183 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2014/01/15(水) 21:20:53.83 ID:ssBmfdOBo [12/30]



 ※ 翻訳版  口調とかこまけーこたぁ



咲「そう言えば京ちゃんはまだかな?」

煌「収録時間は過ぎてますから、そろそろ戻ってくるかと」


 ガチャッ


京太郎「ただいまー」

照「京ちゃん!」タタタッ

美穂子「お帰りなさい若!」タタタッ

京太郎「おわっ!? 照さんに……咲もいるのか!?」


 トトトトトトッ


カピー「ご主人様ー!!」

京太郎「ん、お前もいるのか!?」ダキッ

カピー「ご主人様大好きぃー」スリスリ

京太郎「よせ、くすぐったいだろ?」アハハ

カピー「ちゅーっ」クンクン


 ピキ-ン


カピー「うそっ!?」ビクッ

京太郎「ん? どうかしたか?」

 トテトテ

和「お、お邪魔します」オズオズ

美穂子「あら」

煌「すばらっ!」

咲「和ちゃん、その胸に抱いてるのって――」


ホロ「ホロ!!」


和「子犬のホロです」

京太郎「可愛いだろ?」

ホロ「ご主人様♪」スリスリ





 #∧_∧ ビキッ
 /●  ●\
 |  A   |
 _____ 


カピー「」ゴゴゴゴゴッ



184 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2014/01/15(水) 21:24:49.66 ID:ssBmfdOBo [13/30]

 ※翻訳版


照「なんか前世で会ったことあるような……」ウーン

京太郎「だよなぁ、俺もそんな気がするんですよ」

和「私は前世のような気がします」

ホロ「どうかしたの?」パタパタ


煌「これはどうしたのかな?」

美穂子「拾ってきたんですか?」

京太郎「実はかくかくしかじかで」

咲「ふーん(京ちゃんかっこいいよぉ……//)」モジモジ

照「でもそういうのはあまりよくない」

カピー「その通り!!」クワッ

京太郎「新しい飼い主を見つけるまでだって」

美穂子「見つかるでしょうか?」

和「難しいですね」

京太郎「まぁ、見つけられなかったら俺が飼うさ」

カピー「?!」

ホロ「その方がいい!」ペロペロ

京太郎「あはは、やめろって!」



カピー「……」トコトコトコ

ホロ「貴女は?」

カピー「……あなたこそなんなの?」

ホロ「ホロ! 和と京太郎のペット!」

カピー「だまらっしゃい!!」ベシッ!

ホロ「いたっ!?」ゴロゴロ


京太郎「こ、こら! 何やってんだ!」

和「ホロ! 大丈夫!?」

カピー「お前なんかっ! 嫌いだっ! ノドカ!!」トコトコトコ!

 ベシベシベシッ

和「いたっ!?」

カピー「ご主人様を返せぇぇぇ!!」タックルッ!

ホロ「いたいよぉっ!」ドシャッ


京太郎「おい、カピー! いい加減にしろ!」

カピー「うぇっ!?」ビクッ

京太郎「そんな奴だとは思わなかったぞ……」プイッ

カピー「ち、違うよ? 違うの!」ブンブンッ



186 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2014/01/15(水) 21:26:57.21 ID:ssBmfdOBo [14/30]


※ 翻訳版


咲「京ちゃん、カピーも寂しがってるんだよ」

カピー「……うぅ」ショボーン

京太郎「……」

和「大丈夫?」

ホロ「大丈夫だよ!」

和「そう、よかった……」ホッ

カピー「……よくないよ」

京太郎「そうだとしても、暴力振るうなんて最低だぞ」ジッ

カピー「……」コクッ

京太郎「ちゃんと和とホロに謝ろうな?」

カピー「……うんっ!」トコトコ

ホロ「ひっ!」ビクッ

カピー「……ご、ごめんなさいっ!」ペコリ

ホロ「いいよ♪」

京太郎「次は和に謝るんだ」

カピー「……の、のど、のど、のどか……」ギギギギッ

煌「気のせいでしょうか、凄く嫌そう」

美穂子「何か琴線に触れることでもあるんでしょうか?」

和「いいんですよ、気にしてませんから」ニコッ

カピー「……」グヌヌ

京太郎「カピー?」ジロリ

カピー「チッ、反省してまーす!」ペコリ

和「ふふ、これからは仲良くしましょうね」ギュゥゥ

カピー「むぐぐぐっ!?」バタバタバタ

美穂子「これで一件落着ですね」

煌「めでたしめでたしかな?」


カピー「……」メラメラメラ


咲「カピーが凄い顔してる気がするけど……」


京太郎「とにかく、ホロの飼い主探しもしないと」

和「一応私も知り合いを当たってみます」

美穂子「そうですね。きっと誰か力になってくれるはずです」

煌「事務所のみんなもね」


 ワイワイ キャッキャ


カピー「……」ゴゴゴゴゴッ

ホロ「どうかしたの?」


193 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2014/01/15(水) 21:37:17.53 ID:ssBmfdOBo [15/30]

 そうこうして、咲と和がいるということもありちょっとしたパーティが催された
 みんなで鍋を囲み、近況を話し合う

 途中で和が歌う、ナンジャEDけせらんぱせらんライブ
 俺が即興で指揮をやるなんてイベントもあり……気がつけば真夜中になっていた

照「Zzzzz」スピー

咲「うーん、京ちゃぁん」ムニャ

和「……」スーッスーッ

煌「ふふっ、よく寝てますね」クスクス

美穂子「後片付けは私達がしましょうか」

京太郎「俺も手伝いますよ」

煌「よく休んだ方がいいんじゃないかな?」

美穂子「そうですね。若はゆっくりしていてください」

京太郎「いや、でも!」

煌「ふふ、気持ちだけ受け取っておきます」ニコッ

 カチャカチャ ジャーッ

京太郎「ありがとうございます」ペコリ

カピー「きゅー」トコトコ

ホロ「わぅー」トコトコ

京太郎「ん? どうした?」

カピー「きゅ!」

京太郎「そっか。んじゃ、今日は一緒に寝るか」ダキッ

カピー「きゅぅ♪」ペロペロ  ホロ「わぅっ♪」ペロペロ

京太郎「こら、くすぐったいぞ」アハハ


煌「……」パシャッ

美穂子「何を……?」

煌「いえ、ペットに舐められる京太郎君を見てると……ふふっ、下品ですがその……濡れちゃいましてね」

美穂子「」ドンビキ

煌「じょ、冗談ですよっ」カァァァ

美穂子「そ、そうよね! あははっ」カァァ

煌「……」プイッ

               . . . -‐===‐-ミ
            .≠´..::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
           / ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、:::::::::\ _
            .:::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::〔::::::::::::`ヽ、
       / .:::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::マ^ヽ::::::::\
       ,′::::::::::::::::::::ト、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::;  ∨::::::::::.
.      i .:::::::::::::::::::::::| \:ー+:::::::::::i::|:::::::::}::::::::::}   リ::::::::::}
       ,| :::::::::::i:i::::::イ|   \ド|\N弋:/V:::::::::::j,.≠:::::::::::::j
.    /:::, :::::::::从:::::刈     ,示::云か∨:斗匕:::::::::::::::::::::,′
    /::::::::A:::::xヘ厶孑介    乂:ツ  >::::::::::::::::::::::::::::::/
    .゙:::::::::{ }:/\从乂ヅ        :;:;<:::::::::::::::::::::::::::::::/
.   {:::弋込.斗ャ:厶ヘ :;:; 丶       冰:;;:::::::///
    V::::::::::::::::::::::::::;ハ       _,ノヽ   /::/  ̄  ´     
    \:::::::::::::::::/  ゝJ   `ー一′/∨\   ___
.       `'ー-=≦=-‐   ≧=-u-rく /   }"´   \
                    __,,.|ヽ}_rf´     /        ,
                 / ̄  / / ,ハ   / / 
     
美穂子「え?」


197 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2014/01/15(水) 21:46:58.77 ID:ssBmfdOBo [16/30]



【翌日 アクセル1前】


 ガヤガヤ ザワザワ


?「ここに、おねーちゃんと京太郎君が……」

社長「ん? うちの事務所に何か用かい?」

?「……私は」

社長「おや、君は――確か」



                                        __
                                      ´:::::::::::::::::::::`  、
                                  /:::::::::::/::::::::::::::::::::::::::\
                                     /::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::、:::ヽヘ
                                 /::::::::::::::/::::::/:::::::::::::::::::::::|::::::ヘ:ヽ
                 ィ        ,.   -――-j::::/::::::/l::::::/:::::::::: /::|::::::::l::::_:λヽ:.
                {:(       /" ̄ ̄ ̄ ̄/::/::::::/::|:::::!__/;イ::/l:::斗!|:{ |:| l:「!i:}
                   \.、      /´      /::/:::::/彡|::´|::///ノ/:::ムリ.lλ|| |j |リ
                       ` `ー――- __ , イ/::/::::/:,. 、::l:::::l伝丁` ム '乏灯ハn /.ハ
                       `二ニ=‐-::::::::::::::::::::/:/:: {⌒゚l :::代ツ     ゞ' ハ::〈イ ヾ {
               , -‐:::二_____:::::::::__//::::::::人___l:::::|""    ` ".::l::::::ヽ_  У`ー-
. __       \、  // ̄  , ィ´:::::::::::::::::::::::::ア::://__  イ l:::::|  ( ̄ア  イ:::|:::::::|入 ̄       `ヽ
_ヽ\マ、      `ー//===テ´:::::::::::::::::::::,、::::>-‐´ ̄ ̄    八 l:::::ト` x _´ .イ .l::::|:::::ⅰ `ト         \
.\`   `>==イ`ー┴' ̄`´ ̄`ー….  ̄ - _  \     |     ヽlλ|/Yヽ_レ、 人/イ::ハ  `  、         }
.r- `  /ミ             ` ー _      - _ \  .|     ヾ「 ̄`r{:.:.:.:.{ { 彡イ::::::ヽ_  ヘ      __ノ
. `  ̄└- _                   ―       ` /        入:.:.:水\__ト |  ̄ ヽ:::::ヾ、  ̄ ̄ ̄ ̄¨¨ ̄
          アァ―ァ‐‐ァ‐-‐ァ…'ー―‐--   ____/        ー、:.`:./ λ:.:/ :.    }::::::|ヽ.
          //  {::::/_ イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::/ `ヽ、.      ヽ∧/  ´  |     l:j::::| リ
       `ー=ニ二二__::::::::::::イ:::::::::::::::/_r‐く    `       o      丿  ノイ:::ノ
        `ー―一'::::::::::::::/| ̄`>‐  ̄      ヽ、    ィ __    ´   ー‐ '
           ` ー―一「 ̄ ̄:.:/   くヽ         ー一o  /
                マ:.:.:.:.:./    \\       o   r´
                      }:.:.:.:ハ      ー`   -―一 ´ r'ーf
                rー ´:.:.:.ヽ      \    o __ィ  /__:.:|
                 ヽ:.:.:.:.:.:.:/\__      ` 大o  /:.:.:.:`ヽ
                     \:.:/:./:.:.:.:.:.:`ヽ   /{:.:|ヽ/:.:.ヽ:.:.:./
                      `У:.:.:.:.:.:.:.:ハ`´:.:.:.:ヾ、:.:.:.:.:.:.:.:〉´|
                    ィ'`ー、:.:.:.:.:{:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:\_/ λ
                   {三三三天 ̄ ̄|:.:.:.:.:.:._イト----一 /|
                     ` ̄` <_入    ̄ ̄_ハ|////////|
                          `マ ̄ ̄///ハ.////////|
                           V//////∧///////
                           ∨/////.∧//////’
                              ヽ//////ハ/////.j


社長「ほぅ、ティンと来た!」



~~~~~~~~~~





200 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2014/01/15(水) 21:57:32.30 ID:ssBmfdOBo [17/30]

【京太郎のアパート】

京太郎「それじゃあ、仕事に行ってきます」

美穂子「はい」ニッコリ

咲「京ちゃん、気をつけて」

和「無理をしないでくださいね」

ホロ「わぅっ!」

カピー「きゅいっ」

京太郎「咲も、カピーを連れてきてくれてありがとな」

咲「ううん、大丈夫だよ」

京太郎「また近いうちに会おうぜ」

咲「うんっ!」

煌「忘れ物はないですか?」

京太郎「大丈夫っす!」

 ガチャッ

京太郎「じゃあな!」

 タタタッ

咲「行っちゃった……」

和「またすぐに会えますよ」

咲「うん、そうだといいな」

照「Zzzzz」スピー

煌「まだ寝てるんですね……(困惑)」

美穂子「お疲れなんでしょうか?」ウーン


【アクセル1】

 ガチャッ

京太郎「おはようございまーす」

竜華「あ、京太郎君!」

菫「来たか……」

京太郎「ん、どうかしました?」

久「どうしたもこうしたも……」チラッ

 ザワザワ

宥「く、玄ちゃん!」

玄「おねーちゃんからもお願いして!」

宥「で、でもそんな……」オロオロ


京太郎「あれは、松実玄さん……?」

 確か宥さんの妹だよな?
 しかし相変わらずいいおもちだ……

玄「うぅっ、おねーちゃんの分からずや……」チラッ

京太郎「ん?」

玄「ひゃぁっ?!」ドキッ


201 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2014/01/15(水) 22:04:23.01 ID:ssBmfdOBo [18/30]


京太郎「初めまして、須賀京太郎です」

 キラキラキラキラ

   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|. : : |:::::::i:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.|. :. :i::.::.::.:.:..:.::.::.::.:::.:.::::.::::::::::::::::::::::::::::::i
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::|. : .: |:::::::i::::::::::::::::::::::i  :i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
  i  .......::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ::i    i:::::ハ::::::::::::::::::::|   i::::ハ::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
  iγ:/.|:::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::| |::|  u .|::::| i::::::::::::::::,::i   i::i i::::::::::/ |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
  |:::::i i:::::::::::i:::::::::::::::i:::|ヾ::::::::|__|:::|__  i:::| ハ::::::::::::| i:ト--ー|::|十::::::/ :.|::::::/|:::::::::::::::::::::::::::::::::|
  |:::i  |:::::::::::|::::::::::::::|ヾi ヾ:::::i  i::i. `ミ ̄|:|. ヾ::::::::イ |    ,_|_|::::/  i::::i |:::::::::::::::::::::::::::::::::|
  .i::|. .|:::::::::::i:::::::::::::::i. ヽ /∨⌒レヽ、. i::i   ヾ:::::|  r弋r::::.....レヽ、i::ノ. i.:.::::::::::::::::::::::::::::::|
  |:|  i:::::::::::|:::::::::::::::| /  f毛::::ミゝ i  i::i     ヾ|  i ん:::::::::::ヽ  レ、. |.:.::::::::::::::::::::::::::::::|
   |  i::::::::::i:::::::::::::::| く  i:::::::::::::::::::ii   `       i i..:::::::::::::::::ii  ,ゝ i.:.:.:i:::::::::::::::::::::::::::|
     i::::::::ii::::::::::::::::| 丶とつ::::::::o:::リ    .....     とつ:::::::o::リ ノ .|.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::|
      |::::::|:|:::::::::::::::|i   ヾ;_.._._彡  ...::.:.::::::::::::::...    弋;.;_;_彡     .i:.:.:.:.::i:::::::::::::::::::::::::|
      i::::|:|:::::::::::::::i.i     ....,,,,,;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.::.......      i|.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::|
      ヾ/:i::::::::::::::::|.i         ::::::::::::::  ,   :::::::::::::::::::         i i.:.:.:.:.:.:i::::::::::::::::::::::::|
       ○ |:::::::::::::::i i    xxxx               xxxxxx   .i |.:.:.:.:.:...::ハ:::::::::::::::::::|
      /:::i::i::::::::::::::::|.i                              i i.:.:.:.:.i..i::::::|::::::::::::::::::|
        i:::::::i::i::::::::::::::| 、                       u  i.:.:.:.:.:....:::::::::i::::::::::::::::::|
      |:i:::::::|:i::::::::::::::i:::::ヽ u          , _   , 、          ,/.:.:.:.:.i..i.:::::::::::|::::::::::::::::::|
.       i:|:::::::|;;|:::::::::::::|:::::::::ヽ         (   ̄  )           . ノ:::.:.:.:.:...:::::::::::::::::i::::::::::::::::::i
      | i:::::|;;;;i:::::::::::::i:::::::::::::::ヽ      ` ⌒` ′       ≦:::.:.:.:.:..i...i:::::::::::::::::|:::::::ハ::::::|
       |::::|;;;;;;i::::::::::::|:::::::::::::::::::::`              r:::::::::::::::i.:.:.:.:....::::::::::::::::::::i:::::/:::::i:::::i
玄「」

宥「く、玄ちゃん?」

京太郎「?」

竜華「こ、これは!?」

久「まさか……」

京太郎「へ?」

玄「」チーン



 コンマ安価↓3  ゾロ目で???


00~98 京太郎「し、死んでる!?」
人命救助の為、やむを得ず! 仕方なくおもち揉み!

99 玄「はわぁっ!?」
蘇生



208 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2014/01/15(水) 22:14:38.17 ID:ssBmfdOBo [19/30]

玄「」ブクブクブク

京太郎「し、死んでる!?」ガビーン

竜華「はぁぁぁっ!?」

宥「ふぇ?」

久「い、いきなりどうなってんのよ!?」

京太郎「お、おおお、落ち着いてください!」ガタガタガタ

宥「玄ちゃぁぁん……うわぁぁぁん!」

京太郎「と、とにかく応急処置を!」アセアセ

竜華「そや! 京太郎君!」

京太郎「うぇぇ!? 俺ですか!?」

久「お、男の子でしょ!!」

京太郎「わ、分かりました!」アセアセ

 とは言ってもこの場合はどうすればいいんだ?
 ま、まずは……

京太郎「……」ソッ

 プニュッ

竜華「ごるぁぁぁ!!」バキィッ

京太郎「ディアッカ!?」ズシャッ

竜華「な、なんでいきなりむ、胸を……//」カァァ

京太郎「じ、ジンゾォがウゴイデルカ……」ハナジダラダラ

久「そうよ、邪魔しちゃダメじゃない!」

竜華「あ、ごめん……」

宥「うわぁぁぁぁん!!」

京太郎「じゃあ、もう一度……」スッ

 ムニュンッ

玄「んっ……//」ビクンッ

京太郎「脈はわからんな……心音を」サッ

京太郎ヘッド「」ムニュンッ

玄「んぁっ……」

京太郎「取り敢えず、心臓は動いてないっぽいです」クビフリ

久「やっぱり心臓マッサージしかないわね」

京太郎「や、やります!」ワキワキ

 しかし、本当に俺がやっていいのか?
 俺は一応男なんだし……

玄「」チーン

京太郎「……おお、神よ」


 俺はどうすりゃいいんだ?

 選択安価↓3

1 自分でヤる

2 竜華さんに頼む


218 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2014/01/15(水) 22:24:35.42 ID:ssBmfdOBo [20/30]


 竜華さんも久さんも……混乱している
 ましてや宥さんに出来るはずもない

 ここは俺がやるしか……ない!

京太郎「すいません……」サッ

 プチプチ

 ボイーン

京太郎「ぐっ!?」フラァ

竜華「京太郎君!」

京太郎「お、落ち着け俺……素数だ。素数を数えるんだ」ドキドキ

玄「」

京太郎「……絶対に助けるんだ」キリッ

 確かに玄さんは魅力的だ
 こんな人の胸を触るなんて、頭がフットーしそうになる

 でも、俺しかこの人を助けられない
 今は不純なことを考えてる暇は無いんだ

京太郎「……イきます!!」グッ

 モニュン

京太郎「……」モミモミモミ

竜華「……//」ドキドキ

久「あ、あんなに激しく……//」カァァ

京太郎「甦れ……!」モニュモニュ

宥「玄ちゃん……いいなぁ」ボソッ

玄「」チーン



 モミモミモミ キュー



京太郎「はぁっ!」グニグニ

 ピシィィィン!

玄「!!」


 コンマ安価↓3

00~09 玄「きゃああああっ!!?」
 タイーホ

10~39 玄「きゃっ!?」

40~89 玄「う、うーん……」パチッ

90~99 玄「んぁっ……やぁ……//」モジモジ

 ゾロ目で 松実館ED




225 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2014/01/15(水) 22:26:37.83 ID:ssBmfdOBo [21/30]

                                      r──- 、
                                      ヽ     \
                                      .ィ'"     )
       ,r:::,                              ` ー─--‐'゙
     ,:'y:::::::,                  _        __,,,,,,,,,, ............----─…─、
     {;:ァ::::::::,                 ( `ー…''  ̄ ̄    _       _      j
     /:::::::::::::,                 \     _....-─…_'/    _ -''´  ̄`ー'
      l::::::::::::::::,.                  ` ̄ ̄´    _.-''´   , -''"´
      ヾ::::,、:::{ゞ                       _ -'"   ,-''", -'´~ヽ.
       |::ハ::!    _   _               ,r'´       ̄´   ,-''
      !;' ゙::i    ! !  //            |    _,,.-     /
        {.!.  l.!   | |//   _ _  _,_  _  ゝ-‐"/    , 'ヾ 丶、
        l.|  !!   | |、 ヽ.   | | | !.|r‐’,',r‐ ゙.  , '    /   ゝ  ` 、
   __ノ !__{ヽ__| |ヽ ヽ.__| Ll |__||__ゝー’ノ/      'ー…''"´,.ヘ   ヽ
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄{          _..-''  ヽ   |
                              `ー───…' ̄   /   _ノ
                                          ` ̄ ̄´
                 .. ----  .
             .  ≦        ミ  .
              /    . . . . . . . . . . . .   \
         /  . . . : : : : : : : : : : : : : : : . . . . ヽ
        . ....: : : : ..:.:./.::.:.. ..:..:..\ ..:.. ヽ: : : ∨‘,
          / ./../..:.:.:./:./:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:..:Vヽ: . ∨ハ
       / \′:.:.:.:.':.:′:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Vハ:....ノ i
        / .7T..ト....:.:i :i| :i:.:.:.:.{:.|、:{:.:.:.:.:ハ:.:.:.:ト::.i一:. . |
      ′/..:|..:|、:.:./|:.|{ :|:.:.:.:.ト:{ \:.、:.:.:/ : ヽ:|:.:.. i: .|
      : / ..:i|..:{:.\ |:ハ:{、:.:.:.廴__ 斗<:.:|::.:.:.|:.:|:.:.. |: .
.      |:il .:.::ii:八:{::{ |≧十\:∨ ,.     `|:.:.:..ト:|:.:.: |: .{
.      |:|!..:.::,| ..:.トド\ _,   `  z.、__レ|::.:.:.|´j:.:.:..|: .   ( \    / ) {_.}_} r‐
      ,|:{ .::/l| .:小≧==' '^     ´` ̄´`!:.:.: |' }:.:.:..|: . {   \ \/ /    _| |_/ )
     八| :ハ| .:.:{:.i xxx   ,     xxx |:.:.:.:|_,}:.:.:..|: . .i    .>  /    (__  __ ヽ  __
       (__) | .:. 八            |:.:.:.:}V:.:.:..:: . . {   / 〃        | |  ) } (_  ヽ
      .イ   i! .:.:| :i::..     丶 ノ     ,:.:.:./:i::.:.:. :i: . .   { {____.     | |  (_ ノ    )  }
     〃{   .}: :.:.{ :|::::i:>...      イ/.:.:/i:,′:.::.八 : .l  乂 ___ )    ._ノ         (__ノ
     {:i.:{   ハ:.:.:V :::|l:.:.:.}:.r } ̄ __ ノ/:.:./:./:.:.:.:. ::i{: . . {
.    八从 ,: .∧ :.{:::::リ::::::ノ 入_/'i{  /ィ /::/:.:.:.:. /::{:. . . .
       ∨ .:.:.:.\V‐≦ムイ  /》___.ノイ 7:.:.:.:. /廴:.. . .八
       /;..:.:.:.:.:./ \}!  r‐〉ォ´ ̄  }ノ /::.:.:.:./  , ヽ: .∧
.      /:/ .:.:::::/  ノ{{   '介′   i{ ./::.:.:.:./  /  ∨. ∧
     ノイ ..:.:.:./! く 廴. / .|乂 __人/::.:.:.:./   /    i: : . .:.
    __ノ/ ..:..::厶}/  \ ノ{ /j__ 斗-/::.:.:.. / i /      {: : . ∧

237 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2014/01/15(水) 22:33:06.00 ID:ssBmfdOBo [22/30]


【松実館EDルート】

京太郎「よみがえれぇぇ!」モミモミ

 ドクンッ

京太郎「どうだ!?」

        . .――: :―. .、
      . :´: : : : : : : : : : : :`: :ー.、
    /: : : : : : : : : \: : : : : : \`\
  /: : : : : : : : : : : \\: : : : : : \ \
  /: : : : : : : :ヽ: : : : : :ヽ_ヽ:_:_ : : : \ \
. /: : : : : : : : :i:ハ:、: : : :ハ  } ヽzz: : : : ヽ  )
. !: : : : : ヽ: : ハ/ヽ : : }  ヘ//∧_V: : :ヽ
. !: : : : : : ヽ:.レへzz VVノ   ゙ー'´'┘ヽ: : :ヽ
. V: : : : : : : :{ イ//∧       、 l/l/lヽ: : : \
 V: : : : : : : :トとつ´           V: : : : :ヽ
  V: : : : : : : ミ   l/l/l   ,  ┐  /: : : : : : ヽ
  l: : : : : : : rへ\       し  ̄  /: : : : : : : :∧
  V: : : : : : ハ  \ヽ           /: : : : : : : : : ∧
   V: : : : : : :ゝ―´: ̄ヽ ―― ヘ\_:―、 : : : : \-、
    V: : : : : : : : : : : : : :∧       〉  \ \: : : :\\ヽ
    V: : : : : : : : : : : : :j ┴――ハ__l \ .:へ ヽ: : :ヽ \.ヽ
     i: : : : : : : : : : : ://     ト   〃: . : .:\ \: :\ ヽ'、
     |: : : : : : : : : : :く \    /:⌒:>ト: ._ : >、_\: :ヽ、ヽヽ
     |: : : : : : : : : : : : \ \ \: . : . ∧\: . : . : / \:ヽ \、
    i: : : : : : : : : : : : : : :\  ̄ヽ : ノ: .ヽ  \/    ハ:}  ヽ
    i: : : : : :/`\: : : : : : : :`:ヽ、 7: . : . : ト、__}      V   ',
    i: : : : : :ト\ \:\: : : : : : : \⌒ ̄    `ヽ           !\

玄「んぁっ……やぁ……//」モジモジ


京太郎「おっ!?」

竜華「い、生き返った!?」

宥「玄ちゃん!」

玄「お、おねーちゃ……」パチッ

 ムニュン

玄(下着姿)「え?」

京太郎(鼻血ダラダラ)「え?」

 ガチャッ

社長「さぁ、入ってください!」

記者達「あはは、アクセルさんの新人とは楽しみですよー!」アハハ

 ゾロゾロ

京太郎「あっ」

玄「あっ」


社長「」

記者達「」


竜華「お、終わった――」

久「あびゃ~」


記者達「す、須賀君!! これは一体――!」パシャパシャ

京太郎「」

 こうして……俺は芸能界を引退した


238 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2014/01/15(水) 22:42:31.78 ID:ssBmfdOBo [23/30]




 ソルサキは最終回まで撮り終えていた為、無事完結できた
 だが、仮面ライダーはそういうわけにもいかず……代わりに冬馬さんが引き継いでくれた

 ナンジャはサイーガさんが復活し、問題なく続いている

 俺は一時的に世間を騒がしていただけに、引退を大きく騒がれもしたが……
 そんな声も次第に薄れていき

 気がつけば……忘れさられるようになっていた

 スタッフのみんなには戻るように言われたが、もうどうすることもできない
 俺はファンの期待を裏切った

 それは一番やってはいけないことだったのに……


 そして、事務所を追われ……長野に今更戻ることも出来ない俺は――



~~~~


 ゴシゴシゴシ


京太郎「ふぅっ……」アセアセ

 ガラガラ

宥「アナター、ごはんの用意ができたよー」トテトテ

京太郎「ああ、今行くよ」フゥ

宥「ふふ、温泉のお掃除ご苦労様」

 なんの因果か、松実館に住み込みで働いています

 それも――

宥「ねぇ、今は二人きりだから――」ダキッ

京太郎「ああ。宥――」

 チュッ

宥「えへへ、しちゃった」ギュゥゥ

京太郎「玄には内緒な」

 ガラガラ

玄「ずるいのです!!」バーン

京太郎「く、玄!?」

玄「むぅ……おねーちゃんばっかり」

京太郎「悪かったよ、ほら。玄も来いよ」ギュッ

玄「あっ」

 チュッ

京太郎「これでおあいこだな」

玄「……うんっ♪」

宥「むぅ!」


 宥と玄
 二人の姉妹と付き合いながら



252 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2014/01/15(水) 22:52:52.29 ID:ssBmfdOBo [24/30]

【京太郎達の部屋】


京太郎「いたた、腰に来たな」トントン

玄「お風呂掃除任せて……ごめんなさい」シュン

京太郎「いいって、力仕事は俺に任せろ!」ニィッ

宥「えへへ、じゃあマッサージしてあげる」グイッ

京太郎「おわっ」

 ドサッ

宥「動かないでね……」サワサワ

京太郎「おいおい、手つきがいやらしいぞ」ハァ

玄「んー? そうかなぁ」モミモミ

京太郎「ごはんじゃなかったのか?」

宥「先にアナタがいいな♪」

玄「もう、待てないよ……」ギュゥゥ

 シュルシュル パサッ

京太郎「ちょ、待て! 今日はお客さんも――」アセアセ

宥「れろっ」ジュッ

玄「いっただきまーす」カプッ

京太郎「おぅっふ!?」


 ガラッ


憧「ねー、ちょっと聞きたいことが――」

穏乃「今度みんなで行く旅行のこ――」

灼「ちくわ大明神」

晴絵「やっぱり私の車じゃさー」


京太郎「あっ」

宥「むぐっ?」ジュプッ

玄「あむあむっ」コロコロ


四人「」


京太郎「こ、これはちがっ!」アセアセ

穏乃「……るい」ボソッ

京太郎「へ?」


穏乃「ずるいよ二人共ー!! 今日は私の番でしょ!」プンプン

憧「まるでサルねー、呆れた」ハァ

灼「え? 今日は私とハルちゃんで3人の日じゃ……」

晴絵「勝手に私を入れないで」チョップ


玄「早いもの勝ちなのです!」ドヤァ



258 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2014/01/15(水) 23:03:24.90 ID:ssBmfdOBo [25/30]


宥「そもそも京太郎君と付き合ってるのは私達だよぉ」

玄「そうだよね? 京太郎君!」

京太郎「あ、ああ」

憧「でもさ、この旅館のスペシャルコース……忘れてないでしょうね?」

宥「うっ」

玄「それは――」

 そう、スペシャルコース
 財政難に陥った松実館を救うために、作り出されたものだ

晴絵「宥と玄が認めた会員限定で、旅費を倍払うと……一晩京太郎君を独り占め出来る」

穏乃「だから今日は私達!」

宥「うぅ、だってまさか予約が一日で二年分もくるなんて思わなかったもん」シクシク

玄「しかも全国で知り合った友達のほとんどだよぉ」エグエグ

 そうなのだ
 まさかそんな条件に乗る人はいないだろうと、知り合いの女性雀士に声をかけたところ……

 まさかの予約殺到
 今更後に引けず、予約を受けてしまったのだ

京太郎「お陰で恋人とゆっくりもできないんだよ」ハァ

憧「腐っても元アイドルってことでしょ?」

灼「期待を裏切られたファンに謝罪の気持ちで接しなきゃ」

京太郎「それを言われると、確かに」

 この間の蒲原さんは凄かったな
 あんなに激しいのは……初めてだった

宥「もう締切ったから予約は増えないけど、あと二年も……」シクシク

玄「京太郎君ごめんなさいぃ……」ポロポロ

京太郎「いいっていいって。むしろ俺の方がごめんな」ナデナデ


穏乃「だから私達は一晩で五人で済ませちゃおう!」

憧「他の予約者にもなるべく団体で回すように言ってあるから」

晴絵「早ければ一年以内には自由の身よ、多分」


京太郎「あ、あはは……一年も休み無しか」アセダラダラ


宥「うぅっ、私達も……」

玄「うぇぇん!」

京太郎「な、泣くなよ!」アセアセ




265 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2014/01/15(水) 23:16:10.61 ID:ssBmfdOBo [26/30]



 そして――月日は流れ


照「京ちゃん!! 京ちゃぁぁぁん!!」プシャァァ!

咲「ああっ、京ちゃん!!」ガクガク

洋榎「これ、アカン! あかんってほんま……//」ブルブル

絹恵「い、イってもうた……」ガクッ

セーラ「お、女や……今日から俺は、私は女や……」アヘアヘ

胡桃「」ビクンビクンッ

まこ「……わしは、どうして」ギュッ

優希「この優希ちゃんが絞りとってやるじぇー!」グニュグニュ

和「こんな形でも、私は――」ダキッ

一「もう、共演の約束破って馬鹿! でも……好きだよ」ギュッ

純代「んあー」

靖子「カツ丼プレイでもやるか」ササッ

春「好き、好き! 好きぃ」チュチュチュ

華菜「華菜ちゃんとヤれるなんて運がいいんだし! うにゃぁぁ♪」ジュポ

貴子「須賀ァァァァ! わ、私は初めてなんだ! や、優しく――」モジモジ

霞「あら、簡単に終わらせないわよ?」ニヤリ

明華「……せめて、私の胸の中で」ギュゥゥ

菫「絶対に私は屈し――あ、あぁっ、で、出るぅ……」ジョロジョロ

はやり「絞りとっちゃうぞっ☆」ヌポヌポ

美穂子「若……今でも、私は」ギュッ

透華「全く、財政難なら私を頼ってくだされば――あひっ♪」ゾクゾク

久「久しぶりねー。今日は楽しませてもらうわよ?」ペロリ

煌「す、すばらっ! すばらぁぁっん!」ブシャァァァ


 ※その他もろもろはカット


~~一年後~~


京太郎「ぜーっぜーっ!」ハァハァ

宥「凄い!」

玄「予約はあと一件だよ!」

宥「今日で最後だから……頑張ってね」

京太郎「や、やったぜ……」フラフラ

 さて、最後の相手は誰だ?


 ガラガラ


京太郎「失礼します」ペコリ

?「……」



270 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2014/01/15(水) 23:24:15.51 ID:ssBmfdOBo [27/30]

?「久しぶりやなぁ……」

京太郎「あ、アナタは!?」

       /  / ::/ :::::::::::::::::::://:´ ̄::ヽ:::/ /::/   |:l |:::::::::::::::::|::::::.     i
.      /  / : ::::| :::::::::::::::/ /:::::::::> ´ /,: ′  |:l |:::::::::::::::::|::::::::.    l
     /  /...::::::::|::i:::::::::::/ァ===ミ、 ヽ /イ      .:j_|:::::::::::::::::|::::::::::.   │
.     ′.:: :::::::::::リ、:::::::;《 ん干ハ\        〃 j\:::::イ::/::::::::::::.   /|
.   / .::: ::::::::/  ∨ |  {:ト::::::ノ:'         ,ノ  /::::::ヾ }/}::::\ __/ .′
   ′::::  ::::::::{    ヽ{  ゝ:こソ        =ァ=/:::/  ソ/::::::/::\   /
  / :::::! :::::::::∧     。              ん干ハ㍉  /::::::/::::::  ヽ.′
 ′:::::::|...:::::::::::::∧__   :.:':.':.:           {:ト::::::ノ:′|} /:::/:::::::   //
/ . ::::::::i|..::::::::::::::::::::|::{              、     ゝ:こソ //彡::::::::  //
.....::::::::::i|.:::::::::::::::::::::|∧                     ヘ:/::::::  / ノ
...::::::::::::i|::::::::::::::::::::::l::::∧     「   、    :.:':.':.° ′ノ┬=ァ ´
:::::::::::::::i|::::::::::::::::::::::|:::::/ :.     ` -- ′       ,: イ: / /
::/::::::::::j|::::::::::::::::::::::l:::/   \           /::::::::: / /
/::::::::::::j|::::::::::::::::::::::|/      丶 ___,,..  イ::::::::::::../ /
:::::::::::::::i|::::::::::::::::::::::ト         /:::/::i|::::::::::::::::::::::../ /
-=ニニニム::::::::::::::::::::{ニ\        /:::/::::i|:::::::::::::::::::. ,′/
竜華「元気そうやね」

京太郎「竜華さん!」

竜華「怜とセーラから聞いたで、物凄かったって」カァァ

京太郎「……」

竜華「アイドルより、こっちの方が合ってたんかな?」

京太郎「それは……」ウツムキ

竜華「うそうそ、そんな話をしたくて来たんやないから」

京太郎「え?」

竜華「……うち、ずっと京太郎君に言いたいことがあったんよ」

京太郎「……」

竜華「でも、もう遅い。あの時、松実さん達より早く言っていれば――また違ったかな」

京太郎「それは――そうかもしれません」

竜華「あはっ、気ぃ使わんでええのに」シュルッ

 パサッ

京太郎「……」

竜華「ねぇ、抱かれる前に一つお願いがあるんやけど」

京太郎「……はい」

竜華「好きって、言うてくれへん?」

京太郎「……それは、できません」

竜華「そっか、ごめんな。無理やりこんなことさせて」ウツムキ

京太郎「いえ……俺の方こそ、ごめんなさい」

竜華「……ばかっ、そない謝られた方が……ひっ、みじめ、ぐすっ、やわぁ」ポロポロ

京太郎「……」ギュッ

竜華「好き、好きやったんよ……ばかぁ、ばかぁ!」ポカポカ

京太郎「……」ズプッ


 ギシッ ギッギッ



 そして、最後のスペシャルコースの客は無事、帰っていった



274 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2014/01/15(水) 23:33:26.21 ID:ssBmfdOBo [28/30]


【一週間後】

 ゴシゴシゴシ

京太郎「ふぅ、こんなもんか」

 ガラガラ

宥「アナター!」

玄「京太郎さぁん」トテトテ

京太郎「おう、どうした?」

宥「これ見て……」

 ドッサァァァ

京太郎「え? ナニコレ?」

玄「予約の手紙。電話もさっきから鳴りっぱなしだよぉ」

京太郎「え? えっ?」

宥「スペシャルコースじゃなくてもいいから、泊まりたいって電話が……」

玄「ど、どうしよぉ」

京太郎「どうしようって言われてもなぁ」

 お客さんから予約が来てる以上、受けないわけにはいかない
 それが松実館を盛り上げて行くために必要なら

京太郎「やれやれ、しばらくゆっくりできそうにないな」ハァ

宥「うぅ、折角ゆっくりできると思ってたのに」

玄「京太郎さんと羽を伸ばしたいよぉー」エーン

京太郎「二人共、そう落ち込むなって」ナデナデ

 二人には悪いが、俺は少しだけ期待してる
 流石に体を重ねるのはもう勘弁だが……

 また、みんなと会える
 騒がしくて、辛くて、大変でも……

 きっと楽しくなれるから

京太郎「だから、一緒に頑張ろうぜ」ニッ

宥・玄「……うんっ♪」パァァァ


 ここはみんなが楽しくなれる場所
 アナタも、松実館へ来てみませんか?


京太郎「美人女将姉妹が、出迎えてくれますから」

玄「今ならイケメン支配人も!」

宥「あったかい……」


 ガラガラ スイマセーン ヨヤクシテイルモノデスガー


京太郎「せーの!」

三人「松実館へようこそ!」ニカッ


 これが、俺の選んだ道なんだ


【ED2 松実館へようこそ】



314 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2014/01/16(木) 21:44:21.24 ID:aMaFph1wo [2/15]

【前回までのあらすじ】

 声優デビューも順調にこなし、新たな活躍が期待される京太郎
 そんな彼が事務所で目にしたのはメイク担当松実宥の妹、松実玄であった

 早速挨拶を交わす京太郎だったが、突然目の前で松実玄は心停止を起こしてしまう
 混乱に包まれる事務所、京太郎は玄を救う為に心臓マッサージを行うが……




京太郎「よみがえれぇぇ!」モミモミ

 ドクンッ

京太郎「どうだ!?」

        . .――: :―. .、
      . :´: : : : : : : : : : : :`: :ー.、
    /: : : : : : : : : \: : : : : : \`\
  /: : : : : : : : : : : \\: : : : : : \ \
  /: : : : : : : :ヽ: : : : : :ヽ_ヽ:_:_ : : : \ \
. /: : : : : : : : :i:ハ:、: : : :ハ  } ヽzz: : : : ヽ  )
. !: : : : : ヽ: : ハ/ヽ : : }  ヘ//∧_V: : :ヽ
. !: : : : : : ヽ:.レへzz VVノ   ゙ー'´'┘ヽ: : :ヽ
. V: : : : : : : :{ イ//∧       、 l/l/lヽ: : : \
 V: : : : : : : :トとつ´           V: : : : :ヽ
  V: : : : : : : ミ   l/l/l   ,  ┐  /: : : : : : ヽ
  l: : : : : : : rへ\       し  ̄  /: : : : : : : :∧
  V: : : : : : ハ  \ヽ           /: : : : : : : : : ∧
   V: : : : : : :ゝ―´: ̄ヽ ―― ヘ\_:―、 : : : : \-、
    V: : : : : : : : : : : : : :∧       〉  \ \: : : :\\ヽ
    V: : : : : : : : : : : : :j ┴――ハ__l \ .:へ ヽ: : :ヽ \.ヽ
     i: : : : : : : : : : : ://     ト   〃: . : .:\ \: :\ ヽ'、
     |: : : : : : : : : : :く \    /:⌒:>ト: ._ : >、_\: :ヽ、ヽヽ
     |: : : : : : : : : : : : \ \ \: . : . ∧\: . : . : / \:ヽ \、
    i: : : : : : : : : : : : : : :\  ̄ヽ : ノ: .ヽ  \/    ハ:}  ヽ
    i: : : : : :/`\: : : : : : : :`:ヽ、 7: . : . : ト、__}      V   ',
    i: : : : : :ト\ \:\: : : : : : : \⌒ ̄    `ヽ           !\

玄「んぁっ……やぁ……//」モジモジ


京太郎「おっ!?」

竜華「い、生き返った!?」

宥「玄ちゃん!」

玄「お、おねーちゃ……」パチッ

 ムニュン

玄「ふぇ?」キョトン

京太郎「あっ……」モミモミ


              /:..:..:..:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ |:.:.:.ハ:.:.:.:j:.:.:.:.} ゚。:|\ :.:.:.:.:.|:..:。:..:..:..:.\
                /:..:..:..:/:.:.:.:.:.:.:.:/|__;.ム斗:./  |:.:.:.し:.:.;\_}:.:|__ ゚。.:.:.:.|:.:..゚。:..:..:\:.゚。
            /:..:..:..:/ :.i:.:.:.:i:.:/│:./  |:.′ |:.:.:.:.:.:./  Ⅵ   :。:.:.:|:.:.:..:。:..:..:..:}ⅵ
              /.......:.:.,:.:.:.:|:.:.:.:レ彡|:./三ミ:{、  | :.:.:.:./ 彡=リ三ミト、 :.:.|:.:.:.:.:゚:..:..:..:| リ
           /:..:..:.:.: ′:.:.|:.:./〃 リ   リヾ:、 :.:.:.:./.〃      ヾ:、リ .:.:.:.:i:..:..:..|
             /:..:..:.:. イ:.:.:.:.:.| /il{        }li }:.:./ il{        }li | .:.:.:.:|:..:..:∧
          /:..:..:./ :|.:.:.:.:.:リ il{        }li l/ il{        }li | :.:.:.:.|:.:.:..:.∧
           /:..:./..:.:.:.|.:.:.:.:.:.|  ミト、     ィj/     ミト、     ィj/ | :.:.:.:.|:.:.:.:..:.∧
         j:./ .:..:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:|   ゞ=====彡       ゞ=====彡  │ :.:.:.|:.:.:.:.:..: ∧
         イO/:.:..:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:|////////////////{ :.:.:.:.|:.:.:.:.:.:..:..∧
      /:..// .:..:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:|、         r――――― 、    ι  ノ :.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.. ∧
    /:..:..//:..:..:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:|:.\ ι   |         |        イ:|:.:.:.:.:.|:.:.:.:.゚:,:.:.:..:..∧
   /:..:..:..// .:..:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:|:.:.:个:. .   ノ ---―‐  ____}   . .:个:.:.:.|:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:゚。:.:..:..:∧
  〃:..:/|〃 .:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.ハ:.:.:.≧==- __  -==≦:.ハ.:.:j:.:.:.:.|:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:|i:..:.:.:.:.∧
 /:../  l/ :..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:|:.:.:/  }:.:.:.:.:/ {    } \:.:.:.:/  }.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:}ト :.:..:..:..∧
玄「きゃぁぁぁぁ!!」パッシィア!!

京太郎「エルスマンッ!?」ズシャッ


318 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2014/01/16(木) 21:55:39.90 ID:aMaFph1wo [3/15]
315
 確かに閣下超えは言い過ぎだね
 ただ弱フォームよりは確実に強い

316
 すげぇ妥当


~~~数分後~~~


玄「ご、ごめんなさいっ!」ペコリッ

京太郎(包帯)「いえ、こちらこそ」ペコリ

竜華「ごめんな、うちらがやればよかったんやけど……」

久「慌てちゃってて何も出来なかったわ」

宥「玄ちゃんごめんね……」シクシク

玄「ううんっ、悪いのは私だから」アセアセ

京太郎「悪いも何も突然心臓が止まるなんて、誰のせいでもありませんて」ウンウン

久「(恐らく原因は京太郎君でしょうけど)」ズバリ

 ガチャッ

社長「ん? おお、揃ってるねぇ」

京太郎「あ、社長!」

竜華「おじさん、どこ行っとったん?」

社長「ははは、ちょっと野暮用さ」

京太郎「こっちは大騒ぎだったんですからね」ハァ

社長「いやすまない。それよりも、既に松実君とは話したかね?」

京太郎「はい、挨拶程度なら――」

社長「そうか。それならまだ話していないようだね」

京太郎「え?」

玄「京太郎君、私ね――」

             r ' ´: : : : : : : : : : :`ヽ..、
          ./: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
         ./: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::\
        /: /: : : : :::::::::::/::::::::::::::::::: !::::::: : : : ::ヽ::ヽ
       /: :/: : ::::::::::::::从:::j::::::::::::::::::|:::::::::::::: : : ヽ: ヽ
      ./: :/: ::::/::::::::::://!::!|::::::::::::::::::!:::::::::::::::::l: : `: :ヽ
      i: : l: :::::i::::i::::::::j::i l:::||:::::|:::::::::|:|!::|::::::::::::::l: : ::!: : :!
      .!: : l::::::::|:::j!_:_:::!!j. !::l.!::::!::::::::::!:!!::!:_:_:::::|:::::: !: : !
      !: : |:::::::::!:ナ!::::`!'!ー!-!.!:::|::::::゙卅!フ´!::::::::ヽ|:::::: !: : |
     .|: : :|:::::::::ト:!.ヽ:::| .! ヾ.ヽ:!ゝ::::| 〉_ヽ\::::::::!:::::::|: : :l
     .!: : :|:::::::::!〉!,rチテ心ヽ`' Y. \::!フテ亦ヽ、::::!:::::: !:::: :!
     |: : ::|:::::::::!∥{::::::::::::}      {:::::::::::::}ヽ 〉::::::::|::: ::|
     |: : ::|::::::::ト! ゝ)::::oノ      〉.):::oノ Y!:::::::::!: : ::|
     |: : ::!:::::::::!}.   ̄ ̄   ,     ̄ ̄  l'|:::::::::|:::: ::|
     .|: : :|::::::::ト !  '''''    __    '''''''  ! !::::::::j:::: ::j
      }: :::::!:::::::!、l      /´  ヽ      .j/!::::::::l:::: :/
     .ヽ::::::!::::::::!::\    {    j     .ノ::j::::::::j::: :/
      〉、: ::!::::::!:ゝ、 ゝ、  ゝ-- ' ___ r '_/::/:::::::/::::人
     ./: ::〉、::V,:::!::ヽ` ー'`- ' ´     ./::j: :://:/:::: ::ヽ
    ノ'´´/ \:::ヽ::r-っ       rv-、/::/:ノ::/.〉`ヽ: ::\
  ,/::/   ` ゝ 、.}::/__./_ )-、_   rヘ´ヽ. ヽ::::::::/ r'´  .ヽ: : : :ゝ
../:r ‐'       ./ ̄   ` '' 、)_.r´)r ' ̄ ̄`ヽ:/      `ー-: :
': {  ゝ      l        ).ノ'       Y     , r'   .}:::
: ノ    \   .j        j.{        { __,, r '´     }::
Y      ` ./ ` ヽ、 __   l l __  ,, '  ヽ         }/
 \      {       ゙゙゙  { ノ        .|         }
宥「ダメッ!!」バッ

玄「っ!?」ビクッ


319 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2014/01/16(木) 22:05:08.23 ID:aMaFph1wo [4/15]

京太郎「宥さん?」

宥「……」ジィッ

玄「うぐっ!?」

竜華「ちゃんと最後まで話させてあげたら?」

久「そうね。松実さんだけの問題じゃないでしょう?」

宥「でも……」

京太郎「あの、話が見えないんですが」

 さっきから姉妹で険悪な空気だし……
 一体何でもめてるんだ?

社長「うぉっほん。それはだね……彼女、あーつまり妹の玄君の方だが」

 そこまで言って社長はちらりと宥さんに視線を向ける
 少し間を取り、いくらか思案した後に……そのまま言葉を続けた

社長「彼女も、君のメイク担当になりたいと希望していてね」

京太郎「!!」

玄「……」モジモジ

宥「むぅっ……」

社長「正直、これがそこいらの人間なら断るところだが……現メイクの実の妹じゃないか」

京太郎「それは、確かに」

社長「何より、君をここまでの容姿に磨き上げた宥君の妹。その実力にも期待出来る」

京太郎「ふむ……」

久「それに、宥さんあまり学校にも行けてないのよ」

京太郎「えっ?」

宥「ぎくっ」ビクッ

竜華「成績はええし、進路も決まってるしで順調やけどね」

玄「おねーちゃんのお友達、寂しがってたよ? それに憧ちゃん達も……」

宥「そ、それは……!」

玄「だから、私が半分こすれば無事解決――」

宥「く、玄ちゃんには無理!」プンプン

玄「むぅっ! 分からずや!」プクーッ

 ペチペチ! ポカポカ

久「とまぁ、さっきからこんな感じなのよ」ハァ

京太郎「(可愛い姉妹喧嘩だなぁ)」ホノボノー





324 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2014/01/16(木) 22:17:18.11 ID:aMaFph1wo [5/15]



~~五分後~~


玄「うわぁぁぁん! おねーちゃんがぶったぁぁ!」ビエーン

宥「玄ちゃんが意地悪する……」ウェーン


京太郎「どうするんですかこれ……」

久「どうもこうもないでしょ。決めるのは京太郎君よ」

京太郎「え? 俺っすか!? 竜華さんの考えは……?」

竜華「うちは新しいメイクさんに入ってもらうのはええと思う。でも、玄ちゃんは来年受験やし」

京太郎「確かに……」

 かといって宥さんに無理させる現状はどうにかしたい
 奈良と東京の往復は大変だし……

竜華「大阪も大変やけどなぁ」ボソッ

久「長野もね」ボソッ

京太郎「いつもお世話になっております」フカブカー

社長「うーん、いっそ寮でも作るかね」アハハハ

 ガシッ

社長「ひょ?」

竜華「それって素敵やん」

久「その話もっと具体的に……」ググググッ

社長「ぐぉぉぉぉ締まりゅぅぅぅ!!」ジタバタ


 ギャーギャー ワイワイ



松実姉妹「エグエグ」ゴシゴシ

京太郎「……」

 さて、どうする?
 ここは男らしく決めないとな……


 多数決安価↓2より先に3票  ゾロ目無し


1 はっきり断る

2 玄を面接する

3 宥VS玄のメイク対決を開催する

4 もうOKしちゃう


332 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2014/01/16(木) 22:29:54.46 ID:aMaFph1wo [6/15]

京太郎「よし、分かりました!」

玄「え?」

宥「ど、どうするの……?」ビクビク

京太郎「そもそも、俺はまだ玄さんの事をよく知らないんですよ」

玄「うっ!?」

京太郎「なので、雇うも何も……分からないというか」

宥「そうだよねっ!」パァァ

玄「……」ズゥゥゥン

京太郎「だからその……」

玄「えっ?」

京太郎「面接してみるのって……どうでしょう?」

宥「!?」

   / :/  ...:/:′::/ :.:.:.....:./.:/:!:.:.:.i:..!:.:.....:{:.:.:.:.:.:ハ    /
.  /.〃/:...../:′'.::|:: i .::.:.:.:| :i:_{__|:.|:.:.:.i :|:.:.../  ̄`ヽ/      ふ
  '://:′::/斗:十 |::.::.::.:.:.:.: :}}ハ ::ハ:{:≧ト|:::/  な       な な  ぅ
 {//::{: /|i:八::{=从:{ i::::: :N孑弐{ミト∨:::|::′  る.     る .る (
.  i :从 ::::{イァ:う{ミト爪ト::::. ! ん):::::ハヽト、:{:|    ほ      ほ ほ  )
.  |.::| : \《 { ::::::: }  ヽ\{ { ::::::::: リ | :::ヽ!   ど     ど ど む
.  | ::!::|ハト.乂__ノ       ー '  | :::<    |
 八::| :|::::i /i, ,     ,     /i/ , }:::}i::人   __ ノ\
  (__):::l:::::.                 i.:/::::::::厂「{:::::::{    ` ー― ´
 / :{ | :V:入     { ̄`ソ      }/}::::}/::::::l.|:::::::|
 { ::|人::∨::::>...   `      . ィ升|:::/::::::::八::::::{

京太郎「どうですか?」

玄「おまかせあれ!」ニコッ

宥「……」ムスッ

 ポムッ

竜華「そんなに目くじら立てんでもええんやない?」

久「そうよ。もっと自分に自信を持たなきゃ」

宥「……はい」シュン


京太郎「それじゃあ。面接を始めますけど、準備はいいですか?」

玄「うん!」

                     ( )
    i ニlニ○ _L/、     /   (⌒ ⌒)
    { cト  ´ | ノ ⌒ ーノ{__ノ  て人_)
         .   ――  ..
          / ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: `:..、
       '       .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\  /
      / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}::.:}:..  :/ }   ハ
    /::.:′. .: }::斗/L/!::.:.:. /::、i:.:.:.}......:.   ̄
    /::. |:...:.:/|::.:/ j/ |::.:.:/}:/リ|\|::.:.}.‘ ―
    {: /.! :|.:.:..::|:/ -- _}:/ノ' /十/,「:..ハ:.i
   rぅ' ,|::.|::.:.|:;{z≦三    三ミメ.|:/|:.ト{ \
   /:{ V:|::.|::.:.|´i             `|:: |:.|
   |:.|/::.:,::.:.::. l :|/// 、__   /// |::.i!:.!
   {i:{:: :ハ::.: 込{. __  (__ ノ    .ィ}:リ|:
   乂:/:.:∧::.:.V/⌒ヽ.--r >ォ抓/:./ |′
 /:/.:.:.:.:/\:ハ´  ̄`V ´  ̄`∨:/|   ( )
イ.:/::.:.:.:. /  /\     {      {:小{  (⌒ ⌒)
://::.:.:.:.:.:.:{ fノ       |!    人.}:.{  て人_)
./::.:.:.:.:.:. 人       ,八      ノト{
'::.:.:.:.:./:.:.:.:ト、    /  乂   /:.:|
玄「(わざわざ面接してくれるってことは、受かったも同然だよね)」エヘヘ


339 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2014/01/16(木) 22:37:50.82 ID:aMaFph1wo [7/15]

京太郎「ちなみに、始める前に一ついいですか?」

玄「何かな?」ワクワク

京太郎「面接をする以上、俺は玄さんを赤の他人と思って接します」

                 ____             ___
            ,, :´ : : : : : `: .          /    \
            . : : : : : : : : : : : :\     {___j⌒ヽ  ゚。
          /: : : : : : : : : : : : : :.ヽ     ___,ノ  ノ
       { : : /: : : : : /: : : : : |: : : : : : : : い   /  --- ´
.       / \__/: : :.ィ: /!: : : : :.ハ : : : : :‘:,:  ‘, ゚. 乂,ノ
      /ー―――:{ |: i |: : : : : | ∨:.:|: : : |: : : :|: ゚◯
.     / : : | : : :|丁¨{丁{│:.:..: : i| ¨v:丁¨`:|: : : :|: :.゚
    i: i: : |: : : |ハ!ハl リ い、 :小 乂{\: |: : : :|: : i
    |:ハ :|: : : | ,ィ宍ミト } \:..゚。ィ宍ミトぃ..: : :|: : |
    || |: |: : : |〈 _)トJi:|    `¨ _)トJi:| 〉|: : : |: : |
    || |: |: : : l ,込rク      込rク  :.: :...|: : |
    リ |: |: : : |i 。            。 |: : : |: : |
.       {: } : : ト:.:':':':     ′   :':':': イ: : :.l: : |
        C|: : : |:ハ      へ      /::|: : :。.: : !
      /:||i: : :{: 个: .     ̄       イ: :,゚: :.,゚: : :.|
       |: ||ハ: : :。: : : i >  ___  ィ: : : :i{: /: :/: : : j{
       |: ||: :゚。: :゚。: : i r‐|     |┐: : }/: :/: : : :ハ
       |: ||: : :゚。: :゚。/ \   / \:/: :/: : : :.,゚: :゚,
       |i ゚。>''ゞミ{    ,八八    ノイ、|: : : : |: : :|
     ィリゝヘ    r=====ミ___,ィ=====ュ  |: : : : ト、:..|
玄「ほへ?」

京太郎「つまり、宥さんの妹でもなんでもない一人の人間として見るってことです」

玄「……???」

京太郎「基準を満たしていないと判断したら、迷いなく断りますので」

玄「きょ、京太郎君……?」

京太郎「京太郎ではありません。私は面接官です」キリッ

玄「ひっ!?」ビクッ

京太郎「では、指示があるまで外で待機していてください」

玄「で、でもっ」オロオロ

京太郎「……チッ」ギロッ

玄「うぁっ……」ビクビク

京太郎「もう一度言いましょうか?」

玄「わ、分かりました……」トテトテ

 ガチャッ

 バタンッ

京太郎「……竜華さん」クルッ

竜華「はい! なんでしょうか!」ビクビク

京太郎「いや、何ふざけてんですか?」

久「……」ビシィッ

京太郎「久さんも何礼儀正しく座ってるんです?」

宥「……」ガタガタガタガタ

社長「ふむ、どうやらさっきの京太郎君のオーラに飲まれたようだね」アハハ

京太郎「あはは、アレは演技ですよ演技」ニコッ

三人「え?」

京太郎「ちょっと、真剣な玄さんを見てみたくて」テヘヘ



341 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2014/01/16(木) 22:47:22.83 ID:aMaFph1wo [8/15]

宥「そ、そうだったんだ……」

久「驚かせないでよ!」ベシッ

京太郎「あだっ!? でも、さっき言ったのは本気ですよ」スリスリ

竜華「……一人の人間として見るって、話?」

京太郎「はい。だって、俺が今までメイクを任せてきたのは宥さんですから」チラッ

宥「!」ドキッ

京太郎「だから、例え妹さんでも……俺達の絆に、簡単に割り込んでは欲しくないかなって」ポリポリ

: : : /: : : : : : : : : : : ::|: : : : : : : : :|: : : : : : : : : : : : : :ハ::|: : : : : : : :ii: : : :ヽ: : : : : : :
: : :/: : : : : : : : : : /: :|: : : : : : : : :|: : : : : : : : : /: : ::/|:::|: : : : : : : ::i.i: : : :ヽ: : : : : : ::
: : i: : : : : : : : : : :/: : |: : : : : : : : :|: : : : : : : : :/: : ::/_Lノ|: : : : : ::|: :|.iヽ: : ヽ: : : : : ::|::
: :/: : : : : : : : : : /: : :|: : : : : : : : :|: : : : : : :_; r-:''ナ´|::j.|: : : : : :j|: :| i:〉: : ヽ: : : : : ::ル:1
: :j: : : : : : : : : : :j: : :/: : : : : : : : ::|: :, :r::':´:ノ: : / _.j::j |: : : : : /|: j`\: : ::1: : : : : ::i : i
::/: : : : : : : : : : j: /::|: : : : : : : : :|´: : : : ://::/  .j::/ |: : : : :/.j: / 、:|.1:ヽ:|: : : : : ::|.i:::|
:/: : : : : : : : : : :|: : : ::|: : : : : : : : :|: : : :///--- j/__j: : : : :/ j::/ .|i .|: : :|: : : : : ::j i::|
/: : : : : : : : : : ::|: : ::ノ|: : : : : : : : :|: :/_イr===t''ヾ /: : ::ノ /'' __.'_ .|: ::/: : ::リ: :リ iリ
: : : : : : : : : : : :|: :/: :|: : : : : : : : ://o心:::::::ミリ`/: ::/ /'  ==ミ、j::ノ|: : ::/: :/ /
: : : : : : : i: : : : |/: : ::|: : : : : : : : :|∥ .《毛:::::::卅ii ' '´       ワ:::ミヾ |i: ::ノi::ノ
: : : : : : : :i: : : ::| '´`ヽゝ: : : : : : : ::|.` つゞ:::::乍彳        ii:::::リ }.///r'
: : : : : : : ::i: : : :|´⌒ヽ |: : : : : : : : :|  弋::::::::::少         .っ:::ノ '7: : : : |
: : : : : : : : :i: : ::|    |: : : : : : : : :i     ̄ ̄   ::::::::::::::  .ヾ::/  |: : : : :|
: : : : : : : : :ヽ: ::|    i: : : : : : : : :|    ///// :::::::::::::::::::::::::::::    .|: : : : :|
: : : : : : : : : ヽ: |     i: : : : : : : : :i               ヽ ///.|: : : : ::|
: : : : : : : : : : ヽ:|\_   1: : : : : : : ::i                   .|: : : : ::|
: : : : : : : : : : : :ゝ_: :`ゝj-1: : : : : : : ::i        ,_         .|: : : : ::|
: : : : : : : : : : : : :\`'イ. ヽ: : : : : : : 1.       ゝ、____フ    __.丿: : : : :|
: : : : : : : : : : : : : : \  \ヾ: : : : : : :1            , r ' ´   ` ヽ、: : j
: : : : : : : : : : : : : : : :::\  ヽ: : : : : : ::1         , r '´         \|  _
ゝ、: : : : : : : : : : : : : : : ::\ ヽ: : : :, r 、ゝ -, /⌒i /             .ヽ´  1-、
   ゝ-: : : : : : : : : : : : : : \ >-/´  ヽ  ヽ /                .ヽ  .1 .| 、
       ヽ 、: : : : : : : : ::/  ヽ   ヽ ヽ'                   |  i | 7
          ヽ、: : ::_ノ、   ヽ   〉  〉                   |  / | ./ヽ
宥「京太郎君……//」ドキドキ

京太郎「だから、竜華さんも本気で見極めてください」

竜華「……分かった」ギュッ

久「それじゃあ、私達は横で見てるわね」

宥「私も、もう反対なんてしない」

京太郎「いいんですか?」

宥「うん。私が間違ってたって分かったから」エヘヘ

京太郎「?」

宥「(ちゃんとあったんだ……私と京太郎君の絆)」ギュゥッ


~~~その頃 扉の外~~~

玄「……」


:::|:::::/〃   斗-- 、 ヾメ、ヽ /::::/.: :/:::::/::::::::::::::::::::/::::::::::/}::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
:::|:::/   /   {~⌒ヽ_ V》. {:::/ : : :/::/ /:::::::::::::::://:::::::/: :/:::::::/}::::::::::::::::: ヽ/ぃ 十 ヽ
:::|::{   /   r'⌒ヽ   } `  レ: : : :/ ': : :/:::::::::::::/: /::::/: : :/::::://::::::::::::::::::  (__ <j⌒)
:::|::|  ん  〃⌒) v‐ ' } : : : : : : : : : : : /::::::::::/:⌒//: : : :./::/: :/::::::/:::::::::  ー  l
: Ⅳ __{   {{ し' 〃  / : : : : : : : : : : :/::::::/: : : 斗=≡メ: ://: : /::::/::::::::::::::  ⌒) .フ|'⌒)
:::| (  ゝ⌒) `- ´  ./ : : : : : : : : : : :/:::/ : : : : : :  , -‐-ミx : : :/:/}::::::::::/::::::  / レ| α
:::|  〉- <\\\\ : : : : : : : : : : :.//: : : : : : :./  {   )ヾメ/: :/::::::::/:::::::::  |     |
:::|  {   ノ  \\\\\ : : : : : : : : : : : : : : : :′' >-='  〉ヘ : /::::::::/::::::::::::  廴ノ  .|
::|l.  } /´               : : : : : : : : : : : : : :{ { { し 〃   }}/:::::::::/::::::::::::::  ├  ナ
:八 { {                           乂` `ー=' _/ /'::::/}/::::::::::/::: <_ト、 '⌒)
:::::::ヽ} }                  ′  \\\/   `ヽ}/::::/:::::::/:::::::::|  ー  や
::::::::::::\   斗-―-                 \\>- r' \/:::::::::::::::::::::|:::::::::|  ⌒)  /
:::::\::::::::ヽ {      ⌒~`ヽ __            } j \,′::::::::::::::::::ハ::::::::|  / /⌒し
::::::::::ヽ:::::::::\                   `ヽ        //  j:::::::::::::::::::::/ }:::::|   :

344 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2014/01/16(木) 22:56:10.68 ID:aMaFph1wo [9/15]

玄「……」ソワソワ

 ガチャッ

玄「!」ビクッ

久「準備が出来ましたので、どうぞ」ニッコリ

玄「ひゃ、ひゃいっ!」ギギギッ

 スタスタ

玄「し、失礼しましゅ!」

 ゴゴゴゴゴゴゴッ

京太郎「どうぞ、お座りください」ドッドッドッドッド!

竜華「……」ドドドドドッ!!

玄「……はい」ナミダゴエ

 ガチャッ

京太郎「それでは只今より面接を始めたいと思います」メガネクイッ

竜華「まずは名前と自己PRをお願いします」メガネクイッ

玄「じ、じこぴーあーる?」

京太郎「……」

竜華「……」

玄「は、はいっ! 松実玄です!」ガタッ

京太郎「はい」

玄「(え、えと自己PRは……)」ドキドキ



 選択安価↓3

1 ファッションに興味があり、勉強している

2 実家が旅館を経営しているので、家事が得意

3 麻雀で全国大会に出ました

4 おもちソムリエ2級の資格を持っている

5 自慢のおねーちゃんがいる



371 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2014/01/16(木) 23:10:13.83 ID:aMaFph1wo [11/15]

玄「えと、その……」オロオロ

京太郎「……何も無いんですか?」

竜華「……」

玄「う、うぅ……(ダメだよぉ、何も思い浮かばない)」フラフラ

京太郎「無理にいいことを言おうとしなくても結構ですから」

玄「……(そうだ、ここで黙ってても始まらない。少しでもアピールしなきゃ!)」ギュッ

竜華「(結局手助けするんやね)」クスッ

京太郎「……(俺も甘いなぁ)」

玄「実家が、旅館を経営しているので……よくお手伝いをしています」

竜華「そうなんですか?」

玄「はい。なので家事や炊事は得意です」

京太郎「……」カリカリカリ

竜華「……」ヒソヒソ


玄「(でもよく考えたらメイクと何も関係ないよぉ)」ショボーン


京太郎「分かりました。では次に質問をさせて頂きます」

玄「はいっ!」

竜華「御社のメイクを希望されているとのことですが」

玄「は、はい。どうしてもやりたくて……」

京太郎「では、志望動機をお聞かせください」メガネクイッ

竜華「お聞かせください」メガネクイッ

玄「!!」


 選択安価↓3

1 ただなんとなく

2 京太郎君の大ファンだから

3 ファッションが好きだから

4 おねーちゃんばっかり羨ましいから

5 大切な人と同じ景色を見たいから



378 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2014/01/16(木) 23:21:47.14 ID:aMaFph1wo [12/15]

玄「志望動機……」

京太郎「……」ジィーッ

竜華「……」ジィーッ

玄「私にはとっても大切な人がいまして」

京太郎「?」

玄「その人は誰よりも優しくて、私の自慢だったけど……実はダメダメなところも多くて」

竜華「……」チラッ


宥「玄ちゃん……?」


玄「私がずっと傍にいなきゃダメだなって思ってばかりの毎日でした」

京太郎「……」

玄「でも、そんなダメダメな人でも。 私のことになると急にかっこよくなって……助けてくれて」

竜華「……」ジィッ

玄「そして気がつけば……私がいなくても誰かの為に役に立っていて。私は……置いていかれてしまって」ギュゥッ


京太郎「(玄さんも……俺と同じ、だったのか)」ドクン


玄「だから、私もその人と同じ位置に立ちたい。そこに立って同じ景色を見たい!」グッ

京太郎「(想いは、本物なんだな……)」

玄「私は……おねーちゃんに負けたくない!」

              , r ───-- 、
           r '´ : : : : : : : : : `ヽ、
         ./ : : : : : : : : : : : : : :\
        / : : : : : : : : : : : : ヽ : : : : : ヽ
       ./ : / : : / : : : : : :|: : : : : : :ハ: : :ヽ : ヽ :ヽ
      / : / : : : /: : : : :l: ::j: :|: : : : : | }: : : :ヽ: ::ヽ : ヽ
      / : :{ : : : ::{: : : : :ノ:ノ}:::ル: : : : リ、}::ハ: : ヾ,: ::}: : ハ
     .{ : : | : : : 」; 斗七´/.}:/.}: : : :リノ }`ト;、: :}:}:: l ; ;} }
     ! { : :! : : : :!: : :ノ':/`/' .j: : : ://  .リ |: 外|: :l: : ト|
     .|::l : ::| : : : |:/,r=≠ミ /: : ノ ' ,r=≠ミ/ |リ:: :| :ハ}
     .|::|: : :| : : : | 《{////゚} ´    .{//゚/}.ヾ|: : : :|/' '
     .|::| : ::|: : : ::| ヾゝ//ソ       リ゚/ソ∥!: : ::Y|
     .|::|: : :l: : : : |  , , ,      ,   , , ,  .j:::: : :|:|
     !:l : : :{: : : :{                l: : : :|::!
     }::l : : :l: : : ::{               .j : : :リ: |
     .}::i : : :l: : : ::ト、.     ⊂⊃    .ノ: : : ::j: :|
      l: 〉: : :〉: : : :V>、         rl'´リ: : : :/: リ
     .} :∧: : :W、: :ゝ、_.|_` ー __, ィr<、: |:/': : ::/ : /
     ノ : : :ヽ: : :ヽ:\ヽ   ̄ ` ヽ、{ _, r'  フ: ::/:: /
   / : : :r‐'ヽ: : : : ∧           /:/: : :∧、
 ,/': : : ::/  .∧: l: : ::ヽー-        ./: : : : :∧: : \
//: : : , r'ー-  ∧l: : : :ヽ   ー--  j: : : : ::/ ) 、::ヽ::ヽ
/./::/     `> 〉: : : : }         l: : : : /r'´  `ヽヽ:)
! {:/ヘ        ノ:,: : : : :ト--  ___, -{: : : : {     ハ V
 V ∧      ノ' .|: : : : :}   `ー-'´ ヽ、: : l:ゝ   /.}

宥「玄ちゃん……」ウルウル


京太郎「なるほど、分かりました」

竜華「座って頂いて大丈夫ですよ」


玄「あっ……」サァァァ





379 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2014/01/16(木) 23:27:17.55 ID:aMaFph1wo [13/15]

玄「(緊張のあまり、頭が真っ白になっちゃった……)」フラフラ

京太郎「……」

玄「(どうしよう、あんな恥ずかしいこと言っちゃった)」ズゥーン

竜華「では次の質問に」

玄「は、はい!」

京太郎「松実さんはメイク担当を志望ということですが」

竜華「具体的にどの様にうちの須賀を仕立てていきたいですか?」

玄「!」

京太郎「(この質問は重要だな)」

竜華「(宥さんと二人いなければならない理由。それを証明できなければ――)」

玄「……」


 選択安価↓3

1 新しいメイクを考える

2 ファッションに力を入れる

3 肉体改造をメインにする

4 ヘアーセット

5 分からない



385 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2014/01/16(木) 23:42:01.20 ID:aMaFph1wo [14/15]


新しいメイクを考える
  • 宥の一強

肉体改造をメインにする
  • 煌の一強

ヘアーセット
  • 竜華・宥の二強



玄「あの、私なんかがこんなこと言うのは……その」モジモジ

京太郎「?」

竜華「遠慮はいりませんのでハッキリ言って、どうぞ」

玄「……須賀京太郎君はファッションセンスが無いと思います」

京太郎「」ガハッ

竜華「」ビチャッ

玄「その、おねーちゃんもそうなんですけど」


宥「」カキーンッ

久「冷たっ!?」


京太郎「そ、それは……」ブルブルブル

竜華「」チマミレ

玄「正直、顔と服装が噛み合ってないと思う。その服、し●むらで買ったみたい」バッサリ

京太郎「」


 ガシャァァァァン ガクッ


竜華「きょ、京太郎君!?」

玄「だから、ファッショニストとして京太郎君を導きます!」

 ピシィィィン!?

久「(ここでメイクを破棄!?)」

竜華「(新たな職を開拓!?)」

京太郎「」チーン

宥「」カキィーン


久「やるわね。確かにこれまで京太郎君の服装には手をつけてこなかった」

社長「というより、手をつけようとしていつも失敗してたんだよね」

竜華「がはっ?!」ブシャッ

 ズボンを用意しなくて股間を晒したり、ウェディングドレスを身にまとったり
 そのうち、京太郎の顔や髪型だけに気を遣うようになり……

 服装はまるっきり見向きもされなくなってしまったのだ




389 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2014/01/16(木) 23:51:09.01 ID:aMaFph1wo [15/15]


玄「(あれ、なんだか風向きが……)」

京太郎「」

竜華「」

宥「」

玄「……」

    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::゚。
     :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}:} :.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.|:.:.:.|:.:.:.:.:
   |     |   |:.:|:.:.:.:.://:.:/|:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.|:.:.:.|   ...:.::::::゚
   |:.:.|:.:.:.:|:.:.:.:.:.:ト、!:.:.:.//:.:/ :.:.:.:.:.:.:.:|:|:.:.l:.:.:.|:|i:.:.:.::::::::::::}
   |:.:.|:.:.:.:|:.:.:.:.:.:|.ノ`≧ュj/,_./i.:.:.:.:.:.:.:jム斗匕}:|i:.:.:.:::::::|::::|
   |:.:.|:.:.:.:|:.:.:.:.:.:|:.ノ=云=ミ イ:.:.:./ノx=云リ jノi:.:::::::::イ::/
   |:.:.|:.:.:.:|:.:.:.:.:.i|/_人:+ハ  /:./   _人:+ハ‘, }.:.::// j/
  .:.:.:.゚,:.:.:.|:.:.:.:.:.i| マY:.:oノ        マY:.:oノ/厶イ!{
  /:.:.:.:.゚。.::|:.:.:.:.:.i|   ー'″      `ー'゙  /::::::|::|
 :′:.:.___@∨:.:.:.i| .:.:.:.:.:.:     ′ .:.:.:.:.:  ::::::::|::|
/:.:.:.: ´  ハ 。:.:.八      /ー―‐1      {::::::/ :|
:.:.:./   、|::ヘ ゚。:.:/ )、   {      }     ィ:::: ∧; ┐   逆転のチャンス!
:. /     / ̄)/ /:.:、 > ゝ--- ′< ノ:::::///:
: ′  _ | 丁 | |` ミ  \ ̄/,,_  |彡"彳/ /::::::::.___
:   | 、__) ー  | ,.:┐t'⌒{ }   入 |  r v // r―::′
! r‐、} '^    | | {ニ=- ∨ _ノ┴ュ'′/ }   〈_/ \
  し        ー  |ニニニ{ニ}ニニニニ} / ,ノ、     rヘ,_〉
   }       /    ニニニィ¨ト=ニニ7 {   ‘,      ̄}::.
. イ∧        /ニニニ/ マニニニ\ :,        /し':::::::.
  / ゝ     /'⌒ヽ/   マ> ´  \     /::::::::::::i::}

玄「ふっふっふ、勝負はもう着いたのです」ニヤリ

京太郎「」ガタガタガタガタ

竜華「ひぇっ」

玄「これからは私が京太郎君の下着から上着まで管理するんだからね」フフフ

京太郎「はひぃっ……お願いしますぅ」ビクンビクン

竜華「」

宥「」カチコチ

玄「ふぅ……」フキフキ

                 .. ----  .
             .  ≦        ミ  .
              /    . . . . . . . . . . . .   \
         /  . . . : : : : : : : : : : : : : : : . . . . ヽ
        . ....: : : : ..:.:./.::.:.. ..:..:..\ ..:.. ヽ: : : ∨‘,
          / ./../..:.:.:./:./:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:..:Vヽ: . ∨ハ
       / \′:.:.:.:.':.:′:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Vハ:....ノ i
        / .7T..ト....:.:i :i| :i:.:.:.:.{:.|、:{:.:.:.:.:ハ:.:.:.:ト::.i一:. . |
      ′/..:|..:|、:.:./|:.|{ :|:.:.:.:.ト:{ \:.、:.:.:/ : ヽ:|:.:.. i: .|
      : / ..:i|..:{:.\ |:ハ:{、:.:.:.廴__ 斗<:.:|::.:.:.|:.:|:.:.. |: .
.      |:il .:.::ii:八:{::{ |≧十\:∨ ,.     `|:.:.:..ト:|:.:.: |: .{
.      |:|!..:.::,| ..:.トド\ _,   `  z.、__レ|::.:.:.|´j:.:.:..|: .   ( \    / ) {_.}_} r‐
      ,|:{ .::/l| .:小≧==' '^     ´` ̄´`!:.:.: |' }:.:.:..|: . {   \ \/ /    _| |_/ )
     八| :ハ| .:.:{:.i xxx   ,     xxx |:.:.:.:|_,}:.:.:..|: . .i    .>  /    (__  __ ヽ  __
       (__) | .:. 八            |:.:.:.:}V:.:.:..:: . . {   / 〃        | |  ) } (_  ヽ
      .イ   i! .:.:| :i::..     丶 ノ     ,:.:.:./:i::.:.:. :i: . .   { {____.     | |  (_ ノ    )  }
     〃{   .}: :.:.{ :|::::i:>...      イ/.:.:/i:,′:.::.八 : .l  乂 ___ )    ._ノ         (__ノ
     {:i.:{   ハ:.:.:V :::|l:.:.:.}:.r } ̄ __ ノ/:.:./:./:.:.:.:. ::i{: . . {
.    八从 ,: .∧ :.{:::::リ::::::ノ 入_/'i{  /ィ /::/:.:.:.:. /::{:. . . .
       ∨ .:.:.:.\V‐≦ムイ  /》___.ノイ 7:.:.:.:. /廴:.. . .八
       /;..:.:.:.:.:./ \}!  r‐〉ォ´ ̄  }ノ /::.:.:.:./  , ヽ: .∧
.      /:/ .:.:::::/  ノ{{   '介′   i{ ./::.:.:.:./  /  ∨. ∧
     ノイ ..:.:.:./! く 廴. / .|乂 __人/::.:.:.:./   /    i: : . .:.
    __ノ/ ..:..::厶}/  \ ノ{ /j__ 斗-/::.:.:.. / i /      {: : . ∧
玄「完全勝利なのです!」ドゥルルルルルルヤァァァァァ!!!


 松実玄が仲間になった テレレッテ、テーレー♪


400 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2014/01/17(金) 00:09:03.48 ID:jnGVy/Tho [1/8]


~~数十分後~~

 ワイノワイノ

霞「それで、こういう状況なわけ?」

久「まぁ、そうなるわね」

菫「なるほどな、それにしても……」



玄「これも似合う!」キャッキャッ

京太郎「そうですか?」シャッ

宥「それに私のメイクを……」ペタペタ


~~京太郎変身中~~


京太郎(容姿S)「どうですか?」キリッ



竜華「……//」ポーッ

煌「んはぁっ……//」ゾクゾク

透華「抱いて欲しいですわ……//」モジモジ

はやり「服装だけでこんな――//」ジュンジュン

菫「全く、驚かされるな……//」ハァハァ

美穂子「ご立派です、若!」

明華「ジュテーム……//」カァァッ

霞「まぁ悪くないわねぇ……」ジュルリ


京太郎「でも、俺にこんな服合いますか?」

玄「大丈夫、すっごくカッコいいよ!」ウデクミッ

 ムニュン

京太郎「!?」

宥「むぅっ……!」ギュッ ウデクミッ

 ムニュッ

京太郎「!?!?!?」

 こ、これは!?
 両手におもち……じゃなくて、両手に華!?

京太郎「ほぁぁぁ……」

玄「おねーちゃんには負けないもん」

宥「私だって、玄ちゃんには負けないから!」


 バチバチバチ ムギュゥゥゥン ムニュゥゥウン


京太郎「」

須賀ホーン「何の為に戦うのかって、もう迷いなど無いのさ」ビィィィン




407 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2014/01/17(金) 00:20:14.23 ID:jnGVy/Tho [2/8]

401
 確かに、いや待て透華お嬢様と華菜ちゃんを入れれば両手両足に華が!?


 こうして、専属スタイリストをも獲得した京太郎
 その存在は果たして吉となるか凶となるか

 現時点で吉にしかなってない気もするが……果たして!?


女性陣「きゅぅぅぅ」アヘアヘ

京太郎「みんなダウンしちまった……」

霞「あら、私は平気よ」

京太郎「霞さん!」

霞「ふふ、この間の収録よかったらしいわね」

京太郎「はい! 霞さん達のお陰です」ニカッ

 キラキラキラッ

霞「んっ……//」プシッ!

京太郎「霞さん?」キョトン

霞「ん~~~、はぁっ、はぁっ……アナタ、普段からサングラスでもしておくべきね」カァァァ

京太郎「??」

霞「そ、それよりも初声優の感想はどう?」

京太郎「そうですねぇ……思った以上に難しかったです」

霞「そうね、実際に動くのとはまた勝手が違うし」

京太郎「はい」

霞「でもこれはいい経験になるわ。それも、すぐに役立つわよ」

京太郎「え?」

霞「ライダー、やるんでしょう? あれもアテレコがあるじゃない」クスクス

京太郎「あっ! そうか!!」

 そう、変身する前の演技はともかく、変身時……
 つまり、スーツアクターさんの演技に声を当てる必要があるんだ

京太郎「うわぁ、難しそうだなぁ」ポリポリ

霞「ええ。それに特撮の場合は生身でのアクションも多少はやらないとダメでしょうね」

京太郎「あ、アクション!」

 そうか、ソルサキでは指揮が大変だったけど……今回はバトル要素もあるんだよな



410 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2014/01/17(金) 00:34:06.68 ID:jnGVy/Tho [3/8]

京太郎「うがぁぁあ! なんだか不安になってきたぁぁ!」

霞「あらあら」

京太郎「霞さん、俺できますかね!?」

霞「そう言われても、どうかしら?」

京太郎「うぅっ」ズゥーン

霞「……(正直、ここで仕事をしくじってもらった方が都合がいいのだけれど)」ウーン

京太郎「……」ションボリ

霞「(まだよ。まだ私と契るには早いわ、宿すなら全盛期の彼の子でないと……)」チュルリ

京太郎「?」

霞「なんでもないわ。それより、アクションに不安があるんでしょう?」

京太郎「は、はい!」

霞「なら、その道のプロに意見を聞くのはどうかしら?」

京太郎「その道のプロ?」

 それは一体――!?

霞「どうせすぐにお世話になるんだし、今から会いに行ってみましょう」

京太郎「???」

霞「さぁ、付いて来て」

 ガチャッ

京太郎「あ、待ってくださいよ!」トテトテ

 霞さんの言うプロって誰なんだ……!?



【●映 スタジオ】

京太郎「こ、ここって前に来た……」

霞「そう。ファイズの撮影を行ってるスタジオね」

京太郎「も、もももしかしてその道のプロって……!?」

 キュウケイデース 

??「ふぅ……」スタスタ

京太郎「あ、あぁっ……」

霞「あれが、もうすぐもうひとりのアナタになる予定の――」


タカイワ「この時期でも暑いなぁ」スポッ


霞「スーツアクター、タカイワセイジよ」

京太郎「う、うぉぉぉぉ!! かっけぇぇぇぇ!!!」

タカイワ「ん?」

京太郎「あ、あの! 初めまして! 俺は――!」

タカイワ「ああ、知ってるよ。須賀君だろう?」ハハッ

京太郎「あ、ありがとうございます!」ペコリ

タカイワ「最年少ライダーか。君の動きを真似るのは骨が折れそうだよ」クスクス

京太郎「い、いえ! そんな!」アセアセ



413 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2014/01/17(金) 00:51:56.62 ID:jnGVy/Tho [4/8]


タカイワ「それで何か用なのかな? 剣の撮影はまだ先だったと思うけど」

京太郎「あ、えと。実はですね……」


~~説明中~~


京太郎「ということで。俺もアクションをこなしてみたいんです!」

タカイワ「なるほど。若いアイドルなのに偉いね」

京太郎「え?」

タカイワ「今までそんなことを聞いてきたのは君以外にはいなかったよ」クスクス

京太郎「そ、そうなんですか?」カァァァ

 これは意外と好感触っぽいぞ!
 これなら色んなことを教えて貰えるかも!?

タカイワ「でもね、そう言われてもこればっかりは簡単には答えられないな」

京太郎「えっ……?」

タカイワ「見たところ結構鍛えているようだけど……これを見てくれ」スッ

 ムキィィィン

京太郎「す、すげぇ!?」

 なんて筋肉!?
 1mgたりとて無駄の内容に絞り込まれた筋肉はまさに……一流の美術品のようだ!

タカイワ「わかるかい? これはトレーニングによって生まれたものじゃない」

京太郎「まさか、アクションを繰り返して――」

タカイワ「そう。そのお陰で今は……」シュッ

 シュシュシュシュシュシュシュシュシュッ

タカイワ×5「「「「「こんなことも出来るようになった」」」」」

京太郎「す、すげぇ!? タカイワさんが五人に見える!?」

 シュルルル

タカイワ「訓練すれば数年でこれくらいは簡単だ。二人くらいまでならアクターは誰でも出来る」

 もっとも三人以上の分身は才能が無ければできない
 そう、タカイワさんは続ける

京太郎「……」

タカイワ「分かるだろう? 君が今からアクションをかじっても大した変化は無い」

京太郎「でも……」

タカイワ「諦めて、もっと他のことで番組を盛り上げ――」

京太郎「でも! 俺はやれることをやりたいんです!!」カッ!!

タカイワ「!?」


 シュシュシュシュッ


京太郎「うぉぉぉ!!」キュッキュッ

 ブゥゥウン

タカイワ「こ、これは!?」

京太郎×3「「「ぐぬぬぬっ!!」」」ブゥゥウン


424 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2014/01/17(金) 01:10:07.05 ID:jnGVy/Tho [5/8]

 ズルッ ドシャッ

京太郎「あべっ!?」ゴチィーン

 タタッ

霞「ちょっと、大丈夫?」

京太郎「いたた……」

タカイワ「信じられない……ちょっといいか?」スッ

 ヌガシヌガシ

京太郎「た、タカイワさん!?」

タカイワ「(なんて筋肉だ……しかも、瞬発力の白筋と持久力の赤筋の両方をもつピンク筋の割合が多すぎる)」

京太郎「恥ずかしいですって」モジモジ

タカイワ「(多いどころかほぼ全身だぞ? 一体どうすればこんな体になる……!?)」ゾワッ

霞「あら、いい体ね」ナデナデ

京太郎「あふんっ」ゾクゾク

タカイワ「……須賀君、だったね」

京太郎「ひゃ、ひゃひっ!?」

タカイワ「……君には才能がある」

京太郎「え?」

タカイワ「勿論、特訓も無しにいきなりスーツアクターは無理だし、君が数年修行しても俺にはまだ及ばないだろう」

京太郎「そ、それはそうですよ!」

タカイワ「(ふふ、10年経てば今の俺、いや……どのアクターをも凌ぐ逸材になるだろうが……惜しい)」ゴクッ

霞「……」

タカイワ「そこで、君は今回なるべく自分で生身のスタントをやるべきだ」

京太郎「生身のスタント?」

タカイワ「知ってる人も多いが、引いたアングルでの落下シーンや戦闘なんかは俳優じゃなく俺達が代役でやっている」

京太郎「あ、知ってます。怪物に殴られたり、水に落ちるシーンですよね」

タカイワ「そうだ。しかし、君ならそれらに耐えられる肉体がある」

京太郎「!!」

霞「でも、安全面が……」

タカイワ「確かに危険もある。だが、これをやり遂げれば君は歴史に名を残すことになるぞ」

京太郎「!!」

タカイワ「……決めるのは君だ」

京太郎「……」

タカイワ「ただでさえ、今回は異色の作品だ。最年少のアイドルライダーに、女性ライダーが三人」

霞「叩かれるのは確実ね」

タカイワ「だが、君がただのアイドルでないことを証明し、昭和のアクション性を取り戻せれば――」

 評価は、180度変わるかもしれない

京太郎「お、俺は……」




427 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2014/01/17(金) 01:21:47.33 ID:jnGVy/Tho [6/8]

426
 無ければ取ればいいんじゃないかな?(すっとぼけ)  




【帰り道】

 テクテク スタスタ

霞「……よかったの?」

京太郎「何がですか?」

霞「ほら、返事を保留にしたでしょ?」

京太郎「ああ、それですか」

霞「怖くなっちゃった?」

京太郎「いえ、そういうわけじゃないんですけど」テクテク

霞「じゃあ、どうして?」

京太郎「……竜華さんに相談せずに決めたくなかったので」アハハ

霞「ふーん」

京太郎「……」

 本当はやりたい
 でも、怪我をする可能性がある以上俺一人で決めることは憚られる

 もう、竜華さんに相談せずに突っ走るのはやめたいから

京太郎「だから、ちゃんと許可を貰ってみせますよ」ニィッ

霞「ふふ、貰えるといいわね」

 テクテク

京太郎「……」

 自分でも信じられないくらい、順調にアイドル活動は続いている
 最初は雑誌の仕事、それからパンフレット
 ドラマに出て、いいともに出て、アニメのアフレコもやった

京太郎「順調、なんだよな」

霞「?」

 清澄のみんなとも仲直り出来たし、事務所のメンバーもたくさん増えた
 何も不安になることは無い

 このまま俺はトップアイドルを目指すだけでいいんだ

京太郎「さぁ、早く戻りましょう」

霞「ええ」

 だけど、この時の俺は知らなかったんだ
 人気者になるということ、トップアイドルになるということが――


壁)??「……」ニヤァァ  つナイフ


 あんなにも辛く、大変だということを




 つ  づ  く




536 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2014/01/20(月) 21:34:44.63 ID:UqfxTpV/o [7/17]


【アクセル1】


スタッフ陣「きゅぅ」バターンコ

 京太郎と霞が東●スタジオに出向いているその間
 スタッフ陣が京太郎の容姿Sにあてられ、ダウンしていた頃のことである


竜華「ダメや、力入らへん……」ヘナヘナ

宥「うぅ~」

透華「あなただけいればそれで満足ですわ……」ムニャムニャ


 グデーン


 どいつもこいつも惚けきった顔でよだれを垂らしている
 みっともない光景ではあるが、相手が相手だけに致し方ないようにも思えた

 そんな死屍累々の中で、一人だけ早期的に意識を覚醒させた人間がいた


煌「さて、そろそろ起きましょうか」スクッ


 そう、花田煌である
 この中でも1、2を争うほどに京太郎に対する耐性を持っている人物

煌「ふふっ、またまた隠しファイルが増えるかな?」ニヤリ

 同様に、どっぷりと中毒になっている人物でもあるのだが――

煌「さて、皆さんを起こし――」

 ハナテココリニキザンタユメヲ♪ ミライサエオキザリニシテー♪

煌「あら、電話?」キョトン

 突如なりだした煌の携帯
 慌ててディスプレイを覗いてみると――


携帯「白水哩」ブーブーッ

煌「部長?」

 着信の主はかつで自分の通っていた学校の先輩
 それも、麻雀部でお世話になったあの白水哩だ

煌「はい、もしもし」ピッ

 待たせてはいけないと、すかさず通話ボタンを入れる
 しかし、いくら待っても相手からの返事は無い

煌「部長? どうかしましたか?」

 煌も不審に思い、もう一度問いかける
 すると、携帯の向こうからすすり泣くような声が聞こえることに気がつく

煌「部長!? 泣いてるんですか!?」

哩『っ……花田……久しぶりなのに、ヒック、申し訳なかとよ……』

煌「い、いえ。それよりも急にどうしたんですか?」

 ようやく哩の声が聞けて安心したのも束の間
 すぐに煌の頭の中は不安という絵の具で彩られて行く

煌「(あの部長がこんなに取り乱しているなんて……)」

 自分の知る白水哩という人物から想像できないほどか細く、弱りきった声
 これが――何を意味しているのか煌には全く想像もできなかった