お前さえよければ、今度もっと旨い作り方教えてやっから」

優希「えっ!?」

京太郎「それにまたいつでも、作ってやっからさ」にこ

優希「京太郎……」じわ…

京太郎「ん?またそんな顔して…嫌だったか?」

優希(……なんで…なんでコイツはそんな気もないのに、こんなに優しいんだじぇ……そんなんだから私は―――――)

優希(ずっと前から…清澄の頃から私はずっと……でもコイツは…コイツと咲ちゃんは、多分それより前から――――)

優希(お互い無意識の内に……そう…最初から私の出る幕なんて無かったんだ……)

 

だから私はコイツに――――


優しくされると嬉しいのに切なくなる――――


ちょっと冷たくされても何処か心の奥があったかくなる――――


でもコイツは決して私の想いに応えてはくれない―――――


私の想いを知ろうともしてくれない――――


それなのに私に優しい顔で微笑んだりしてくる―――――


何も知らないクセに―――――


私はこんなにもコイツの事が―――――




誰よりも好きなのに―――――――


 

優希「でも…こう言う処がコイツらしいんだじぇ」にこ

京太郎「?」きょとん

優希(今はまだ無理かもしれないけど……)

優希(逃げない様、引き摺らない様…何時か私がこんなやつの事なんて、何とも思わなくなる為に――――)


優希「よし判った京太郎!お前に私に献上するタコスの製作と、私に教えるタコス作りを教える名誉を与えてやるじょ」

優希(いつか……いつか…コイツが傍に居ても何とも思わなくなる訓練だじぇ!!)

京太郎「おいっ…相変わらず偉そーだなお前は……」やれやれ

優希「ふんっ偉そうじゃなくて、実際に私の方がお前よりずっと偉いんだじぇ!」

京太郎「へっ!言ってろよ?」


優希(……なんて事を私が考えてるなんて、このバカ犬はちっとも気付かないんだろうな)はぁ

優希(……そう思ったらちょっと、むかむかしてきたじぇ!!)むかむか


優希「もうこうなったら今日はとことん飲んでやるじぇ!!京太郎!責任取って私に付き合えーーーーー!!」

京太郎「?……良く分からんが、分かったぜ。こうなったらとことん付き合ってやんよ」ぐいー

穏乃「…………」くぴくぴ


―――――


優希「……………」すぅすぅ…

穏乃「優希…寝ちゃったね……」ふふ…

京太郎「まったく……とことん飲むから付き合えってとか言って、ギャーギャー騒いで……」

京太郎「その挙句。いの一番に酔い潰れてちゃ世話ないぜ」はぁ

ぱさ…

穏乃「とか言って…さり気なく毛布掛けてあげてるし。やっぱり須賀君は優しんだね」ふふ…

京太郎「んな事ねーよ。おだてたってなにも出ねーぞ?」

穏乃「ふふ……煽ててなんかないよ?」

京太郎「なんだよそんな顔して……さては俺の事を根っからの雑用気質野郎とかなんとか思ってるんじゃないのか?」

穏乃「そんな事も無いよ」にこ

京太郎「じゃあ何だよ?」

穏乃「だからさっきも言った通り、優しい人なんだなって思っただけだよ」

京太郎「……ま…まあ俺は出来た人間だから、これ位の事は当然なんだけどな」

穏乃「そうだね」にこ

京太郎「!?」

京太郎(やっべ…今の貌……こいつこんなに可愛かったっけ……?//////)

穏乃「?」きょとん

京太郎「―――まっ…コ…コイツは寝顔だけ見たら可愛いもんだしな?」あせっ

穏乃「ふふ…そうだね……それじゃ、次は私が優希の代わりに私が付きあってあげるからね」にこ



―――――



穏乃「……それで憧ったら、私の名前を『どう』で変換する奴がいたら、絶対にシメるなんて言うんだよ」あはは

京太郎「あはは。何にこだわってんのか、よく分んねーけど面白いな」

穏乃「まあ…そんな事はどうでもいいんだけど……」

京太郎「どうでもいいんかい!!」

穏乃「あははっそれにしても。須賀君の作ったタコスってさ……」

京太郎「ん?俺のタコス?」

穏乃「うん。優希に付き合って何度かお店に食べに言った事あるけど、同じくらい美味しくて吃驚しちゃった」もぐもぐ

京太郎「まぁ凄い人に作り方を教えてもらったからな」

穏乃「凄い人?」

京太郎「ああ…長野の龍門渕高校って所の学生だった、お嬢様の家の執事の人でな。あの人何でも出来るんだよ」

穏乃「あー!あの人か!!」

京太郎「知ってんのか?」

穏乃「うん。私が高一のインターハイで遠征した時に、龍門渕高校の人と打たせた貰った事があってその時に会ったんだ」

京太郎「そうなのか…意外に世間ってのは、狭いもんだな」

穏乃「そうだね」

京太郎「まぁそれはいいとして、お前の作った目張り寿司ってのも旨いな。日本酒に合いそうだ……あっ!!」はっ

穏乃「どうしたの?」

京太郎「ちょっと待ってろ」すっ

穏乃「?」

京太郎「こうやって…熱燗の中に、乾燥わかめを入れてくぱっと開けば―――――」

京太郎「わかめ酒……なんつって」

穏乃「……………」

京太郎(あっやべっ引いてる……?やっぱいきなりの下ネタは不味かったか?)

穏乃「あははっでもそれだったら、もずくを入れた方がビジュアル的にはそれっぽいけどね?」

京太郎「おおそう言えば!!」

京太郎(おおっ予想外に喰いついた!?)

穏乃「でも…女の子に使うにはサイテーのネタだね…たぶん……」しらー

京太郎「すんませんでした……咲にはとても使えないからつい……」

穏乃「いいよ。私…下ネタとかそんなに抵抗ない…って言うかホントは良く分ってないし……」

京太郎(良く分かって無い割に…わかめ酒は知ってんだな……)

穏乃「でも…そっか……宮永さんに言えない事を、私には言えるんだ……」にやにや

京太郎「ん?どうした?顔がニヤケてんぞ?実はそんなに面白かったのか?」

穏乃「ふふ…何でもないよ」にこにこ

京太郎「そうか…まぁそれはいいとして……お前…料理出来たんだな……」

穏乃「これでも、実は老舗和菓子屋の娘なんだから、料理くらい少しは出来るよ?」へへん

京太郎「へーそうだったんだ。それにこのいなり寿司も旨いな。俺、実は結構好きなんだよ」

穏乃「うん。それは憧から聞いてたから。須賀君が喜んでくれると思って作って来たんだ」

京太郎「そうか高鴨って結構、気が効くんだな」

穏乃「えへへ…そうでもないよ。あっそうだあと…これをこうして――――」すっ

穏乃「ん…………//////」れろぉ…

京太郎「!?//////」ドキィ!!!

京太郎(高鴨がおいなりさんを恍惚とした目で見詰めながら、舌を出しているー!?)

穏乃「頂きます」ぺろ…


れろれろ

ちゅぱちゅぱ

ぱく

ころころ

ゴックン…

穏乃「ン…オイシ―――///////」ぽぅ…

京太郎「――――!?//////」

穏乃「って食べると、須賀君が喜ぶって言ってたよ。私には良く分んないけど……」

京太郎「……そう言う事か……まったく…憧のやつ。適当な事を吹き込みやがって……」
 
穏乃「えっ!?もしかして嫌だった……?」

京太郎「……………嫌じゃない……//////」ぼそ…

穏乃「そっか…よかった……」ほっ

穏乃「………………」

京太郎「ん?どうしたんだ高鴨?」

穏乃「ん…いや……やっぱり男の子の家に彼女でもない女の子だけで入るのは、どうかなって……」

京太郎「うーん…確かに…なぁ…でも咲には予め伝えているし、優希は俺と咲にとっては昔からのダチだし…それに……」

穏乃「それに?」

京太郎「高鴨だって別にダチとしてであって、他に何かあってここに来たんじゃないだろうし」

穏乃「…………うん……そだね……」

京太郎「憧のやつが一人で来たならともかく、ま…この位なら大丈夫だろ?」

穏乃「……はは…そだね……」あせっ

 

京太郎「ああ…そういや今更だけど、お前…今日はジャージなんだな。前にあった時は、普通の服だったのに」

穏乃「うん…まぁいろいろあって…東京(こっち)に来るまでは、ずっとこのカッコだったんだけどね」

京太郎「ふーん。でも、ま…この姿の方が俺にとっては、ナンか高鴨らしくて、いい様な気もするよ」

穏乃「ホント?」

京太郎「ああ」にこ

穏乃(……この人はやっぱり優しい……でもそれ以上に脇が甘いんだろうなぁ……麻雀と一緒で……)

穏乃(―――――でも、それだったら)ぐっ

穏乃「ねぇ…須賀君。ちょっとお願いがあるんだけど……」
 
京太郎「ん?どうした?改まって」

穏乃「このまま胡坐をかいたままでいいから……」

京太郎「……?このままでいいのか?」

穏乃「うん。そのままじっとしてて……」すくっ


すたすた…

京太郎(こっち来たかと思ったら、俺の目の前に立って……?)

穏乃(ちょっとだけなら……いいよね…………)くる

京太郎(おもむろに後ろを向いた!?)

穏乃「ごめん須賀君。ちょっとだけ私の椅子になって!!///////」


すとん。

京太郎「!?」どきっ!!

穏乃「―――――――/////////」

京太郎(いきなり高鴨が、俺の膝の上に腰を下ろしたーーーー!!!?)

京太郎「おっおいっ!?/////」

穏乃「ご…ゴメンね須賀君……どうしても一回、こうしてみたかったんだ……//////」

京太郎「こうしてみたかったって、俺の上に乗る事か?」

穏乃「うん……//////」こく

穏乃「……その…どうしても一度…須賀君の上に…座ってみたかったんだ……///////」かぁぁ

京太郎「……意味分かんねーぞ!?どう云う事なんだ?」

穏乃「…………気持ちいいって…//////」ぼそ…

京太郎「ん?何だって?」

穏乃「こうすると気持ち良くなれるって言われたの!!それでっ――――!!!//////」かぁぁぁ

京太郎「誰に?」

穏乃「…………玄さんに……」

京太郎「玄さん?ああ…確かウチの大学の松実さんの妹で、お前と一緒の大学の?」

穏乃「……………うん…」こく


京太郎(あの人か…おもちはいい感じだけど、碌な事を言わないな……)はぁ


穏乃「まだ訳わかんないだろうから…もうちょっと詳しく言うね……」


もわんもわんもわん


玄『ちょっと待つのです。穏乃ちゃん』

穏乃『何ですか玄さん?』

玄『今から穏乃ちゃんだけに、特別に気持ちエエ事を教えてあげる』ふんす

穏乃『気持ちいい事?』

玄『せやで。穏乃ちゃんそんな怪訝な顔して、気持ちエエ事は嫌なんか?』

穏乃『いや…そんな事は…ないですけど……』

玄『そうやろ?だったら取って置きの教えたるで』ふんす

穏乃『お…おう』

玄『早速イクで?先ずはこう…相手の人に胡坐をかいて貰います』どさ

穏乃『相手がいるんですか!?』

玄『せやで。幾ら穏乃ちゃんが、一人遊びが上手と言っても、これは一人では出来へんのや』ずいっ

穏乃『はぁ……』

玄『それでな…後はこの上に座るだけなんやで。簡単やろ?』

穏乃『確かに…簡単は簡単ですね……』

玄『言うなれば人間座イスや。自分より大きな人にやって貰う方がええんやで』

穏乃『はぁ…そうですか……』

穏乃(自分より大きな人か……ふむ…………えっ!?)はっ!!

穏乃(どうして……?今…真っ先に須賀君の事が思い浮んじゃった……)どきどき

玄『どうしたんや?穏乃ちゃん。そんな呆けた貌して?』

穏乃『い…いえ……何でもないです……』

玄『ふーん。穏乃ちゃんがそう言うんだったら、まぁええわ……』

穏乃『あはは……』どぎまぎ

玄『あっ!!そうや穏乃ちゃん。物は試しや。試しに私に座ってみい』ひざぽんぽん

穏乃『えっ!?』

玄『さぁ。はよ――――――――』ぽんぽん



もわんもわんもわん

 

穏乃「…………と、言う事なんだけど……/////」

京太郎「優希といい、松実さんといい。お前の大学の学生はアホばっかりか!?」

穏乃「そんなの!ウチの大学の偏差値みれば判るでしょ!!」ばーん!!

京太郎「それを言われたら――――――」

京太郎「……すまねぇ…………何も言えねぇ……」くぅ~

穏乃(…………それはそれで哀しい……)くぅ~

穏乃(そんな事より…やっぱりこれ――――/////)


ぐりぐり

京太郎(さっ更に強く擦り付けてきたーーーー!?)

京太郎「おっおいっそんな擦り付けたら!!」

穏乃「――――――/////」ぐりぐり

穏乃(はっ恥ずかしい///////……恥ずかしいけど…でもそれ以上に――――)プルプル…


穏乃(ううん…恥ずかしければ恥ずかしい程に…キモチいい―――――//////)ゾクゾクゾクゥッ――――

穏乃(止まんない!恥ずかしくてどうしようもないのに…すっごくキモチ良くて…どうしても止めらんないよ!!//////)

穏乃(最初…玄さんにが言った時は…何言ってんだ!このドラ焼き{注;焼きが回ったドラ娘の意}が!!とか思ったけど……)

穏乃(須賀君の事を考えてたら…急にシタくなって。どうしても須賀君じゃないとダメだって思って――――)

穏乃(でもそれって…もしかして…………)



好きな人――――――



はっ!!?

穏乃(あああああ―――――!!!?)カァぁぁぁぁ――――

京太郎「おいっホント大丈夫か!?顔真っ赤だぞ!!」あせっ


穏乃(玄さんで試した時より…今の方が……須賀君にシテ貰っている時の方が…ずっとキモチいい―――――)

穏乃(そんな……も…もしかして私…………)どきどき



もしかして、私――――――――



穏乃「……………」ゴクリ……

京太郎「た…高鴨……?」

穏乃「ねぇ…須賀君……お願いがあるんだ……/////」

京太郎「ん?まだあんのかよ?」


穏乃「今から…須賀君の事……その…きょ…『京くん』って呼んでもいいかな……//////」かぁぁ


京太郎「京くん?……まぁそれ位なら別にいいけど……」

穏乃「えへへ…ありがとう…京くん/////」にこ

京太郎(――――――うっ!?こ…コイツ…こんなに可愛かったっけ……!?////)どきっ

京太郎「じゃあ俺も今度から、お前の事を憧みたいに『しず』って呼んだ方が良いのか?」

穏乃「ダメ―――――」ぶんぶん

京太郎「えっ!?」

穏乃「……わ…私の事は『穏乃』ってちゃんと≪名前≫で呼んで……」

京太郎「えっ?」

穏乃「お願い…宮永さんや憧みたいに私の事を呼んで――――」じ…

京太郎「……そ…そうか。分かったよ。穏乃」

穏乃「!!//////うん…ありがとう。京くん」にこ

京太郎(チキショウ…コイツのこの笑顔……何なんだろうな……めっちゃ可愛いんだよな……)

穏乃「…………///////」ぎゅむ!!


ぐりぐり…

京太郎(また強く擦り付けて―――!!?だけどコイツ……)ふんふむ

京太郎「でもさっきから、このカッコのまんまだし、ずっと貌を真っ赤にさせてるし…穏乃ってホント猿みたいだな」ププ…

穏乃「………………」ぷるぷる…

京太郎「あっスマン…ちょっと言い過ぎt―――――」

穏乃「そうだよ……」

京太郎「えっ!?」


穏乃「そうだよ!!私はキモチいいコトが大好きで…ヤリ始めたら止められない!!」

穏乃「はしたないお猿さんみたいな女の子だよ!!!///////」かぁぁぁ―――~~


京太郎「!?」びくっ


京太郎「穏乃…おま…ナニ言って……」どきどき

穏乃「…………///////」ぎゅむ!!

ぐりぐり…

京太郎(おいっ!いい加減にしろ!!…って……あれ…この感触…もしかして――――!!?)はっ

京太郎「お…おいっ高っ…穏乃!!お前…もしかしてパンツ穿いてな―――――」

穏乃「―――――――――!!!?////////」かぁぁぁぁぁぁ――

京太郎「てっマジかっ!?まさか…今日に限ってジャージ着て来たってのも……」

穏乃「だって…だって……その方が気持ちいいって…玄さんが……//////」かぁぁ

京太郎「……ホントあの人…碌な事を言わんな……てか、お前もちょっと…本当にはしたなさ過ぎじゃ―――――」

穏乃「そうだよ!私は…はしたない女の子だよ!!さっきも言ったよ!!!///////」

穏乃「でも…でもっ私をそうさせたのは!京くんの所為なんだからね!!/////」

京太郎「何でだよ!!?」

穏乃「だって!だって!!私がこうなっちゃったのって!!こんなに京くんの事―――――」はっ

京太郎「俺の?俺の何だ―――」


玄『あとね…好きな人にシテ貰えれば、気持ち良さが倍増するのです――――』


私やっぱり――――


 

穏乃「……………うき…」ぼそ

京太郎「えっ?何だって?」

穏乃「……その…京くんの事…うき……」ぼそぼそ

京太郎「え?だから何だって――――」

穏乃「――――――――――っ」すぅぅぅ――――

ばっ!!



穏乃「京くん!!!うきーーーーーーー!!!!/////////」



京太郎「うき!?」


穏乃「……………//////」こくこく

京太郎「うきって…猿かよ……って流石に違うか……」

穏乃「…………//////」しゅん

京太郎「あっもしかして……月か…?そうか…今日満月だからなぁ……結構きれいだよな」

穏乃「!?」

京太郎「何だかんだ言って…東京の月も捨てたもんじゃないよな?」

穏乃「……………うん…そだね……」す……

京太郎「?」




穏乃「…………京くん…月が綺麗ですね……」にこ



 
京太郎「――――!?」ドキッ

京太郎「……おっ…おう。そうだな………」

京太郎(今…一瞬コイツの表情(かお)が…ちょっと大人っぽく見えて……)どきどき…

京太郎(だ…だけどコイツはなんでそんな事を、こんなに切なげな貌で言うんだよ……)どきどき

穏乃(言っちゃった…それに…京くんの事…好き…かもって思ったら……気持ち良さがぐっと増して……)ふるふる…

穏乃「あっああっ――――」

京太郎「おっおい!高鴨!?//////」

穏乃(止まらない…止まらないよ――――!!!)

じゅん…

穏乃「!?」ビクンッ…

穏乃(あ…アタマの芯が痺れ―――――アタマが真っ白に……)ぼー

穏乃(―――――!!あっ…あっ……ああ――――――!!!///////)ビクビクンッ

穏乃(言っちゃった…それに私…今――――――イっちゃった…………////////)


穏乃(自分のカラダの内と外でいっちゃたんだ……)はぁはぁ


 

最初…私は憧が好きになった人って、どんな人なんだろう?って思った……。
あの…人をよく見る憧が好きになる位だから、カッコよくて、いい人なんだろうな…ってずっと気になってた……。

それから…何故か日に日に気になっていって……。
玄さんと話した時もそう…最初に思い浮かんだのはこの人……。
私は…いつの間にか…この人の事を思い出さない日は無くなっていた……。

だから優希に誘われた時…これはチャンスだと思って、喜んで誘いを受けた……。
何度か見掛けてはいるけど…本当の意味で、ちゃんと話した事は無かったから……。
本人に逢って話せば、私のこのモヤモヤした、蟠りみたいなモノが取れるんじゃないかと思った……。

そして…こうやって話をしてみて、お酒を飲んで私にも判った……。
この人は分け隔てなく優しくて…それでいてカッコよくて……。
あの憧が好きになるのも、仕方ないな…って思った……。
憧が好きになった人だから……それは私にとっても―――――。
憧と同じなのかな?知らない内に…いつの間にか私は…私は―――――。


…………………。


憧と同じ―――――――


はっ!!?


あ…ああ……――――――――っ。



穏乃(……きょ…京くんは宮永さんの……それに憧の…………それなのに私は――――)


あの日…憧が京くんに振られてしまった。あの雨の日―――――。


ザァァ……

憧『振られちゃった…私…京太郎に振られちゃったよぉ……』ぽろぽろ

穏乃『憧…そっか……残念だったね……』

憧『しずには…私の気持なんて判んないよ……私がどれだけ京太郎の事を好きかなんて…しずには判んないよ……』ぐすぐす…

穏乃『そうだね……私には憧の気持ちの全ては判らない……』

穏乃『でも…憧…判らなくても、それでも私は…私はどんな事があっても――――』

穏乃『憧の事を応援してるし、憧の味方だからね』にこ

憧『しず……』

穏乃『だって私……憧は…私の一番の友達だもん!!』

憧『……しず…ありがとう……』にこ

穏乃『うん』にこ


―――――――――。



穏乃(私はあの時…憧に……あんな事言って……)

穏乃(それなのに…それなのに私は――――――っ)ぶるぶる

京太郎「おっ?おい穏乃?どうしt―――――」

穏乃(憧を裏切っt―――――――)ガクガク…

穏乃「ああ…ああああーーーーー!!!」

京太郎(いきなりどうしちなったんだy――――)

穏乃「京くんっ――――!!」くるっ

京太郎(えっ!?いきなりこっち向いてっ!?)

だきっ

ぎゅうっ!!

京太郎「へっ!?」

穏乃「ああ…ううぅ……うぁぁ―――」ぽろぽろ…


穏乃「うわぁぁぁぁぁあーーーーー」ぎゅう!!


京太郎「!?」びくっ

京太郎(イキナリこっち向いて抱き付いてきた―――――っ!?)

穏乃「ごめんね!ごめんね!!私―――――」ぼろぼろ

京太郎(おまけにナンか知らんが、急に泣き出して謝り始めたーーー!!!?)

京太郎「訳が分からん…って…あっそうだ!おいっ優希。高鴨が急に泣き出し――――」


優希「……う…ん……きょう…たろ…すき…………」すぅすぅ…


京太郎「だぁーーっこいつ!なんか寝言言ってるよ!!てか…この状況で良く寝てられんな……」

穏乃「ああああああーーーー憧…ごめんね!私…悪い子だよーーーー!!」ぼろぼろ

優希「……………」すぅすぅ

京太郎「…………優希はさっきから寝っぱなしだし……」

京太郎「高鴨は俺に抱き付いたまま、泣きっ放しだし……もう収集が付かねえ……どうすりゃいいんだよ?」はぁ




?「ハーイ!ダーリン!!愛しのハニーがアイに来てやったわよーー!!!」ばっ

?「…………って、なんじゃこりゃーーー!!!?」がびーん



京太郎「えっ?憧!?お前どうして…って。今は…んな事よりも!頼む!この状況ナンとかしてくれ!!」

憧「…………優希が毛布に包まって寝てるのは…まぁいいとして……」

憧「どうして、しずが…アンタに抱き付いてワンワン泣いているわけ?」

京太郎「知るか!こっちが知りたいし泣きたいわ!!」

穏乃「……ゴメンね…京くん……」ぐすぐす…

京太郎「――――うっ…と…とにかく取り敢えず何でもいいから…何とかしてくれ……」

憧「…………………」じ…

穏乃「……あこ…………」ぐす…

憧「しず……」

穏乃「ご…ゴメンね…憧……京くんは何も悪くない…悪いのは全部私だから……」ひくっひくっ

穏乃「ゴメンね…私…私……憧を応援するって決めてたのに…ずっとそう言ってきたのに……それなのに……」ぐすぐす…


憧(……………………そう言う事、か……)ふぅ…

憧「しず」すっ

穏乃「―――――――!!」びくっ

穏乃「あ…憧……」ふるふる…

憧「しず…もう…そんなに顔を真っ赤にさせて、おまけに泪で顔がぐちゃぐちゃにさせて……ホントにお猿さんみたいだよ?」くす…

憧(まっ穏乃のそう云う処が、カワイイんだけどね……)

穏乃「……そうだよ…私…本当にお猿さんだよ……節操の無いイケナイお猿さんなんだ……」ぐずぐず…

憧「そうなんだ……しずは悪いお猿さんなんだ?」

穏乃「…………あこぉ……」ぐす…

憧「でも…ホントにそうかもね?今だって…私にごめんごめんって謝りながら、京太郎に抱き付いたまんまだし」はぁ

穏乃「!!!?//////」はっ!


ばっ!!

穏乃「ご…ごめん…憧……」

京太郎(取り敢えずやっと…抱き付きからは解放された……)ほっ

憧「…………でも…しず…大丈夫だから」じ…

穏乃「憧……?」

憧「しず。アンタはあの時…どんな事があっても私を応援してくれるって、味方でいてくれるって言ってくれた……」

穏乃「うん…でも…私は―――――」

憧「私も一緒だかんね」

穏乃「えっ!?」

憧「私も…たとえ何があったとしても、どんな事になったとしても、ずっと…しずの味方だから…友達だからね……」ぎゅっ

穏乃「憧……」ふるふる…

憧「だからね……しずは私の事で、そんな辛そうな貌や想いをしなくてもいいんだよ?」にこ

穏乃「……ありがとう…でも…でもやっぱりごめんね……憧……」ぽろぽろ

憧「もうっ泣かないでいいって言ってるのに。まったく泣き虫なんだから……」

穏乃「だって…だって……」

憧「一寸待ってて……」


―――。


憧「はい。これ飲んで少し落ち着きなさい」すっ

穏乃「うん……」こくこく

京太郎(てかっ…コイツ未だ俺の上に乗ってんだけど……今更ながら空気のみたいな存在になっちゃったよ……)とほほ…

穏乃「!?……これ…お……お酒…………?――――――…・・・…――…」かくん

穏乃「………………」すぅすぅ

京太郎「ん……?高鴨のやつ、寝ちまったのか?」

憧「ええ。お酒の中にちょっとだけ睡眠導入剤を入れただけだけど……思ったより効果があったみたいね……」

京太郎「おいっ!?効果があったって……大丈夫なのか?酒にそんなモン入れて……何かあったらどうするんだよ?」

憧「大丈夫だって…入れたと言っても、ほんの少しだし…市販されてるやつだしね……」

京太郎「…………だからってなぁ……」はぁ

憧「しょっ…しょうがないじゃない。あの状態のしずを落ち着かせるには、これが一番だったと思うし……」

京太郎「……うーん…それを言われるとなぁ……そうか…まぁそうだな…仕方ないか……」うーむ…

京太郎「いや済まん。ありがとう助かった。正直、俺一人じゃどうしていいか判らんかった」ぺこり

憧「そうよね。私に感謝しなさいよね」ふふん

京太郎「でも…憧……その…俺には何にも言わないのか?」

憧「何を?」

京太郎「はっきり言って…自分で言うのも何だけど、異常な状況だったし……」

憧「……まぁしずがあんな貌して、そのくせ京太郎にきっちり腕と足で抱き付いた、ダッコちゃん状態だからね……」

京太郎「ははは……」

憧「何となく何があったのか判る気がするし…アンタがしずをどうこう出来る様なやつじゃないのも知ってるから……」

京太郎「憧……そんなに俺の事……」じーん

憧「それだけヘタレって事よっ!!」かっ!!

京太郎「……えっ?いきなりディスられたけど……それに辺りに関しては…悔しいが何も言えねえ……」くぅ~

憧「まっ…大方しずが、玄辺りに唆されて暴走したんでしょ?」はぁ

京太郎「…………大方そんな感じだと思う……って良く分かったな!?」

憧「私……頭は悪くない心算だし、それ位の事は察しが付くわよ」

京太郎「……そうか…。でも…色々とありがとうな。流石、インテリの憧さんだな」にこ

憧「――――っ!!//////ほっ褒めたって何も出て来ないわよっ!!//////」かぁぁ

京太郎「……まぁそれはそうとして。そういや憧。お前どうして俺の部屋の中に居るんだよ!?」

憧「だって、鍵が開いてたから……」

京太郎「あっ締め忘れてたのか…ってそれなら呼び鈴くらい鳴らせよ!」

憧「鳴らしたわよ。今日ここで飲み会やるって聞いて来たのに、出ないからドアノブ廻してみたら開いたから……」

京太郎「そうか…バタバタしていて聞こえなかったな…って、だから勝手に入って来るなって!」

憧「でも…そのお陰で、この場は治まったんじゃないの?」

京太郎「……まぁそうだけどよ。あれ…?そういや…お前が来るなんてナンも聞いてないぞ?」

憧「えっ!?そうなの?しずから聞いて、私もイクって言っておいたんだけど……」

京太郎「……まったく…このおさる娘…完全に言い忘れてんな……」

憧「まぁいいじゃない。ね…それより京太郎」

京太郎「ん。なんだよ?」



憧「まだ飲み足りないでしょ?次は真打ち本命の私が付き合ってアゲル」にこ



―――――。


京太郎「うーん……」

憧「ん?どうしたの京太郎?」

京太郎「いや何でも…………ってアレ…ナンかちょっと…ぼうってしてきたな?そんなに飲んでは無い筈だけど……」ふら…

憧「ふふ…そうなんだ?」

京太郎「そうなんだって……おまっ…もしかs―――――」

憧「………そぉれ!!//////」がばっ

京太郎「!?」

憧「京太郎…つーかまえた/////」にこぉ

京太郎(おっ押し倒され――――!?)はっ!!

京太郎「あ…憧っ…俺にも一服盛りやがったな!?」

憧「ふふ……」

京太郎(ち…力があまり入らない……)ぐぐ…

京太郎「ど…どういう事だよ……?何でこんな事……」

憧「どういう事って…モチこう言う事だよ?」くすくす

京太郎「こう言う事って…お前、さっき高鴨を眠らせた事といい、まさか最初から!?」

憧「ふふ…そうだよ睡眠導入剤(おくすり)を持っていたのも全部この為……」

京太郎「……やっぱり。最初から優希や高鴨を、それを使って眠らせる心算だったのか?」

憧「まぁね。予期しない形で役に立ったけど、やっと本来の目的に使えたわ」

京太郎「本来の目的って……どういう事だよ?」

憧「どういう事って…?もうっ判ってる癖に……女の子が男の子を押し倒して馬乗りになってスルコトって……」


憧「一つしか無いでしょ?/////」


京太郎「する事って…/////おま…俺にもそんなモノ使って…俺まで寝ちまったらどーすんだよ?」

憧「そうなったらそうなったで、寝てる間にちょめちょめして、一緒に朝チュンして既成事実を作っちゃう心算だったし……」

京太郎「……ちょめちょめって……それって流石に酷過ぎないか……くそっ死んでも寝られんくなった……」

憧「ふふ……」

京太郎「でも…お前それって犯罪スレスレだろうがよ?」

憧「しょうがないじゃない。酔った勢いがあっても、京太郎が私を襲ってくれるわけがないし……」

京太郎「……襲ってくれるって……。あのなぁ…俺はお前の事、もうちょっと純情な奴だと思ってたんだがな……」

憧「私が純情?そんな訳ないじゃない。私だって一人の恋するただの女の子だよ?」

憧「好きな人とイッパイ色んなコトしたいって思ってるんだよ?」

京太郎「……にしても…ちょっとヤリ方が強引じゃないか?お前はもっと頭が良い奴だとも思ってたけどな……」

憧「そうだよ…私は自分が…頭が良い方だって事くらい知ってる……」

京太郎「だったら何でこんなこt―――――」

憧「でもね……私は貴方の事になるとダメなの……頭を使うよりも先に――――」



憧「カラダが勝手に動いちゃうの―――――」



京太郎「!?」ドキッ

憧「私の全てが…貴方を求めてしまうの……だから――――」

憧「なりふりなんて構ってられないよ!!」

京太郎「お前…そんなに俺の事…………」


京太郎(くっそ…ホントにコイツのこう言うトコ、ホントにカワイイんだよな……おまけに何かエロいし……)くぅ~

京太郎「だけどお前っ…俺には咲という恋人がいるって知ってるだろ!!だったr――――」

憧「現地妻」ぼそ…

京太郎「えっ!?」どきっ

憧「宮永さん…遠征とかで居ない時が多いんでしょ?」

京太郎「ああ…そうだけど……」

憧「だったら…その間は私が京太郎のイイヒトになったげる……今は…それで良いから……」

京太郎「それでいいって…お前…何言って……」

憧「…………………」

憧(私だって自分が≪何やってるか≫くらい判る…他人から見れば往生際の悪い、迷惑で愚かで恥知らずな娘……)

憧(でも…私はそれでも諦めきれない…諦めたくない。他人(ひと)からどう思われようが蔑まれようが構わない)


憧(それでもいい――――――)



憧(私はこの恋に正直に生きたい――――――――)




京太郎「憧?どうした……?」

憧「ううん…何でもないよ……あっそうだ!ねぇ…しず…穿いて無かったでしょ?」

京太郎「えっ!?……いや…それは……/////」

憧「ふふ…やっぱり。ねぇ京太郎……私もね。今―――――」


憧「穿いてないの――――――――」


京太郎「!?」ドキィ!!

憧「私だって…今日はそれ位の覚悟を決めて来たんだから……だから…………」

京太郎「だからって……お前……」

憧「……女の子にここまでさせて…言わせて……」

憧「しかも私みたいな賢くて,とっても可愛いい子にこんな…はしたない事までさせて……」


憧「≪それでも何もしない≫心算?」じ…


京太郎「…………うっ…確かにお前は可愛いよ。頭も良いだろうよ!でも俺は…それでも―――――――」

憧「!?もうっこのワカランチン!!もういいよっ!!こうなったら実力行使しちゃうんだから!!」がばぁっ

京太郎「!?おっおいっ」


がちゃ!!

?「…………………………」


ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ―――――――


京太郎・憧「「!?」」ゾクッ!!


憧・京太郎((こっ…この凄まじいプレッシャーは!!?))はっ


?「ねえ。一体コレは≪どういう事≫なのカナ…カナ?」ゴゴゴゴゴ…


京太郎「―――――咲っ!?」びくっ!!!

憧「宮永さん!?」ぎくっ!!!

咲「新子さんは…人の恋人の上に馬乗りになって、どうする心算だったのカナ?」


ゴッ!!

憧「!!?」グワンッ!!!

憧(なに…コレ……脳に直接…役満直撃された様な衝撃が……)ガタガタ…

優希「…………ん?なんだじぇ?」むにゃ…

穏乃「――――――――!!」がばっ

穏乃(えっ!?今…何か物凄い衝撃が―――――――)

優希「……咲ちゃん?」ぱちくり

穏乃「―――――宮永さん!?」びくっ!!


憧「み…宮永さん……帰って来るのって、明日以降なんじゃ……」

咲「ふふ…京ちゃんからこの話を聞いて、何となく胸騒ぎがしたから、無理を言って先に帰らせて貰ったんだ」

咲「それで帰ったらこれだよ?」ゴッ!

穏乃「……………」ぶるぶる…

京太郎「さ…咲……これはだな…その……」あたふた

咲「うん。京ちゃんは…いいよ」にこ

京太郎「咲……」

咲「京ちゃんが悪くないのは判るから。京ちゃんが…自分からそんな事からする人じゃないって知ってるし」にこにこ

憧・穏乃・優希「「「………………」」」びくびくびく×3

咲「ふーん。京ちゃんから聞いてたのは…優希ちゃんも高鴨さんの二人だけど……」

憧「…………」どきどき

咲「招かれざる客(イレギュラー)の新子さんもいるしなぁ……」ふーむ

優希「咲ちゃん……何時もの咲ちゃんじゃないじょ……」カタカタ

穏乃「…………み…宮永さん……」

咲「そっかぁ【四人】いるのかぁ……」

憧「……………」ゴクリ…


咲「じゃあ今からみんなで私と麻雀を楽しもうか?」にっこり

憧・穏乃・優希「「「!?」」」ビックーン!!!


穏乃(その後、私と憧と優希で宮永さんに滅茶苦茶麻雀を楽しまされました……)

穏乃(結果は―――――)


優希:約-10000点


私:約-100000点


憧:約-160000点




穏乃(結果から推測するに宮永さんは、やっぱり≪何か≫を、感覚的に察知する能力がある様です…)

穏乃(それから私…そして…それ以上に憧は麻雀を楽しまされ過ぎて……)

穏乃(そのダメージで暫く麻雀どころか、牌を持つ事すら出来そうもありません……)

穏乃(でも暫くすると憧は――――)


憧『前はいきなりの事で面喰ったけど、まだまだ慌てる様な状態じゃない。まだ戦いは始まったばかりだし!!』


穏乃(と、息捲いていて…まだまだ懲りても、諦めた様子も全くありません)

穏乃(私も…憧の…このめげないメンタルの強さを…ある意味でですが、見習いたいと思います)

穏乃(それにやっぱり…それ程までに、一途に京くんの事が好きなんだろうな……と思います)

穏乃(……そう言う私も…いつの間にか……いえ…ここでは…やめておきましょう……)

穏乃(でも……人を好きになる事ってこんなにも突然で、切っ掛けさえあれば…簡単にそうなってしまう様な事だったんですね……)

穏乃(もしかして…憧もそうだったのかな?)

穏乃(と…ここまで言っておいて何ですが…誰に向かって話しているのか良く分かりませんね)はは…

穏乃(まあ…とにかくそういう訳で―――――)


憧「しずー何してんの?早く行くよー!!」ぶんぶん

穏乃「!!はーい。今行くよー」たたっ


穏乃(これから先…どうなるかは判らないけど―――――)




穏乃「とりあえず。なるようになるです!!」




とりあえずおしまい。





おまけ。



玄「で…ちゃんと…好きな人の上に座れたの?」

穏乃「……はい…」

玄「それは良かったのです」にこ

穏乃「…………」

玄「それで座ってみてどうでしたか?穏乃ちゃん」

穏乃「はい…正直に言って…悔しいけど凄く気持ち良かったです……」

玄「そうでしょ。そうでしょ」ふんす

穏乃「………………」

玄「ん?さっきからどうしたの?浮かない顔して」

穏乃「確かに好きな人の上には座れました…でも……」

玄「でも?」

穏乃「その人には…その……もう彼女さんがいて…その……」

玄「ふぅ~む…なるほどなるほどなるほど~」

玄「それなら全く問題ないですのだ」どん!!

穏乃「!?」

玄「寧ろ…その方がよりいいのです」ふんす

穏乃「えっ!?玄さん…何を言って……」ぱちくり

玄「私なんか、好きな人の彼女さんの目の前でシタ事あるよ?」

玄「最初はちょっと後ろめたかったけど…今ではその彼女さんに見せ付けるのが…最高に気持ちいいのです」ほゎ~

穏乃(……この人…やっぱりダメな人だ)かくしん

玄「で?穏乃ちゃんはどうだったのかな?」

穏乃「えっ!?」

玄「好きな人の上は…とっても気持ち良かったんでしょ?」

穏乃「そ…それは……」

玄「ふふふ…自分に正直になればいいのですよ?」にこ

玄「好きな人の側に居る事はとても幸せな事…たとえそれが、人を…自分を疵付ける事になったとしても……」


玄「私は……恋する女の子は、たとえ分かっていても…そのイケナイ幸せを求めてしまうのです……」

穏乃「玄さん……」

玄「私は…それ程に…どうしようもない程に、その人の事が好きなのなら……」

穏乃「………………」

玄「その人のパンツすら食べてしまいたくなる程に…好きなのであれば……」

穏乃(流石にそれはない)

玄「もう…なりふりなんて構っていられない……」

玄「その結果…私はどんなに疵付いても疵付けたとしても……止められない。後悔したくないから…………」

穏乃「玄さん……………」


玄「…………なんてね。吃驚した?今言った事はみんな冗談だよ」てへぺろ



穏乃「えっ!?」

玄「人のモノを獲っちゃうのは悪い事だから……それが自分の大好きな人達の事なら尚更…ね……」

穏乃「玄さん…もしかして……ううん。何でもないです……」ふりふり

玄「ん?いいの?何か言いたそうだったけど」

穏乃「はい。何でもありません」

玄「そう…じゃあ。私もう行くね……」

穏乃「はい」

玄「―――――あっ穏乃ちゃん」

穏乃「何ですか?」

玄「穏乃ちゃんが後悔しない…それでいて、心からの笑顔になれる選択をしてくれる事をお祈りさせて貰うからね」

穏乃「ありがとうございます。玄さん……」にこ

玄「うん。じゃあまたね。穏乃ちゃん」ふりふり

穏乃「はい。また今度」ふりふり



穏乃(玄さんの今さっき見せた貌……私…玄さんの、あんな切なげで複雑な貌は見た事無いよ……)

穏乃(玄さんは…ホントにいったい…誰の事が好きなんだろう……訊きたい…でも…訊いてはイケナイ事の様な気がする……)

穏乃(私は…どうなんだろう……確かに私は…京くんの事が好き……なんだと思う……)

穏乃(でも…今思うと…憧の想いに感化されて…その場の雰囲気に流され……感極まってしまったんじゃないかという気もする……)


穏乃(憧が好きな人で…でもその人は宮永さんの恋人で……)


穏乃(憧…宮永さん…そして私……)



穏乃(イケナイ幸せ……たとえ許されなくても…好きな人を好きだと思う気持ち……でもそれは――――)



穏乃(私は…どうすれば…ううん……どうしたいのかな―――――)



 



とある雪の日。


須賀さんのお宅。


京太郎「じゃあそろそろ学校行くから」

咲「うん、気を付けてね。今…外は雪降ってるし……」

京太郎「そうだな…で、咲。お前…今日は、どっか行ったりしないのか?折角のオフなんだろ?」

咲「今日の夕食の材料を買いに、スーパーには行くつもりだけど……」

京太郎「今日は咲が作ってくれるのか?」

咲「うん。今日は京ちゃんの好きな、いなり寿司に鰻を乗せたうなり寿司と…あと、あったかい豚汁を頑張って作るからね」にこ

京太郎「おっ。それは楽しみだな」

咲「うなり寿司を食べて、元気になって貰って……」もじもじ…

咲「そしたら…今夜は久し振りに夜のリンシャンカイホーを…たくさんシテ貰うんだからね//////」かぁぁぁ

京太郎「お…おう。頑張るよ……//////」

咲「だから…今日は出来るだけ早く帰って来てね」じ…

京太郎「分かった。そうするよ」にこ

咲「うん」にこ

京太郎「じゃあ行って来r――――」

咲「あっちょっと待って」

京太郎「ん?何だよ。まだ何か?」

咲「……京ちゃん。はいこれ…………」すっ

京太郎「これは…指輪?」

咲「うん。この前の遠征の時にいいペアリング見付けたんだ……私も付けるから…その…京ちゃんも……//////」

京太郎「ああ。分かったよ」きゅ…


京太郎「どうだ?似合ってるかな?」すっ

咲「うん。とっても似合ってるよ。京ちゃん」にこ

京太郎「咲…お前も…その指輪も、とっても可愛いよ」にこ

咲「うん…///////ありがとう京ちゃん……」にこ

咲「でも…次はいつか…京ちゃんから貰いたいな…その…約束の指輪を……///////」かぁぁぁぁ

京太郎「!!///////そ…そうか。いつか、俺がお前に本当の意味で相応しい男になったら、必ず贈るから」キリッ

咲「うん……///////////」

京太郎「よし。咲の愛の籠った指輪も付けた事だし。そろそろ――――」

咲「まっ待って…京ちゃんっ!」

京太郎「ん?まだ何かあるのか?」

咲「うん。くれぐれも他の女の子…特に新子さんに誘われても乗っちゃ駄目だからね」

京太郎「何だ。そんな事か……まったくお前は心配性だな」

咲「だって…京ちゃんがお願い事されたら、断れない性格だって知ってるし……」うー

京太郎「はは…心配すんな。この指輪に誓って…今日は必ず真っ直ぐ帰って来るから」

咲「うん。京ちゃんを信じてる//////」すっ…

京太郎「はは…全くお前は大袈裟なんだから」んっ…


ちゅっ…


咲「えへへ…行ってらっしゃい。京ちゃん///////」ふりふり


京太郎「ああ。いって来る」すっ


バタン。

大学近くの通り。


京太郎「うーさぶ…未だ12月に入ったばっかだってのに、どーしてこんなに降るんだよ……」ぶる…

京太郎「これじゃ長野に居た時と変わらねーじゃねーか……」ぶつぶつ


?「おはよー京太郎!!どーしたの?朝から不景気な顔してブツブツ言っちゃって?」


京太郎「ああ。憧か。おーす」

京太郎「いや…東京って雪降らねーってイメージあったけど、これじゃ地元(いなか)の長野とちっとも変んねーなって思ってさ……」

憧「ふーん。そっか…でもそれって私も同じなんだよね……もしかして奈良と長野って似てるかも知れないね?」

京太郎「はは…そーいえばそーかもな」

憧「あっそうだ。京太郎…今日…学校終わったら。飲みにでも行かない?雪見酒ってのも乙だと思うけど?」

京太郎「うーん。そうだなぁ……たまには―――――!!」はっ

京太郎(いかんいかん。今日は咲と……)ぶんぶん

憧「どうしたの?」

京太郎「いや。今日は咲がいるんだよって…おい。彼女持ちの男をそんな簡単に誘うんじゃない」めっ

京太郎(まっ…一瞬…行き掛けた俺も俺だけどな……)

憧「…………………」むー



憧(そりゃそうだけど…さ……)ふんっ

 
大学正門前。


すたすた…


?「あのー済みません。今、TVの街頭インタビューをしてるんですけど。ちょっといいですか?」


京太郎・憧「「えっ!?」」


レポーター「お二人ともやはりここの学生さんなんですか?」

憧「はい。そうです」

レポーター「そうですか。一つお聞きしてもよろしいですか?」

憧「はい。いいですよ」にこ

レポーター「ありがとうございます。あの~今日の東京は記録的な大雪なんですが、この雪についてどう思われますか?」


憧「そうですね…………」はっ

憧「………………………」ニヤリ

憧「基本的に…雪はやっぱりあんまり好きじゃないんですけど――――――」

憧「でも―――――」


レポーター「でも?何ですか?」

憧「恋人といる時の雪って特別な気分に浸れて私は好きです」

京太郎「えっ!!!?」ささっ


京太郎(憧のやつ……TVに映ってんのに、どさくさに紛れて何言って――――)

京太郎(咄嗟に手で顔を隠したけど…全く意味ねーだろうな……)

京太郎(あっ…やば…もしかして…咲に貰った指輪も映ってんじゃないか……?)

京太郎(これじゃ…逆に他の奴らに誤解されかねないな……)

京太郎(肝心の咲はTVとかあまり視ないから大丈夫だと思うけど……)

京太郎(他の奴らは兎も角……アイツに…咲にだけは知られないようにしないと……)

憧「えへへ…言っちゃった//////」ニコニコ

レポーター「そーですか。ありがとうございましたー(棒読み)」


京太郎(まったく…コイツは……能天気な顔でニコニコしやがって……俺は気が気でないと言うのにな……)はぁ



その頃の須賀さん宅。


咲「さて…お掃除も一段落したし……ちょっとテレビでも視ようかな?」


ポチ。

咲「あれ?京ちゃん?と…………」



――――恋人といる時の雪って    
特別な気分に浸れて私は好きです――――




咲「………………」


咲「あは…あはは……アハハハハァ―――――――」


咲「また…京ちゃんが優しくて強く言えないのをいい事に、また懲りずに…ちょっかいを出して……」


咲「まったくこの雌(ひと)は……流石の私も槓忍袋の緒が切れちゃったよ?」


咲「そんなにヒマだったら、今度は、もっともっと…とことん麻雀を愉しんで貰おうかな?」


咲「もう京ちゃんに…手を出そうなんて思わせない位に……」



咲「愉しみにしていてね……新子サン」ニコ…



 

その日の逢魔が時。


がちゃ。


京太郎「ただいまー」


ぱたぱた。

咲「お帰りなさい京ちゃん。もう御夕飯の準備、出来てるよ」にこ

京太郎(この様子だと…取り敢えずは大丈夫そうかな?ゴッて感じもしないし……)ほっ…

京太郎「おっそうか。じゃすぐ着替えてくr―――――」

咲「ねぇ京ちゃん……」

京太郎「ん?なんd―――――」



――――恋人といる時の雪って
    特別な気分に浸れて私は好きです――――



咲「……ってさっきテレビで視たけど。私も京ちゃんと一緒に見る雪は好きだよ」ニコォ……

京太郎「――――――――――!!!!!!?」ガンッ!!!!!

京太郎(―――――――――――――――あ…あまりの衝撃で…い…一瞬頭が真っ白に…………)

咲「ふふ…京ちゃんなんて表情(かお)してるの?折角のカッコイイ顔が台無しだよ?」にこっ


ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ…………

京太郎「み…視たのか……」

咲「うん…京ちゃんも…その指輪も…………」

京太郎「ごめんな咲…俺がしっかりしてないばっかりに……」ぺこり

咲「ううん…だから京ちゃんは悪くないよ……悪いのは全部――――――」

京太郎「咲……」


咲「…………【あの時くらい】じゃ…全然足りなかったのかな……」ぼそ…


京太郎「えっ!?」

咲「えへへ…大丈夫。判ってるよ?京ちゃんはあの雌狐(ヒト)にいい様に化かされてるだけだから……」

京太郎「さ…咲……」

咲「あんな…穿いてない様な…はしたない雌(おんな)に付き纏われて、京ちゃんも辟易してるだろうし私も気が気でないよ……」

咲「だから―――――」

京太郎「だから……?」ごくり

咲「今度、あの雌狐と連帯責任で雌猿と…あと……」ふんふむ

咲「あとついでに雌ハムスター(ゆうき)ちゃんに、とことん【徹底的】に麻雀を愉しまさせてあげるから――――」ゾオオオッ――――

京太郎「!!?」ビクゥ!!

咲「今度こそ…もう【みんな】京ちゃんを誑かそうなんて、絶対に思わせない位に―――――」

咲「京ちゃんが誰の恋人(モノ)なのか、みんな纏めて徹底的に思い知らせてあげるから―――――」

咲「だから……【絶対に】みんなに伝えておいてね。京ちゃん」にこ

京太郎「………………あ…ああ……」ガクブルガクブル…

京太郎(さ…咲のやつ、ほ…本気だ。ついに本気になってあいつらを潰しに―――――)ああ…

咲「アハハ…タノシミダナァ……」フフフ…

京太郎(……こ…このままだとこのサキ……雀卓に点棒の雨が降ってしまう事になるのか……?)

京太郎(そう言えば…誰かが言ってた気がする……咲の麻雀は、コイツがその気になったら……)

京太郎(点棒を削った分、その魂も同様に削ってしまうと――――――)


咲「フフフ…フフフフフ――――――」ゴゴゴゴゴゴゴ―――――


京太郎「………………………」ゴクリ…

京太郎(こんな時に気圧されてどうする!こんな時だからこそ俺がしっかりしてないでどうする!!)

京太郎(だけど……俺は…どうすればいい?憧達の為に…そして何よりも咲の為に、俺は何をしてやれる事が出来る……?)

京太郎(これから俺は…たとえ無かったとしても…それでも…その答えを見付けないといけない……)

京太郎(そしてその辿りその先で…俺は……憧達は……そして咲はどうなっているかな…………)

京太郎(俺には分からない。…………そう…こればかりは―――――――)

京太郎(神ならぬ……牌のみぞ知る…か…………)




おまけのおしまい。