京ちゃん年齢設定共に改変
アラサーですこやんの幼馴染

京太郎「結婚しろ健夜ァッ!!」ドアバーン

健夜「ファッ!?」

はやり「!?」

咏「!?」

恒子「!?」ガタッ

健夜「え、なに!?なに急に!?」

京太郎「結婚しやがれくださいお願いします!」ガシッ

健夜「はいっ!?って、肩掴まないで!なにこの痛くないのに振り解けない絶妙な力加減!」グググ

京太郎「暴れんな…暴れんなよ…お前のことが好きだったんだよ!」

健夜「ちょっ、何言って……って、やめてよこーこちゃん、撮らないで!」

京太郎「本気なんだよ!」

健夜「う、嘘だぁっ!今までそんな素振り見せなかったくせに!はやりちゃんとかの方が好きなくせに!」

京太郎「あぁ確かに瑞原プロはすげぇよ可愛いしおもちだしぶっちゃけ抱きたい女性NO.1だし!」

はやり「……!」パァァ

京太郎「でも結婚したいかどうかと言われたら答えはNO!!」

はやり「」

健夜「ひどいよ……諦めよう諦めようって思い続けてもうアラサーなのに、なんで今更そんなこと言うの……?」

京太郎「もう誤魔化すのもビビるのもやめたからな!これからは二人っきりの時は全力で甘えるし甘やかす!一線越えることも辞さない!」

健夜「ふぇいっ!?」


京太郎「大好きだっつーか愛してる!だから結婚してください!!」

健夜「ふっ、ふつつかものですがぁー!?(錯乱)」

カンッ


咏「あーびっくりした」

恒子「いやー、焚きつけた効果あったみたいですね」●REC

良子「それよりもどなたかヘルプ!」

理沙「息してない!」

はやり「」

もひとつカンッ