あの夏から、もう2年の月日が流れた。

咲達が全力で闘い、そして勝てなかったあのインターハイ。
あれから2年。彼女達は自分の進む道を決めはじめていて……だけど、俺には何もなかった。
麻雀の腕は上がった。それこそ、彼女達の麻雀に喰らい付ける程度には。
……だが、それだけだ。インターハイだったなら通用したかも知れないが、
そこまで辿り着けた時、俺の最後の夏はもう終わっていた。

「あーあ、進路どうすっかなぁ……」

咲達との仲は悪く無い。むしろ、彼女達は好意的に接してくれている。
漫画やアニメの主人公じゃないのだ。俺の事をちゃんと見てくれている事は分かる。
……だが、それが。今の何もない俺には眩しくてたまらない。

いっそ、あの頃に戻れたら……

そんな戯れ言を考えていたのが、きっと全ての始まりなのだろう。




気がつけば、戻っていた。
あの夏に。いや、そこに至る過程で、切欠で、原点になったあの日に。

「あぁ、そうだ須賀くん。もし麻雀部に入ってくれそうな娘が居たら勧誘してきてね?」

懐かしい声が聞こえる。もう部室で聞くことも少なくなったその声が。
だから……


「よっ、こんな所で読書か?」
「あ、京ちゃん。うん、風が気持ちよかったから……」
「ふむ……なぁ、咲。」
「なぁに?」
「麻雀部、入らないか?」

いつでも俺を見てくれていた彼女に、楽しさと、最高の友人をくれてやりたかったんだ。