緋菜「にーちゃんにーちゃん!緋菜とかけっこするし!」

京太郎「おっ、やるかー?にーちゃんはかーなーり速いぞー?」

菜沙「次は菜沙とおままごとー!」

京太郎「よしよし、ならば俺の料理をおみまいしてやろう」

城菜「最後は城菜と夜のプロレスごっこ…」モジモジ

京太郎「よーし、その言葉は今すぐ忘れて教えた人を言おうか」

城菜「ねーちゃんだし!」

京太郎「池田ァ!!」

華菜「んー?今華菜ちゃん呼んだかー?」ヒョコッ

京太郎「正座」

華菜「へ?まだ晩飯の支度中…」

京太郎「いいから正座」

華菜「はい」チョコン

京太郎「あのね、小さい子になんて言葉を…」ガミガミ

緋菜「ねーちゃんがにーちゃんに怒られてるし!」

菜沙「年下の男に怒られてるし!」

城菜「にーちゃんならしょうがないし!」

ーーーーー

華菜「ひどい目に遭った」ヘンニョリ

京太郎「当たり前です」

緋菜「ねーちゃんねーちゃん、お腹すいたし」クイクイ

菜沙「育ち盛りだからすぐお腹空くしー」

城菜「ごはん!ごはん!」

華菜「あーもう、わかったわかった。すぐ用意するから座ってな」

「「「はーい!!」」」パタパタパタ

華菜「で、お前も食ってくよな?」

京太郎「んー、どうしようかな…」

華菜「まぁもうお前の分も作ってるから食ってく以外ないけどな!」

京太郎「池田ァ!!」

ーーーーー


緋菜「満腹だしー…」ケプッ

菜沙「食べ過ぎたしー…」ハフー…

城菜「後は寝るだけだしー…」クシクシ

華菜「こらこら、その前に歯を磨いてきなー」

「「「はーい…」」」トテトテトテ

京太郎「ご馳走さまでした。美味しかったです」

華菜「お粗末さん。はい、お茶」コトッ

京太郎「ども」ズビビッ…「ふー…」

華菜「今日もありがとうな。あいつらの世話手伝ってくれて」

京太郎「いえいえ。そこまで大変じゃないですし、あのぐらいの歳の子は素直ですから。ダメと言ったらちゃんと聞いてくれるいい子達でありがたいです」

華菜「え、マジか?あたしの言うこと全然聞かないんだけど…」

京太郎「んー、多分甘えてるんじゃないんですかね?さっきみたいに大事なことはちゃんと聞いてるみたいですし」

華菜「そんなもんかねぇ…」

京太郎「ええ、そんなもんですよ」ポフッ

華菜「にゃ?」

京太郎「」ナデナデ

華菜「にゃ~…♪」ゴロゴロ

京太郎「うりうり」わそわそ

華菜「にゃうん…」

緋菜「じー…」

菜沙「じー…」

城菜「じー…」

華菜「…はっ!?何見てんだお前ら!?」

緋菜「別に見てないし!」

菜沙「目に入っただけだし!」

城菜「カメラには収めてるけど!」

カメラ『●REC』ジー

華菜「イ ケ ダ ァ !! 」

京太郎「あんたもでしょうが」

カンッ