優希「た、大変だじぇ!」

咲「どうしたの?」

優希「き、京太郎がおかしい!」

和「おかしいとは?」

優希「なんかその……黒い?」

咲「日焼けしたのかな?」

和「あの風体で日焼けなんてそれこそ……あ、いいかもしれません」

咲「和ちゃんそういうのがタイプなんだ。ありがちなお嬢さんキャラだね」

京太郎「うーっす」

優希「あ、京太郎」

咲「あ、京ちゃん。なんだ、別に黒くないじゃん」

和「ちぇ」

京太郎「なんだなんだどーしたってんだ? またあのアバズレが変なこと吹き込みやがったな? まったくしょうがねえ奴だ。アイツのおかげで退屈しないねまったく!」

和「……ん?」

京太郎「いいかお嬢さん方、俺の噂は女の噂以外は真っ白まじりっけなしの嘘八百だ。信じていいのは俺がクールなナイスガイって事と、マコおばあちゃんの玉子焼きの味が最高ってことだけだぜ。おっと、そういや優希、お前にとびっきりのプレゼントだ!」

優希「な、なんだじぇ?」

京太郎「愛の告白と一緒に婚約指輪でも渡してやりたいところだが、生憎俺は未成年なうえに金とその気が無いんでね。今はコイツで我慢してくれよハニー」

優希「お、おう……タコスだ……」

咲「うわぁ、優希ちゃんがおされてる」

京太郎「それよりメンツは揃ってんだ。お楽しみといこうぜ!」

和「この感じ、どこかで見たような」

咲「私も、金曜か日曜に見たような気がする」

京太郎「オウ、シット! もうバーベキューチキンはこりごりだっての!」

優希「な? 若干違う気もするけど、黒いだろ?」

咲「まあ、黒いっていうか」 

和「これっていわゆる……」

咲和 *1

京太郎「ワァオ! 女神様信じてたよ!」

咲「あ、京ちゃんそれロン」

京太郎「ジーザス! ったく神様なんか信用すんじゃなかったぜ!」

カンッ