http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1332249950/



咲「どうしたの?京ちゃん」

京太郎「二人きりで話したいんだ。ちょっと放課後残ってくれないか?」

咲「うん、いいけど・・・」

優希「ちょっ、何事だじぇ!?・・・これってまさか」

和「そんなオカルトありえませんっ!」ドンッ

優希「和ちゃん、ちょっと怖いじぇ・・・大丈夫だじぇ、あの犬にそんな度胸は無いはずだじぇ」

久「・・・まこ」ヒソヒソ

まこ「わかっとる。さぁさぁ、お邪魔虫は退散退散じゃー」ガッシ

和「染谷先輩、話して下さい!私は宮永さんとIPS細胞と将来の展望について話し合わないとーー」ジタバタ

優希「京太郎は私の犬だじぇー!」ジタバタ

久「じゃ、今日の部活はここまで。・・・宮永さんと須賀君、後片づけよろしくね」

京太郎「りょーかいっす。お疲れ様でーす」

咲「分かりました」

久(それにしても・・・随分突然ね)

優希「むがー!」

和「ふぬー!」

まこ「ハイハイ帰れー」ポイッ

久「それじゃあねー」ヒラヒラ


バタン

京太郎「・・・」

咲「・・・」

京太郎「・・・」

咲「京ちゃん?話って」

京太郎「咲、俺と麻雀してくれないか」

咲「麻雀?いいけど・・・皆が一緒にいちゃダメだったの?」

京太郎「・・・ああ」

咲「それじゃあ、二人打ち用のルールでいいよね。ツモは減点される側は一人分、加点される側は三人分で」ピッピッ

京太郎「それでいいよ。・・・咲、本気で来てくれ」

咲「うん、分かった・・・」



東一局

京太郎「じゃ、俺が親だな」


パチッ

咲「京ちゃんが私を麻雀に誘うのって、なんだか久しぶりだね」


パチッ

京太郎「そうだな、最近はずっと雑用ばっかりだったから」


パチッ

咲「宅も4人掛けだしね。女子部員だけでも入りきらないし」


パチッ

京太郎「咲、麻雀楽しいか?」


パチッ

咲「うん、今はとっても楽しいよ」


パチッ

京太郎「そうか、そりゃ何よりだ」


パチッ

咲「京ちゃん、それロン」


パタタタタ・・・

京太郎「くっ・・・」

咲「三色ドラ3。子の満貫で8000点だね」

京太郎「・・・じゃ、次は咲が親だな」

咲「うん。それじゃ、行くよ京ちゃん!」



東二局

咲「京ちゃん、今日はホントに突然だったね」


パチッ

京太郎「悪い。もしかして予定とかあったか?」


パチッ

咲「まぁ、無い事はないけど・・・そんなに大事な用でもないし」


パチッ

京太郎「こんなことは今日限りだからさ、勘弁してくれ」


パチッ

咲「・・・京ちゃん、何か嫌な事あったの?」


パチッ

京太郎「・・・っ」

咲「やっぱり。今日の京ちゃん、何だかおかしいもん」


バチッ!

京太郎「・・・さぁ、リーチだぜ咲。どうする?」

咲「京ちゃん・・・」


パチッ

京太郎「・・・」


パチッ

咲「・・・カン」


パチッ

京太郎「来たか・・・」


パチッ

咲「もいっこ、カン」


バシッ!

京太郎「・・・」ゾクッ


パチッ

咲「もいっこ、カン!」


バシィッ!

パタタタタ・・・

咲「--ツモ。嶺上開花、三暗刻、三槓子、ドラ1。6000オールで、連荘だよ」

京太郎「・・・一本場か」

咲「それじゃ、また私からだね」



東二局一本場

咲「・・・」


パチッ

京太郎「強えなぁ、咲は」


パチッ

咲「そうかな?私よりも強い、例えば天江さんみたいな人。全国にはゾロゾロいると思うよ」


パチッ

京太郎「・・・そっか。頑張れよ、お前はもう一人じゃないんだ」


パチッ

咲「うん、頑張る」


パチッ

京太郎「・・・」


パチッ

咲「リーチだよ」


ピシッ!

京太郎「・・・」


パシッ

咲「それ、ロン!」


パタタタタ・・・

咲「リーチ一発、一本場で平和と一盃口。ドラはないけど、裏ドラがーー乗った。これで満貫、12300点」

咲「これで合計26300点のマイナス。私の勝ちだね、京ちゃん」

京太郎「・・・」

咲「京ちゃん?」

京太郎「続行、させてくれないか」

咲「 え?うん、いいけど・・・」



東二局二本場

咲「京ちゃん、何があったの?私でよければ相談に乗るよ?」


パチッ

京太郎「何がって、何がだよ」


パチッ

咲「もう、それじゃ分かんないよ」


パチッ

京太郎「分かんなくていいんだよ。俺は、ただ咲と麻雀したいだけだ」


パチッ

咲「・・・嘘」


パチッ

京太郎「嘘なわけないだろ、現にこうして打ってるんだから」


パチッ

咲「だって京ちゃんの牌、勝つ気が無いもん」


パチッ

京太郎「何でそんなこと分かんだよっ」


パチッ

咲「染谷先輩とか原村さんみたいに分析はできないけど・・・牌に気持ちが乗ってるか乗ってないかくらいは私にもわかるよ」


パチッ

京太郎「なんだそりゃ。俺にはちっとも分かんねー世界だな」


パチッ

咲「ううん、京ちゃんが一番分かってるはずだよ。だって、京ちゃんの牌だもん」


パチッ

京太郎「俺はただ、麻雀をーー」


パチッ

咲「・・・麻雀を、やめる理由が欲しいの?」


ビシッ

京太郎「・・・んなこと言ってねーだろ!リーチだ!」


バンッ

咲「言ってるよ!京ちゃんの牌、自棄になってるもん!私もリーチ!」


バンッ

京太郎「うるせえ!お前に俺の何が分かるってんだ!」


バシッ!

咲「そんなこと分かんないよ!」


バシッ!

京太郎「だったら黙って打ってろ!」


バシッ!

咲「黙ってたら和了れないもん!」


バシッ!

京太郎「減らず口を・・・!」


バシッ!

咲「京ちゃんこそ、私を麻雀部を辞める言い訳にするつもりの癖に!」


バシッ!

京太郎「ああそうだよ!悪いかよ!大体強過ぎんだよ、お前ら!何がオカルトだ!・・・俺だって、練習してんのに!」


バシッ!

咲「悪いよ!勝手に努力を放棄して、戦う前から負けを認めてる京ちゃんなんて、とってもカッコ悪い!」


バシッ!

京太郎「だから今戦ってるじゃねえか!俺が、どうあがいても勝てない事の証明のために!」


バシンッ!

咲「こんなの戦いじゃない!こんな、楽しくないのは、絶対に麻雀じゃない!」


バシンッ!

京太郎「麻雀なんて、才能のゲームだ!結局牌に愛されてない奴は、負けるしかねえんだよ!」


バシンッ!

咲「そんなことない!絶対、絶対そんなことない!そんな事言う京ちゃん、私嫌いだよ!」


バシンッ!

京太郎「だったら早く和了れよ!このど真ん中の牌で、お得意のオカルトで、嫌いな俺にトドメを刺してくれよ!宮永咲ぃぃぃぃぃぃぃぃ!」


バシンッ!

咲「っ・・・!」


パシッ

京太郎「なっ・・・」

咲「・・・京ちゃんの番だよ」

京太郎「・・・」

咲「・・・引かないの?」

京太郎「和了れ、なかったのか・・・?」

咲「うん。だから次は、京ちゃんがツモる番」

京太郎「・・・っ」

咲「京ちゃん、引いて」

京太郎「俺、は・・・」

咲「・・・引かないんなら、私もう帰るよ?」ガタッ

京太郎「待てっ!」


ピッ

京太郎「・・・ツモだ」


パタタタタ・・・

京太郎「二本場、メンタンピンドラ2。ハネ満で3200点オールだ」

咲「うん。この局は、京ちゃんの勝ちだね」

京太郎「咲、手牌見せてくれ!」ガタッ

咲「はい、こうだよ」


パタタタタ・・・

京太郎「ホントに・・・和了れねぇのか」

咲「まだ、やるよね?」

京太郎「・・・ああ」



東三局

京太郎「じゃ、行くぜ・・・」


パシッ

咲「ねぇ、京ちゃん」


パシッ

京太郎「なんだよ?」


パシッ

咲「さっき和了った時、嬉しかった?」


パシッ

京太郎「そりゃ、嬉しかったよ。でもあれは・・・」


パシッ

咲「私は、手を抜いてないよ?」


パシッ

京太郎「・・・そりゃそうか。涙目で顔真っ赤にして牌打ちつけてたもんな。あれで手を抜けたら手品師だ」


パシッ

咲「むー。それはお互い様だし、そもそも京ちゃんが嫌な事言うから悪いんだよ」


パシッ

京太郎「悪かったよ。なんか奢るから、許してくれ」


パシッ

咲「それプラス麻雀部辞めないでくれたら、許したげる」


パシッ

京太郎「・・・随分と手厳しいお姫様だな」


パシッ

咲「京ちゃんが悪いんだもんっ」


パシッ

京太郎「分かってるよ、俺だってもう辞めたくなくなっちまった」


パシッ

咲「・・・京ちゃんならそう言ってくれると思ってたよ。だって、麻雀って」


パシッ

京太郎「楽しいんだもん、か?」


パシッ

咲「人のセリフを取らないでくださいー」


パシッ

京太郎「そうぶすくれなさんなって」


パシッ

咲「もう、京ちゃんのバカっ!・・・ロンだよっ」


パタタタタ

咲「一盃口のみドラ無し。1300点」

京太郎「おお、珍しく小さい和了りじゃないか」

咲「京ちゃんのがうつっちゃったかも?」

京太郎「なんだとこのー!」グリグリ

咲「いひゃいよきょうひゃん!ほっふぇはやめふぇー!」

京太郎「ありがとな、咲」

咲「ううん、私は何もしてないよ。京ちゃん自身が麻雀を辞めたくないって、心の底で思ってくれてたからこうなったんだと思う」

京太郎「かも、な」

咲「絶対そうだよ。京ちゃんは、いつだって頑張り屋さんだもん」

京太郎「なぁ、咲」

咲「なぁに?」

京太郎「俺さ、今よりもっと頑張って、いつか絶対お前を倒す!何年、何十年かかったって絶対倒すから!」

咲「ーーうん、待ってる。・・・だから、早く駅前のクレープ屋さんに行こっ」

京太郎「げっ、忘れてなかったのか」

咲「ちょっといい話になったからって奢りの約束を忘れるほど、私はロマンチストじゃないですよー?」

京太郎「こりゃ一本とられたな。・・・あんまり高いのはよしてくれよ?」

咲「キングクレープかなー、クイーンクレープかなー♪いっそ両方とか!」

京太郎「よせってば!」

咲「やーだもーんっ。ほらほら、早く来ないとどんどん注文増やしちゃうよ?」タタタ

京太郎「うおおおおおおおおおおお!?」ダダダダダ



駅前のクレープ屋さん

店員「ただ今カップル割というサービスを行っておりましてー」

咲「え、でも私達むぐっ!?」ジタバタ

京太郎「はい!じゃあそのカップル割でお願いします!」

店員「かしこまりましたー」

咲「ぷはっ。もう、嘘ついちゃ駄目だよ京ちゃん」

京太郎「バカ言え。カップルって言うだけで安くなるなら利用しない手は無いだろ」

咲「私は別に困らないけどなー」

京太郎「そりゃ奢られる立場だからな、気楽だよなぁ!?」

咲「へへーんだ」ベー

京太郎「ちなみに、何頼んだんだ?」

咲「二人用のキングクレープ。一度食べてみたかったんだー」

京太郎「ふっ、デブるぞ?」

咲「むっ!・・・ひ、否定しきれない」

京太郎「仕方ない、太らないように咲の分も俺が食べてやろう」

咲「それはダメーっ!」


遠巻きのグラサン「・・・こちらコードネームタコス。コードネームIPS、応答するじぇ」

『こちらIPSです。二人の様子はどうですか?』

遠巻きのグラサン「二人で一つのクレープを、恋人割で頼んだようだじぇ」

『殺して下さい、いえ殺しましょう』

遠巻きのグラサン「賛成だじぇ」ジャキッ

『待ちんさい!流石に性急すぎじゃて!』

『離して!離して下さい!』

『あー、こちら部長。君の行動は監視されている、変な気は起こさないよーに。とりあえず、引き続き尾行を続けてもらえるかしら』

遠巻きのグラサン「・・・了解だじぇ」ピッ


店員「お待たせいたしましたー」ドンッ

咲「うわ、おっきい・・・!」

京太郎「これは・・・マジでキングサイズだな」

咲「ここまで来ると最早クレープとしての原型がないね・・・」

京太郎「とりあえず、値段分はキッチリ食べるぞ!」

咲「おー!」


パクパクパクパク・・・

咲「も、もうムリ」ゲプー

京太郎「デカ過ぎんだろこれ・・・」

咲「入りきらなくて残しちゃった・・・ごめんね、京ちゃん」

京太郎「いいって。お前が満足したんならそれで」

咲「うん、満足はしたよ。十分過ぎるほど」

京太郎「じゃ、帰るか」


遠巻きのグラサン「IPS,IPS応答するじぇ」

『あー、IPSならさっき体の穴という穴から細胞を飛び散らせて憤死したわ』

遠巻きのグラサン「なっ・・・同士IPS、お前のことは忘れないじぇ」

『死んでません!』

『惜しい奴を亡くしたもんじゃ・・・』

『だから死んでません!宮永さん!?宮永さーん!?』

遠巻きのグラサン「『うわ、おっきい・・・』『入りきらなくて・・・』等の発言が確認されたじぇ」

『?!?!??!?!?!!??!!??』ボフー

『あ、また憤死した』

『惜しい奴を亡くしたもんじゃ・・・』

遠巻きのグラサン「二人はもう帰るみたいだから、これで通信を終了するじぇ」

『はい、お疲れー』

遠巻きのグラサン「・・・」ピッ

遠巻きのグラサン「京太郎・・・」グスッ



咲「家まで送ってくれなくてもよかったのに」

京太郎「もう結構遅いからな、狼が潜んでないともいえないし」

咲「京ちゃんは心配性だなぁ。・・・大体、送り狼って言葉だってあるでしょ?」

京太郎「だったらどうする?」

咲「え?」

京太郎「俺が送り狼だったら、どうするんだ?」

咲「ど、どうするって・・・」アセアセ

京太郎「・・・ま、そんなことは100%あり得ないけどな」

咲「・・・だと思った。京ちゃんヘタレだもん」

京太郎「その割にはさっきマジで焦ってなかったかー?」ニヤニヤ

咲「違いますー、焦ってないですー!」プンスカ

京太郎「ま、咲は今の俺にとっちゃ目標でありライバルだ。夜道で襲うもんじゃねえわな」

咲「京ちゃんとまともに勝負できるのは何年後かなー」

京太郎「うるせえ、首洗って待ってろよー!じゃあなー!」ダダダダダ

咲「あ、京ちゃんまたねー!」

咲「ーー私、待ってるからね。何年だって・・・」



一ヶ月後

久「おいーっす」

優希「お、部長のご登場だじぇー」

京太郎「あ、部長。掃除終わりました!」

久「ん、御苦労。・・・最近妙に精力的ね」

まこ「守るべきもんでも出来たんかのう」

和「っ!?」ギリギリギリギリ

まこ「じ、冗談じゃ!冗談じゃって!」

咲「こんにちはー」

優希「お、咲ちゃんも!これで清澄高校麻雀部勢ぞろいだじぇー!」

京太郎「おお咲、丁度良かった。昨日のネット対戦であったこの局面なんだけどよ・・・」ポチポチ

咲「んー?多分だけど、これはここをね・・・」ポチポチ

京太郎「おお、良い待ちになった!」

優希「・・・」ギリッ

和「・・・」ブチブチッ

咲「やっぱり京ちゃん、まだまだだね」

京太郎「うるせえ、いつかはカモにしてやるからな」

咲「ハイハイ。期待してますよー」

優希「・・・犬!タコス買ってくるじぇ!」

京太郎「うぇっ!?ちょっと今手が離せな」

優希「うるさいじぇ!いいから買ってくるじぇ!」

京太郎「・・・分かったよ」

咲「あ、なら私も」

和「宮永さんはこっちで私達と麻雀です。大会も近いんですから」

咲「そ、そうだね。・・・ごめんね京ちゃん」

京太郎「いいって、元々パシリは俺の役目なんだし。それより咲は大将なんだから、清澄のためにもしっかり勝ってくれないと困るぜ?」

咲「むー、京ちゃんってばまたそうやってプレッシャーかけるんだからー」

優希「・・・」メリッ

和「・・・」バキバキバキバキ

京太郎「部長、タコス以外に買ってくるものありますか?」

久「私は特にないけど・・・他の人は?」

まこ「ワシも特にないな」

優希「大理石100kg!」

和「拷問器具!」

京太郎「売ってねーよっ!」

咲「じゃあ私紅茶お願いしていいかな?アイスで」

京太郎「あいよっと」タタタ

咲「あ、廊下は走っちゃだめだってばー!・・・もう、京ちゃんたら」

久「部室暑いわね、なんか」

まこ「ああ、あっつあつじゃな」

優希「暑さの元はたった今追いだしたはずだじぇー」

和「暑さの元が永遠に冷たくなれば部室の温度が上がらずに済む可能性が微粒子レベルで存在している気がします・・・」

久「それじゃ、私達は練習しましょうか」

咲「はいっ!」

咲「よし、ロンっ!これで私の最終得点は33400点、一位ですね!」

まこ「あちゃー、振り込んでしもうた」

優希「あ、危なかったじぇ・・・9800点のマコがいなかったらドベだったじぇ」

久「宮永さんの仕上がりは上々みたいね」

咲「部の皆のお陰です!」


京太郎「お待たせしましたー・・・ほい、ホット」ピトッ

咲「熱ぅっ!?・・・くないし。もー、悪戯はダメだってば」

京太郎「咲はからかいがいがあるからな」

咲「むー」

京太郎「タコスのお客様ーっと。はいよ」

優希「・・・」ムスーッ

京太郎「な、なんだよ?」

優希「なんでもないじぇ。ふーんだ」ムシャムシャ

京太郎「・・・?」ポリポリ

咲「見て見て京ちゃん!嶺上開花和了ったよ!」

京太郎「おおー、やりますな姫様」

咲「ふふん、崇めるがよい」

京太郎「ははーっ。・・・じゃ、今日も部活終わった後頼んでいいか?」

和「あの、宮永さんは大会前で」

咲「うん、いいよ。部長、部活外ですしいいですよね?」

久「いいけど、お願いだから部活外でやってね」

優希「・・・」ミギミギミギミギ

和「・・・」ガガガガガガガ

まこ「ま、お前らの気持ちもわからんでもないけどな」ヒョイヒョイッ

優希「うがー!大体ロンで嶺上開花が和了れるはずないじぇ!嘘はいけないじぇ!」

和「そうです、そんなオカルトあり得ません!それより宮永さんは私と素敵なIPS-!」

京太郎「・・・咲、虚偽申告はいけないなぁ?罰符ものだぞ?」

咲「あ、これは違っ・・・ついいつもの癖で嶺上開花って言っちゃったんであって」

咲「決して京ちゃんの前で格好付けようとかそういうのは・・・」

京太郎「・・・」ニヤニヤ

咲「き、京ちゃんだって大して確認もせずに崇めたんだから同罪だよ、同罪!」

京太郎「なんじゃそら!?」


まこ「仲がいいのう・・・」

久「ホントにね」

まこ「ワシらもそろそろ帰るか」

久「そうね。なーんかこの終わり方が板についてきちゃったなぁ・・・まぁいっか」

久「んじゃ、掃除戸締りその他はよろしくー」

バタン


京太郎「さて、それじゃあよろしくお願いします」ペコリ

咲「うん、今日も頑張ろうね京ちゃん!」

京太郎「よーし、今日の目標は狙って満貫!」

咲「じゃあ、私の目標は狙って役満かなー」

京太郎「言ってろ!」


パチッ

咲「ふふっ」


パチッ

京太郎「・・・なんだよ?」


パチッ

咲「京ちゃんとこうやって二人きりで麻雀出来るのが、嬉しいなあって」


パチッ

京太郎「おいおい、気を緩ませてたら俺勝っちまうぞ?」


パチッ

咲「やれるものならやってみなさーい」


パチッ

京太郎「言ったな・・・?そら、リーチ!」


バチィッ

咲「む、そのリーチは読みにくいかも」


パチッ

京太郎「とか言いつつ咲さん、ノータイムで打ってきますね」


パチッ

咲「まぁ、まだまだだねー」


パチッ

京太郎「どこぞのテニヌプレイヤーかよっ」


パチッ

咲「・・・でも、ちゃんと成長してるよ、京ちゃん」


パチッ

京太郎「そりゃ・・・」


パチッ

咲「それロン」


パタタタタ・・・

咲「混老頭、トイトイドラ3。ハネ満で12000点頂戴しまーすっ」

京太郎「・・・こんな鬼教官がいりゃあな、嫌でも強くなるさ」

咲「えへへ・・・でも、前よりずっと牌に気持ちが乗ってるよ」

京太郎「そりゃ、いつでも寝首掻く気でいるからな!」

咲「うむ、その意気やよし!存分にかかってくるがいい!」

京太郎「咲、そのキャラ似合ってねーぞ」

咲「や、やっぱり?」

京太郎「どっちかってーとお姉さんの方がそんなキャラだな」

咲「かもねー」


アハハハハ・・・・・・


京太郎「教官、今日もお疲れ様でしたっ!お家までお送りいたします」

咲「ん。よろしくね、しっかり満貫和了って役満和了られた京ちゃん」

京太郎「ぐ・・・さ、流石にあれは偶然だよな?」

咲「どうだろうねー」

京太郎「ぐおおおおお!自分の打ち筋によるものかもしれないと思うと猛烈に悔しくなってくる!」

咲「ふふ、まだまだだねー」

京太郎「お、覚えてろよおおおおおおおおおお!」ダダダダダ

咲「京ちゃん、またねー!」

京太郎の家

京太郎「ん、メール?」


【差出人:宮永咲 件名:きょうのまーじゃんについて】


京太郎「いい加減変換くらい覚えろよ・・・っと」ポチポチ

京太郎「お、もう一件」


【差出人:片岡優希 件名:明日の部活が終わったら、ちょっと残ってるじぇ】


京太郎「本文は空・・・なんだってんだ?」





翌日

久「おっすー・・・須賀君、精が出るわね」

京太郎「そりゃもう、雑用係ですから」

久「最近の牌譜見たけど・・・良くなってるよ。宮永さんの指導の賜物?」

京太郎「げ、バレてたんスか・・・いやぁ、ホント咲には頭が上がらないですよ」

久「その調子で、清澄高校男子麻雀部のために頑張ってね。期待してるわよ」ポンッ

京太郎「はい!」

久「雑用もね」クスッ

京太郎「ですよねー・・・」

まこ「・・・優希、どうしたんじゃその大量のタコス」

和「今日はまた一段と多いですね・・・」

優希「今日は決戦だじぇ、物資は多いに越したことはないじぇ」

まこ「・・・?」

咲「あ、京ちゃーん!」

京太郎「おう、咲。・・・今日は部活後に別の用事が入っちゃったから、先に帰っててくれるか?」

咲「うん、分かった。私も用事あったとこだから丁度よかったね」

京太郎「まさに息ピッタリ!」

咲「京ちゃんのツモ運まで移さないでね、負けちゃうから」

京太郎「なんだとー!」グリグリ

咲「ひひゃいひひゃいー!」

和「・・・」ゴゴゴゴゴ

優希「・・・」

和「・・・優希?」

優希「今日は決戦だじぇ・・・」ムシャムシャ

久「よし、それじゃ練習始めるわよー」


「「「「「おー!」」」」」


久「よし、今日はここまで。それじゃ須賀君、いつも通り掃除戸締り・・・って言わなくてもやってるわね」

京太郎「オラー!」フキフキ

まこ「雑用の鏡じゃな」

久「いいえ、部員の鏡よ」

まこ「随分と奴さんを持ち上げるのう」

久「別に持ちあげてる訳じゃないわ。ただ、頑張ってる奴は相応に評価されて然るべき。これ、私の持論ね」

まこ「ほう・・・」

咲「部長さん、染谷さん、お疲れ様でしたー」

久「お、今日は特別特訓やらないんだ」

咲「はい、京ちゃん用事があるらしくて」

和「宮永さん、途中まで一緒に帰りましょう」

咲「うん!」

久「それじゃ、私達も帰りましょうか」

まこ「じゃな」


京太郎「ふいー、終わった終わった」

京太郎「・・・で、話ってなんだよ。優希?」

優希「・・・最近、部活が終わった後。咲ちゃんとずっと一緒にいるじょ」ムシャムシャ

京太郎「ああ、麻雀の特訓だよ。お前も知ってるだろ?」

優希「ちょーしのんな」ボリボリ

京太郎「は?」

優希「高々雑用係程度が、調子に乗るなって言ってるんだじぇ」

京太郎「・・・雑用係が強くなりたいと思っちゃいけねえのかよ」

優希「ダメだじぇ。雑用係は雑用係らしく、雑用だけやってればいいじぇ」

京太郎「言うじゃねえか、嫌な事でもあったか?」

優希「最近の犬は、見ててイラつくって言ってるんだじょ。だから・・・」

優希「今!ここで!!もう一度主従関係を一から叩きなおしてやるじぇ!!!」ドカッ

京太郎「上等だ、やってやるよ!」ドカッ

優希「・・・東場だけだじぇ」

京太郎「ああ、好きにしやがれ」

優希「・・・それじゃ、サイコロを振るじぇ」


コロコロコロ・・・

京太郎「出たか・・・親はお前だ」



東一局

優希「・・・」バリボリ


バシッ

京太郎「・・・」


ピシッ

優希「・・・」


バシッ

京太郎「それにしても、今日はまた随分と買い込んでるじゃねえか」


ピシッ

優希「・・・お前を、二度とこの卓に上がらせないためだじぇ」


バシッ

京太郎「上等、やれるもんならやってみやがれ」


ピシッ

優希「言われなくても、へし折ってやるじょ」


バシッ

京太郎「・・・」


ピシッ

優希「それ、ロンだじぇ」

京太郎「なっ・・・」


パタタタタ・・・

優希「清一色、ドラ2。倍満で24000点だじょ」

優希「ヌル過ぎるじぇ・・・やっぱり、犬は犬だじぇ」

京太郎「クソッ、言ってろ!」



東一局一本場

優希「ロンだじぇ。平和のみ」


東一局二本場

優希「ロンだじぇ。一盃口のみ」


東一局三本場

優希「ツモだじょ。撥のみドラ1」


東一局四本場

京太郎「・・・っ」


ピシッ

優希「それも、ロンだじぇ。七対子」

京太郎「よお、点数がマイナスになっても続けてくれんのはハンデかい?」

優希「違うじぇ。お前がもう二度とこの卓に着けないように、徹底的に壊してるだけだじぇ」

京太郎「・・・そりゃ、ありがたい話だ」

優希「さ、五本場だじぇ」


東一局五本場

京太郎「通らばリーチ!」

優希「それ、ロンだじょ。」


東一局六本場

京太郎「リーチだ!」

ピシッ



咲「そういうことだよ、京ちゃん。天狗になるのは私を半荘でのしてからにした方がいいんじゃないかな?」

京太郎「畜生、いつか絶対ブッ倒してやるからなああああああああああああああああ!」メラメラ

咲「べーだ!後30年は絶対倒されてあげないもんね!」

優希「まだ!まだ足りないじぇ!もっともっと火力上げて強くなってやるじぇええええええええええ!」ゴウゴウ

まこ「・・・なんか、また部室の気温が上がった気がするんじゃが」

久「熱源が一個増えちゃったからねー。部としてはいい事なんだけど」



久「よし、今日の部活はここまで!」

まこ「お疲れ様、じゃなー」

優希「まだだじぇ、まだやれるじぇ・・・」

和「でももう部活の時間終わりですし、帰りましょう?」

京太郎「優希、まだやれるんなら家でネット麻雀の○和って奴やってみたらどうだ?俺もやってるけど中々勉強になるぞ」

優希「ネト麻・・・その手があったじぇ!い・・・京太郎!お前ログインは何時くらいにやってるんだじょ!?」

京太郎「俺か?俺は22時くらいに南家サーバーに居るけど」

優希「よーし分かった!そうと決まればさっさと帰って麻雀だじぇ!お疲れ様だじぇえええええええええ!」ダダダダダ

和「優希、凄いやる気ですね・・・私も負けてられません」

まこ「あー、ワシはああいうのキツイなぁ、年齢的に」

久「アンタまだあの子らと一個違いでしょうが。須賀君達、今日も秘密特訓は」

咲・京太郎「「やります!」」

まこ「おーおー、燃えとる燃えとる」

久「・・・言うと思った。それじゃ、後よろしくー」


バタン

京太郎「さぁ、咲・・・やろうぜ!」

咲「うん、いつでもいいよ京ちゃん」


東一局

京太郎「それじゃ、俺の親からだ!」


ピシッ

咲「ね、京ちゃん」


ピシッ

京太郎「なんだよ?」


ピシッ

咲「・・・優希ちゃんと、何かあったの?」


ピシッ

京太郎「麻雀で泣かせちまった。んで、タコス貰った」


ピシッ

咲「全く脈絡がないよ・・・でも、なんとなく分かった」


ピシッ

京太郎「アイツ最近めちゃくちゃ頑張ってるからな、俺ももっと頑張らないと!」


ピシッ

咲「・・・私も、頑張らなきゃ」


ピシッ

京太郎「おいおい、清澄のキャプテンが部員に遅れをとってどうすんだよ?そら、リーチだ!」


バシッ!

咲「そう・・・だねっ!」


ピシッ

京太郎「流石に一発じゃ振り込んでくれないか・・・!」


ピシッ

咲「今日は私、京ちゃんに一回たりとも振り込む気はないよ!」


ピシッ

京太郎「ああそうかよ!だったら自分でツモるだけだ!」


ピシッ

咲「京ちゃんに出来るかな?」


ピシッ

京太郎「出来なくってもやるんだよ!」


ピシッ

咲「それ、ロンっ!」

京太郎「げっ!?」


パタタタタ・・・

咲「三暗刻、ドラ2・・・満貫、8000点だよ!」

京太郎「うお、予想と全然違う?」

咲「まだまだだねー♪」

京太郎「くっ、咲の剛運を舐めてはいけないということか」

咲「さ、次は私が親だよ!」

京太郎「っしゃこい!」



東二局

咲「~♪」


ピシッ

京太郎「えらくご機嫌だな」


ピシッ

咲「あのね、今日駅前のクレープ屋さんに新しいメニューが出たんだよ!」


ピシッ

京太郎「ほうほう、それでこれが終わったら食べに行こうと胸を躍らせてる訳ですか」


ピシッ

咲「うん!とっても美味しそうだから、ホントは皆も誘いたかったんだけど・・・忙しそうだったし。リーチ!」


パシッ

京太郎「俺でよければお伴致しますよ、姫」


ピシッ

咲「うむ、苦しゅうない!・・・なんて、京ちゃんならそう言ってくれると思ってたんだけどね」テヘ


ピシッ

京太郎「じゃあ俺は咲にまんまと振り込んじまった訳だ」


ピシッ

咲「ふっ、まだまだだねー」


ピシッ

京太郎「じゃあそろそろ俺も反撃かな・・・ツモ!」ピッ


パタタタタ・・・

京太郎「門前ツモ、平和タンヤオドラ1で親から2600、子から1300点だ!」

咲「むー、京ちゃんが私のリーチをかわすなんて」

京太郎「侮り過ぎだぜ、このまま寝首を掻き切ってやる!」

咲「・・・じゃあ、これで勝った方が新クレープ奢りってことで」

京太郎「ちょっ、それお前超有利じゃ」

咲「さ、次は京ちゃんの親だよっ!」



東三局

京太郎「・・・なぁ咲」


ピシッ

咲「んー?」


ピシッ

京太郎「その新クレープっての、どんな奴なんだ?」


ピシッ

咲「『サンクチュアリ大車輪クレープ』だよ。普通のよりちょっと大きめで、色んなクリームが43種類以上入ってるの」


ピシッ

京太郎「へー・・・体脂肪」ボソッ


ピシッ

咲「う゛・・・」


パチッ

京太郎「糖分、脂質、炭水化物」ボソッ


ピシッ

咲「は、原村さんみたいになる可能性だって」


パチッ

京太郎「無いな。まず無い」


ピシッ

咲「京ちゃんひどーい!」


ピシッ

京太郎「大体咲は元々インドア派なんだから、あんま喰い過ぎるもんじゃねーぞ?」


ピシッ

咲「私だって甘いものくらい好きに食べたいよー」


ピシッ

京太郎「慢性的運動不足・・・リーチだ!」


バシッ

咲「その分頭使ってるからいいの!」


ピシッ

京太郎「どうだかな!」


ピシッ

咲「もう、京ちゃんの意地悪!」


ピシッ

京太郎「そこ、ロン!」

咲「えー!?」


パタタタタ・・・

京太郎「リーチ、タンヤオのみで3900点だ!」

咲「・・・って、ドヤ顔で言う役じゃないよそれ」

京太郎「うるせえ、咲から初めて2局連続で取ったんだ。今はこれが精一杯なんだよ!」

咲「む、確かに2局連続で和了られてるね・・・」

京太郎「さぁ、連荘だ・・・このまま抉り切ってやる!」



東場三局一本場

咲「それ、ロンだよ!」

京太郎「ぐぇ!?」


パタタタタ・・・

咲「リーチ一発三色同順ドラ1、裏ドラまでーー乗ってハネ満!12300点!」

京太郎「ぐおお、俺のリードが一瞬にして消えた・・・!?」

咲「さ、次は私の親だよ京ちゃん」

京太郎「くそ、次で倍返しだ!」



東場四局

咲「・・・っ」


ピシッ

京太郎「・・・これか!」


ピシッ

咲「んー、半分当たりかな。リーチ!」


バシンッ

京太郎「このっ!」


ピシッ


咲「京ちゃん、甘い!」


ピシッ

京太郎「じゃあ・・・これならどうだ!通らばリーチ!」


バシンッ

咲「・・・残念!それ、ロンだよ」


パタタタタ・・・

咲「メンタンピンドラ1。満貫で11600点頂戴しますっ!」

京太郎「クソっ・・・!当たりって言ったじゃねーかよ、ハメやがったなー!」

咲「当たり牌って意味だよ、まだまだだね、京ちゃん。満貫御馳走様ですー♪」

京太郎「く、ムカつく・・・!次で三倍返しだ!」

咲「さ、連荘だよ・・・麻雀って、楽しいよね!」

京太郎「ああ、最高だ!」



その頃、部長宅

『・・・本気か?』

久「うん、本気も本気よ」

『そんなことをすれば奴さんがどうなるか・・・』

久「あの子は強いよ、多分なんとかなるわ」

『それにしたって分が悪いじゃろう』

久「分の悪い賭けはお嫌いかしら?」

『好きじゃないのう・・・そもそも、実行するのはワシなんじゃし』

久「私は好き。・・・じゃ、そういう事でよろしく」

『へいへい・・・全く、とんだ横暴部長じゃ』



駅前のクレープ屋

咲「さて京ちゃん。辞世の句は読まなくていい?」

京太郎「四局目 どうしてあれが 当たり牌」ガックリ

咲「それ川柳だよー。あ、このサンクチュアリ大車輪クレープ2人分下さい!・・・恋人割で」

店員「かしこまりましたー」

京太郎「恋人割にしてくれるのは優しさでしょうか」

咲「勝者の余裕、だよっ」

店員「お会計はお連れの彼氏様でよろしいんですか?」

京太郎「・・・はい、そうです」

店員「はい。ではお釣りを・・・」

京太郎「ぐぬぬぬぬぬぬぬぬ・・・予想外の出費だ」

咲「悔しいでしょう、そうでしょう」フフン

京太郎「ちなみに、あの手牌。咲だったらどうする?」

咲「今からじゃ何言っても結果論だけど・・・あの2手前にイーピン切ったので大体分かったかな」

京太郎「あー、そこか・・・くそっ」

咲「まぁまぁ、ミスをミスだと気付けることが上達への第一歩だよ」

京太郎「次は、次こそは勝ち越してやる!」

咲「京ちゃんはまずトバされないようにしないとねー」

京太郎「・・・ですねー」

店員「お待たせしましたー」

咲「あ、きたきた」

京太郎「oh、これまたジャイアントな・・・」

咲「それじゃ、いただきまーす」

京太郎「ん。ちゃんとスプーン使って、良く噛んで食えよ」

咲「そこまで子供じゃないよー・・・はい京ちゃん、あーん」スッ

京太郎「なっ!?」

咲「どうする?当たり牌だよー?」フリフリ

京太郎「ここは攻めるっ!」グワッ

咲「なんちゃって」パクッ

京太郎「ぐ・・・半分分かってたのに釣られてしまった・・・悔しい・・!」

咲「あまーい♪・・・やーい、京ちゃんのチョンボー責任払いー」ベー

京太郎「くそっ、それでも俺は自分のクレープを背筋伸ばして食べるだけだっ!」ガツガツ

咲「ちょ、行儀悪いよ」

京太郎「うるせぇ!男の期待を裏切られるより幾分マシだ!」ゲフッ

咲「あーもう、ほっぺにクリームついてるってば」フキフキ

京太郎「そこで普通に備え付けのペーパーナプキン使っちゃうあたりこの子分かってねぇなーと思います」

咲「京ちゃんの歪んだ常識なんて知りませんー」パクパク

京太郎「今日は完敗だな・・・」

咲「そうでもないよ、京ちゃん初めて2連続で和了ったんでしょ?」

京太郎「俺が完敗だと思ったら完敗なんだよ。・・・次は勝つ!」

咲「うん、その意気だよ京ちゃん!」グッ

京太郎「応援してくれる気持ちは嬉しいからクレープ持ったままガッツポーズはやめような、ちょっと飛んだぞ」ベチャ

咲「ごめんなさい」フキフキ



京太郎の家

京太郎「くそー、相変わらず強いなぁ咲の奴」


ヴーッ、ヴーッ

京太郎「メールか・・・」


【差出人:染谷まこ 件名:麻雀しようや】 

【本文:自分が清澄のお荷物でないと思うなら、土曜日に駅前に来んさい・・・】
【別に逃げても責めんけんのう、安心せえよ(注:長丁場になるけぇ、親御さんには言っときんさい)】


京太郎「これは・・・・・・喧嘩売られたってことでいいんだよな?」

京太郎「長丁場?上等じゃねぇか・・・その喧嘩買ってやる!」

京太郎「よっし、グダってる暇なんかねぇ!麻雀だ!」


カチカチ

京太郎「○和、○和っと・・・ん?この【タコタコス】って・・・」


kyou おい、お前タコスか?

タコタコス 見ればわかるじぇ。只今武者修行中だじぇ

kyou だよな。ちょっとやろうぜ

タコタコス かかってこいだじぇ

京太郎「よし、そんじゃいっちょやるか優希!」ギュッ



土曜日

京太郎「さて、駅前に来てみたはいいものの・・・」

まこ「おー来た来た。京太郎、こっちじゃぞー!」

京太郎「あ、染谷先輩。何ですかあのメール」

まこ「そりゃ、お前さんに喧嘩売っとるんじゃよ」

京太郎「・・・いいですよ、やりましょう」

まこ「ハッ、その意気やよし。さ、着いてきんさい」

京太郎「電車に乗るんですか?」


ゴォォォォォォォー



雀荘

支配人「・・・電子機器と貴重品はお預かりします」

まこ「ん」ポイッ

京太郎「は、はぁ」

まこ「さ、この奥じゃ」


ギィィィィィィィィ・・・

まこ「・・・ここじゃ」

京太郎「薄暗いとこですね」

まこ「まぁ、座れや」ドカッ

京太郎「・・・はい」ドカッ

まこ「今からやる麻雀はちょいと特殊でな、先に説明しておかなきゃいかん事があるんじゃ」

京太郎「特殊?」

まこ「そう・・・耐久麻雀じゃ。簡単に言えば・・・サドンデスじゃな」

京太郎「てことは・・・」

まこ「そう、トぶまで続けるッちゅうことじゃな。場は東固定。流局は4人打ちの時と同じ、親が18枚ツモった時点で流局じゃ」

京太郎「いいですね、分かりやすいです」

まこ「4人用の卓を二人で使うからのう、ルールは基本二人のそれじゃが・・・ツモは禁止じゃ」

京太郎「・・・ツモでトぶのを防ぐ戦法を防止するためですか」

まこ「そういうこっちゃ。ま、要はワシとお前さんで25000点の奪い合いをするっちゅーわけじゃな」

京太郎「ノーガードで殴り合いッスか・・・面白そうですね!」

まこ「じゃ、始めよか」チャッ

京太郎「メガネ、外すんですか」

まこ「当然、最初からトップギアじゃ。・・・怖いか?」

京太郎「誰が!」

まこ「・・・」


ピシッ

京太郎「・・・」


ピシッ

まこ「うん、よく鍛えられとる。咲ちゃんに感謝せんとな」


ピシッ

京太郎「・・・ありがとうございます」


ピシッ

まこ「それじゃ、そろそろ行くけ・・・リーチ!」


バシンッ

京太郎(来たか・・・でも、絞れないリーチじゃない!)


ピシッ

まこ「・・・ほぉ」


ピシッ

京太郎「どうかしました?」


ピシッ

まこ「随分とまぁ・・・怯えが無いのう」


ピシッ

京太郎「そりゃ、鍛えられてますから」


ピシッ

まこ「だが、その勢いがどこまで続くかのう?」


ピシッ

京太郎「勝つまでですよ!・・・俺もリーチ!」


バシンッ

まこ「ええ面構えじゃ!」


ピシッ

京太郎「染谷先輩こそ!こんな雀荘に入れるなんて知りませんでしたよ!」


ピシッ

まこ「まぁな!」


ピシッ

京太郎「貰った!それロン!」


パタタタタ・・・

京太郎「メンタンピン!3900点だ!」

まこ「おお、先手を取られてしもうた」

京太郎「このまま・・・一気に抉り取る!」

まこ「怖いのう・・・じゃが、お前さんにも存分にワシを怖がってもらうき・・・」ニタァ

京太郎「・・・・・・っ」ゾクッ



東二局


ピシッ

京太郎「くっ、違ったか」


ピシッ

まこ「それ、ロンじゃ」


パタタタタ・・・

まこ「ピンフのみドラ1で2900点・・・ま、クソ役じゃな」

京太郎「それじゃ俺は倒せませんよ、染谷先輩!」

まこ「さて、どうかのう?」



東三局


ピシッ

京太郎「・・・」


ピシッ

まこ「・・・」


ピシッ

京太郎「・・・くっ、リーチ!」


ピシッ

まこ「ああ、言い忘れとったがワシはこの耐久麻雀、負けたことないんじゃ」


ピシッ

京太郎「じゃあ俺が一人目ですね・・・光栄です!」


ピシッ

まこ「だといいがのう・・・さて、これは?」


ピシッ

京太郎「・・・」


ピシッ

まこ「そうよなぁ、和了れんよなぁ・・・そして今打った牌、ロンじゃ」

京太郎「ぐっ!」


パタタタタ・・・

まこ「一盃口、ドラ1で3900。連荘じゃ」

京太郎「あの、染谷先輩」

まこ「なんじゃ?」

京太郎「ちょっと喉乾いたんで飲み物買って来たいんですけど・・・」ガタッ

まこ「何を腕の皮の生っ白いこと言っとるんじゃ?」

京太郎「え?」

まこ「言ったろ、『この麻雀はどちらかがトぶまで終わらん』って」

京太郎「耐久麻雀って、まさか・・・」

まこ「そう。終わるまでは飯も外の空気を吸う事も喉を潤す事も寝る事も許されん麻雀じゃ!」

京太郎「・・・っ!」

まこ「ただ一つ、逃げる方法はある。・・・部屋の両隅にあるボタンの、自分側のを押せばええ。押した方の負けじゃ・・・」

まこ「尻尾巻いて無様に逃げればええ」

京太郎「誰が押すんですか、そんなボタン!」ドカッ

まこ「言うと思ったわ・・・後悔するなよ?」

京太郎「しません!」



「ロンだ!」

「ロンじゃな」

「ロン!」

「それ、ロンじゃ」

「それロン!」

「ロンじゃ!」





10時間経過・・・東百十六局

京太郎「ハーッ、ハーッ・・・!」

まこ「・・・お前の親番じゃぞ」

京太郎(くそ、喉が渇いて死にそうだ!頭もクラクラする!しかも・・・染谷先輩が段々強くなってる!)

京太郎「俺の・・・ツモ、ですね?」

まこ「そうじゃ」

京太郎「・・・」


パシッ

まこ「・・・」


ピシッ

京太郎「っ・・・」フラッ


パシッ

まこ「・・・」


ピシッ

京太郎「・・・」


パシッ

まこ「ロンじゃ」

京太郎「ぐぅっ・・・!」

まこ「・・・」


ピシッ

京太郎「・・・」


パシッ

まこ「ロンじゃ」

京太郎「ぐぅっ・・・!」

まこ「ピンフドラ1、2900点・・・これで、またほぼ振り出しに戻ったのう」

京太郎「畜生っ・・・!負けてたまるか・・・!」

まこ「最初の威勢はどうした、京太郎?」

京太郎「今からお見せしますよ、染谷先輩・・・!」

まこ「おお好きなだけ見せとくれ、お前さんの虚勢を!」



「ロン!」

「ロンじゃ」

「・・・ロン!」

「そこもロンじゃ」

「・・・・・・っロン!」

「おいおい、勝手にバテんでくれよ・・・?ロン」





18時間経過:東二百十六局

京太郎(ヤバい、意識が・・・!)

京太郎「・・・」カクン

まこ「京太郎、お前のツモ番じゃぞ?ふむ、寝とるな・・・むしろ今まで持っただけ褒めるべきかのう」

まこ(実力は完全に伯仲・・・いや、若干奴さんのが上とさえいえるかの)

まこ「・・・支配人、目覚まし持ってこい」



『ハッ・・・』

京太郎「Zzz・・・」

支配人「・・・」スッ

バシャァァァァァァァァァァァァァァァッ!

京太郎「ぐああああああああああああああああああああああああっ!?」ビクッ

まこ「いい目覚ましじゃろ?バケツ大盛り一杯、55℃の熱湯じゃ・・・さ、続けるぞ」

まこ「あぁそう、これを5回浴びても起きなかった場合は強制的に負けじゃ、精々気を付けぇよ」ニタァ

京太郎(熱い!クソッ、一体何がどうなって・・・あ、そうか、俺、まーじゃんしてたんだ)

京太郎「染谷・・・まこっ・・・!」ギリッ

まこ「ハッ、まるで獣の目じゃな。それじゃあワシには勝てん」

京太郎「この野郎っ!」



「ロ、ン・・・」

「ロンじゃ」

「そこもロンじゃ!」

「甘いのう、それもロンじゃ!」

「ぐがっ・・・!ロン!」

「それもロンじゃなぁ!」





22時間経過:東二百五十九局

京太郎「・・・」フラフラ


パタッ・・・

まこ「・・・」


ピシッ

京太郎「・・・」


パタッ・・・

まこ「京太郎、聞け。返事はせんでええ」


ピシッ

京太郎「・・・?」


パタッ・・・

まこ「今、大勢がワシにあるのは理解できるな?・・・そこで、提案じゃ」

まこ「今、あのボタンを押せばここから出してやる。あったかい飯も、冷たい水も、ふかふかの布団も好きなだけ使わせてやる」


ピシッ

まこ「・・・どうじゃ?ワシとしても清澄高校唯一の男子麻雀部員のお前をこれ以上追い詰めたくない」

まこ「ここはひとつ、次に生かすための負けとして受け入れるのは」

京太郎(飯・・・水・・・布団・・・くそ、眠ぃ・・・あの、ボタンを押せば・・・)

まこ「ここまでよく頑張った。お前は十分強い、もう頑張らんでもええ」

京太郎(頑張らなくても、いい・・・?)フラッ

まこ(奴さん、ここまでじゃな・・・)


京太郎(ボタン・・・これを押せば、ああ、眠ぃ・・・)フラフラ


『京ちゃん!』

『悪いよ!勝手に努力を放棄して、戦う前から負けを認めてる京ちゃんなんて、とってもカッコ悪いよ!』

『京ちゃんは、いつだって頑張り屋さんだもん!』


京太郎「ふっーーーーーー」


『麻雀って……楽しいよね!』


京太郎「っっっっざけんなあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!」ガァンッ

まこ「!?」ビクッ

京太郎「あ゛ー、やっとスッキリした・・・染谷先輩、お待たせしました。続けましょう」フラフラ

まこ「おまっ、壁に思いっきり頭打ち付けるなんて何考えとるんじゃ!血がドバドバ出とるぞ!?」

京太郎「目覚ましです・・・続けましょう」

まこ「お前さん・・・最悪死ぬぞ?」

京太郎「死んだっていい、構うもんか・・・座れよ、染谷まこ。俺は、俺はまだこの勝負を降りる訳にはいかねぇんだ!」

まこ(フッ、乗り越えたか・・・久の言った通りじゃのう)

まこ「あー、お前さんの覚悟はよーく分かった。じゃから勝負はここでーー」

京太郎「怖いのか?」

まこ「・・・あ゛?」

京太郎「急に喋り出したから降参すんのかと思ったら、さっきからちっとも自分のボタンに手をつけようとしねぇじゃねぇか・・・」

京太郎「それってつまり、俺が押せってこったろ?」

京太郎「俺に負けるのが、不敗伝説を破られるのがそんなに怖いのかよ・・・染谷先輩!」

まこ「人の老婆心も知らんと、随分とズケズケ言ってくれるのぉ、若造が・・・!」ゴウッ

京太郎「口つぐむのは老人だけで十分だ!」

まこ「・・・もう本気で怒った。どうなっても知らんぞこんくそガキがぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」

京太郎「そのくらいなきゃ勝負にならねぇよ!」


「ロンッ!」

「ロンじゃっ!」

「甘ぇよ!そこロン!」

「それもロン!」

「ロン!」

「ロン!」

「ロンだっ!・・・さぁ、連荘だぜ!」






24時間経過:東二百七十六局

京太郎「あ゛ー・・・クソッ」フラフラ

まこ「くぅ・・・」フラッ

京太郎「・・・染谷先輩の、親だな」

まこ「ワシの分析麻雀を掻い潜った上で更に攻め込み、ここまで追い込んだ・・・認めちゃる。お前さん、大した奴じゃ」


ピシッ

京太郎「だからどうした。まだ勝負はついてねーぞ・・・!」


バシッ

まこ「だがな、人間心よりも体の支配が強いんじゃ」


ピシッ

京太郎「・・・」


バシッ

まこ「血を流し過ぎたのう。早くワシにトドメをささにゃ、お前さんもうじき確実にぶっ倒れるぞ」


ピシッ

京太郎「だったらっ・・・この局で和了るだけだ!」


バシンッ

まこ「ああそうじゃな、今のお前さんならその力もある。実力はワシより上じゃからな、まともに打ち合えば間違いなく和了れるじゃろう」


ピシッ

京太郎「まさか、アンタ・・・!」


バシッ

まこ「あぁ、お前さんの想像どおりじゃ・・・悪いが、この局はベタ降りさせてもらうき」

まこ「この耐久麻雀、如何に点数で下回っていようと最後に立っていたほうの勝ちじゃからな」


ピシッ

京太郎「ぐっ・・・!」


バシッ

まこ「勝つための手段じゃ・・・卑怯とは、言わんよな?」


ピシッ

京太郎「ったりめーだろ・・・それがアンタの戦法なら、俺は喜んで挑戦する!」


バシッ

まこ「須賀、京太郎か・・・お前さんと打てて楽しかったよ」


ピシッ

京太郎「その言葉は俺が勝つまでとっといた方が良いですよ、先輩・・・!」


バシッ

まこ「・・・さ、次はお前さんじゃ」


ピシッ

京太郎「・・・っ」


バシッ

まこ「苦しそうじゃのう」


ピシッ

京太郎「リー・・・チッ!」


バシンッ!

まこ「ハッ、予言してやる。そのリーチは不発に終わるけぇ」


ピシッ

京太郎「言ってろ・・・!」フラフラ


バシッ

まこ「本当に・・・アホじゃのう」


ピシッ

京太郎「俺は、和了る・・・!そこ、ポン頂き!」


バシッ

まこ「いーや、和了らせん!」


ピシッ

京太郎「和了る!」


バシッ

まこ「絶対に和了らせん!」


ピシッ

京太郎「絶対に、和了ってみせる!それポンだ!」


バシッ

まこ「ワシの誇りにかけて、この局は流す!」

まこ(和了る和了ると急に元気を取り戻しおって・・・相当和了りやすい手を持ってると見たき)


ピシッ

京太郎「っ・・・!」フラッ


パタッ・・・

まこ「・・・!」


ピシッ

京太郎「くっ・・・!」


パタッ・・・

まこ「そろそろ、じゃな。せめてリーチせんどけばよかったものを」


ピシッ

京太郎「うるせぇ、俺の麻雀だ・・・!」


パタッ・・・

まこ「おー、今のうちに吠えろ吠えろ。後3分もせん内にお前さんは倒れ、ワシの不敗記録は更新されるからのう」


ピシッ

京太郎「させる、かっ・・・!」


パタッ・・・

京太郎「ぐぅっ!?・・・ぁ・・・」ドサッ

まこ「・・・ついに座っても居られんくなったか。後腐れないように、早めに引導渡しちゃるけーのお」

まこ「これで・・・死にさらせやあああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!」


バシィィィィィン!

京太郎「・・・」

まこ「これで流局・・・終わりじゃな。京太郎、お前さんの負けじゃ」


ガシッ

まこ「なっ!?」

京太郎「いいや・・・」


ズルッ・・・

まこ「馬鹿なっ、そんな事があるのけ!?」

京太郎「俺の・・・」

京太郎「俺の・・・勝ちだ・・・!」


バンッ

京太郎「ーーロン。混老頭、トイトイ・・・ドラ2、河底撈魚で・・・12000点、ハネ満」

京太郎「アンタの、トビ、だ・・・」ドシャッ

まこ「・・・ハァ。もう呆れたわ・・・分かった分かったワシの負けじゃ」

まこ「しかしここに来て一番危なっかしい混老頭とは読めんかったな・・・」

まこ「深読みし過ぎたか、いや今回が偶然で元から読める手じゃなかったか・・・京太郎?」

京太郎「・・・・・・」ゲー

まこ「うわ、こいつ寝ゲロしとる」

京太郎「・・・・・・」

まこ「ったく、締まらんなぁ・・・よいしょ」グィッ

まこ「重っ・・・くそ、完全に気絶しとるなこれ」

まこ(ボタン・・・負けを認めた方が押すんじゃったな)


カチッ

ブーーーーーーーーーーーーーッ

まこ(あ、これ、アイツとの勝負に夢中で気付かんかったけど、ワシもそろそろ・・・げん、か・・・)ドサッ



ギィィィィィィィッ

支配人「・・・・・・終了いたしましたか」

支配人(ほとんど使ってない部屋とはいえ、出来れば店は汚してほしくなかったですね)

支配人(男のゲロとか一番嫌な類です)

支配人(いやマジで)



とある公園

京太郎「・・・ぅおっ!?」ガバッ

まこ「やーっと起きたか」

京太郎「し、勝負は!?ていうか今何時だ!?」

まこ「今は日曜の夜9時・・・勝負はお前さんの勝ちじゃ。本気で死ぬまで打つ気だったんか貴様」

京太郎「そう、か・・・俺、勝ったのか・・・ハハ」

まこ「ああ。店の中で寝ゲロした上で、かよわい女の子にゲロぶっかけよってな」

京太郎「あれ、頭の傷・・・」サスサス

まこ「あれは切り傷。血が多く出ただけで、きちんと消毒すれば前髪で隠れる程度のもんじゃ」

まこ「まったく訳のわからん自傷行為に走りおって・・・」

京太郎「し、仕方ないでしょう!」

まこ「ああ、全く負けた方が何言っても遠吠えじゃあ。それじゃ、負け犬はそろそろ帰るとするけぇ」

京太郎「・・・」

まこ「・・・次は負けん」

京太郎「俺も、負ける気ないです」

まこ「勝手に言っとき。この麻雀狂いめ・・・それじゃーの」スタスタ

京太郎「ハハハ・・・って、日曜の夜9時ぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!?」

まこ「・・・チッ」ビュンッ

京太郎「ちょっ、俺家からとんでもない数の電話とメールが来てるんですけど!?染谷先輩!?染谷まこ先輩ー!?」



京太郎の家

京太郎「あ゛ー、超絞られた・・・ただでさえ疲れてんのに」フラフラ


ボフッ

京太郎「やべ、布団超気持ちいいー・・・ん?」


ピリリリリリリリリッ!ピリリリリリリリリッ!

京太郎「そうですか、後1イベント残ってましたか」


ピッ

『京ちゃーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん!』

京太郎「ハーイ、こちら須賀京太郎。聞こえてるからなるべく小さな声で喋ってくれると嬉しいな」

『ふざけてる場合じゃないでしょ!』

『京ちゃんのお母さん「遅くなるとは言ってたけど、ここまで遅いなんて・・・」って本気で心配してたんだよ!?』

京太郎「あー、それについてはまた今度・・・てか普通にウチの親と会ってるんだな」

『また今度じゃないのっ!私だって・・・とっても、心配で・・・』グスッ

京太郎「・・・悪かったよ、だから泣くなって」

『・・・・・・だって、京ちゃんにメールしても全然返って来ないのなんて初めてだから、どうしたらいいかわかんなくて・・・』

京太郎「・・・咲、お前ひょっとして「京ちゃんからメールが返ってこないんです!」」

京太郎「とか言って涙目でド○モショップに駆けこんだりしてないよな?」

『・・・・・・』

京太郎「で、受付のお姉さんに苦笑されながら「ちゃんと届いてますから、安心してください」」

京太郎「とか言われて急に恥ずかしくなって赤面したりしてないよな?」

『・・・・・・京ちゃんの馬鹿っ!』

京太郎「なんだビンゴか・・・機械不信もここまで来ると特殊能力だな」

『う゛ー、人が折角心配してるのに・・・』

京太郎「咲・・・ありがとな」

『私にお礼言う前に自制心を持ってくれた方が私は嬉しいなー』

京太郎「ハイハイ、善処します。それじゃ、俺疲れてるから切るけど・・・暖かくして早めに寝ろよ」

『だから私そんなに子供じゃないってばー』

京太郎「へっ・・・それじゃー、また学校で」

『うん、また明日、学校でね!』


ピッ

京太郎「あー、疲れた」グッタリ

京太郎「・・・へっくし!」

京太郎「うわー、これ風邪引いちゃったかもなー」

京太郎「明日までに、直さねーと・・・部活に・・・」

京太郎「Zzz・・・」



翌日

ガチャッ

久「おいーっす」

京太郎「こんちはーっす」フキフキ

久「いやー、ホント須賀君が居てくれて助かるわ」

京太郎「雑用的な意味でですか?」

久「ううん。清澄高校麻雀部員的な意味よ・・・早く公式試合やってみたいでしょ?」

京太郎「そりゃそうですよ!」

久「うん、今の須賀君なら結構やれると思うわ・・・でも、一つ気になるのよねぇ」

京太郎「何ですか?」

久「いや、まだ推測の域を出ないんだけどね・・・」

咲「こんにちはー」

京太郎「お、来たなお姫様」

咲「京ちゃんこそ、今日もお掃除大義である!」

京太郎「へへーっ!」

優希「麻雀だじぇー!麻雀をさせるじぇー!」ガルルル

和「あら、今日は染谷先輩は?」

久「・・・体調不良で欠席。まぁ私の責任も多少あるけど・・・」チラッ

京太郎「!?」ドキッ

咲「?」

久「それじゃ、今日も部活始めましょうか!」

「「「「はいっ!」」」」

京太郎「今日だけ出れば、今週は明日から連休だなー」


ピシッ

咲「京ちゃん、連休中も部活来るよね?」


ピシッ

京太郎「おいおい、俺が来ないはずないだろ」

優希「・・・私も来るじぇ。京太郎だけには負けられんじぇ」


ピシッ

和「私も、というか麻雀部の皆さんは何も言わずとも全員来ると思いますが」


ピシッ

京太郎「だよなー。最近麻雀より楽しい事が見当たんねぇし」


ピシッ


咲「そうだね・・・ね、京ちゃん。『あの』アイスって言って分かる?」


ピシッ

京太郎「あのアイス?なんじゃそら」

優希「・・・!咲ちゃん、その事をどこで聞いたんだじぇ?」ピキーン


パシッ

咲「噂話なんだけど、優希ちゃんも知ってるんだ?」

和「何のことです?」


ピシッ

久「ああ、アレね・・・都市伝説じゃないの?」

優希「いーや、そうとも言い切れないじぇ。手に入れるチャンスはきっとあるじぇ」

咲「あー、一回でいいから食べてみたいなぁ。ショフトクリーム」


ピシッ

京太郎「ソフトクリーム?その辺に売ってあるのを買えば・・・」


ピシッ

優希「ソフトクリームじゃないじぇ!ショフトクリームだじょ!」ドンッ


バシッ

咲「それロン!三暗刻、嶺上開花、ドラ2!」

優希「ぬわーっ!京太郎のせいだじぇ!」

和「どうしてあんな低確率のものがこうポンポンと」

京太郎「ふぃー、危なかったぜ。振り込むところだった・・・そんで、そのソフトクリームは何が凄いんだ?」

優希・咲「「ショ・フ・ト!」」

京太郎「な、なんだよ・・・大して変わんねーだろ、ソフトだろうとショフトだろうと」

和「そこ、重要なとこなんですね?」

咲「うん、とっても重要だよ」

優希「ショフトクリームとソフトクリームは月とスッポン、天と地ほどの差があるじぇ」

京太郎「・・・で、そのショフトクリームは何が凄いんだ?」

久「ショフトクリームって言うのはここら辺一体で噂になってるソフトクリームでね・・・」

久「なんでもあらゆる味覚をカバー出来る極ウマアイスらしいわ」

京太郎「へー・・・」

和「まぁ、単なる噂ですね」

京太郎「だろうな。さ、次は俺の親だぜ!」


ピシッ

咲「京ちゃんには絶対振り込まないよ!」


ピシッ

優希「京太郎にだけは負けんじぇ・・・!」メラメラ


ピシッ

和「全部搾り取った上でトバしてあげます・・・!」ガロロロロロ


バシンッ

京太郎「お前ら・・・上等じゃねえかあああああああああああああああああああああっ!」






京太郎「ぶはーっ!やっと半荘終わりか」

優希「大激戦だったじぇ・・・」

和「宮永さん、流石です」

咲「えへへ・・・京ちゃんも頑張ってたと思うよ?」

京太郎「ま、タコスには勝ったからな!」

優希「ぐぅ・・・南場さえなければっ!マジで悔しいじぇ、京太郎め!・・・もう半荘やるじぇ!焼き鳥にしてやるじょ!」

京太郎「おう、上等だ!」

咲「二人とも、もう部活の時間終わりだよー」

久「んー・・・」

和「部長、どうかしました?」

久「須賀君、ちょっといい?」

京太郎「はい?」

久「例えば・・・」カチャカチャ

久「この局面だったら、どれ切る?」

京太郎「えーと、これですかね?」


ピシッ

久「・・・こりゃ重傷ね」

京太郎「へ?」

久「鴛鴦症候群とでも名付けるべきかしら・・・」

優希「重傷?京太郎の腕がアレなのは元からだじぇ、不治の病だじぇ」

京太郎「負けた奴に言われたくねーよ!」

優希「最後咲ちゃんに振り込まなけりゃ勝ってたじぇ!タイマンの成績なら私が上だじぇ!」

京太郎「あーそうかよ!なら次は文句のつけようがないようにトバしてやるよ!」

優希「こっちのセリフだじぇ!」ガルルルル

久「あー、そういうんじゃなくてね・・・須賀君、打ち方が対宮永さんに偏り過ぎなのよ」

咲「私に?」

久「ほら、部活後に宮永さんと二人っきりで麻雀の勉強してたでしょ?」

京太郎「そうですけど・・・」

和「・・・・・・」ギョリリリリリリリリ

優希「和、歯軋りでその音はヤバいじぇ、何かに目覚めてるじぇ」

久「確かに腕自体は格段に上がってるけど・・・癖がついちゃってるのよ」

咲「・・・あっ」

久「例えばさっきの局面、真っ先に槍槓狙いにいったでしょ?」

久「普通はあり得ないわ。あそこならもっと有効な手に出来たはず。でもそれをしなかったのは槍槓が一番有効だと思っているから」

優希「なんか納得できるような、出来ないようなだじぇ・・・」

久「つまり、宮永さんの相手をし過ぎたのが原因よ」

久「牌譜を見ても、ある程度宮永さんの打ち筋に似たような状況の時は全部同じような待ちをしてるわ」

咲「で、でも腕は上がってますし」

久「須賀君。これが原因で実戦に通用しなくても良いのかしら?」

京太郎「・・・っ!」

久「嫌よね。・・・でも、この癖はその可能性も考慮せざるをえないほど重度のものよ。ちょっと研究されたらすぐにバレるわ」

京太郎「どうすれば、いいんですか?」

久「簡単。癖が治るまで宮永さんと麻雀しなければいい」

京太郎「!?」

咲「そんなっ!」

優希「でも、その二人が一緒に居て麻雀をしてない場面が想像できないじぇ」

和「確かに・・・暇さえあれば、麻雀してますもんね」ギリッ

久「そこなのよねー・・・よし!重大発表!」

「「「「!?」」」」

久「須賀京太郎君。連休期間中の部停&宮永さんとの面会禁止を言い渡します!」

咲「京ちゃんが」

京太郎「俺が」

咲・京太郎「「部停の上に面会禁止!?」」

和「部長、ナイス判断です!」グッ

咲「ぶ、部長!いくらなんでも・・・」

久「私としても二人を引き裂きたくは無いんだけどねー」ニヤニヤ

咲「そ、そういうのとは違います!でもやりすぎじゃないですか!?」

久「じゃあ宮永さんに聞くけど、一日中須賀君と一緒に居て麻雀しないでいる自信ある?」

咲「う゛・・・」

久「須賀君は?」

京太郎「・・・無いッス」

久「と、言うわけよ。少しの間宮永さんと離れて強くなる方を選ぶか、それとも宮永さんとずっとやり続けて強くなれない方を選ぶか」

久「どうする?」

京太郎「・・・・・・俺は、強くなる方を選びます」

久「よく言った、それでこそ清澄麻雀部よ。宮永さんも、須賀君が覚悟決めたんだから。妻として付き合ってやりなさい」

咲「京ちゃん・・・」

京太郎「咲・・・俺、強くなりたいんだ」

咲「うん、分かってる。だから、癖が治ったらーーまた、私と麻雀してくれる?」

京太郎「ーーああ、約束する」

久「・・・いや、何も今生の別れって訳じゃないのよ?」

和(ぁぁぁイライラする・・・!)ワギャンワギャン

優希「誰か!今すぐ私の相手するじぇ!早く!早く!」メラメラメラメラ

京太郎「それじゃあ部長。俺は部停期間の間はここに来ちゃいけないんですよね?」

久「ま、そうね。・・・ちょっと耳貸してくれるかしら」

京太郎「・・・?」スッ

久「・・・龍門渕に行きなさい。話は通しといてあげるわ」ヒソヒソ

京太郎「マジですか!?」

久「それが、癖を直しつつあなたを手っ取り早く強くするには最適の手段だからね」

久「・・・前にも言ったけど、私あなたには期待してるのよ?」

京太郎「ありがとうございますっ!」

久「お礼は強くなってから言ってくれた方が嬉しいわ。・・・頑張ってきなさい」

京太郎「はいっ!」

咲「京ちゃん、なんて言われたの?」

京太郎「秘密の特訓だとさ!帰ってくる頃には咲が相手にならないレベルになってるかもしれねぇぜ?」

優希「ないじぇ」

和「そんなオカルトあり得ません」

久「それは厳しいわね」

京太郎「なんか妙に辛辣ですね皆さん」

咲「うーん、期待薄かな」

京太郎「咲まで!そこは嘘でも期待してるって言ってくれよ!」ガーン

咲「アハハ、冗談冗談。・・・それじゃあ期待してるよ?京ちゃん」

京太郎「おう、任せとけ!」

久「では、話もまとまったところで今日の部活はここまで!・・・須賀君、今日は念入りに掃除してってね」

京太郎「了解しましたっ!」

久「それじゃ、私は帰るわねー」ヒラヒラ

優希「帰ってネト麻だじぇ!休んでる暇なんかないじぇ!」

和「宮永さん、一緒に帰りません?」

咲「あ、ごめん原村さん。私京ちゃんともうちょっと話したいから」

和「・・・」イラァ

和「まぁ、連休中はずっと私のターンですし・・・別にいいか」ボソッ

咲「?」

和「いえ。それじゃあ私、先に帰ってますねー」


ガチャッ

京太郎「・・・」ウズウズ

咲「・・・」ウズウズ

京太郎「あー、駄目だ!咲と二人で居ると麻雀したくて体がウズウズする!」

咲「私もー。早く京ちゃんと麻雀したい麻雀したいっ!・・・ってなっちゃうよー」

京太郎「こりゃ部長の言ってた癖もマジっぽいな」

咲「部長さんは、ちゃんと京ちゃんの事考えてくれてるんだよね」

京太郎「ああ、まさか俺の牌譜をずっと見ててくれたとは思わなかったよ」

咲「部長さんもとっても頑張り屋さんだよね」

京太郎「ああ。あの人、表には出さねーけどな」

咲「恥ずかしいのかも?」クスッ

京太郎「かもな!」

咲「・・・明日から、しばらく京ちゃんに会えないのかぁ」

京太郎「ま、そうなるな」

咲「仕方ないけど・・・ちょっと、寂しいかも」

京太郎「ん、寂しい?」

咲「え、京ちゃんは寂しくないの?」

京太郎「だって、咲の声はいつでも聞けるし」

咲「えええええっ!?それって、どうやって」

京太郎「ヒント。お前が身につけてる唯一の電子機器ってなーんだ」

咲「あ、携帯・・・」

京太郎「そーいう事だ。会えなくても、声は聞けんだろ?」

咲「・・・うんっ!」

咲「京ちゃん、私毎日電話するからね!」

京太郎「友達が転校するかのような言い方だな」

咲「やっぱり迷惑、かな・・・?」

京太郎「・・・んなわきゃねーだろ、嬉しいよ」

咲「よかった・・・私が寂しんぼなだけかなって、ちょっと心配になっちゃったよ」

京太郎「俺は俺が居ない間に咲が機械を壊さないかが心配だよ」

咲「む・・・京ちゃんそれは失礼だよー!」

京太郎「どうだかな、俺が電話に出ないからってド○モショップに駆けこんでる絵面が目に浮かぶぜ」

咲「あれはっ・・・初めてだったから混乱しただけで、もう二度としないもん!」

咲「京ちゃん。連休中に絶対、癖治してきてね」

京太郎「あったりめーよ。任せとけって!」

咲「うーん、京ちゃんの任せとけはあんまり信用できないんだよねー」

京太郎「なにおう!?」

咲「・・・頑張れ、京ちゃん!」

京太郎「おう、頑張るぜ・・・そろそろ帰るか。送っていきますよ、咲お姫様」

咲「うむ、苦しゅうない。それじゃ、今日もエスコートよろしくね京ちゃん!」



咲宅前

京太郎「・・・じゃあな、咲」

咲「うん。また、連休明けに・・・」

京太郎「ーーーー」

咲「ーーーーっ・・・」

咲「連休明けに、絶対、麻雀しようね・・・!」

京太郎「・・・よっし!んじゃその時には咲をちょちょいっとのしてやるとするか!」

咲「ほほー、いつもちょちょいっとのされてる京ちゃんが何か言ってますなぁ♪」

京太郎「うるせぇ!絶対倒してやるからなあああああああああああああああああああああ!」ダダダダダ

咲「頑張れ、京ちゃん。・・・・・・・・・頑張れ」



部長宅

ピッ

『けほっ、けほっ・・・』

久「おー、まこ。大丈夫?」

『う゛ー・・・まぁな、ただの風邪じゃから一日休めばなんとか治るき』

久「それは重畳。で、病み上がりのとこ悪いけどまこに聞きたいことがあるのよ」

『・・・なんじゃ?』

久「龍門渕に話を通す時って、どうすればいいのかしら?」

『んなもんワシが知るかっ!』

ガチャッ

久「あー・・・うん、まぁそうなるわよね」

久「須賀君なら多分なんとかなるでしょ!・・・多分」



『なっ、何故ですの!?龍門渕にアポ無し単独の無謀な挑戦者が現れるなど前代未聞』

『それを泊めたとなれば後世に語り継がれるレベルに目立てましてよ!?』

『お前は目立つ事ばかり考え過ぎだ!もう少し自重、警戒せんか!』

京太郎「親父さん、正論だな」

一「ていうか、普通の意見だよね」

『お父様!目立ってナンボ!目立ってナンボですのよ!?』

『どうしても泊めたいのなら厄介者同士、アイツのところにでも泊めておけ!』

『~~~~っお父様は衣の事をまだ・・・話になりませんわ!勝手にそうさせて頂きます!』

『勝手にしろ!・・・まったく、どうしてこう目立ちたがるのか』


バタンッ!

透華「まったく、これだから古い人間は困るのですわ!」

京太郎「いや、親父さん至極まっとうな意見だと思うぞ」

透華「目立てない意見がまっとうな意見な訳ありませんわー!」

一「それは透華がおかしいだけだと思うな・・・僕もコイツが泊まるのは反対だし」

透華「もう、一まで!・・・着いてらっしゃい、こちらなら使っていいと『許可』が出ましたわ!」プンプン

京太郎「あれでいいのか、龍門渕家」

一「まぁ、あれでいいんだよ。・・・多分」



龍門渕邸・別館

ギィィィィィィィィッ・・・

透華「さ、ここでしてよ」

京太郎「ここも、でけぇな・・・」

一「んー、ここはちょっとあっちとは違う理由で大きいんだよね」

京太郎「違う理由・・・?」

???「あ、とーかー!」タタタタッ

京太郎(アイツ・・・まさかっ!)

透華「衣・・・この男が少しの間ここで暮らしますのよ」

衣「・・・コイツが?衣と一緒に暮らすのか?」

透華「ええ、そうなりますわ」

京太郎「おい、あれってーー」ヒソヒソ

一「うん、龍門渕女子麻雀部が誇る我らが大将。天江衣だよ」

京太郎「やっぱりか・・・!」

衣「ふん・・・」スンスン

京太郎「な、なんでしょうか?」

衣「あの女の匂いがするな・・・面白い。透華、この男をここに泊めることを許すぞ!」

透華「・・・でしょうね」

衣「あぁ。今夜は久しぶりに・・・楽しめそうだ」ニタァ

京太郎「っ!?」ゾクッ

衣「清澄の。・・・衣の部屋は3階の北だ、待っているぞ」スタスタ

一「あーあ、衣に気に入られちゃったね」ニヤ

透華「さて、清澄の。あなたは今晩ここに泊まってもらいますわ・・・本当は、あまりしたくないのですが」

京太郎「だったら今からでも家に」

透華「そ・れ・は・わたくしのプライドが許さないと言ってますでしょうが!」

透華「・・・それともなんですか、あなたはウチに遊びに来たんですの?」

京太郎「・・・・・・そいつは聞き捨てならねぇな。俺は、強くならなきゃいけないんだ。俺は・・・ここに麻雀しに来てんだよ!」

透華「でしたら、相手の挑発には乗るものではなくって?」

京太郎「ああ上等だ!乗ってやる、乗ってやるともよ!」

一(沸点低いなー)

透華「ふっ、あなたならそういうと思ってましたわ。・・・人が本気かどうかは、目を見れば分かりますもの」

京太郎「俺ァ決めたよ。男子麻雀部を全員倒してーー龍門渕透華!アンタに直接麻雀を申し込む!」

透華「・・・くっ、くくくっ!最高ですわ!一!聞きました!?」

透華「ここを龍門渕と知って尚!わたくしを龍門渕透華だと知って尚!闘志を滾らせて挑んでくる男がまだいましたわ!」

京太郎「あぁ、最高だ!アンタ程さっぱりとした人間は見たことねぇ!・・・この手で抉り取ってやりてぇ位にな!」

透華「その勇気、蛮勇だったと思い知らせてあげますわ!オーッホッホッホッ!」

京太郎「蛮勇が空回りするとは限らねえぜ、龍門渕の女王様ぁ!」

透華「おっと、肝心な事を忘れてましたわ。ーーあなたの名前を聞いておきましょうか」

京太郎「須賀、京太郎だ!」

透華「須賀京太郎・・・気に入りましたわ。あなた、そういう目もできるんですわね」

京太郎「アンタもな、ただの目立ちたがり屋じゃないって訳だ!」

透華「では、京太郎。・・・ここには、牌に愛された者が住んでいます」

京太郎「天江、衣か」

透華「ええ。彼女の実力は知ってますわね?」

京太郎「県大会であれだけ暴れられりゃあな」

透華「・・・彼女と麻雀するもしないも、あなたの自由ですわ」

透華「ーーただ付け加えるなら、衣は決して挑まれた勝負を拒んだりしませんわ」

京太郎「へっ、流石に良い度胸じゃねえか・・・!燃えてきたぜ!」

透華「明日の朝日が昇るまでに、あなたが麻雀を嫌いになっていない事を祈ってますわ」

京太郎「そりゃ、世界が終わるまでありえねーから安心しやがれ」

透華「ふっ・・・では明日、この場所で」

京太郎「ああ、首洗って待ってろよ!」

一(なーんか、息ぴったりだなこの二人・・・一応『人体切断マジック』用の剣研いでおくかな)



龍門渕邸・別館内

バタン

京太郎「さて、まずは」

ハギヨシ「ハギヨシと申します。須賀京太郎様、以後よろしくお願いします」

京太郎「うおっ!?」

ハギヨシ「お風呂場と食堂は一階、寝室は2階~4階のお好きな部屋をどうぞ」

ハギヨシ「分からないことがあれば、いつでもお呼び下さい。では・・・」シュッ

京太郎「今のが、執事って奴か・・・すげー」

京太郎「んじゃ、まずは飯にすっか!」

龍門渕邸・別館 食堂

京太郎「でっか・・・!」

京太郎(毎度のことながらスケールが違い過ぎんだろ、龍門渕)

ハギヨシ「こちらがメニューです。鈴を鳴らして給仕係をお呼び下さい」

京太郎「あ、あぁ。どうも」

ハギヨシ「それでは」シュッ

京太郎「あの人、どこにでも来んのか・・・?」ペラペラ

京太郎(それにしても・・・)

『はんばーぐ&えびふらい(たるたるおおもり、ころもあつめ)』『おむらいす』『かれー(あまくち)』

京太郎「どうにも子供向け過ぎるメニューだなおい!」

京太郎「えーと、この鈴鳴らせばいいのか?」チリンチリン

給仕係「はい、お呼びでしょうか」

京太郎「えーと、じゃあこのカレー下さい」

給仕係「承りました」パタタタタ

京太郎「うーん・・・」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

京太郎「やっぱりこう、広すぎると手に余るっつーか、間が持たねえな。この食堂、一人用ってことはねえよな?」

ハギヨシ「この食堂は基本的に衣様一人でご利用なされます」

京太郎「っ!・・・ってまたアンタか。ホントどこにでも現れるな」

ハギヨシ「執事ですから」

京太郎「てか、一人用でこれかよ・・・」

ハギヨシ「この館は衣様の館ですから」

給仕係「お待たせしましたー」

ハギヨシ「料理が到着したようですので、私はこれで」シュッ

京太郎「消えた・・・んじゃ、食べますか」

京太郎「あー、なんつーかこれアレだわ。ファミレスの味だ」パクパク

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

京太郎「・・・」パクパク

京太郎「・・・」モグモグ

京太郎「・・・」パクパク

京太郎「あれ、なんか泣けてきたぞ」モグモグ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

京太郎「ごちそうさまでした」パンッ

京太郎「よし、次は風呂だ!」



龍門渕邸・別館 風呂

カポーン

京太郎「ふぃー・・・」

京太郎「良い湯だ・・・」

京太郎「とてつもなく良い湯だ・・・」

京太郎「・・・」



カポーン

京太郎「だあああああもう!広過ぎんだろ!こんな広い風呂に一人で居られるか!俺は天江の部屋に行くぞ!」ザパッ



そのころ、龍門渕邸 透華の部屋

一「ねぇ透華」

透華「なんですの?」

一「アイツさ、どうなると思う?」

透華「・・・さぁ、分かりかねますわね」

一「だって、相手はあの衣だよ?」

透華「そうですわね」

一「明日の朝になる頃には、どうなっちゃってるのかなぁ・・・」ニタァ

透華「一。そういう事を考えるならまだしも、口に出すのはおよしなさいな」

一「はーい」

透華(でも、確かに一の言う通り・・・まぁ潰れたらそこまでですけど)



龍門渕邸・別館 3F北側の部屋前

京太郎「この扉の先に・・・」

京太郎(あの、天江衣がいるのか)

衣『そこに居るんだろう、清澄の。・・・入らないのか?』

京太郎「っ!」ブルッ

京太郎「・・・それじゃあお言葉に甘えて、入らせてもらうぞ!」



ガチャッ

衣「ようこそ、衣の部屋へーー楽しませてくれよ?」

京太郎「言われなくても!」

衣「・・・ん?」

京太郎「何だよ、俺の顔に何か付いてるか?」

衣「いや、なんでもない。さぁ始めよう、清澄の・・・サイコロ回れ―!」



コロコロ・・・

衣「わーい、衣の親番だぁ!」キャッキャッ

京太郎(こうして見ると子供にしか見えねえな・・・)



東一局

衣「~~♪」


パシッ

京太郎「・・・」


ピシッ

衣「時に清澄の。衣と相対した彼奴は息災か?」


バシッ

京太郎「咲か?ああ、元気だよ」


ピシッ

衣「そうか、それは良い。・・・まだ飽きずに遊べそうだ」


バシッ

京太郎「おいおい、今の遊び相手は俺だぜ?」


ピシッ

衣「・・・・・・」


バシッ

京太郎「・・・」


ピシッ

衣「なぁ、清澄の」


バシッ

京太郎「何だよ?」


ピシッ

衣「選べ。二度と麻雀出来なくなる方か、それともここで何も言わずに部屋から出るか」


バシッ

京太郎「お前に勝つ方を選ぶ!」


ピシッ

衣「・・・斎斎し。お前はあまりにも乏し過ぎる、凡夫にも劣る下臈だーー今までの打牌で、衣には分かる」


バシッ

京太郎「勝手に人をランク付けしてんじゃねえ!」


バシッ

衣「三流は三流。衣が決めているんじゃない、最初から決まってるんだ」


バシッ

京太郎「っ・・・!」


バシッ

衣「現にお前は和了れていない。今までも、そしてこれからも」


バシッ

京太郎「それは、どうかなっ!」


ピシッ

衣「己の力さえ見えずか・・・見下げ果てた。最早貴様に用は無い」ギラッ


バシッ

京太郎(リーチさえできないのは、初めてだなっ!)ゾクッ


ピシッ

衣「この世には二種類の人間がいる。牌に愛されたものとそうでないもの」


バシッ

京太郎「ああそうかよ、それでアンタの見立てなら俺はどっち側なんだ!?」


ピシッ

衣「言わなければわからないのか?下臈・・・リーチだ」


バシッ

京太郎「分からねえな!俺は俺の力で引き当てる!」


ピシッ

衣「ここまで分からぬ凡夫が居るとはーー片腹大激痛!」ピッ


バンッ

衣「ーーツモ。リーチ一発、メンゼン清一色ドラ2!・・・12000オールだ」

京太郎「んなっ・・・!?」

衣「何をしている、連荘だぞ・・・早く用意しろ」

京太郎(何だ、天江の体が、大きく・・・!?)



東一局一本場

衣「宣言してやる、下臈。お前の親番は久遠に来ず」


バシッ

京太郎「そんな麻雀があってたまるかってんだ!」


ピシッ

衣「そう、これは麻雀じゃない、だから衣も楽しくない。・・・できれば早く終わらせたい」


バシッ

京太郎「そうツレない事言うなよ、なぁ!」


ピシッ

衣「牌に最低限の愛さえ貰えぬ輩になど、少しでも期待した衣が愚かだったか・・・」


バシッ

京太郎「それは俺が決めることだっ!」


ピシッ

衣「いいや、牌が決めることだ。・・・哀れだな」


バシッ

京太郎「憐憫の情でも寄せたいってか!?」


ピシッ

衣「最早その域にすらない。お前は虫だ。・・・リーチ」


バシッ

京太郎「虫は虫で色々怖いらしいぜ、気をつけろよ!」


バシッ

衣「お前の体に微かに薫る友の匂いに賭けてみたが・・・どうやらハズレだったらしい」


パタタタタ・・・

衣「ロン。九連宝燈、役満。48300点だ」

京太郎「役満だとっ!?」

衣「・・・牌に愛されない者とやると、こうなる。だから衣は三流が嫌いなんだ」

京太郎「くっそ・・・!」

衣「お前は月に唾を吐いた。・・・この程度で済むと思うなよ?」

京太郎「そりゃ、こっちのセリフだ・・・!」

京太郎(大丈夫、こういうのは経験済みだ。ーーだから、だから怯えないでくれ・・・俺!)

衣「・・・」ゴオッ

京太郎「っ・・・!?」

京太郎(天江の体が、なんだよ、これ・・・そんな訳ねえだろ)

京太郎(俺の体が、天江の指一本より小さいなんて・・・)

衣「さぁ、二本場だ・・・微塵も残さん」



東一局二本場

衣「・・・」


バシッ

京太郎「・・・っ」


パシッ

衣「清澄の。もうお前は終わりだーー黄泉に眠れ」


バシッ

京太郎「んなこと、俺が・・・!」


パシッ

衣「ロンッッッッッッッッッ!」ゴオッ


パタタタタ・・・

衣「一気通貫、ドラ3ーー満貫、12600点だ」

京太郎「ぐぅっ・・・!?」

衣「早く次の局の準備をしろ、衣は待つのが嫌いなんだ」

衣「・・・特に、雑魚相手にはな」

京太郎「・・・ぁ・・・!」

京太郎(クソ、クソックソックソックソックソッ!)




東一局三本場

衣「・・・」


バシッ

京太郎「・・・」


パシッ

衣「人には、向き不向きというものがある」


バシッ

京太郎「・・・」


パシッ

衣「清澄の、お前に麻雀は無理だ」


バシッ

京太郎「・・・」


パシッ

衣「最早、話す事も能わずかーー失望したよ」


バシッ

京太郎「負けて、たまるか・・・!」


パシッ

衣「・・・」


バシッ


『連休中に絶対、癖治してきてね』

『頑張れ、京ちゃん!』

『連休明けに、絶対、麻雀しようね・・・!』


京太郎「ここで、お前に負けてたら、俺は・・・アイツに、咲に会えないんだあああああああああああああああああああ!」


バシンッッッ

京太郎(通るっ!)

衣「・・・ロン」


パタタタタ・・・

京太郎「ーーーーぅっ!?」

衣「ダブ東三暗刻、ドラ2。ハネ満で18900だ」

京太郎「・・・・・・」

衣「無駄だよ。どれだけ猛ろうとお前は牌に愛されることは無い。果敢無い下臈は、ここで風塵と帰すがいい」

京太郎「俺、は・・・」

衣「さ、続きをしよう。ーーお前が、壊れるまで」



東一局四本場





衣「ーーツモだ。満貫4300オール」

東一局五本場





衣「ロンだ。ハネ満で19500」



東一局六本場





京太郎「・・・」


パタッ

衣「ほとほと呆れかえるな・・・ロンだ。7600」



東一局七本場





京太郎「・・・・・・・」


パタッ

京太郎(これも、また)

衣「ロンだ。11500」



東一局八本場





京太郎「・・・」


パタッ・・・

衣「・・・」ピッ

衣「ツモ。5100オールだが、八連荘ーー役満。よって16800オールだ」



京太郎「ハ、ハハ・・・ハハハハハ」

衣「これでお前はー126500点・・・もう、聞こえていないか」

京太郎「ハッハハハハハハハ!ありえねえ!ありえねえよこんなの!何が牌に愛されているだよ!アイツだって、こんな、こんなっ!」

衣「・・・ハギヨシ!」

ハギヨシ「ハッ」シュッ

衣「そこの塵芥を、部屋から追い出せ。ーーとんだ時間の無駄だった」

ハギヨシ「では、失礼します」ガシッ

京太郎「クソ、離せ!離してくれ!俺は、俺はあああああああああああああああああああああああああああ!」

衣「・・・二度と衣の前に姿を見せるな、屑」

京太郎「嫌だ、嫌だ嫌だ嫌だあああああああああああああああああああああああああああああ!」

京太郎「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!」




龍門渕邸・別館 2F南の部屋

ハギヨシ「・・・落ち着かれましたか」

京太郎「・・・」

ハギヨシ「では、私はこれで」シュッ

京太郎(何をしても、駄目だった)

京太郎(技術とか、運とか、そういう奴の外の・・・もっと遠くの)

京太郎(アレはまるでどうしようもなく大きい月みたいな、そんな)

京太郎(絶望的過ぎる、存在そのものの違い・・・)

『お前は虫だ』

京太郎「俺は、虫なのか・・・?」

『どれだけ猛ろうと、お前は牌に愛されることは無い』

京太郎「・・・」

『お前に麻雀は無理だ』

京太郎「そう、なのか・・・」

京太郎「俺、もう、麻雀・・・しない方が、いいのか・・・?」


ピリリリリリリッ

『着信:宮永咲』

京太郎「さ、き・・・」

ピッ

『あ、京ちゃん!そっちはどう?こっちは原村さんがとってもやる気でね、いつもチラチラ私の方見てくるんだ。ライバル意識なのかな?』

京太郎「・・・」

『・・・京ちゃん?聞こえてないの?』

京太郎(何話せばいいってんだ・・・俺なんかが)

『京ちゃん!京ちゃんってば!』

京太郎「月が、大きくてさ・・・」

『・・・?』

京太郎「大きすぎて、俺、もう・・・・・・・・・駄目だ」

『月っ、て・・・京ちゃん急にどうしたの?』

京太郎「ごめんな、咲。・・・これからは、和と一緒に頑張ってくれ」

『ちょっと、きょ』

ブチッ

京太郎(・・・帰ろう。俺は、ここに居る資格なんてない)

京太郎「・・・」




龍門渕邸・別館 2F廊下

京太郎「・・・」

ピリリリリリリッ

京太郎「・・・」

ピリリリリリリッ




龍門渕邸・別館 1Fホール

京太郎「・・・」

ピリリリリリリッ

京太郎「・・・」

ピリリリリリリッ

ピリリリリリリッ

京太郎(なんだよ、咲の奴・・・)




龍門渕邸・別館 玄関


ガチャッ

京太郎(ここから出て、清澄に帰って・・・それで、終わり)

京太郎「・・・っ」


ピリリリリリリッ

ピリリリリリリッ

京太郎「クソッ、うるせえんだよ!電源切るぞ!」バッ


『着信:宮永咲』

京太郎(何で・・・!)

ピッ

『・・・』

京太郎「何だよ、何か用か!?」

『・・・』

京太郎「用が無いんならかけてこないでくれよ!頼むから、もう俺に構わないでくれ!」

『・・・京ちゃんの、真似だもん』グスッ

京太郎「は?」

『京ちゃんだって、私が最初に電話した時にずっと無視したんじゃない!』

京太郎「・・・だから、俺は」

『京ちゃんの、バカあああああああああああああああああああああああああああああああっ!!!!!!』

京太郎「!?」ビクッ

『いいから、私の言う事を聞きなさい!!!』

京太郎(あの咲が、こんなに怒って・・・!?)バックンバックン

『返事っ!』

京太郎「は、はいっ!」

『まず、外に出て!』

京太郎「で、出ましたっ!」ダダッ

『月は出てる!?』

京太郎「そ、そりゃ満月だけど」

『月に向かって手を伸ばして!』

京太郎「・・・は?」

『いいから!早く月に向かって手を伸ばしてって言ってるんだよ!』

京太郎「何で俺が、俺はもう」

『須賀京太郎!手をっ、伸ばせーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!』

京太郎「わ、分かったよ!」ピシッ

『ハァーッ、ハァーッ・・・伸ばしたら、そのまま手を握って!』

京太郎「こ、こうか?」グッ

『ほら、掴んだ!』

京太郎「・・・?」

『京ちゃん。今、月はどこにある?』

京太郎「・・・」

京太郎「あ・・・」

『ーー京ちゃんの、手の中にあるでしょ?』

京太郎「・・・・・・」

『京ちゃん。月はとっても大きいけど、手の中に掴めるんだよ。ううん、月だけじゃない』

『この世の、どんなものだって。手を伸ばせばきっと掴める』

『大きさなんて関係ない。大事なのは掴みたいって思う心、手を伸ばす心だよ』

京太郎「・・・っ・・・」

『だからね、京ちゃん。手を伸ばす前に諦めちゃダメ。手を伸ばして届かなくても諦めちゃダメ』

『何かを掴もうとするときに、距離なんて関係ないよ』

『私が、私が好きなのはっ・・・・・・・・・・・・・・・・諦めないで手を伸ばす京ちゃんだよ!』

京太郎「・・・・・・・・!」

京太郎(俺、何やってんだ・・・!)

京太郎「咲っ・・・俺っ」

京太郎「ごめんっ・・・!ごめんな・・・!」ボロボロ

『・・・・・・ばか』

京太郎「・・・」

『京ちゃんの、ばかっ。勝手に、構わないでくれとか言わないでよ・・・!』

京太郎「・・・ごめん」

『私、ホントにつらかったんだからね・・・?』グスッ

京太郎「もう、二度としねぇ」グイッ

『・・・それだけじゃ許さない』

京太郎「癖、絶対治すーーそんで、俺が帰ったら。一番に麻雀しよう」

『それでも許さないもんっ』

京太郎「それと・・・お前に、ショフトクリーム奢ってやる」

『・・・え?』

京太郎「味は何が良い?44種類のフレーバーと豊富なトッピングが魅力。らしいぜ」

『で、でもショフトクリームって誰も手に入れたことが無いって』

京太郎「・・・絶対奢るからさ、教えてくれよ。何味が良いのか」

『じゃあ、バニラかいちご・・・?』

京太郎「了解、特訓が終わったら最速で届けさせてもらうぜ。舌洗って待ってろよ」

『もう、京ちゃんってば・・・』クスッ

京太郎「ごめんな、咲。ありがとう。ーーありがとう・・・!」

『うん。・・・京ちゃん』

京太郎「何だ?」

『ーーーー麻雀、好き?』

京太郎「ーー大好きさ」

『じゃ、そんな麻雀大好き京ちゃんは私くらいちょちょいっとのしてくれるんだよね?』

京太郎「当然だろ、抉り取ってやるよ」

『どうかなー♪・・・だって京ちゃん、誰かに麻雀でボコボコにされて落ち込んでたんでしょ?』

京太郎「な、何でお前がそれを」

『だって京ちゃんだもん。そんなことだろうと思った』ハァ

京太郎「京ちゃんだもんとは何だ京ちゃんだもんとは!?」

『・・・でも、もう大丈夫だよね?』

京太郎「ああ、もう大丈夫だ・・・咲のお陰だよ」

『おやおや、将来倒す相手に助けられてるようじゃまだまだだねー♪』

京太郎「ぐぬぬ・・・見てろよ、俺はこの特訓で絶対強くなってやる!」

『その意気だよ京ちゃん。・・・頑張れっ!』

京太郎「おう、頑張るぜ!・・・首洗って待ってやがれよ、宮永咲!」

『うん!・・・それじゃ、私もう寝るね。ふぁぁ・・・』

京太郎「おやすみ、咲」

『お休み、京ちゃん』


ピッ

京太郎「ありがとな、咲・・・」パタン

京太郎「・・・」スゥーッ

京太郎「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!」


ビリビリビリビリッ・・・

京太郎「よしっ、やるぞ!」パンッ

ハギヨシ「・・・須賀京太郎様。もう夜ですので、あまり大声を出されると」シュッ

京太郎「あ、スンマセン・・・ハギヨシさん、でしたっけ。天江は・・・」

ハギヨシ「もうお休みになられています。須賀様ももう休まれた方がよろしいかと」

京太郎「だよな・・・ホントスンマセンでした」

ハギヨシ「いえ、では私はこれで」シュッ

京太郎「・・・よし、寝るかっ!」

京太郎(まずは、体力の回復。んでもって力付けて・・・アイツに、借りを返す!)

京太郎「待ってろよ、天江衣・・・!」



『フッ、そうか・・・ギリギリで踏みとどまったか』

ハギヨシ「はい。まだ衣様と麻雀したそうにしておりました」

『ようやく、遊び相手くらいにはなってくれるかな?』クスッ

ハギヨシ「衣様、もしや」

『ああ。本当に歯牙に賭ける程の奴でもなければ、衣はあそこまで壊したりしないよ』

ハギヨシ「・・・悪い癖ですよ」

『自覚はあるよ。だが、そのおかげでようやくあの下臈・・・いや、やっと凡夫か。楽しめそうになってきたじゃないか』

ハギヨシ「衣様のお気に召す事を期待しております」

『男児三日会わざれば刮目して見よと言うしな。・・・衣もそうであってほしいと願う。さて、衣はもう寝る。切るぞ~』

ハギヨシ「はい、お休みなさいませ。衣様」

『うん、お休みハギヨシ』




翌日 龍門渕邸・別館 玄関


バンッ

透華「おはようございますわっ!」

京太郎「おう、おはよう!」

一「・・・?」

京太郎「なんだよ、俺の顔になんかついてるか?」

一「衣とやらなかったの?」

京太郎「やったよ。負けも負け、ー126500点の大負けだ!」

一(衣とやって、大負けして・・・まだ麻雀ができるだって?)

透華「あらあら、よくそこまでボコボコにされて麻雀が出来ますわね!」

京太郎「あったりめぇだろ、麻雀は楽しいんだからよ!」

京太郎「んでもってもう一つ目標が出来た。・・・俺は、天江衣に借りを返す!」ギラッ

京太郎「だからよ、龍門渕透華。アンタに頼む。もう少し・・・アイツに借りを返すまで。俺をここに泊めてくれないか!」

透華「クックククク・・・オーッホッホッホッ!その不遜!その傲慢!気に入りましたわ」

透華「やはりあなたはわたくしが見込んだ通りの人物ですわ!好きなだけ泊まっていきなさいな!」

京太郎「そりゃ何よりだ!そんじゃ、改めてよろしく頼むぜ・・・龍門渕の女王様!」スッ

透華「ええ、こちらこそよろしくお願いしますわ。須賀京太郎!」ガシッ

一「・・・」ムスーッ

透華「一?気分でも悪いのですか?」

一「ま、気分は悪いかな。・・・とーか、僕はちょっと野暮用があるから離れてるね」

透華「・・・?分かりましたわ。それでは、須賀京太郎。行きましょうか!」

京太郎「おうよ!」



男子麻雀部部室


バァンッ!!

男子部員「「「「「「「!?」」」」」」」

透華「道場破りでしてよっ!丁重におもてなしして差し上げなさい!」

京太郎「よろしくお願いしますっ!」

男子部員1「龍門渕さん!?」

透華「オーッホッホッホッ!この龍門渕に単騎で挑んできた愚か者に、洗礼をくれてやるのですわ!」

男子部員2「道場破りって・・・そこの清澄の奴がですか?」

透華「そうですわ!」

男子部員3「あの、勘弁してもらえませんか。俺らも暇じゃないんですよ」

透華「・・・は?」ピキッ

部長「そうです。男子の方もそろそろ大会が近いんです」

部長「清澄には悪いけど、弱小の、それも部員一人のところとやって得るものがあるとは思えません」

透華「・・・」ピキピキッ

京太郎「いや、ちょっ」

副部長「君。こんな無謀な事は止めた方がいい。実力の差は君自身が一番よく分かっているはずだ」

京太郎「はぁ!?」ビキッ

副部長「実力が開き過ぎている者同士がやったって、得るものは何もないよ」

透華「ーーーーーーーーーーーーーーーーーー見損ないましたわっ!」

京太郎「あぁ全くだ!天下の龍門渕男子がこの程度とはな!」

部長「・・・何が言いたい」イラッ

京太郎「調子くれてんじゃねえって言ってんだよ、名門校さんよ!」

透華「争いに意味を求めるなど・・・愚かにも程がありますわ!」

京太郎「やりたいからやる!売られた喧嘩は買う!」

京太郎「それ以上何かいるのかよ、なぁオイ!」

副部長「・・・帰ってくれ、不愉快だ」

透華「挑戦者を無傷で返す王者がどこに居ますかっっ!!!!!!!!」

部長「龍門渕さん、ですから」

透華「あなた方は強者で、ここに挑む者が居る!それ以外に戦う理由が必要でして!?」

部長「・・・・・・」

透華「あぁもう!埒が開きませんわ!・・・部長と副部長、卓に着きなさい!」

部長「・・・本気ですか?」

副部長「なぜこんなことを・・・」

透華「京太郎!わたくしの隣に座りなさい!」

京太郎「オッケー、任せとけ女王様!」ドスッ

透華「2対2ですわ。二人の点数の合計で勝負をつけましょう」

部長「ですが、それをやるメリットが」

透華「わたくしが負けたら、麻雀部に関する権限を全て譲渡いたしますわ」

透華「・・・これでよろしいかしら、理由がなければ戦えない現実主義者さん?」フッ

副部長「・・・舐めやがって!」ピキッ

部長「・・・この勝負、受けるぞ」

副部長「ええ!ここまで言われちゃ黙ってられませんよ!」

部長(点数の合計なら、間違いなくこちらに分がある)

副部長(あの清澄を集中的に狙えば良いだけだ!)

京太郎「ヘっ、やっとやる気になってくれたか!こっちはとっくの昔に暖まってんだよ!」ギュッ

副部長「・・・潰す!」

京太郎「やれるもんならやってみやがれってんだ!」

透華「それじゃ、始めますわよ!」

コロコロコロ・・・

透華「オーッホッホッホッ!親番、頂きましたわ!」



東一局

透華「まずは、これですわね!」

ピシッ

京太郎「それじゃ、俺はこれだ!」


ピシッ

副部長「・・・」


ピシッ

部長(アイツさえ潰せば・・・!)


ピシッ





部長「そこ、ロンだ!」


パタタタタ・・・

部長(やはり、大した事は)

京太郎「クッソ・・・さぁ、次の局だ!」

透華「ちょっと!わたくしの親番を勝手に流さないで貰えませんこと!?」

京太郎「振り込んだものは振り込んだんだ、しょうがねーだろ!」

透華「キーッ、何ですのその横暴さは!」

京太郎「まぁ、見てろって。・・・負けねえからさ!」



東二局





京太郎「・・・よっし、これだ!」ピッ


バンッッ!

京太郎「ツモ!3200オール!」

部長(おいおい、お前は和了っちゃダメだろ)

副部長(やはり素人・・・龍門渕さんはどうしてこんな奴に?)

透華「ふっ、見事ですわね」

京太郎「だから言ったろ、負けねぇって」

透華「・・・勝負の相手には私も含まれているのですよね?」

京太郎「ったりめーだろ。俺は麻雀しに来たんだ」

京太郎「ーーーーーーーーーーここに居る全員ブッ倒して、俺が勝つ!」

透華「その心意気、上等でしてよ!私もまったく同感ですわ!」

部長「り、龍門渕さん!?これはコンビ麻雀ですよ!?」

透華「だからどうしたというのです?」

副部長「なっ・・・」

透華「コンビかどうかなど関係ありませんわ!」

京太郎「この卓に居る奴で誰が一番強いのか・・・それを決める為に打ってるんだろうが!」

透華「目立つためには!」

京太郎「強くなるためには!」

透華・京太郎「「俺(わたくし)がトップになる以外ねーだろ(ですわっ)!」」

副部長「馬鹿だ・・・どうしようもない、大バカだ」

部長「ああ。だが、何故か羨ましい・・・」

副部長「部長!?」

部長「俺達に、あの真似が出来るか?・・・俺達は今、あんなに楽しそうに麻雀を打ってるか?」

副部長「ですが、これはコンビ戦で」

部長「悪いな、副部長。・・・俺もあんなふうに麻雀を、やってみたくなった」メラッ

副部長「・・・」

部長「清澄の。さっきは侮って悪かったよ。・・・全力で叩き潰させてもらおう!」

京太郎「やっと火が付きやがったか!そうこなくっちゃなぁ、龍門渕!」

副部長「・・・クソッ、俺ばっかりのけものにすんなってんだよおおおおおおおおおお!」メラッ

透華「ふっ、今さら燃え始めてトップまでいけるのかしら、さらさら疑問ですわ!」



「ロンだ!」

「ロンでしてよ!」

「悪いな清澄、ツモだ!」

「龍門渕さん、甘いっ!」

「っっっしゃぁ!ツモ!」

「全員私より目立つんじゃありませんわー!」



南三局

透華「ゼーッ、ゼーッ・・・」

京太郎「ハーッ、ハーッ・・・」

副部長「まさか、こんな・・・」

部長「フハハハハ!俺とお前が、南三局で3位4位に甘んじることになるとはな!」

透華「京太郎!わたくしの一位は譲りませんわ!」

京太郎「譲ってもらう気なんざさらさらねぇよ!・・・真っ向から挑んで、奪い取ってやる!」

透華(なぜかしら、この男と麻雀をやっていると心が躍りますわ)

透華(純粋に、どこまでも純粋に勝利を追い求める。・・・前しか向かない獣のように)

透華(そんな相手が今、わたくしの前に立ちはだかろうとしている・・・なんて、幸せな事でしょう!)

京太郎(龍門渕の女王様か・・・いいな、コイツ)

京太郎(誇りと美しさを兼ね備えた上で最上の勝利を目指す、か・・・気に入ったよ)

京太郎(だからこの手でアンタを叩き潰して、俺がトップになる!)

透華「まるで・・・夢の中で打ってるようですわ!」

京太郎「ああ、終わってほしくねぇな、この時間!」

部長「勝手に俺達をフェードアウトさせるなよ、清澄!」

副部長「そうだ!まだ役満がある!」

京太郎「上等だ・・・いっくぜえええええええええええええええええええええええええええええええええええええっ!」

透華「わたくしがトップですわあああああああああああああああああああああああああああああああああああ!」

部長「これならっ!」


バシィィィィィィンッ!

京太郎・透華「「ロンっ!!」」

京太郎「リーチタンヤオドラ2ーー満貫だ!」

透華「一盃口、清一色ーーハネ満ですわ!」

副部長「ダブロン!?マジかよ・・・!」

部長「クッソ・・・まだだ、まだ終わらせない!」



少し離れたところ

一「ね、衣」

衣「なんだ?」

一「あの清澄と麻雀したんでしょ?」

衣「ああ。これ以上ないくらいには壊したつもりだ」

一「じゃあ、アイツなんで今打てるのさ?」

衣「それは衣にも分からない。ただ・・・」

衣「彼奴、少しはマシな匂いになった」ニヤッ

衣(次は"麻雀"が出来る事を期待しているよ、凡夫)

一「ていうか、アイツあんなに強かったっけ?」

衣「いーや。彼奴は凡夫だ。ただ・・・」

一「ただ?」

衣「透華との生まれついての相性が良すぎる」

衣「お互いに争い、貪り合う事でアイツは透華のツキを引き出し、透華はアイツのツキを引き出している状態」

一「それって・・・」

衣「切磋琢磨とも言うな。最早伴侶に等しいとさえ言える」

衣(あの凡夫・・・さて、これでどこまで伸びるか)

一(僕としては、その結論には至って欲しくなかったな。・・・・・とーか、僕は)

一(僕は、透華を・・・)

透華「オーッホッホッホッ!」

京太郎「これでぇっ、トドメだあああああああああああああああああっ!」



翌日 龍門渕邸・別館 1階ホール

京太郎「さて、飯も食ったし・・・そろそろだな!」

京太郎(女王様ともやりてぇが、まずはアイツに借りを返さねえとな)

京太郎(アポを取るには・・・ハギヨシさんを呼べばいいのか?)

一「・・・待った」

京太郎「ん?あぁ、お前か」

一「国広一だってば。・・・衣のところに行く気?」

京太郎「おうよ、借りはキッチリ返す主義でね」

一「・・・じゃ、これあげるよ。さっき注いできた」

京太郎「これは・・・アイスティーか。サンキュ」ゴックゴック

京太郎「って、ぁ・・・?」フラッ


ドサッ

一「ここまでアッサリ引っかかるなんて・・・・・・バッカだなぁ」




龍門渕邸・別館 地下

京太郎「くぅ・・・ここは?」

ジャラッ

京太郎(手錠!?)

一「あ、起きた?・・・その手錠、いいでしょ。僕とおそろいだよ」

京太郎「・・・まさか」

一「うん、古典的にアイスティーに睡眠薬混ぜてみたんだ♪たまげたでしょ」

京太郎「へっ・・・ペアルックの上に部屋に連れ込みかよ、応援にしては随分と気合入ってんな」

一「知らなかった?ボク、君が大嫌いなんだよ?・・・この場で殺したいくらい」

京太郎「やれるもんならやってみやがれってんだ!」

一「・・・あー、イライラする。立場をわきまえない奴って陰で嫌われるもんだよ?」

京太郎「誰に好かれるとか嫌われるとか、一々気にして生きてんのか。ご苦労なこった」

一「そうしないと生きていけないんだって。・・・君みたいになっちゃうから」

京太郎「で、応援メッセージはそれで全部か?」

一「うぅん、まだまだーーとりあえず、僕と麻雀してくれない?」

京太郎「なんだ、そういう事か・・・だったら最初から」

一「違う!」

京太郎「!?」

一「ボクはお前みたいに単純な動機で麻雀をやってるんじゃない!ーー大切な人の隣を、守りきるためだ!」

一「だから!ボクは・・・お前を排除する!」

京太郎「そうかい、そりゃ重畳!丁度こちとら貴重な時間浪費させられてむかっ腹立ってたところだよ!さぁ、さっさとやろうぜ!」

一「・・・懸けろ」

京太郎「何を!」

一「透華の隣と・・・お前の、尊厳をだ!」

京太郎「上等!正面から抉り切ってやる!」

一(潰す・・・!)

一「・・・二人しかいないし、東場のみでいいよね?」

京太郎「おうとも!」

一「じゃ、サイコロ回すよ・・・!」


コロコロコロ・・・

一(透華・・・ボクに、力を貸して!)

京太郎「・・・親は俺だな!」




東一局

京太郎「さーって、と」


バシッ

一「・・・」


バシッ

京太郎「国広、一だっけか。アンタは普通に良い人なんだと思ってたが・・・」


バシッ

一「"普段は"良い人だよ。・・・でも、賊に払う礼儀はない」


バシッ

京太郎「だろうな。・・・そんなに大事か、あの女王様が」


バシッ

一「透華になら、ボクの全てを懸けていい。いつだってそう思ってる」


バシッ

京太郎「ああそうかよ!なら・・・・・・リーチだ!」


バシンッ

一(早っ・・・それに、読めない!?)

一「くっ・・・」


ピシッ

京太郎「へっ、混乱してるな?」


バシッ

一「・・・」


ピシッ

京太郎「そこ、いっただきぃ!ロンだ!」


バンッ

京太郎「ーーリーチ、一気通貫!7700点だ!」

一「ぅ・・・」

京太郎「さ、連荘と行くか!」



東一局一本場

京太郎「・・・」

バシッ

一「・・・」

バシッ

京太郎「へっ・・・」


バシッ

一「・・・気持ち悪いな、急に笑わないでよ」


バシッ

京太郎「楽しいなぁ、全力でやるのは!」


バシッ

一「ボクは楽しくなんかない」


バシッ

京太郎「そりゃ、お前が本気じゃないからだよ」


バシッ

一「ボクはいつだって本気だ!」


バシッ

京太郎「どうだかな、今のお前は全然攻めてこないじゃないか」

一「・・・っ」


バシッ

京太郎「だんまりか。まぁいいけどよっ・・・っと。リーチ!」


バシンッ

一(どうする、アイツの攻め方が・・・分からない)

一(読み切れない・・・とりあえず、これで)

京太郎「・・・もし、これが倍満のアタリだったら」ボソッ

一「っ!」ゾクッ

京太郎「その時点でお前はトビだ」

一「・・・心理戦を仕掛けてるつもり?悪いけど」

京太郎「俺は嘘が苦手でね・・・馬鹿だからよ。まぁ、アレだ。その一手はよーく考えて打てよ?」

一「・・・」

一(ハッタリだ!ここで大きな当たりなんてそうそう出る訳がない!)

一(でも、何だろう・・・この牌を捨てると、胸の奥から何かが抜け出ていくような)

一(透華が離れて行っちゃうような・・・)

一(・・・怖い)

一(透華が離れていくのが、一人になるのが怖い・・・!)ブルブル

一(この牌を捨てなきゃ・・・!)

一「くっ・・!」プルプル

京太郎「・・・どうした?」

一(ダメだ、あいつの倍満がチラつく・・・負けの情景が鮮明に見える)

一(・・・打てない。ボクには打てないよ、とーか・・・)

一(今ならまだ、謝れば許して・・・)

京太郎「・・・言っとくが、謝っても許さねえぞ?」

一「っ!」

京太郎「本気の麻雀だろ?だったら、途中で降りるなんざ認めねぇよ。喧嘩と一緒さ」

京太郎「お前が売った、俺が買った!だからお前を叩き潰す!徹底的にだ!」

一「・・・・・・」

一(コイツ、本気だ・・・本気で、ボクを潰す気だ!)

京太郎「そうだな、この麻雀に勝ったら・・・女王様に進言して龍門渕の生徒にしてもらうかな」

一「なっ!」

京太郎「そんでもって部長まで登りつめて、最後にはあの女王様とタッグ麻雀で頂点取ってみるか・・・」

京太郎「あの人、俺との相性は良いみたいだからな」

一「お前・・・!」

京太郎「それが終わったら女王様はポイーだ。天江を倒しにいく。・・・言うなりゃあの人は通過点だな」

一「透華は通過点なんかじゃない!取り消せ!今すぐだ!」

京太郎「断る!・・・取り消してもらいたけりゃ、麻雀で俺を倒してみろよ!」

一「・・・!」

一(透華・・・ボクは、ボクは・・・!)

京太郎「ビビってんじゃねえぞ、国広一!」

一「お前にだけは、負けられないんだあああああああああああああああああああああああああああああああああ!」

京太郎「ヘッ、やっとお目覚めかよ」ゾクッ

一(透華、ボクは君のために戦う!ーーもう、迷わない!)


バシッ

京太郎「・・・」


バシッ

一「・・・」


バシッ

京太郎「・・・」


バシッ

一「ーーロン。三色同順ドラ2、一本場で・・・8300、満貫」

京太郎「クッ・・・」

一「これでさっきの和了分は取り返させてもらったよ。さぁ、次はキミが追いつめられる番だ」

京太郎(気のせいか、アイツの声が急に冷え切ったようになったような・・・)

一(何だろう、さっきまであんなに恐ろしかったアイツが、今はただの置物にしか見えない)

一(河の流れが、見える・・・絶対に荒れることのない、ただ静かな流れが)

一(これってまるで・・・・・・そっか。ありがとう、透華)

一(透華の為に・・・この戦い、絶対に勝つから!)



東二局

一「・・・」


バシッ

京太郎(手が悪いな・・・)

京太郎「・・・」


バシッ

一「・・・」


バシッ

京太郎「・・・」


バシッ

一「・・・リーチ」

バシッ

京太郎「仕掛けてきたか!・・・っ」


バシッ

一「・・・」


バシッ

京太郎「・・・」


バシッ

一「・・・」


バシッ

京太郎(なんだ、来る牌が全部かみ合わない!?)

京太郎「・・・っ」


パシッ

一「・・・」


バシッ

京太郎(よし、やっとまともに手が進むーー)


バシッ

一「・・・ロン」

京太郎「クッ・・・!」


パタタタタ・・・

一「リーチ、タンヤオ一盃口。7700」

京太郎「クソッ・・・」



東二局一本場

一「・・・」


バシッ

京太郎(また、随分と悪い初手だなオイ!)

京太郎「・・・」


バシッ

一「・・・」


バシッ

京太郎(何だ、何かおかしい・・・)

京太郎「・・・」


バシッ

一「ポン!」


バシッ

京太郎(げ、役牌か・・・それにしても)

京太郎(自由に動けねぇな・・・河に引きずりこまれたみたいだ)

京太郎「・・・」


バシッ

一「・・・」


バシッ

京太郎「なぁ」

一「・・・何?」

京太郎「"コレ"は・・・アンタがやってるのか?」

一「だったらどうする?」

京太郎「・・・正面からブチ抜く!」


バシッ

一「ーーロンだよ」


パタタタタ・・・

一「役牌のみ。1本場で1800だね」

京太郎「随分とセコイ和了するじゃねぇか」

一「何とでも言えばいい。僕はもう迷わない・・・!」

京太郎「あぁそうかよっ!」




東二局二本場

一「・・・」


バシッ

京太郎(あの時のタコスみたいに安手狙いか・・・?)


バシッ

一「・・・」


バシッ

京太郎(いや、それにしては打ち筋が妙だ。まるでーー)

京太郎(今までの和了が全部フェイクみたいな・・・)


バシッ

一「もう、キミは和了らせない」


バシッ

京太郎「お前が決めることじゃねぇな!」


バシッ

一「・・・リーチ」


バシンッ

京太郎「来やがったか・・・」

京太郎(今のアイツはヤバい。何としても避けなけりゃな・・・)


バシッ

一「もう、誰にも・・・この流れは乱させない」


バシッ

京太郎「・・・」


バシッ

一「そして尚且つ・・・大手で和了って見せる」


バシッ

京太郎「お前も随分言うじゃねえか!」


バシッ

一「キミのはハッタリだけど、ボクのはハッタリじゃない。やると決めたんだ、絶対にやる」


バシッ

京太郎「・・・っ」


バシッ

一「絶対に・・・!」


バシッ

京太郎(それにしても・・・来ねえなあ畜生!)

京太郎「・・・」


バシッ

一「ロンだ!」


バンッ

京太郎「何っ!?」

一「ーーリーチタンヤオ一盃口、ドラ1二本場・・・満貫12600!」

京太郎「クッソ・・・!」

一「ハ、ハハッ・・・」

一(凄いや、負ける気がしない!透華、これが・・・これが治水なんだね!)

一「っと、いけないいけない・・・」

一(油断するな、国広一・・・お前は透華の隣に立つんだろ!)パシッ

一(油断は死を招く。いつだって本気で)

一(だから、今は・・・)

一(今は・・・目の前のこの男を倒すことだけをーー!)

京太郎「・・・・・・せ・・・・・・・せ」ブツブツ

一「・・・次の牌準備するけど、いいかな?」

京太郎「・・・ああ」



東二局三本場

一「・・・」

一(大丈夫、河の流れは見えてる)


バシッ

京太郎「・・・・・・・せ、・・・・・・・せ」ブツブツ


パシッ

一(相手は心ここにあらずって感じだけど・・・油断はできない)


バシッ

京太郎「思い出せ・・・思い出せ・・・」ブツブツ

京太郎(俺はどこかで知ってる、こんな状況を・・・)


バシッ

一「・・・」

一(熱くなってるのかな・・・?だとしたら、チャンスだ!)


バシッ

京太郎(初手は最悪、引く牌も良いとは言えず、相手は絶好調の連荘中)

京太郎「あの時も、こんな感じだったな・・・」


パシッ

一「・・・何を言ってるのか分からないけど、キミの相手はボクだよ?」


バシッ

京太郎(凄まじい相手のプレッシャー、武者震い半分、怯え半分の俺・・・)

京太郎「ハハッ・・・雀荘の時も、そうだったな」


バシッ

一「・・・リーチだ!」


バシッ

京太郎(この沈んでいく感覚。これはまるで・・・)

京太郎「・・・そうか。俺、何だかんだ言って・・・アレも楽しんでたのか」


バシッ

一「・・・これが終わったら、腕利きの頭の医者呼んであげるよ!」


バシッ

京太郎(そして・・・全身からひしひしと伝わってくる力量の差。俺は、これも知ってる)

京太郎(俺に麻雀の楽しさを教えてくれた人)

京太郎(俺の、大切な人)

京太郎(ーーーー咲)


『ーーーー麻雀、好き?』


京太郎「・・・そうか」

京太郎「勝ちも負けも全部、全部の上に・・・俺が居るんだ」

京太郎「だから、俺は・・・・・・・・・・・もっと上に!」

京太郎「俺は強くなる!全部飲み込んで、全部貪って・・・アイツを倒して!!俺が頂点に立ってみせる!!!」


バシッ

一「どのみち、キミは和了れない!」


バシッ

京太郎「もっと、もっとだ・・・!」


バシンッ

一「・・・っ」

一(いや、そんな筈はない。河の流れは、透華の治水は、絶対だ・・・)


バシッ

京太郎(俺は・・・俺はまだ戦える!戦いたい!だから!)

京太郎「こいつが、こいつだけが!俺の魂だあああああああああああああああああああああああああああああああああっ!!!!!」

京太郎「手前如きに、抉り切れるかああああああああああああああああああああああああああああ!」


ピッ・・・・・・

バシンッ!!!!!

一「・・・・・・」




京太郎「ツモ!ーーーーーーーー国士無双!ーー親16800、子8300!」


一「・・・やるじゃん」

京太郎「人の心配より、自分の心配をしたらどうだ?」

一(何でだろ、コイツと打ってると)

京太郎「俺はこのまま、お前を潰す気でいるぜ・・・!」ゴウッ

一(楽しいっ!)

一「そりゃ、ボクも負けてられないなぁ・・・!」ゴウッ



東三局

京太郎「・・・」


バシッ

一「・・・」


バシッ

京太郎(おそらく、この勝負)


バシッ

一(この局で決まる・・・そんな気がする)


バシッ

京太郎「・・・リーチだ!」


バシシッ!

京太郎「ボクもリーチ!」


バシンッ!

京太郎「・・・国広一。アンタはただの良い人だと思ってたが、実際は選民思想と独占欲の塊みたいな人間だった」


バシッ

一「須賀京太郎。キミはどこまでも立場をわきまえない、あの透華の前でさえ・・・無礼極まりない人間だった」


バシッ

京太郎「口を開けば二言目にはとーか、とーかか。従順なこった、あの女王様が幸せなら自分の事はどうでもいいんだろうな」

バシッ

一「キミは他人をないがしろにし過ぎだね。強さだけを求めて、キミを支えてくれる人達の事は眼中にないんだろうね」


バシッ

京太郎「だが・・・嫌いじゃない」


バシッ

一「・・・同感だよ。キミのその純粋過ぎる生き方は、ボクにとっては羨ましくさえある」


バシッ

京太郎「だが!譲れないもんがある!倒したい奴が居る!」


バシッ

一「でも!守りたい場所がある!傍に居たい人が居る!」


バシッ

京太郎・一「「そのためには!」」

京太郎・一「「戦わなくちゃならない時がある!」」


京太郎「・・・気に入った、恨みっこなしだぜ」

一「上等、そっちこそ吠え面かかないでよ」

京太郎「ーーーーーーーー来いっ!」


ピッ

京太郎「・・・チッ」


バシッ

一「ボクの番だね・・・」

一(お願い、透華・・・・・・ボクに力を!)


ピッ

一「ーーーーーーーーーっ」

一「くっ!」

一(違う、これじゃない!)

一(・・・!?)ゾクッ

京太郎「・・・・・・」ニヤッ

一(あの反応は・・・)

一「・・・そっか」

一(これは、キミのーー)


パタッ・・・・・・・

京太郎「ーーーーーーーーーーロンだっ!!!!!!」


バンッ!

京太郎「リーチジュンチャン三色同順一盃口ドラ1、裏がーーーー乗って、倍満!24000でお前のトビだ!」

一「・・・」

京太郎「・・・っぷはー」

京太郎(今回は、ホントにギリギリだったな・・・)

一「・・・」

京太郎「俺の、勝ちだ」

一「・・・分かってるよ」

京太郎「なら、この卓に繋がれた手を外してほしんだが」

一「・・・はい」ガチャリ

京太郎「んじゃ、俺は上に上がりたいんだが・・・階段はどっちだ?」

一「・・・・・・あっちのドア開けたとこ」

京太郎「そうかい、それじゃーな」ギィィ

一「・・・・・・ぅ」

一(ごめん、とーか・・・・・・ごめん)

一「うぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ・・・」ポロポロ

一(ボク、負けちゃったよ・・・)

『あー、そうだ!言い忘れてたわ!』

一「なっ、何だよ!まだ廊下に居たのか!?早くっ、いけよ!」グシグシ

『お前との麻雀、楽しかったよ』

一「ーーーーっ」

『また、やろうぜ』

一「やるに・・・決まってるだろ!首洗って待ってろよ!」

『ヘッ・・・それじゃーな、一』

一(そうだ、ボクはもう迷わない!立ち止まったりしない!)

一(誰が何と言ったって、ボクが透華の隣で支え続けてみせる!)



龍門渕邸・別館  3F北側の部屋前

京太郎「うへー、もう夕方かよ」

京太郎「だが、まだ時間はある・・・当初の目的通り、今日お前に借りを返しとかねぇとな」

京太郎「なぁ、聞いてるんだろ・・・天江衣!」

『・・・手負いで衣と雌雄を決そうなどと、片腹大激痛!』

京太郎「手負いじゃねぇ、修行してきたのさ!」


ガチャッ!

衣「フッ、ならば見せてみろ凡夫!貴様が掴んだものを!」

京太郎「言われなくても、見せつけてやるよ!俺の・・・魂を!」



衣「衣の勝ちだな、凡夫」

京太郎「・・・・・・・畜生!」ゴロン

衣「終わってみればマイナスにこそなっていないものの、まだまだ衣には程遠かったか」

京太郎「・・・しょうがねぇ、認めるよ。俺の負けだ」

衣「ああ、お前の負けだ。・・・だが、衣は楽しかったぞ。どんなに突き離されても喰らいつこうとする執念、それを可能にする気力と実力」

京太郎「えらく持ちあげるじゃねえか、憐憫か?」

衣「今回は"麻雀"が出来たからな。衣は、楽しかった・・・それだけだ」

京太郎「・・・そうかよ。俺も楽しかった・・・やっぱ全力でやり合うってのはいいな!」

衣「ま、力が違い過ぎるのはちょっともの足りないがな」クスッ

京太郎「この野郎・・・」

衣「・・・そうだ、名前を聞いてなかったな」

京太郎「あぁ、俺も丁度言っておこうと思ったところだよーー須賀、京太郎だ」

衣「須賀京太郎・・・うん、しかと刻んだぞ」

京太郎「こっちはとっくにお前の名前を刻んでるんだよ・・・」

衣「・・・なぁ、京太郎」

京太郎「なんだよ?」

衣「また、衣と麻雀してくれるか?」

京太郎「もちろん、お呼びとあらば365日24時間寝首を掻きにいってやるよ。首洗って待ってやがれ」

衣「・・・そうか、安心したよ。明日も付き合って貰いたいな」クスッ

京太郎「そりゃ重畳・・・と、もう夜か。さーて、明日は女王様に謁見でも」


ピリリリリリッ

ピッ

京太郎「はい?」

『京ちゃん?まだ家に帰ってないの?』

京太郎「ああ、だって今日も泊まるし」

『・・・京ちゃん』

京太郎「何だ?」

『明日、平日だよ?』

京太郎「・・・え?」

『連休は今日で終わり。明日から普通に学校だよ?』

京太郎「あー、うん、分かった」


ピッ

京太郎「・・・なぁ、天江」

衣「?」

京太郎「明日って休みじゃないのか?」

衣「明日は学園の創立記念日だぞ?休みに決まっている」

京太郎「・・・・・・・」タラー

衣「ん?そうか、京太郎は清澄に居るんだったな」

京太郎「帰らねえと!」

衣「・・・随分せわしないな。一日位休んでもいいじゃないか」

京太郎「そうじゃねえんだ!咲と約束してるんだよ!連休終わったら一番に麻雀するって!」

衣「約束、か・・・」

京太郎「ああでもやべぇよもう夜遅すぎんよ・・・これバスあるかな」

衣「ハギヨシ!」パチン

ハギヨシ「ここに」シュッ

衣「この愚か者を送ってやれ」

ハギヨシ「かしこまりました」

京太郎「・・・いいのか!?」

衣「かまわんよ。今見逃して、明日お前が死ぬわけでもないしな」

衣「だが、一つだけ約束しろ」

京太郎「・・・」

衣「次にこの龍門渕に来た時は、必ず衣とも打つと。どれだけ時間がなかろうと、だ」

京太郎「・・・あいよ」

衣「ハギヨシ!」

ハギヨシ「須賀京太郎様、行きましょう」

衣「京太郎!衣は、衣は待っているからな!・・・・・いつまでも、この海底で!」

京太郎「ああ・・・絶対、お前を倒しに行ってやる!だから、待ってろよな・・・天江衣!」ダダダダダ

衣「・・・須賀、京太郎か」クスッ



ハギヨシの車の中

ハギヨシ「どこか、行っておくところはありますか?」

京太郎「あ、そうだ!あの女王様・・・じゃなくて龍門渕透華のところに行ってくれ!」

ハギヨシ「かしこまりました」

京太郎(咲・・・待ってろよ)



龍門渕邸

透華・一「「帰るぅ!?」」

京太郎「俺の連休は今日で終わりらしいからな・・・悪い、アンタとの決着はまた今度だ」

透華「キィーッ、納得いきません!いきませんが・・・約束があるなら仕方ありませんね」

一「どうしてもっていうならボク色々出来るけど・・・」ジャキン

京太郎「とりあえずその危なっかしいものをしまってくれ」

透華「・・・では、またしばらくお別れですわね」

京太郎「だな・・・」

透華「・・・・・・」ジーッ

京太郎「・・・・・・」ジーッ

一「帰るんならさっさと帰れーーーーーーーーーー!」フシャー

京太郎「っとと、すまねぇ。・・・それじゃそろそろ行くか」

透華「ええ、お気を付けて。思えばショフトクリームの時からの縁でしたわね・・・」

京太郎「・・・ん?」

一「どしたの?」

京太郎「そうだ、ショフトも買わないといけないんだった!ってもう学食開いてねー!?」

京太郎「やべぇよ・・・やべぇよ・・・」

透華「・・・ハァ。落ち着きなさい!」ピッポッパ



プルルルル・・・

『はいー?』ムニャムニャ

透華「私ですわ、今すぐ学食を開けなさい!」

『とっ、ととととと透華さま!?了解いたしました!』


ピッ

透華「これで大丈夫ですわ、さっさと買って帰りなさい」

一「わーお、透華ってば横暴ー」

京太郎「・・・悪いな、恩に着る」

透華「こんな目立てるチャンスはありませんから、行動したまでのことですわ」

一「・・・京太郎。早めにまた来てね?ボクの復讐心を満たすために」

京太郎「お前の挑戦なら大歓迎だ、また熱い麻雀やろうぜ!」

京太郎「それじゃ、女王様も・・・・・・また、いつかな」

透華「・・・・・・」

ハギヨシ「そろそろよろしいですか?」

京太郎「おう!」


ブロロロロロロロ・・・

透華「・・・また、いつか」

一「・・・ねぇ透華、透華はアレの事どう思ってるの?」

透華「・・・?」

一「・・・」

透華「もう、一ったら・・・」クスッ

透華「・・・心配しなくても、私の付き人は一以外あり得ませんわ」ギュッ

一「ち、違うよ!嫉妬とかそういうのじゃなくて!」

透華「さ、帰りましょう・・・私達の家に」

一「う、うん!」



ハギヨシの車の中

京太郎「なんとか買えたが・・・クーラーボックスまでもらっちまって、店員さんには悪い事しちまったな」

京太郎「うわ、ちょっと溶けかけてきてる!ハギヨシさん、なるべく急いで」

ハギヨシ「既に全力で飛ばしています・・・心配なさらなくても、そろそろ着きますよ」


キキーッ

京太郎「うおっ・・・っと」

ハギヨシ「では、お気をつけて」

京太郎「ああ。ハギヨシさん、ありがとな!」


ブロロロロ・・・

京太郎「さってと・・・」スウーッ

京太郎「咲ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!」

咲「き、京ちゃん!?どうしたのこんな夜中に大声出して!」ゼイゼイ

京太郎「ほら、ショフト!」パカッ

咲「え、これが・・・?」ジトーッ

京太郎「まぁそういうなよ、土産話もいっぱいあるんだ!ショフトの秘密も教えてやるよ」

咲「・・・京ちゃん、頑張ったんだね」

京太郎「・・・何がだよ?」

咲「修行に行く前より、ずっと逞しくなってる・・・なんとなくだけど」

京太郎「そりゃ、お前を倒すために必死で修行してきたからな。もう癖も抜けてるぜ」

咲「ほうほう。今度こそ期待していいのかなー?」

京太郎「おう、任しとけ・・・とりあえず溶ける前にショフト食おう、味は保証するからよ」

咲「そうだね・・・はむっ」

咲「凄く・・・美味しい!でも・・・なんだかとっても普通だね、コレ」

京太郎「だろー?それが伝説になった理由が下らなくてさ・・・」





咲「あはははは!崩れたソフトでショフトって・・・なにそれ!」ゲラゲラ

京太郎「だろ?あんまり下らなくて、笑っちまうよな!」

咲「ひーっ、ひーっ・・・お腹痛い・・・」プルプル

京太郎「ハハハ・・・まったく下らねぇよな」

咲「ホントだよ、もう」プルプル

京太郎「・・・・・・」

咲「・・・・・・」

京太郎「咲。俺、今はまだお前には届かないかもしれないけど・・・」

咲「・・・うん」

京太郎「でも、俺はお前に勝ちたい」

咲「・・・うん」

京太郎「だからさ・・・・・・・・・これからもずっと、俺と麻雀してくれないか」

咲「えー・・・何それ京ちゃん、プロポーズー?ロマンチックさが足りない、33.4点かなー」クスクス

京太郎「なっ!評価低っ・・・ってちげーよ!別にそんなんじゃねーし!」

咲「でも、嬉しいよ。・・・とっても、嬉しい」

咲「うん。だから・・・これからも末永く京ちゃんをボコらせていただきます」ペコリ

京太郎「こんにゃろー・・・言ってろ、案外近日中に倒されるかもしれねーぞ?」

咲「そういうのは、取らぬ狸の皮算用って言うんですよー♪」

京太郎「・・・・・・なぁ、咲」

咲「・・・なに?京ちゃん」


京太郎「麻雀って、楽しいよな!」





カン