349 名前: ◆T4KM.qYCbQ[saga] 投稿日:2014/12/11(木) 02:26:59.63 ID:n2GN+6jSo [17/20]


 わいわいがやがや

京太郎「俺は今、幸せだ」

 何よりも幸せ
 家族も、何もかも手に入れた

衣「おはようきょうたろー」



京太郎「おはよう衣。今日も授業同じだな」

衣「うむ」

霞「須賀くぅん……子供を認知してくれないかしらぁ?」

菫「そうだぞ!! 間違いなく君の子だ!」



京太郎「子供は間に合ってるんで」

明星「須賀様を信仰しましょう! 全てが救われます!」

京太郎「落ち着けよ。もう高校生だろ?」

明星「はいっ! 神の子を宿せます!」



京太郎「宿さなくていいから」

 大学も楽しいし
 友達も多い

 何もかもが順調だ

 家族も、家具も、友人も

 全てが俺を幸せにしてくれる

 後は――

玄「すーがくんっ♪」

京太郎「玄!」

玄「えへへ、今夜は私とおまんこしてくれる?」

京太郎「ああ。今日は雅枝が遅くなるからな」

玄「やったのです!」ダキッ

 浮気相手も、出来た

玄「うぅ、バレないようにする緊張感がたまらないよぉ」

京太郎「(一家公認だけどね)」



355 名前: ◆T4KM.qYCbQ[saga] 投稿日:2014/12/11(木) 02:32:32.50 ID:n2GN+6jSo [18/20]


 何もかもが順調

京太郎「……それでさ、その時」

洋榎「えぇ!? なんやそれ!」ゲラゲラ

絹恵「パパの話はおもろいなぁー」クスクス

 スタスタ

一「びっくりしたよ、ハギワラさんが怒ってねー」

純「へぇ、そりゃ珍しいな」

 スッ

京太郎「……ん?」

純「あっ」


 ドクン


純「……」ペコッ

京太郎「……」ペコッ


 スタスタ

絹恵「ん? 知り合い?」

京太郎「……いや」


一「今の知り合い?」

純「いや……」


 この世界の俺は間違いなく


                     /イ         /    V ヽ、    `
                  ,  ´/          |   \
                    _/  '   '    ,:      |    \
                  ̄ ̄/  /   //     }       |
                     /    /    〃     /   |    |
               /      {   /.'       ∧  }    |
               /_, ィ   ∧ /_ |       / V ∧
                 / /  / ∧{tォミ、  ,  /   | '  、
                   / イ  / /| 弐_ V | /   __}/   _ヽ
                     | / , :  ー':, ∨/   イ乎(_ ヽV |
                    ∨ {/ '   / /      Vzソ   V}
                    {   、                 リ
                         ∧   `
                        、
                         ∧ `
                         |l∧      ̄         <
                          「´∧           ´
                        .:'//>--==≦ゞ
                      ////////\        /
                       /////// /   ∧
                        {/////〈/{   / |      //,
                       ∧//// ∨、  ,   }   ,://
                       {// ∧// ∨V{  |  「 ̄/´///
京太郎・純「「知らない人だよ」」


 幸せなんだって思えるから



 三週目 愛宕家騒乱日記  カンッ



428 名前: ◆T4KM.qYCbQ[saga] 投稿日:2014/12/12(金) 00:13:50.39 ID:hcg7BJsJo [2/26]

 それでは世界は一巡し、新たな世界が構築されます
 ここは――何にも染まっていない……清らかで澄み渡る世界なのです



<四週目 清澄>


 ガチャッ

優希「ただいまだじぇー!」

久「ふぅ、合宿疲れたわね」

まこ「久しぶりの清澄じゃな」

和「やっぱり、慣れ親しんだ部室の方が落ち着きますね」

咲「ただいま! 京ちゃん!」

京太郎「みんな、お疲れ様でした」

 今日は他校との合同合宿に出かけていたみんなが帰って来る日
 案の定というか、いつも通りお留守番だった俺はこうしてみんなを出迎える

京太郎「今お茶を淹れますね」

まこ「すまんのぅ……ん?」

久「あら? 部室がピカピカね」

優希「犬がやったのか?」

京太郎「ああ。こんな時くらいしか大掛かりな掃除出来ないからな」

 部活がある日はみんなの邪魔しちゃいけないから、隅っこくらいしかできない
 ベッドや雀卓を動かすにはこういう日じゃないと

咲「す、すごい! ホコリ一つ無いよ!」ツゥー

和「須賀君、ありがとうございます」ニッコリ

京太郎「い、いやぁ! 和にそう言われると嬉しいな」デレッ

咲「むっ……」ムスッ

久「掃除もいいけど、ちゃんと麻雀の勉強はしていたの?」

優希「そうだじぇ犬! ちっとくらい強くなってないと、ますます私達と差が開くじぇ!」

京太郎「ちゃんとやってたっつぅの!」

和「そうですよゆーき。須賀君は真面目なんですから」

京太郎「そ、そう思う?」ドキドキ

和「はい。いつも助かっています」

京太郎「(う、嬉しい!)」ジィーン

咲「ふぅん? じゃあ打ってみる?」むかむか

京太郎「ああ、いいぜ! 俺だって少しは強くなったところを見せてやる!」



429 名前: ◆T4KM.qYCbQ[saga] 投稿日:2014/12/12(金) 00:24:30.01 ID:hcg7BJsJo [3/26]


優希「こてんぱんにしてやるじぇ」

京太郎「っと、その前に飲み物を」コポポポ

久「悪いわね」

京太郎「いいんですよ。はい、どうぞ」コトッ

まこ「おー、いい香りじゃな」

京太郎「外は寒かったでしょうから、暖かい紅茶を」

久「気が利くじゃない!」

京太郎「はい。それとこれ、習ったばっかの試作なんですけど……」

咲「うわぁ、ブラウニー!」

優希「んぐんぐ!」

京太郎「おいおい、いきなり食うやつがあるか」

優希「京太郎の作るブラウニーはうまいな」ぷはーっ

久「生地がしっとりとしていて、それでいてベタつかないスッキリした甘さね」

まこ「ココアはバンホーテンのものを仕様したのか?」

京太郎「明治です」

まこ「そうか……」

和「本当に美味しいですよ。それに、紅茶をあえて濃い目にいれていますよね?」

京太郎「あ、分かった?」

和「はい。お陰でブラウニーの甘さが引き立ちます」クスクス

京太郎「喜んでもらえて嬉しいよ」にっ

咲「むむー!」ぱたぱた

京太郎「よし、そんじゃ打つか。これでも、伊達に清澄の部員じゃないんだぜ!」

久「ふふっ、どれくらい成長したのか楽しみね」

京太郎「じゃあ早速。メンバーは?」

優希「勿論私だ!」

咲「わ、私も!」

和「では僭越ながら」

まこ「ちょうど一年生マッチじゃな」

京太郎「よし、負けねぇぞ!」

 俺だって清澄の部員
 見てろ、もう俺だけがずっと後ろで――

京太郎「行くぞ!」

 立ちすくんでいるのは嫌なんだ


00~19 トビ
20~49 四位
50~69 三位
70~89 二位
90~99 一位
ゾロ目 京太郎以外 全員トビ


 ↓2 今回はちょっとドラマ性を持たせてからのスイッチタイムとなります



443 名前: ◆T4KM.qYCbQ[saga] 投稿日:2014/12/12(金) 00:35:19.73 ID:hcg7BJsJo [4/26]

京太郎「っと! ここで通らばリーチ!」

和「通りません。それ、ロンです」

京太郎「あちゃー。やっぱ無理かー」

久「ふふ、一位が見えたから焦ったのかしら」クスクス

まこ「そうじゃな。これが和了なら見事に逆転一位じゃったが」

優希「ぐ、ぐぬぬ……この優希様が四位!?」

京太郎「いやぁ、なんとか二位までこぎ着けたので……」

咲「す、凄いよ京ちゃん! いつのまにこんなに打てるようになったの?」

和「基礎が徹底されていましたね。それだけに最後の一打は見逃せませんでしたが」

京太郎「頑張ったって言ったろ? 次こそはちゃんと一位取るからな!」

久「それにしても、須賀君が成長してくれて……嬉しいわ」

京太郎「部長?」

久「ほら、今まで須賀君に無理ばかりさせていたでしょ? だから、ね」

まこ「部長、おんし……」

久「もう私いなくなるのに……今思えば、無責任すぎたって思うの」

京太郎「いいんですよ部長。俺はこうやって、みんなと打てるだけで幸せですから」

久「!」

京太郎「大会も終わって、もうじき部長も引退ですけど……」

 ポンポン

京太郎「とっくに大切なもんを、この胸に貰ってますから」ニッ

咲「京ちゃん……」

和「一本取られましたね、部長」クスクス

久「……な、何よ。須賀君のくせに」じわっ

まこ「照れるな照れるな」ハハハ

優希「やれやれだじょ」

久「ああもう! やめ! 次は私も混ざるわよ!」

京太郎「はい! やりましょう!」

 俺は幸せだ
 大切な仲間とこうやって楽しんで

 色々やって、自分を磨いて
 こんな日々がいつまでも続く

 俺はこの時、そう信じてやまなかった――


優希「あ、そういえば」

京太郎「ん?」

優希「へっへーん! お土産があるんだじぇー!」

京太郎「お土産?」


 あの機械に、出会うまでは



452 名前: ◆T4KM.qYCbQ[saga] 投稿日:2014/12/12(金) 00:45:03.00 ID:hcg7BJsJo [5/26]


京太郎「なんだそれ? 妙な機械だけど」

優希「変な露商の人から貰ったんだじぇ」

京太郎「露商?」

咲「あ、それって例の京ちゃんに似てる人?」

和「似てる人?」

久「あー、あの尭太郎……とかって人ね」

京太郎「へぇ、そんな人がいたんですか?」

まこ「そっくりだったぞ。髪の色や雰囲気が違ったが」

和「他人の空似でしょうか?」

優希「私が可愛いからタダでいいってくれたんだじょ」

 いやいやいや、そんな商人いるのか?
 というかロリコ……

優希「とにかーく! ありがたく頂け!」

京太郎「頂けって、タダでもらったんだろ? お前が使えよ」

 何に使う機械なのか知らないけど

優希「ちっちっちっ! 甘いな犬!」

京太郎「は?」

優希「この説明書を読め!」

京太郎「なになに……この機械は男性が用いるモノです」

 この機械を女性に向けてスイッチを押すだけで
 その人がアナタにとって、全く別の何かに変わります

 それが希望か絶望かは――神のみぞ知る

京太郎「なんだこりゃ?」

咲「変わるって、姿かたち? それとも……」

和「そんなオカルトありえません。何かのパーティグッズでは?」

久「なんだっていいわ! 面白そうじゃない!」

京太郎「んー、胡散臭いだけのような」

 それに何か嫌な予感がする
 俺の、この平穏を壊すような……何かを

まこ「わしも同感じゃ」

久「もう、臆病ね」

優希「試すだけならタダだじぇ! ささ、スイッチを押せ!」

京太郎「えー?」

優希「最初は誰にする? ア・ナ・タ♪」もじもじ

京太郎「……」

 しょうがない、一度だけ付き合ってやるか

京太郎「じゃあ……」


 ↓2 なんと今回は一斉ではないのです 



464 名前: ◆T4KM.qYCbQ[saga] 投稿日:2014/12/12(金) 00:51:58.54 ID:hcg7BJsJo [6/26]


京太郎「それじゃあ咲。お前でいいか?」

咲「えっ?」どきっ

優希「えぇぇー!?」

京太郎「なんかお前は嫌」

優希「ぐぎぎぎっ!」

和「ゆーき」

優希「ちぇっ! それじゃあとっととやるじょ」

咲「ちょ、ちょっと待って!」あせあせ

京太郎「大丈夫だよ咲。こんなの所詮おもちゃだろうし」

咲「そう……かな?」

まこ「咲、無理せんでも」

久「いいじゃないまこ! さぁ、やってみせて須賀君」

京太郎「悪い咲。お前が一番頼みやすかったから」

咲「え? 和ちゃんじゃなくて?」

和「!」

京太郎「ああ。やっぱお前が一番(話しやすい)だよ」

咲「っ!」どきーん

和「……」ボソボソッ

優希「っ」

咲「わ、分かった! いいよ!」かぁぁぁ

京太郎「そうか? ありがとう」

 さーて、とっとと終わらせて麻雀の続きだ

京太郎「それじゃあ行くぞ! ポチッとな!」

 何も変わらない
 そう、変わるわけないんだ

01他人 02苦手 03顔見知り 04友達 05親友
06幼馴染 07婚約者 08恋人 09セフレ 10元恋人
11親の仇 12先輩 13後輩 14同級生 15麻雀の師匠
16浮気相手 17探偵 18犯人 19記者 20従兄妹
21姉or妹 22ストーカー 23娘 24母親 25ペット
26ライバル 27空気 28ご主人様 29耳かき 30漫画家
31生霊 32女騎士 33殺人鬼 34恋敵 35オナペット
36お嬢様 37お姫様 38同僚 39メイド 40アラフォー
41侵略者 42ペロリスト 43追跡者 44捕食者 45芸人
46巫女 47ナース 48寄生虫 49不良 50トラウマ
51抱き枕 52椅子 53ボディガード 54強姦魔 55変態
56中二病 57お色気要員 58上司 59部下 60原付
61防寒具 62妖怪 63人質 64電波 65忍者
66メンヘラ 67ロッカー 68腐女子 69レズ 70博士
71馬 72壁 73携帯 74風呂用スポンジ 75孫の手
76露出狂 77淫魔 78ぷんすこ 79ツンデレ 80クーデレ
81初恋の人 82命の恩人 83ジュリエット 84傭兵 85歌手仲間
86ヤンデレ 87信者 88女王様 89カモ 90天使
91先生 92生徒 93ヒーロー 94アイドル 95神様
96ファン 97片想われ 98アベック 99牝奴隷 00妻


 ↓2 あんーなーにいーっしょーだーったのにー



477 名前: ◆T4KM.qYCbQ[saga] 投稿日:2014/12/12(金) 00:57:00.06 ID:hcg7BJsJo [7/26]


 70 博士 

 ぼふんっ

咲「うぉっほん!」

京太郎「は? 咲、なんでお前……白衣に?」

咲「わしじゃよ」

京太郎「え?」

久「どうかしたの?」

京太郎「い、いや! 咲が急におかしく!」

 さっきまで制服だったのに!
 今は白衣、これじゃあまるで

京太郎「まるで咲が博士みたいに!」

まこ「?」

優希「何言ってるんだじぇ?」

京太郎「え?」

和「咲さんは元々……」

咲「博士、でしょ?」

京太郎「えっ……」

 何を言ってるんだみんな?

京太郎「そんなこと!」

優希「???」

久「ほら、ここの雀卓を作ったのも咲じゃない」

京太郎「いやいや! これは――」

 ザッザザッ

京太郎「!?」

 ある
 そんなはず無いのに、咲が……ここの雀卓を作っている記憶が

 なんで?
 どうして?

京太郎「咲、お前は俺の……」

咲「カガクノハッテンニギセイハツキモノデース」

京太郎「はかせ……だった?」


 何が、起こってるんだ?



482 名前: ◆T4KM.qYCbQ[saga] 投稿日:2014/12/12(金) 01:03:13.80 ID:hcg7BJsJo [8/26]


京太郎「まさか!?」

 この機械なのか!?
 これが咲を博士に変えた?

京太郎「(そうとしか考えられない。じゃなきゃ、俺がおかしくなったとしか)」

咲「ねぇ京太郎君」

京太郎「きょ、京太郎君!?」

咲「かってに改造してもいい?」ワクワク

京太郎「はぁっ!? 何言ってんだお前!」

 いきなり意味分からないこと言い出して
 それに呼び方も!

和「咲さん!! おかしいです!」

京太郎「和!!」パァァッ

和「かってに改造なら、許可を取る必要はありません!」

久「そりゃそうね」

まこ「そうじゃな」

京太郎「」

咲「それじゃあ早速」ガシッ

京太郎「え?」

咲「じゃあ……改造するね」ビリビリビリ

京太郎「ぎゃあああああああ!!!」

 一体……何が!?


1 容姿

2 雀力

3 身体能力

 ↓2 改造する項目


00~09 壊滅的打撃

10~29 ダウン

30~59 現状維持

60~89 成功

90~99 大成功

ゾロ目 人類最強レベル

 ↓3


493 名前: ◆T4KM.qYCbQ[saga] 投稿日:2014/12/12(金) 01:11:54.87 ID:hcg7BJsJo [9/26]

 97 雀力 大成功

 ビリビリビリビシィィィイ!!

京太郎「がっ……」

 なんだ、これ!?
 力が――溢れる!!

咲「!!」

 ゴゴゴゴゴゴッ

京太郎「……」ドドドド

久「凄いオーラ!」

まこ「なんちゅう……」

和「オーラ? そんなもの見えませんけど」

優希「あ、あの時の……宮永照と同等か……それ以上だじぇ」ガクガク

京太郎「……」

咲「強くなれたよかったね」

京太郎「……」ブルブルブル

久「よかったじゃない」

まこ「……京太郎?」

京太郎「ふ、ふざけるな!!」

咲「!!」ビクッ

京太郎「咲、お前……なんてことを!」

優希「じぇ? 強くなれたのに怒るのか?」

京太郎「当たり前だ! 俺は、俺の力で……少しずつ、みんなに追いつきたかった」

 それを――こんなズルみたいなことで

咲「京太郎君……私は良かれと思って」ウルウル

京太郎「あ、いや! 違う! お前が悪いわけじゃないんだ」

 善意でやってくれたことだし、責めるのはやりすぎだよな

京太郎「悪い咲……俺が悪かった」

咲「ううん、こっちこそゴメンナサーイ」

和「謝る気あるんですか?」

久「なんにしても、須賀君が以上に強くなってしまったわ」

まこ「ああ。この中で太刀打ち出来るのは咲くらいじゃろ」

京太郎「……」






<遠い地>

?「感じる……若くて強い、雀士の気配」ハァハァハァハァハァ

恒子「?」

?「残さなきゃ……二人で雀士の遺伝子残さなきゃ(使命感)」ブツブツブツ

 ※ 隠しキャラが解禁されました


503 名前: ◆T4KM.qYCbQ[saga] 投稿日:2014/12/12(金) 01:20:50.73 ID:hcg7BJsJo [10/26]

優希「さて、それでこの機械はどうするんだじぇ?」

京太郎「そうだ! この機械で咲が!」

久「どういうこと?」

京太郎「実は――」

 かくかくしかじか

和「そんなオカルトありえません」

まこ「京太郎、おんし夢でも見とるんじゃないか?」

京太郎「本当なんです! 咲が急に変わって!」

久「須賀君……そういえば、最近休暇を取ってなかったわね」

京太郎「部長! 本当なんです! 信じてください!」

優希「ぶったるんどるじょ!」

 なんでだよ
 なんで誰も信じてくれないんだ!

久「少し休んだら? 大丈夫、部活のことは気にしないで」

京太郎「ぐっ……」

和「待ってくださいみなさん。須賀君の言うことを少しは聞いてみましょう」

京太郎「和?」

和「私はこういったものを信じませんが、須賀君は信頼に値すると思っていますから」ニッコリ

 和……お前!
 なんていいやつなんだ!

和「(ここで須賀君を信じると言えば……ふふっ)」クスッ

優希「のどちゃん?」

和「もう一度機械を使ってみれば、何か分かるのではないでしょうか?」

京太郎「え? でも!」

久「いい考えじゃない。それで何も無ければ、杞憂だって分かるわよ」

京太郎「……」

 いいのか? また咲みたいに変わってしまったら
 俺は――

和「大丈夫ですよ須賀君」ギュッ

京太郎「え?」

和「何も変わりませんよ。私達は、ずっと――」

京太郎「和――ああ!そうだな!」

 俺たちは仲間だ
 何があっても、絶対に壊れない関係なんだ

京太郎「よし、それじゃあ!」


 ↓2 あ、ちなみにこの世界の聖人は京太郎だけです(大胆な設定告白は書き手の特権)



513 名前: ◆T4KM.qYCbQ[saga] 投稿日:2014/12/12(金) 01:25:19.17 ID:hcg7BJsJo [11/26]


京太郎「じゃあ和、頼むよ」

和「はいっ!(須賀君……あぁ、須賀君)」ドキドキ

優希「のどちゃん……」

久「頑張ってねー」

まこ「どうせ何も起きんじゃろう」

咲「実に興味深い」マジマジ

京太郎「和。行くぞ」

和「遠慮なくどうぞ」ニコニコ

 和はいい奴だ
 出来れば何も無ければ――

京太郎「そりゃ! ポチッとな!」

和「(これで須賀君の信用を得て、後は――)」フフフ


01他人 02苦手 03顔見知り 04友達 05親友
06幼馴染 07婚約者 08恋人 09セフレ 10元恋人
11親の仇 12先輩 13後輩 14同級生 15麻雀の師匠
16浮気相手 17探偵 18犯人 19記者 20従兄妹
21姉or妹 22ストーカー 23娘 24母親 25ペット
26ライバル 27空気 28ご主人様 29耳かき 30漫画家
31生霊 32女騎士 33殺人鬼 34恋敵 35オナペット
36お嬢様 37お姫様 38同僚 39メイド 40アラフォー
41侵略者 42ペロリスト 43追跡者 44捕食者 45芸人
46巫女 47ナース 48寄生虫 49不良 50トラウマ
51抱き枕 52椅子 53ボディガード 54強姦魔 55変態
56中二病 57お色気要員 58上司 59部下 60原付
61防寒具 62妖怪 63人質 64電波 65忍者
66メンヘラ 67ロッカー 68腐女子 69レズ 70博士
71馬 72壁 73携帯 74風呂用スポンジ 75孫の手
76露出狂 77淫魔 78ぷんすこ 79ツンデレ 80クーデレ
81初恋の人 82命の恩人 83ジュリエット 84傭兵 85歌手仲間
86ヤンデレ 87信者 88女王様 89カモ 90天使
91先生 92生徒 93ヒーロー 94アイドル 95神様
96ファン 97片想われ 98アベック 99牝奴隷 00妻


 ↓2 京太郎を狙う腹黒のどっちの運命やいかに



519 名前: ◆T4KM.qYCbQ[saga] 投稿日:2014/12/12(金) 01:32:26.90 ID:hcg7BJsJo [12/26]


 92 生徒

 ぼふんっ

和「……」

京太郎「ん? 何も変わらないのか?」

 よかった
 どうやら何も――

和「須賀先生、どうかしました?」

京太郎「あ、いや……って、先生?」

 どういうことだ?
 俺が、先生?

久「須賀先生?」

京太郎「え? 部長まで何を」キョロキョロ

久「やだ、先生。いつもみたいに久でいいですよ」クスクス

京太郎「はい?」

 どうなってんだ!?
 なんで俺が部長に先生って!?

まこ「様子が変じゃな? 何かあったんですか?」

京太郎「染谷先輩まで!」

まこ「せ、先輩ぃ!?」

優希「須賀先生がおかしいじょ」

和「先生、私が何か変なことを言ってしまいましたか?」オロオロ

京太郎「いや、何がなんだか……」

 って、あれ? 
 なんで俺……服がスーツに?

 それに、なんだか体つきが……

京太郎「まさか!?」バッ

 鏡に映った姿
 それは、少し歳をとっているようだったが

 間違いなく

京太郎「俺……大人になってる?」

咲「?」

京太郎「うぐっ!!?」ズキズキィ!!

 なんだこれ!?
 頭の中に記憶が――大学?

 教育研修……清澄への赴任

 そして俺は、和のクラスの副担任として――

京太郎「そうだ、俺は――教師なんだ」

 そして、麻雀部の顧問


525 名前: ◆T4KM.qYCbQ[saga] 投稿日:2014/12/12(金) 01:38:56.61 ID:hcg7BJsJo [13/26]


和「ご気分が悪いんですか?」

京太郎「あ、いや……なんでもないよ和」ぽんっ

和「は、はいっ!」パァァッ

久「もう、先生ったら。驚かさないでくださいね」

まこ「まだまだ若いしのぅ。わしらとそう変わらんし」

優希「先生! 嫁の貰い手が無いなら立候補してもいいじぇ!」

京太郎「ゆ、優希。そういうことを言うと俺が校長に怒られるんだ」

優希「ちぇー! 少しくらい乗ってくれていいだろー」ダキッ

京太郎「優希」グイッ

優希「あっ」

京太郎「俺は生徒を大事にしたい。優希、もっと自分を大切にするんだ」

和「……須賀先生はなんて真面目なんでしょうか」うっとり

久「真面目ねー」

まこ「そこがええんじゃがな」

咲「ご立派です」

京太郎「……」ズキズキ

 おかしい
 俺はついさっきまで高校生だったハズ

 くそっ、何がどうなってる!?

久「そうだ。折角だし、この機械を続けましょうよ」

京太郎「え?」

久「たまには先生も遊びに付き合ってくださいね」

京太郎「ちょ、久! やめろ!」

久「ほらほら、次は誰にしますか?」

京太郎「えっと――」


 ↓2 年齢は22~23 くらいでいいんやろか?



531 名前: ◆T4KM.qYCbQ[saga] 投稿日:2014/12/12(金) 01:43:50.04 ID:hcg7BJsJo [14/26]

久「私でもいいんですよー?」

京太郎「こら、久! 押すな!」

久「はい、どうぞ」ニギニギ

和「……」ギリギリ

京太郎「くっ……じゃあお前にするよ」

久「ええ、どうぞ」

京太郎「……さて」

 色んなことが置きすぎて頭が痛いが
 現状を理解するには、この機械だけが頼りなんだ

咲「どうなるかな?」

和「離れて欲しいです。須賀先生のあの優しい手に触れていいのは……」ブツブツ

優希「さっさと押すじぇー!」

京太郎「それじゃ、ポチッとな」

久「!」

 何か掴めるといいが……」

01他人 02苦手 03顔見知り 04友達 05親友
06幼馴染 07婚約者 08恋人 09セフレ 10元恋人
11親の仇 12先輩 13後輩 14同級生 15麻雀の師匠
16浮気相手 17探偵 18犯人 19記者 20従兄妹
21姉or妹 22ストーカー 23娘 24母親 25ペット
26ライバル 27空気 28ご主人様 29耳かき 30漫画家
31生霊 32女騎士 33殺人鬼 34恋敵 35オナペット
36お嬢様 37お姫様 38同僚 39メイド 40アラフォー
41侵略者 42ペロリスト 43追跡者 44捕食者 45芸人
46巫女 47ナース 48寄生虫 49不良 50トラウマ
51抱き枕 52椅子 53ボディガード 54強姦魔 55変態
56中二病 57お色気要員 58上司 59部下 60原付
61防寒具 62妖怪 63人質 64電波 65忍者
66メンヘラ 67ロッカー 68腐女子 69レズ 70博士
71馬 72壁 73携帯 74風呂用スポンジ 75孫の手
76露出狂 77淫魔 78ぷんすこ 79ツンデレ 80クーデレ
81初恋の人 82命の恩人 83ジュリエット 84傭兵 85歌手仲間
86ヤンデレ 87信者 88女王様 89カモ 90天使
91先生 92生徒 93ヒーロー 94アイドル 95神様
96ファン 97片想われ 98アベック 99牝奴隷 00妻

 ↓2 とーつぜーんあーらーしーがーまきおこりー



541 名前: ◆T4KM.qYCbQ[saga] 投稿日:2014/12/12(金) 01:50:58.62 ID:hcg7BJsJo [15/26]

 97 片想われ

 ぼふんっ

京太郎「……どうだ?」

久「……いえ、何も」

京太郎「そうなのか?」

 あれ? やっぱりこの機械は何もないのか?
 それなら嬉しいが……

京太郎「んー」

久「……はぁ(須賀先生……好き)」ドキドキ

京太郎「(でも、確実に変化ある気がするし)」

久「(もうすぐ卒業……私はもう須賀先生と離れ離れ)」ドクン

京太郎「ん? 久、どうかしたのか?」

久「あっ」ドキッ

京太郎「らしくないぞ。お前はいつも通り、堂々としていた方が俺は好きだぞ」ニッ

久「っ!」ドクンドクンドクン

和「せ、先生! もう一度やってみませんか?」グイッ

京太郎「ん? そうだなぁ」

久「(先生、私の気持ち――気づいているの? 知っていて、そんな優しい言葉を?)」

京太郎「じゃあやってみるか」

優希「それでこそだじぇ!」

久「(だとしたらアナタはなんて――残酷なの)」ギュッ

京太郎「それじゃあ次は」

久「(好き。須賀先生……アナタをずっとずっと、見ていたい)」ドキドキ


 ↓2 さーよーなーらーあえなくなーたってー



547 名前: ◆T4KM.qYCbQ[saga] 投稿日:2014/12/12(金) 01:56:05.15 ID:hcg7BJsJo [16/26]


京太郎「まこ、やってみるか?」

まこ「お、ご指名とあらば」

京太郎「ゲームみたいなもんだ。そう気を張らなくていいだろう」

まこ「そうですよね。よし、遠慮なくどうぞ」

咲「ガンバッテクダサーイ」

優希「楽しみだじょ」

京太郎「……」

 さっきは変化無しだったからな
 次で全てがハッキリしてくれるといいが

久「先生……」

和「……」イライラ

京太郎「よし、行くぞ」

まこ「お願いします」

京太郎「どりゃ! ポチっとな!!」


01他人 02苦手 03顔見知り 04友達 05親友
06幼馴染 07婚約者 08恋人 09セフレ 10元恋人
11親の仇 12先輩 13後輩 14同級生 15麻雀の師匠
16浮気相手 17探偵 18犯人 19記者 20従兄妹
21姉or妹 22ストーカー 23娘 24母親 25ペット
26ライバル 27空気 28ご主人様 29耳かき 30漫画家
31生霊 32女騎士 33殺人鬼 34恋敵 35オナペット
36お嬢様 37お姫様 38同僚 39メイド 40アラフォー
41侵略者 42ペロリスト 43追跡者 44捕食者 45芸人
46巫女 47ナース 48寄生虫 49不良 50トラウマ
51抱き枕 52椅子 53ボディガード 54強姦魔 55変態
56中二病 57お色気要員 58上司 59部下 60原付
61防寒具 62妖怪 63人質 64電波 65忍者
66メンヘラ 67ロッカー 68腐女子 69レズ 70博士
71馬 72壁 73携帯 74風呂用スポンジ 75孫の手
76露出狂 77淫魔 78ぷんすこ 79ツンデレ 80クーデレ
81初恋の人 82命の恩人 83ジュリエット 84傭兵 85歌手仲間
86ヤンデレ 87信者 88女王様 89カモ 90天使
91先生 92生徒 93ヒーロー 94アイドル 95神様
96ファン 97片想われ 98アベック 99牝奴隷 00妻


 ↓2 ぎーりーぎりーまーでーふんばーってー



560 名前: ◆T4KM.qYCbQ[saga] 投稿日:2014/12/12(金) 02:05:05.48 ID:hcg7BJsJo [17/26]

 97 片想われ

 ぼふんっ

まこ「……」

京太郎「? どうだ?」

まこ「な、なにも無いです」ぷいっ

京太郎「そうか?」

 やっぱりこの機械は嘘っぱちなのか
 心配して損したな

まこ「……先生」ドキドキ

京太郎「あ、それとまこ」

まこ「は、はいっ!」ドキッ

京太郎「無理に敬語を使わなくていい。お前は広島弁の方がイキイキしてるからな」

まこ「で、ですけど」モジモジ

京太郎「他の先生ではそうでも、俺の前ではいつものお前を見せてくれないか?」

まこ「!!」

京太郎「俺は教師だけど、同じ目線で立ってるつもだぞ?」

まこ「せ、先生……//」ドキドキ

京太郎「それに広島弁って、なんか可愛いしな」ニッ

まこ「そ、それならこれからは……広島弁で喋る、けぇ」もじもじ

京太郎「ああ、いいぞ」

和「私も広島弁にしますけぇ」あせあせ

久「広島弁もいいもんじゃな」あせあせ

優希「カオスだじぇ」

京太郎「???」

まこ「(わしゃ、やっぱり先生のことを……あぁぁ! こんなの! 叶うわけないのに!)」ドキドキ

京太郎「大丈夫かまこ?」

優希「それより! 最後はこの私だじょ!」

京太郎「優希、お前もかよ!」

優希「仲間外れはいやーん♪」クネクネ



567 名前: ◆T4KM.qYCbQ[saga] 投稿日:2014/12/12(金) 02:09:56.77 ID:hcg7BJsJo [18/26]


優希「さぁ! 押すじぇ!」

京太郎「しょうがないな」

 まぁ、おもちゃだって判明したことだし
 付き合うくらい別にいいか

京太郎「じゃあ押すぞ」

優希「優しくしてねー」モジモジ

和「……」イライラ

久「……」むすっ

まこ「……」そわそわ

咲「カガクノハッテンニギセイハツキモノデース」

京太郎「覚悟はいいか?」

優希「オーケーだじぇ!」

京太郎「ほい! ポチッとな!」


01他人 02苦手 03顔見知り 04友達 05親友
06幼馴染 07婚約者 08恋人 09セフレ 10元恋人
11親の仇 12先輩 13後輩 14同級生 15麻雀の師匠
16浮気相手 17探偵 18犯人 19記者 20従兄妹
21姉or妹 22ストーカー 23娘 24母親 25ペット
26ライバル 27空気 28ご主人様 29耳かき 30漫画家
31生霊 32女騎士 33殺人鬼 34恋敵 35オナペット
36お嬢様 37お姫様 38同僚 39メイド 40アラフォー
41侵略者 42ペロリスト 43追跡者 44捕食者 45芸人
46巫女 47ナース 48寄生虫 49不良 50トラウマ
51抱き枕 52椅子 53ボディガード 54強姦魔 55変態
56中二病 57お色気要員 58上司 59部下 60原付
61防寒具 62妖怪 63人質 64電波 65忍者
66メンヘラ 67ロッカー 68腐女子 69レズ 70博士
71馬 72壁 73携帯 74風呂用スポンジ 75孫の手
76露出狂 77淫魔 78ぷんすこ 79ツンデレ 80クーデレ
81初恋の人 82命の恩人 83ジュリエット 84傭兵 85歌手仲間
86ヤンデレ 87信者 88女王様 89カモ 90天使
91先生 92生徒 93ヒーロー 94アイドル 95神様
96ファン 97片想われ 98アベック 99牝奴隷 00妻


 ↓2 おーとこならーだれかのたーめにつーよーくなーれ



586 名前: ◆T4KM.qYCbQ[saga] 投稿日:2014/12/12(金) 02:15:57.10 ID:hcg7BJsJo [19/26]

 14 同級生

  ぼふんっ

優希「??」

京太郎「どうした優希?」

優希「じぇ? 京太郎も来てたのか?」

京太郎「へ? お前、戻ったのか?」

 この態度
 俺と同級生だった頃の優希だ!

優希「え? 何言ってんだ?」

久「須賀先生、片岡コーチがどうかしたんですか?」

京太郎「へっ!? 片岡コーチィ!?」

まこ「コーチはコーチじゃと思うが……」

京太郎「どういうことだ!? 優希、お前は一体!?」

優希「何ボケてるんだじぇ?」

京太郎「!!」

優希「私はお前の高校の同級生で、今は清澄の麻雀部コーチだろー」

京太郎「なん……だと!?」

 じゃあ何か?
 優希は俺の同級生だけど、それは過去の話?

咲「片岡コーチ、今日はどうします?」

優希「そうだなー! みんなで打ち回す感じでいいじぇ」

久「アバウトねー相変わらず」

まこ「須賀先生を見習わんか」

優希「うがー!! 敬語を使えー!!」

京太郎「(ってコイツ、俺と同年齢のはずなのに見た目が――高校の頃から変わってねぇ!!)」

和「……須賀先生」くんくん

京太郎「ん?」

和「……ぴゅーぴゅー」

京太郎「吹けてないぞ」

和「はぅわっ!?」



592 名前: ◆T4KM.qYCbQ[saga] 投稿日:2014/12/12(金) 02:20:25.38 ID:hcg7BJsJo [20/26]

京太郎「だが待てよ」

 これじゃあ麻雀部が四人
 大会に出られないことになる

京太郎「待て、一体だれが――」

 ガチャッ

京太郎「ん?」

           -‐──‐-
       . ´          `ヽ、
      /
     /                 ,
   / /   /|    ト、        ′
 ∠._/   / i|    i \      〕
    〔  |/ 八〔\ .'   \   /
.     |∧ :| ┯:┯  V ┯:┯∧ /   j
    ' ∧|  乂ノ     乂ノ   ∨、   |
.     /:Ⅴ         ""  ノ   |
    /::::入_           _  < / /| /
  /\ /∧ノ  へ ̄ ̄/  \リイ/ / 〔′
   ̄\\  r‐'   \/  //\ /
     \ヽーヽ └─ー/─'  \
      丶ー|   〉 〈   |  〈
           |  .〈∧/    !__/
           |        | |
照「……」

京太郎「んん?」ゴシゴシ

照「おはよう、先生」

京太郎「あ、はい」

久「おはようって時間じゃないわよ照」

まこ「どこ行ってたんじゃ?」

照「トイレ」

咲「お姉ちゃん、少しは恥じらいを」

照「?」

京太郎「……えええええ!?」


603 名前: ◆T4KM.qYCbQ[saga] 投稿日:2014/12/12(金) 02:24:53.73 ID:hcg7BJsJo [21/26]

照「なに? どうしたの先生」

京太郎「どうしたもこうしたもねぇよ!! どうなってんだよ!!」

優希「お、落ち着け京太郎! 何があったんだじぇ!」

京太郎「おかしいだろ! これは流石に無理やりだろ!」

和「はい?」

久「今日の先生、疲れてるのかしら」

京太郎「あばばばば」

まこ「泡吹いとる! 先生!」

和「だ、大丈夫ですか!?」

 わけが分からない
 俺は一体どうしてこんな状態になってるんだ?

照「相変わらず先生は面白い」

久「そういう問題じゃないでしょ」

まこ「しっかりせぇ!」

京太郎「う、うーん」

咲「この機械が原因なのかな?」

照「機械?」

咲「これこれこういう機械なの」

照「ふーん? それそれこういう機械なんだ」

京太郎「……も、戻さなきゃ。この機械で」ブツブツ

 そうだ
 全ての元凶はこの機械

 これさえ使えば




605 名前: ◆T4KM.qYCbQ[saga] 投稿日:2014/12/12(金) 02:28:13.67 ID:hcg7BJsJo [22/26]


京太郎「照!」

照「何? 結婚ならいつでもいいよ」

京太郎「違う!」

照「冗談」

咲「お姉ちゃん!」

照「お茶目ジョーク」

京太郎「いいから真面目に聞け!!」

照「はい」

京太郎「はいじゃないが」

照「え?」

京太郎「あ、これでいいんだ」

照「うん」

京太郎「とにかく! この機械でお前を元に戻す!」

 いいや! 全てを!

照「戻るの?」

京太郎「戻してみせるさ!」

 きっとどうにかなる
 元の、みんなと楽しく部活をやっていたあの頃に

京太郎「頼む! 元に! 戻ってくれ!!」

和「……」

京太郎「うぉぉぉ! ポチッとなぁぁ!」 

01他人 02苦手 03顔見知り 04友達 05親友
06幼馴染 07婚約者 08恋人 09セフレ 10元恋人
11親の仇 12先輩 13後輩 14同級生 15麻雀の師匠
16浮気相手 17探偵 18犯人 19記者 20従兄妹
21姉or妹 22ストーカー 23娘 24母親 25ペット
26ライバル 27空気 28ご主人様 29耳かき 30漫画家
31生霊 32女騎士 33殺人鬼 34恋敵 35オナペット
36お嬢様 37お姫様 38同僚 39メイド 40アラフォー
41侵略者 42ペロリスト 43追跡者 44捕食者 45芸人
46巫女 47ナース 48寄生虫 49不良 50トラウマ
51抱き枕 52椅子 53ボディガード 54強姦魔 55変態
56中二病 57お色気要員 58上司 59部下 60原付
61防寒具 62妖怪 63人質 64電波 65忍者
66メンヘラ 67ロッカー 68腐女子 69レズ 70博士
71馬 72壁 73携帯 74風呂用スポンジ 75孫の手
76露出狂 77淫魔 78ぷんすこ 79ツンデレ 80クーデレ
81初恋の人 82命の恩人 83ジュリエット 84傭兵 85歌手仲間
86ヤンデレ 87信者 88女王様 89カモ 90天使
91先生 92生徒 93ヒーロー 94アイドル 95神様
96ファン 97片想われ 98アベック 99牝奴隷 00妻


 ↓2 ほんとにだいじなーものはなーんだろー



627 名前: ◆T4KM.qYCbQ[saga] 投稿日:2014/12/12(金) 02:35:28.64 ID:hcg7BJsJo [23/26]

 66 メンヘラ

 ぼふんっ

照「……」

京太郎「照?」

照「……ねぇ、先生は私のことちゃんと見てる?」

京太郎「え?」

照「誰よりも私のことを一番に見てくれてるの?」ずいっ

京太郎「は? えっと?」

 な、なんだ!?
 何が起きてる!?

京太郎「お、俺は生徒全員が平等で大事だよ」

和「」グサッ

まこ「」グサッ

久「」ヒサッ

照「……そんなことない」

京太郎「え?」

照「わかってるよ。先生は本当は一番私を好きだって」

優希「じぇええ!?」

京太郎「」

照「ふふ、でもみんなの前だから言えないんだよね」

京太郎「な、何を馬鹿なことを!」

照「……バカ?」ピクッ

京太郎「?」

照「今、バカって言ったの?」

京太郎「あ、いや! 悪気は……」

照「バカって言ったバカってバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言った言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言ったバカって言った」

京太郎「」

咲「あ、お姉ちゃんいつものモードだ」

京太郎「て、照? 落ち着こう、な!」

照「……死んでやる」

京太郎「!?」

照「もういい。先生が私を大事にしてくれないなら、死ぬもん」スッ ナイフ

京太郎「ま、待てって!!」

 サクッ

照「ふふ、見て……私の血ってこんなに綺麗」うっとり

京太郎「バカ! 手首なんて切って! すぐに止血を!」バッ

照「……やっぱり先生は優しい。私のことがだぁぁあぃすきなんだぁ」えへへへ



632 名前: ◆T4KM.qYCbQ[saga] 投稿日:2014/12/12(金) 02:41:55.95 ID:hcg7BJsJo [24/26]


京太郎「いや、そういうわけじゃ……」

        /. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . \
.       / . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .ヘ
.         / .::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::: : i
       / .::::: .:/ . /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\ .::::::: i
.     /  :::::/ .:::::/: : .::::..::::::::: : : :::::::::::::::::. :. : : . : ヽ:::::::. i
     ′  ./ .:::::/ .::::::/::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::. : ::::. ハ:::::: i
     ′:. / ::::/ :::::::/:::::::::/ : ::::::::::::::::::::::::::::::::::, :::::::: i::::: |
.    /:::::::: ′.:::/:::::::::/:::::::::/:从:::::::::::::::::::::::::::::::::::::. . ...i:::::.i
   /::::::::::′:::::′  .′:::/:i:::i::i::::::::::::::::::::::::::    ...::::::::|::: :|
.  /::::::::::::i::i::::::i:::::::::.i  从:: i::i  ::::  .::::::::::::::::::::::::::i:::::i::::::i
.  /:::::::/.i::i::::::i::::::::::i:::::::i::::i:::i:::i::::::::i:::::::::::::::::::::::::::i::::::i:::::i::::::i
 /:::/  |::i:::::i:::::::::i:i::::::i:i::i:::i::::i::::::::l:::::::::::::::::::::::::::l:::::i::::::l:::::i
.//    ヾi:::::i:::::::i:i:i:::::i:i:::i::|:::::i::::::::i'::::::i::::::::::::::::::′i:::::/:::::i
.´     少:::::::',:::::l:i::i:::::i:゙、ト:|::::ヘ:::::::i:'::::|:゙::::::::::::/i::/i::/::::::::i\
    /  |::::::::::、:ハ ヾ:i  、.i   ヘ::::i::',::i ゙、:::::/ iノ. i/::::i:::::i  \
  /   |::::::::::ハ ヾ ゞ.    ,丶i ゙:j  ヘ/ / 厶::::ハ:::i    丶
 ∧ヾ   |:::::::/    ヽ.、   ._ ヾ.,    イ   /::/i::::′      ゝ_
../ ∧ヽ.  |::::/.      i > _  ̄ . r  ./.  // i:/         /.:/i_
.i  ∧ヽ  |:/       丶    ̄    /  /  レ         /.:// ヽ
照「死ぬよ?」

京太郎「!」ゾクッ

照「先生が私を愛してくれなきゃ、死ぬから。嘘じゃないよ」

京太郎「て、照!」

照「ふふふっ、あはは……」

京太郎「……」

照「あっはっはっはははははははははははっはあははっはははははははははははははははははははっははははははあははっはははははははははははははははははははっははははははははああはははははあーっははははあははっはははははははははははははははははははっははははははははああはははははあーっははははあははっはははははははははははははははははははっははははははははああはははははあーっははははあははっはははははははははははははははははははっははははははははああはははははあーっははははあははっはははははははははははははははははははっははははははははああはははははあーっははははあははっはははははははははははははははははははっははははははははああはははははあっははははははああはははははあーっははははははあははあははははは」ケラケラケラケラ

和「」

久「」

まこ「」

優希「」

咲「いつも通りだね」

京太郎「(お、俺は……)」

 もしかすると、開けてはいけない箱を開けてしまったのかもれしれない

照「せんせぇ……だぁいすきっ」クスクス

京太郎「……」

 果てに待つのは闇か絶望か
 最後に残されたのは果たして――希望なのか

 今の俺には、まだ分からない



 清澄編+照 しゅーりょー



695 名前: ◆T4KM.qYCbQ[saga] 投稿日:2014/12/14(日) 23:14:36.60 ID:e/jvxgHBo [1/7]


<ぜんかいまでのあらすじ>


咲「カガクノハッテンニギセイハツキモノデース」

京太郎「俺の雀力はあの宮永照すら凌ぐ……」ごごごごっ

和「やっぱり須賀先生は素敵です!」きらきら

久「須賀先生……好き」ぼそっ

まこ「わしゃ……先生のこと、ずっと」ドキドキ

優希「教え子が全国優勝で嬉しいじぇ」

照「あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっははっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっははっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっははっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっははっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっははっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっははっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっははっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっ!」ケラケラケラ

京太郎「て、照……」

照「死ぬよ」

京太郎「えっ」

照「私のことを愛してくれないなら死んでやる」

京太郎「ま、待て! 落ち着いて話し合おう」

照「じゃあ一日百回はメールして。十分おきに電話、一時間に一回キスして」

京太郎「えっ」

照「……」ブツブツブツブツ

京太郎「(俺は一体どうすればいいんだ……)」







和「須賀先生、私がなんとか助けて見せます」ぎゅっ

恵「(最近娘の様子がおかしい……)」

原村母「何かあったのかしら?」

恵「……仕方ない」

原村母「え?」

恵「……」ぴっぽっぱっ


 トゥルルルルル


原村母「アナタ、一体何を?」

恵「家庭訪問だ」

原村母「!!」

恵「……家庭訪問だ」

原村母「(なんで二回言ったのかしら?)」



699 名前: ◆T4KM.qYCbQ[saga] 投稿日:2014/12/14(日) 23:22:23.52 ID:e/jvxgHBo [2/7]


【清澄】


京太郎「はっ? 家庭訪問?」

和「はい」

 一日のHR終わり、和の口から聞いたのはとんでもない言葉だった

京太郎「え? 三者面談じゃなくて?」

和「実は、父が……是非にと」

京太郎「いや、是非にと言われてもな」

 ピピピピピピッ

京太郎「もしもし? ああ、うん。好きだよ」

 ぶつっ

和「……あの人ですか?」

京太郎「そうだ。ちょっとこれが立て込んでてなぁ」

 俺の直接の生徒ではない宮永照
 部活の顧問としては面倒を見てやりたいとは思っているが……

和「そ、そうですよね。私より、そっちの方が……」うつむき

京太郎「あ、いや! 俺はちゃんと和のことも考えたいぞ!」

 親の都合で東京行きか、長野に残るか
 和の抱える問題は、大会の優勝で一応は解決したように見えた

京太郎「でも、ちゃんとお父さんと話し合わないとな」

和「はい。ですから……」

京太郎「分かった。それで、日程は今日でいいのか?」

和「来てもらえるんですか!?」

京太郎「当たり前だ。お前は俺の大事な生徒だからな」

和「はぅっ」きゅーん

京太郎「和?」

和「は、はひっ! 今日でお願いしまひゅっ!」がりっ

京太郎「お、おう?」

和「……」なみだめ

 それにしても原村家か
 一体どうなるんだろう――




 ※ 龍門渕編の前に、急遽番組を変更して原村家家庭訪問編をお送りします




701 名前: ◆T4KM.qYCbQ[saga] 投稿日:2014/12/14(日) 23:29:03.07 ID:e/jvxgHBo [3/7]


【原村邸】

京太郎「というわけで来たものの」

 なんだか門構えからして怖いぞ
 和のお父さんは弁護士らしいし、うーん

京太郎「ええいままよ!」」

 ぴんぽーん

 がちゃっ

和「須賀先生! お待ちしてました!」

京太郎「少し遅くなってすまないな」

和「いえ、無理を言ったのはこちらですから。どうぞ」にっこり

京太郎「失礼します」

 ざっ

恵「……」どーん

京太郎「っ!」びくっ

 こ、この人が和のお父さんか!
 厳格そうな人だなぁ

京太郎「は、初めまして。和さんの担任を務めている、須賀京太郎と申します!」ビシッ

恵「初めまして。和の父の原村恵です」ペコリ

京太郎「はい!」カチコチ

恵「……立ち話もなんですから、どうぞお上がりください」

京太郎「しし、失礼します!」

和「(結婚のお願いに来たみたいで……アリですね)」ドキドキ




恵「粗茶ですが」コトッ

京太郎「ありがとうございます」ずずっ

恵「……」

京太郎「ぷはぁー」ほっ

恵「まず、いくつか確認をさせて頂いても?」

京太郎「は、はいっ!」

恵「須賀先生は初担任で、和のクラスを?」

京太郎「はい。まだ教師歴一年です」

恵「……そして麻雀部の顧問でもある」

和「お父さん」

恵「お前は黙っていなさい」

京太郎「確かに麻雀部の顧問も勤めています」

恵「つまり、清澄の教師の中でアナタが一番和と関わっている」

京太郎「そう、なりますね」ドキドキ



702 名前: ◆T4KM.qYCbQ[saga] 投稿日:2014/12/14(日) 23:35:22.77 ID:e/jvxgHBo [4/7]

恵「単刀直入に申し上げましょう」

京太郎「は、はいっ」

恵「アナタには言いたいことが山のようにある」

京太郎「」びくっ

和「お父さん!」

恵「大体なんだ? 教師でありながら金髪とは!」だんっ

京太郎「そ、それは!」

 って! 
 アンタの娘はピンク髪だろがーい!

京太郎「(とは言える空気じゃないな)」うーん

恵「しかも教師一年目で高校の担任? 舐めているのか!?」

京太郎「な、舐めてなんかいません!」

恵「貴様が担任になってから、和はやけに反抗的になった」

和「!」

京太郎「え?」

恵「麻雀を続けると言ったり、東京に行きたくないと駄々をこねる」

京太郎「……」

恵「貴様、娘に一体何をした!?」

京太郎「えっと――」


00~29 別に何も
30~59 わかりません
60~89 俺に出来ることを
90~99 彼女の支えになりました
ゾロ目 京太郎「ナニを……」 和「せ、先生っ……//」モジモジ

 ↓2 あいってなんなんだー せいぎってなんなんだー 



710 名前: ◆T4KM.qYCbQ[saga] 投稿日:2014/12/14(日) 23:42:32.74 ID:e/jvxgHBo [5/7]


京太郎「別に何も」

恵「何もだと!? 貴様それでも教師か!!」

京太郎「あ、いえ! 放置していたというわけではありません!」あせあせ

和「そうです! 放置プレイは前世です!」

恵「また訳のわからないことを……!」

 いかん、お父さんが怒り始めたぞ
 なんとか機嫌を直させないと

京太郎「(どうしよう……)」

恵「聞いているのか!!」

京太郎「はい!」

恵「それに、聞くところによると……麻雀部の女子生徒につばをつけているとか?」

京太郎「!」

和「お父さん!」

恵「それは本当なのか?」

京太郎「それは――」


00~29 京太郎「ぶっちゃけモテモテです」キリッ
30~59 京太郎「分かりません」
60~89 京太郎「言い寄られることは、あります」
90~99 京太郎「実は生徒が一人……精神病を患っていまして」
ゾロ目 京太郎「……女子高生って、凄いんですよ」とおいめ

 ↓2 しずかにーあーさーやーけーが だいちをーつーつーんーでーく




717 名前: ◆T4KM.qYCbQ[saga] 投稿日:2014/12/14(日) 23:51:28.12 ID:e/jvxgHBo [6/7]

京太郎「分かりません」

恵「分からないだと? 貴様、生徒のことも分からないのか!?」だんっ

京太郎「はい……悔しいですが、自分には分からないことだらけです」

恵「! 呆れた奴だ……そんなことで教師が務まるとでも!?」

京太郎「ですが、俺は分からないなりに! みんなことを分かりたいと努力しています!」

恵「努力?」

京太郎「はい。和さんも含め、生徒一人一人と少しずつ分かりあおうと……」

恵「そんなものは詭弁だ」

和「お父さん、やめてください!」

恵「なぜこんな教師を庇う?」

和「それは――」

京太郎「和!」

和「私……」


00~29 和「……」
30~59 和「私は先生を信じています」
60~89 和「先生のことが……」
90~99 和「須賀先生じゃなきゃダメなんです……」
ゾロ目 和「須賀先生のことが……好きなんです」


 ↓2 のーふぃあー のーぺいーん あいのーまえにたつかぎりー


722 名前: ◆T4KM.qYCbQ[saga] 投稿日:2014/12/14(日) 23:58:30.80 ID:e/jvxgHBo [7/7]


和「先生のことが……」

京太郎「和!」

和「!!」びくっ

恵「! 貴様……」

京太郎「今言おうとしたことは、お父さんだけじゃなく……俺への冒涜でもある」

和「わ、私は……ただ」

京太郎「俺は教師だ。何があっても、それだけは決して変わらないよ」にっ

和「……はい」ぶるぶる

恵「ふん……理性は持ち合わせているようだな」

京太郎「原村さん。俺は確かに若輩者で、未熟すぎる男です」

恵「……」

京太郎「ですが、信念は曲げません。俺は、決して娘さんを不幸に導いたりはしない」

 絶対に

和「……」じわっ

恵「その言葉、信じても?」

京太郎「はい」

恵「……」じっ

京太郎「……」

恵「分かった。その言葉を信じよう」

京太郎「!」

恵「要件はこれで終わりです。わざわざ御足労頂き、ありがとうございました」

京太郎「原村さん!」

和「……うぅ」しくしく

恵「和」

和「……ひっく、えぐっ、は、はいっ」ぐすっ

恵「先生を……駅まで送って差し上げなさい」

京太郎「原村さん」

恵「……」

 ぴしゃっ

京太郎「……」

和「せ、先生」

京太郎「送って、くれるか?」

和「……はい」こくっ



728 名前: ◆T4KM.qYCbQ[saga] 投稿日:2014/12/15(月) 00:05:09.78 ID:NUq8g+heo [1/21]

 てくてく

和「……」

京太郎「なぁ、和」

和「……はい」

京太郎「悪いな、こんな先生で」

和「いえ、私は須賀先生が担任で……嬉しいです」

京太郎「そっか。俺も、お前が生徒でよかった」

和「……(本当はウソ)」

 先生のことが好き 
 誰よりも、何よりも先生と共に居たい

 だから、教師と生徒としてじゃなく

 一人の男と女として――

和「……」

京太郎「和、この帰り道だけ……俺、教師をサボってみる」

和「え?」

京太郎「聞いて欲しいことがあるんだ」

和「な、なにを、ですか?」

京太郎「俺、ほんの少し前まで……和の担任じゃなかったんだ」

和「……?」

京太郎「同学年で、同じ麻雀部の生徒で……いつも憧れていた」

和「せ、先生が同学年?」

京太郎「好きで好きで、いつか思いを告げられたらって」

和「っ!!」かぁぁぁぁっ

京太郎「……好きだったよ、和」

和「わ、わたっ」

京太郎「これからは――別の形で、お前を守ってやる」

和「……」




729 名前: ◆T4KM.qYCbQ[saga] 投稿日:2014/12/15(月) 00:13:14.28 ID:NUq8g+heo [2/21]

京太郎「サボりは終わり! 駅に着いたからな」

和「先生……」

京太郎「じゃあな和、また学校で」

和「あ、あの!! 先生!!」

京太郎「?」

和「わ、私も……この一瞬だけ、生徒をやめてもいいですか?」ドキドキ

京太郎「和……?」

和「私は、須賀さんのことが好きです」

京太郎「……」

和「大好きなんです」

 風に髪をなびかせて、頬を赤らめる和の姿は――
 俺が今までに見たことが無いくらい、可愛くて……美しいものだった」

京太郎「……」

和「……」もじもじ

京太郎「ありがとう。嬉しいよ」

和「す、須賀先生!」

京太郎「じゃあな」

 俺は振り向かなかった
 振り向いたら、決意が揺らいでしまう気がしたから

 だから――俺は

京太郎「(さようなら、和)」


 多分、初恋だった――


和「……」ガクッ



730 名前: ◆T4KM.qYCbQ[saga] 投稿日:2014/12/15(月) 00:21:47.91 ID:NUq8g+heo [3/21]

【数週間後】

 あれからもう数週間が経った
 教師としての仕事にも慣れて、もう今じゃ身も心も完全に教師

 高校生だった頃の俺は……どこにもいないのかもしれない

 そんな折、職員室の俺に会いに来た久の一言が
 俺を新たな運命の渦に巻き込むことになる

京太郎「え……? 龍門渕から?」

久「はい。合同練習のお誘いが来てるんです」

京太郎「そっか。久は進路が決まってるけど、部活もそろそろ潮時だしな」

久「これを最後に引退しようかと」

京太郎「いいんじゃないか? それで、日程は?」

久「それが……その打ち合わせが今日で」

京太郎「あれ? でも今日は確か」

久「そうなんです。議会の引き継ぎがあって」

京太郎「ははーん。それで俺に代わりに、てことか?」

久「察しがいい先生って大好き!」

京太郎「調子のいい奴め。分かった、俺が行くよ」

 ハギヨシ君ともたまには会いたいし
 未だに元気にやってるかな……

京太郎「部活の方はまこに任せる。あとで伝えておいてくれないか?」

久「はーい! 了解です」にっ

京太郎「さて、龍門渕か……」



731 名前: ◆T4KM.qYCbQ[saga] 投稿日:2014/12/15(月) 00:26:42.71 ID:NUq8g+heo [4/21]

【龍門渕】

 相変わらずデカイ場所だな
 お金持ちの家ってのは……どうも敷居が高い

京太郎「確かこの辺で……」

ハギヨシ「京太郎さん!」

京太郎「あっ、ハギヨシ君」

ハギヨシ「ご無沙汰しています」ペコリ

京太郎「元気そうだね」

ハギヨシ「おかげさまで」くすくす

京太郎「龍門渕さんは、中で待っているのかな?」

ハギヨシ「ええ。どうぞ、こちらです」

京太郎「しかし、迷子になりそなくらいに広いなぁ」

ハギヨシ「慣れればそうでもありませんよ」

京太郎「あはは、それはそうだ」

 ザッ

?「……」

京太郎「ん? 君は……」

 ↓2 れでぃとぅごー かうんとぜろー


737 名前: ◆T4KM.qYCbQ[saga] 投稿日:2014/12/15(月) 00:33:47.24 ID:NUq8g+heo [5/21]



純「あ、清澄の顧問の先生じゃん」

京太郎「井上さん。お久しぶり」

純「大会以来でしたっけ?」

京太郎「ああ。どうだい調子は?」

純「ぼちぼちってとこですかねー」

京太郎「君はいい打ち筋をする。伸びるよ、これからも」

純「あはは、須賀先生に言われると嬉しいかなー」

ハギヨシ「ここで何を?」

純「透華に頼まれて色々と……」

 どくんっ

京太郎「……ん?」

 なんだ? ポケットに……

京太郎「!? な、なんでこれが!?」

純「? どうしたん……って、ヘンテコな機械」

ハギヨシ「それがどうかしたんですか?」

京太郎「あ、いや!」

 馬鹿な! この機械は捨てたハズ!
 なんでここに!?

京太郎「ぐっ……」プルプル

 体が勝手に……動き出す!?

京太郎「やめ……」

純「だ、大丈夫ですか?」

京太郎「にげ、逃げろぉ……ポチッとなぁあぁぁぁ!!」



01他人 02苦手 03顔見知り 04友達 05親友
06幼馴染 07婚約者 08恋人 09セフレ 10元恋人
11親の仇 12先輩 13後輩 14同級生 15麻雀の師匠
16浮気相手 17探偵 18犯人 19記者 20従兄妹
21姉or妹 22ストーカー 23娘 24母親 25ペット
26ライバル 27空気 28ご主人様 29耳かき 30漫画家
31生霊 32女騎士 33殺人鬼 34恋敵 35オナペット
36お嬢様 37お姫様 38同僚 39メイド 40アラフォー
41侵略者 42ペロリスト 43追跡者 44捕食者 45芸人
46巫女 47ナース 48寄生虫 49不良 50トラウマ
51抱き枕 52椅子 53ボディガード 54強姦魔 55変態
56中二病 57お色気要員 58上司 59部下 60原付
61防寒具 62妖怪 63人質 64電波 65忍者
66メンヘラ 67ロッカー 68腐女子 69レズ 70博士
71馬 72壁 73携帯 74風呂用スポンジ 75孫の手
76露出狂 77淫魔 78ぷんすこ 79ツンデレ 80クーデレ
81初恋の人 82命の恩人 83ジュリエット 84傭兵 85歌手仲間
86ヤンデレ 87信者 88女王様 89カモ 90天使
91先生 92生徒 93ヒーロー 94アイドル 95神様
96ファン 97片想われ 98アベック 99牝奴隷 00妻

 ↓2 あさやけにつつまーれてー はしーりだーしたー 


748 名前: ◆T4KM.qYCbQ[saga] 投稿日:2014/12/15(月) 00:39:35.22 ID:NUq8g+heo [6/21]

 43 追跡者 

 ぼふんっ

純「……」

京太郎「はぁはぁ……」

ハギヨシ「大丈夫ですか?」

京太郎「は、はいっ……」ゼーゼー

純「……」

京太郎「井上さんは大丈夫ですか?」

純「スタァズ……」

京太郎「ん?」

純「……ん? 別に」

京太郎「そ、そうですか?」

純「うん」

京太郎「じゃ、じゃあ行きましょう」

ハギヨシ「はい。それでは……」

 てくてく

純「……」テクテク

京太郎「?」

ハギヨシ「どうして着いてくるんですか?」

純「別に……方向が一緒なだけですから」

京太郎「……?」


純「(……京太郎)」ググッ


京太郎「!」ゾワッ

 なんだこの視線!?
 まさか、井上さんから……

?「あっ」

ハギヨシ「おや」

京太郎「!?」

 こ、この人は?!

?「……」


 ↓2 ひろがるーうちゅうのなーかー きゃーんゆふぃーる



753 名前: ◆T4KM.qYCbQ[saga] 投稿日:2014/12/15(月) 00:45:40.95 ID:NUq8g+heo [7/21]


一「あっ、須賀先生だ」ピタッ

京太郎「国広さん!」

一「前回はお世話になりました」ペコリ

 ちらっ

京太郎「く、国広さん! 相変わらず服装が……」

一「?」

 色々と丸見えすぎる!
 龍門渕の先生はどういう指導をしてるんだ!!

 けしからーん!!

純「……」じぃー

ハギヨシ「お気持ちはお察ししますよ」

京太郎「目のやり場に困るんだよなぁ」

一「? 須賀先生って相変わらずヘンなのー」

 うーむ、教師として指導はすべきなんだが……
 他校の生徒だし、どう言っていいものか

京太郎「!?」ゾクッ

 なんだ、またこの感覚……

京太郎「ぐぁっ!?」ぞくぞく

 ダメだ、逆らえない!

一「須賀先生?」

京太郎「がぁぁぁ!! ポチッとなぁぁぁ!!」

 俺の体に、一体何が起きてるんだ!?

01他人 02苦手 03顔見知り 04友達 05親友
06幼馴染 07婚約者 08恋人 09セフレ 10元恋人
11親の仇 12先輩 13後輩 14同級生 15麻雀の師匠
16浮気相手 17探偵 18犯人 19記者 20従兄妹
21姉or妹 22ストーカー 23娘 24母親 25ペット
26ライバル 27空気 28ご主人様 29耳かき 30漫画家
31生霊 32女騎士 33殺人鬼 34恋敵 35オナペット
36お嬢様 37お姫様 38同僚 39メイド 40アラフォー
41侵略者 42ペロリスト 43追跡者 44捕食者 45芸人
46巫女 47ナース 48寄生虫 49不良 50トラウマ
51抱き枕 52椅子 53ボディガード 54強姦魔 55変態
56中二病 57お色気要員 58上司 59部下 60原付
61防寒具 62妖怪 63人質 64電波 65忍者
66メンヘラ 67ロッカー 68腐女子 69レズ 70博士
71馬 72壁 73携帯 74風呂用スポンジ 75孫の手
76露出狂 77淫魔 78ぷんすこ 79ツンデレ 80クーデレ
81初恋の人 82命の恩人 83ジュリエット 84傭兵 85歌手仲間
86ヤンデレ 87信者 88女王様 89カモ 90天使
91先生 92生徒 93ヒーロー 94アイドル 95神様
96ファン 97片想われ 98アベック 99牝奴隷 00妻

 ↓2 ちいさーなほーしーの はなーしをーしよう


759 名前: ◆T4KM.qYCbQ[saga] 投稿日:2014/12/15(月) 00:53:08.23 ID:NUq8g+heo [8/21]

 38 同僚

 ぼふんっ

一「須賀先生?」ばいーん

             ,>,-- 、__:::::::::::::..、_::::}
        __,.::´::::〈      ̄\__::::>、___
          ̄>:´:::/::、      -=マ__〉´_     \
            /:::::,:::,:'::::::::∨   _,.イ⌒\ `     /
        /:::::/::/:::::::':::::`7::::/::::/::::::::!::ハ:\    「
        /::,.イ::/:::::::::|::::::/:::/::::/::::::::: ||::::|:|:::\  }ハ
       ,:::/ ::::::::::::: |:-/:|-{--|、::::::::::|}::/ l:::::|::::YⅥ
       |/  |:::|::::: |::|:/ハ{ 从:{ {:::::::::|--/、::|:::::|::::::ヽ
       {  ,::::|::::: |::|ィ笊斧、  ∨::/}'_/:イヽ :::::|::::::|:|
          /::イ:::::::|::|:| Vzり   }/笊斧、}:/|:::::|::::/ }
           /  |:::::: |::|:|      / Vzソ /'/,':::/|:∧
           |:::::: |::|:|       '   ☆ イ/:イ:/':::::|
           |:::::: |::|:ト、   -_,    人∧:::::::::::: |
              八::::::::lリ∧::..、_......-=≦:.:.:.:.}ヽ::::::::∧
               \::|/:.:.}   /:.:/  `ヽ:.:、 }::::/ }
            _∧〉:./' _/イ/      ∨〉|:/  '
           /:.:|/ ´、 ´ /:∨:       }' /'
          ,. 〉Ⅳ__,. イ7{: : Ⅵ       ,
          { /:「:__: : : : : :<(_): :|       l
          |'(_)/:/{ ̄ ̄「ー': :l     |
          |: /: イ 人   〈^ヽ: :     |l
          |〈_」    `  〉/>l     |:ヽ        ,  ´ ̄
         「 {        ⌒}/ハ    {-く_       /
          ∧_/     :      \,}     |〉 /〉、  /
          { l∧    l:        (|    |イ/ 〉 /
          乂} ∧     .      |  :  ,∨_イ
京太郎「ぶっ!?」

 な、なななな!?
 国広さんが急激に成長した!?

 し、しかも服装のせいで――

一「??」

京太郎「は、ハレンチ過ぎますよ国広先生!!」

一「あれ? そうですか?」ぴらっ

純「国広先生のコレは治らないと思いますよー」

ハギヨシ「……//」コホン

京太郎「(ハギヨシ君、初心だな)」

ハギヨシ「は、早く行きましょう」

京太郎「そうだな。国広先生、生徒の模範になるようにしないとダメですよ!」

一「き、気をつけます……??」

 生徒の親御さんに見られたらなんて言われることか
 同じ教師として、見逃せないぞ

一「???」

京太郎「……」てくてく

?「……!」

京太郎「ん? 今度は……」


 ↓2 てるみざとぅるーす しーんじてたーみーらいがー



765 名前: ◆T4KM.qYCbQ[saga] 投稿日:2014/12/15(月) 01:02:17.51 ID:NUq8g+heo [9/21]

衣「むっ! 清澄の雀士……!」

京太郎「あっ……天江さん」

衣「勝負しろきょうたろー!! 前回のようにはいかんぞ!」

京太郎「い、いや! あれは指導で打っただけで」

 俺と咲と照の三人、それと天江さん
 勝負はギリギリで俺の逃げ切りだったが……

京太郎「あれは照と咲のサポートがあったからで」

衣「御託はいい。衣の支配を避け、点棒を守りきっただけで死合うに充分!」

ハギヨシ「衣様、あまり京太郎さんを困らせては」

一「そうだよ衣」

純「……」

衣「戦わせてくれ! 今度こそ衣が勝ってみせる!」

京太郎「それなら今度の合宿で……」ドクンッ

 ぐっ!? まただ!?

京太郎「また、このスイッチが勝手に!」

衣「! なんだ、この禍々しい気配は――」

 やはりこの機械はまずい!
 なんとか、止めないと!

京太郎「ダメだぁぁぁ!! ポチッとなぁぁぁ!!」

 くそ!! 俺は抗えない!
 なんなんだこれは!!


01他人 02苦手 03顔見知り 04友達 05親友
06幼馴染 07婚約者 08恋人 09セフレ 10元恋人
11親の仇 12先輩 13後輩 14同級生 15麻雀の師匠
16浮気相手 17探偵 18犯人 19記者 20従兄妹
21姉or妹 22ストーカー 23娘 24母親 25ペット
26ライバル 27空気 28ご主人様 29耳かき 30漫画家
31生霊 32女騎士 33殺人鬼 34恋敵 35オナペット
36お嬢様 37お姫様 38同僚 39メイド 40アラフォー
41侵略者 42ペロリスト 43追跡者 44捕食者 45芸人
46巫女 47ナース 48寄生虫 49不良 50トラウマ
51抱き枕 52椅子 53ボディガード 54強姦魔 55変態
56中二病 57お色気要員 58上司 59部下 60原付
61防寒具 62妖怪 63人質 64電波 65忍者
66メンヘラ 67ロッカー 68腐女子 69レズ 70博士
71馬 72壁 73携帯 74風呂用スポンジ 75孫の手
76露出狂 77淫魔 78ぷんすこ 79ツンデレ 80クーデレ
81初恋の人 82命の恩人 83ジュリエット 84傭兵 85歌手仲間
86ヤンデレ 87信者 88女王様 89カモ 90天使
91先生 92生徒 93ヒーロー 94アイドル 95神様
96ファン 97片想われ 98アベック 99牝奴隷 00妻

 ↓2 くーずれさろうーとーしーてるー


783 名前: ◆T4KM.qYCbQ[saga] 投稿日:2014/12/15(月) 01:11:37.01 ID:NUq8g+heo [10/21]


 12 先輩 

 ぼふんっ!

衣「さぁ、戦え京太郎!!」

京太郎「!! こ、衣先輩?」びくびく

衣「衣が勝ったら今夜はお前の奢りだ! いいな?」グリグリ

京太郎「だ、だから今日は仕事で……そもそも先輩は飲み屋に入れないですし」

衣「子供扱いするな! もう酒も飲める!」

一「衣さんに逆らわない方がいいよー須賀先生」

京太郎「国広先生まで!」

ハギヨシ「衣様、今日は須賀さんは仕事で来ていらっしゃいますので」

衣「むっ、そうなのか?」

京太郎「はい。だから、出来れば……」

衣「仕方ない。大学の後輩のよしみだ……見逃してやろう」

 見逃すも何も、衣先輩は相変わらず横暴だなぁ
 そもそもアラサーの癖に見た目が若すぎるんだよ

衣「何かよからぬことを考えたか?」

京太郎「い、いえ!!」

衣「そうか? まぁいい……」

京太郎「(ってあれ? なんで俺、衣先輩のこと……だって、元は天江さんって)」

 くそっ! だんだんとこのスイッチの効果に順応している
 いかん……このままじゃ俺は!!

純「……」じぃー

京太郎「はぁっはぁっ」

?「……」

京太郎「だ、ダメだ……来ちゃ、ダメだ」ググ

 このままじゃまた――


 ↓2 かーなーしみーをー くーりーかえーしー





792 名前: ◆T4KM.qYCbQ[saga] 投稿日:2014/12/15(月) 01:21:54.15 ID:NUq8g+heo [11/21]


智紀「どうかしたんですか?」

京太郎「さ、沢村さん……」

ハギヨシ「少し具合が悪いようなんです」

智紀「それは心配」

京太郎「(ダメだ、今の俺に近づいたら――)」

 何が起こるか、保証できない

京太郎「ぐっ……また」

 抗えない 
 体が勝手にスイッチを使おうとしてしまう

京太郎「うわぁぁぁ……」

衣「京太郎!?」

京太郎「ポチッとなぁぁあっ!!」

智紀「ひぃっ!」

京太郎「バカ! 避けろ!!」

一「(無能主人公みたい)」


01他人 02苦手 03顔見知り 04友達 05親友
06幼馴染 07婚約者 08恋人 09セフレ 10元恋人
11親の仇 12先輩 13後輩 14同級生 15麻雀の師匠
16浮気相手 17探偵 18犯人 19記者 20従兄妹
21姉or妹 22ストーカー 23娘 24母親 25ペット
26ライバル 27空気 28ご主人様 29耳かき 30漫画家
31生霊 32女騎士 33殺人鬼 34恋敵 35オナペット
36お嬢様 37お姫様 38同僚 39メイド 40アラフォー
41侵略者 42ペロリスト 43追跡者 44捕食者 45芸人
46巫女 47ナース 48寄生虫 49不良 50トラウマ
51抱き枕 52椅子 53ボディガード 54強姦魔 55変態
56中二病 57お色気要員 58上司 59部下 60原付
61防寒具 62妖怪 63人質 64電波 65忍者
66メンヘラ 67ロッカー 68腐女子 69レズ 70博士
71馬 72壁 73携帯 74風呂用スポンジ 75孫の手
76露出狂 77淫魔 78ぷんすこ 79ツンデレ 80クーデレ
81初恋の人 82命の恩人 83ジュリエット 84傭兵 85歌手仲間
86ヤンデレ 87信者 88女王様 89カモ 90天使
91先生 92生徒 93ヒーロー 94アイドル 95神様
96ファン 97片想われ 98アベック 99牝奴隷 00妻

 ↓2 たーったー ひとりーきりー きーみーのそんざいーがー



818 名前: ◆T4KM.qYCbQ[saga] 投稿日:2014/12/15(月) 01:30:10.63 ID:NUq8g+heo [12/21]

 00 妻

 ぼふんっ

智紀「アナタ、大丈夫?」

京太郎「智紀……」

智紀「無理しないで。最近、忙しすぎてろくに休んでない……」

京太郎「……」

ハギヨシ「……京太郎さん」

京太郎「ハギヨシ君?」

ハギヨシ「折角ですから、夫婦水入らずでお過ごしになられては?」

京太郎「え? でも――」

衣「それがいい。智紀、たまには暇を貰え」

智紀「いいの?」

一「新婚の癖に別居なんてしてるからねー。少しは二人で過ごしなって」

京太郎「国広先生……」

ハギヨシ「お嬢様には私から伝えておきます。ですので」

京太郎「……はい」

智紀「京太郎」ギュッ

京太郎「ああ、行こうか。智紀――」

智紀「はいっ」














純「……」


824 名前: ◆T4KM.qYCbQ[saga] 投稿日:2014/12/15(月) 01:40:24.02 ID:NUq8g+heo [13/21]


【げすとるーむ】


京太郎「……智紀、ごめんな」

智紀「え? 何が?」

京太郎「結婚してもう一年以上になるのに……まだ別々に暮らしてる」

智紀「仕方ないよ。まだ新任一年目だし……将来の為にお金を貯めないと」

京太郎「でも、そのせいで智紀に辛い想いを」

智紀「ふふっ。アナタって何も分かってない」ぴとっ

京太郎「とも、き?」

智紀「私は世界一の幸せ者。だって――京太郎の妻だから」

京太郎「俺なんかで、本当いいのか?」

智紀「……ばか」ぽかっ

京太郎「いてっ」

智紀「そういうとこ……変わらないんだから」ぎゅー

京太郎「ごめん」ナデナデ

智紀「んっ……ふふっ」

京太郎「俺さ、正直迷ってたんだ」

智紀「……?」

京太郎「教師に向いてるのか、続けていいのかなって」

智紀「京太郎?」

京太郎「生徒の気持ちに応えられなくて、傷つけてばかりだ」

 久も、まこも
 和も――

 そして照も

京太郎「俺があの場所を去れば、みんな前を向ける。俺がいるから、みんなが」

智紀「京太郎」

京太郎「え?」

智紀「逃げないで」じっ

京太郎「智紀……?」

智紀「夢、だったんでしょ? 生徒を、人をまっすぐ導いていく……仕事」

京太郎「あ、ああ。でも……」

智紀「でもじゃない」

京太郎「!」

智紀「それが夢なら、目指したなら――逃げちゃダメ」ぎゅー

京太郎「逃げちゃだめ、か」

智紀「私は京太郎を信じてる。自分自身も」

京太郎「自分自身も?」

智紀「うん。私が選んだ相手は誰よりも強く、優しい人だって」

京太郎「……」ぎゅっ



827 名前: ◆T4KM.qYCbQ[saga] 投稿日:2014/12/15(月) 01:53:10.97 ID:NUq8g+heo [14/21]

 智紀は優しい
 可愛いし、スタイルもいい

 俺なんかには勿体無いほどにいい女で……

京太郎「ありがとう智紀。俺、お前と結婚してよかった」

智紀「今更?」

京太郎「遅いか?」

智紀「遅すぎ」ちゅっ

京太郎「んっ……あはは」ナデナデ

智紀「むー、どうして笑うの?」

京太郎「いや、色々と悩んでたことが……いっぺんにどうでもよくなってさ」

 生徒のこととか、スイッチのこと
 悩むことは数多くあるが――智紀の前じゃ全てどうでもよく思える

京太郎「俺はさ、色んなことの為に頑張って……身を焦がすのが偉いって思ってた」

智紀「……」

京太郎「でもさ、違うんだ。俺、頑張ることに夢中で大事なことを忘れてたんだ」

智紀「え?」

京太郎「……智紀」ぎゅっ

智紀「は、はいっ」ドキドキ

京太郎「一緒に住もう。出来るだけ、お前と一緒にいたいんだ」

智紀「っ!」ドクン

京太郎「嫌か?」

智紀「い、いやじゃないけど! でも……」モジモジ

京太郎「色々と大変なことがあると思う。でもさ、やっぱり夫婦は一緒にいるべきだ」

智紀「京太郎……」

京太郎「全部ケリを着ける。生徒のことも、俺自身の気持ちも」

 だから――

京太郎「俺のそばにいてくれ」

        /
     / /        .....................
    / /       ‐::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  /  /     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 /  /     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
../  /     i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
  '     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
       i:l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
      : l::|:::::::::::::::::::::::::::::::::||::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
      l::||::::::::::::::::::::::::::::::::l l:::::::::::::ll:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:i
      l:| |::::::::::::::::::::::::::::::::l.l::::::::::::l l:::::::::::::::::::l:l::::::::::::::::|:i
_ _   l:| |::::::::l l:l |:::::::::::::l:.l::::::::| |::::::::::::::l ll |:::::::::::::::::|:i
    |    | |::::::::|     ̄ ̄        ̄ ̄   |::::::::::::::::|::i
ー-┘   .|::::::::::|/ ̄ ̄ ̄ ヽ  / ̄ ̄ ̄ ヽ |::::::::::::::::|::i
  _     |:::::::::|       レ⌒|        |:::::::::::::::|::::i
 |  |     |::::::::::|ヽ __ /    ヽ__ / |:::::::::::::::|::::::!
    |    |::::::::::|                  |::::::::::::::|::::::::!
        |l:::::::::::| ///            ////::::::::::::::|:::::::::!
  . l l /   ||.|::::::::::|\               /:|:::::::::::::::|:::::::::!
     '   . || |::::::::::|::::::` ‐   ー一   ‐ ´:::::::|:::::::::::::::|::::::::::!
        ||. |:::::::::|/\     ̄    /\::|:::::::::::::::|::::::::::::!
       || |::::::::|    \      /    |::::::::::::::::|:::::::::::::!
        ||/|::::::::|     \  /      |::::::::::::::::|、::::::::::::!
智紀「……はい」ぎゅー