17 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/12/24(火) 23:25:13.55 ID:ug0ohjboo [8/10]

 夢を見ていた
 俺が、暗い暗い闇の底に堕ちていく夢

 人を裏切り、利用して、蔑んで

 自ら孤独になっていることにも気づかず、ただ深く―
 闇よりも深く

 気がつけば、俺の手は赤く染まっていた
 振り向けば誰もそこにはいなかった


 俺は――


??「ほら、起きぃや」ペチペチ

京太郎「……んぅ?」

??「……」

京太郎「なんだ、起こすならもっと優しくしろよ」

??「?」

京太郎「物覚えの悪い奴隷だな、全く」

??「何を――」グググ

京太郎「俺の奴隷にし――」

竜華「寝ぼけとんのやぁぁぁ!!」バチコォォン!

京太郎「ぼべらっ!?」ズシャァァァ!

 い、いってぇぇぇぇ!?  な、なんだぁ!?

竜華「ほら、もう朝やで」パンパン

京太郎「あれ? 竜華さん?」キョトン

竜華「まだ寝ぼけとるん?」ニコニコ

京太郎「いえ、すっかり目覚めました」キリッ

竜華「そっ、ならええで」

京太郎「……」テクテク

竜華「全く、あれだけ寝坊はしないようにって言うとったのにだ――」

京太郎「竜華さん」ギュゥゥウッ

竜華「ふぇっ!?」ドキッ

 アスナロダキィ!

京太郎「……よかった」ギュゥゥ

竜華「なっ、なぁっ……//」カァァァ

京太郎「この世界には竜華さんがいる。それだけで俺は――」ポロッ

竜華「……京太郎君?」

京太郎「おれ、俺はぁ……」ポロポロ

竜華「……」ギュッ

京太郎「りゅ……うかさん?」グスッ

竜華「うちはいなくならへんよ。だって、京太郎君のプロデューサーやもん」ギュゥゥウ

京太郎「うっ、ぐすっ……」

竜華「怖い夢見たんなら、うちが慰めたる。だから……もう泣かんといて」ナデナデ

京太郎「はいっ、すみません……すみ、ません……」ポロポロ

20 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/12/24(火) 23:35:44.81 ID:ug0ohjboo [9/10]

【食堂前】

京太郎「……」

竜華「ほら、何しとるん?」

京太郎「えと、その」モジモジ

竜華「いいからほら、とっとと入る!」ドンッ

京太郎「わわっ!?」


 ガチャッ


京太郎「あっ……」

久「あら、京太郎君。おはよう」ニコッ

煌「よく眠れたかな?」クスッ

美穂子「おはようございます、若」ニコニコ

透華「遅いお目覚めですわね」クスクス

はやり「ねぼすけさんめ☆」キャピッ

菫「たるんでるな、気を引き締めよう」フフフ

宥「あったかいココア飲もうよ」エヘヘ

明華「トーストもありますよ」フフッ

霞「ジャムがいいかしら? それともマーガリン?」ウフフ

ハギヨシ「ご希望とあらばピザトーストも」ササッ

和「一緒に食べましょう、須賀君」モジモジ


京太郎「……っ」ゴシゴシ

竜華「ほら、京太郎君は一人じゃないで」ポン

京太郎「はいっ!」ニカッ

 そうだよな
 俺はこのみんなと……仲間達と一緒に


京太郎「おはようございます!!」


 トップアイドルを目指すんだ!!



52 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/12/27(金) 20:44:49.63 ID:8hoXbFyZo [2/13]


【大晦日 合宿所】


 ザッザッ

京太郎「ふぅ、こんなもんかな」ゴシゴシ

美穂子「随分綺麗になりましたね」ニコ

煌「うん、充分じゃないかな?」

京太郎「結構お世話になりましたからねー」キュッキュッ

 この北海道の合宿所に来てはや一週間近く
 今は年越し前の大掃除ってわけだ

京太郎「いよいよ残り僅かですね」

久「そうねー。いろいろ楽しかったけど、年明けの仕事もあるし」

竜華「仕事用の携帯鳴りっぱなしや」ピピピピッ

透華「うちが出す新商品のCMもありますわ!」フフフ

宥「でもそれって下着じゃ……」

菫「何も問題ないだろう」ウン

はやり「無いでしょ☆」

煌「確かに」ハナジダラダラ

明華「???」

和「須賀君の女装……?」

竜華「うちらより美人やから……」ドンヨリ

久「えっ?」

霞「そうなの……?」

京太郎「???」

ハギヨシ「おや皆さん、掃除は終わりましたか?」スッ

透華「え、ええ。終わりましたわ」

ハギヨシ「そうですか。ではそろそろお昼にしましょう」ガラガラッ

宥「うわぁ、いい匂い……」

ハギヨシ「トゥーフゥーを使った料理です」カパッ


トゥーフゥー料理「」モワーン キラキラ


一同「……」ゴクッ

ハギヨシ「さぁ、お召し上がりください」

一同「ワーイ」ピョインッ


55 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/12/27(金) 20:48:20.63 ID:8hoXbFyZo [3/13]


【昼食後】

京太郎「いやぁ、流石ハギヨシさんの料理は最高ですね」ニヘラ

ハギヨシ「お褒めに預かり光栄です」フフ

京太郎「これは天の道を行く料理ですよ!」

ハギヨシ「いえいえ、私などまだまだです」フフフ

竜華「(これに比べたらうちの料理もまだまだや……!)」

宥「ほぁー」

和「(須賀君、こういう味が好みなんですね)」メモメモ

はやり「さて、午後はどうする?」

久「そうねぇ。軽くレッスンしてから、年越しを待つっていうのは?」

京太郎「そうですね。どうですか竜華さん」

竜華「うん。それでええよ」ニコッ

京太郎「それじゃあ、レッスンルームへ行きましょう」

ハギヨシ「では私は片付けをしておきますね」スタスタ

美穂子「あ、私も手伝います」トテトテ

霞「それじゃあ私達は行きましょう」

 ゾロゾロゾロ

京太郎「……よし、やるぞ!」ペチペチ



 選択安価↓3

1 容姿

2 歌唱力

3 演技

4 雀力

5 スキル開発


59 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/12/27(金) 21:01:44.20 ID:8hoXbFyZo [4/13]


【レッスンルーム】

京太郎「さて、それじゃあお願いします」ペコ

明華「はい、頑張りましょう~」ニコニコ


久「しかし京太郎君も大分上達したわね」

竜華「努力しとるからなぁ」

煌「そうですね。今までの下地がよい師によって開花した感じでしょう」フフフ


明華「んー♪」

京太郎「んー♪」

明華「いい感じですね」ニコニコ

京太郎「ありがとうございますっ!」

明華「発声に問題はないので、今日は座学を」チャッ 

京太郎「お、おぉ!?」

明華(E:メガネ)「?」キョトン

京太郎「い、いえ!(やべぇ……破壊力抜群だわ)」ドキドキ


菫「メガネか」メモメモ

久「メガネね」

竜華「メガネ……」

和「メガネが好きなんでしょうか……」

宥「う~っ!」

はやり「はやりもかけちゃおっかなぁ☆」

透華(E:メガネ)「……」クイッ

霞「(早い!? いつの間にメガネを!?)」ガクガク

煌「(そう言えば素でメガネをかけてる人っていませんね)」


京太郎「それじゃあお願いします」

明華「ええ♪」


コンマ安価 ↓3 ゾロ目でソウルキャッチ


00~09 京太郎「なるほど、分からん!!」デデーン
大失敗 

10~39 京太郎「ふんふむ」カキカキ
失敗 +1

40~89 京太郎「Foooooo!!」
成功 +3

90~99 明華「全然Goodじゃないですね」フゥ
大成功 +5

64 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/12/27(金) 21:10:59.95 ID:8hoXbFyZo [5/13]


明華「――ということですね」カキカキ

京太郎「へぇー、4拍子と2拍子ってちゃんと違うんスね!」

 明華さんの説明は分かり易い
 きっと何度も復讐したんだろう

京太郎「あとココも分かんないですけど」スッ

明華「そこは――」メモメモ

京太郎「ほへー」カキカキ

明華「つまり」

京太郎「なるほど」カキカキ

明華「ということは」

京太郎「ほむほむ」メモメモ

明華「ジュテ~ム♪」

京太郎「Foooo!!」カリカリカリカリ

明華「はい、その調子です!」ダキッ

 ムニュッ

京太郎「Yeah!!」キリッ



竜華「……」

透華「……」グシャッ パリンッ

菫「貴重なメガネが……」

宥「可哀想……」ホロリ

煌「ホントにどうにかならないでしょうか、このおもち脳は」イライラ

久「ええ、本当に」イライラ

透華「そのとおりですわ」ムカムカ

霞「あら、いいじゃない」

和「全くです」


 歌唱力が上昇した!! テレレレッテテーレー


66 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/12/27(金) 21:24:02.03 ID:8hoXbFyZo [6/13]


京太郎「なんだか分かってきました」ドヤァ

明華「では次はピアノを弾いてみましょうか」

京太郎「ピアノ?」

明華「指揮者はピアノが弾けるものなんですよ」ニコニコ

京太郎「ああ、そういえばドラマでそんなシーンがありました!」

明華「ふふっ。早速弾いてみましょう」ガラガガラッ



はやり「どこからピアノを出したの?」

久「さぁ?」

竜華「うーん」

煌「私じゃありません」

菫「では一体――」チラッ

    |
    |        /|  |ヽ
    |       / |  |:::ヽ
    |      / / /⌒ ヽヽヽ
    |     /  < | ο | >::::ヽ
    |     ヽヽ:⌒:: | /⌒:: /
    |     ヽヽ:::ノ ¥::::ノ/
    |      \∧ M ∧/
    |     // _ヽ::W::/ \
    |  __/_::ヽ__彡ミヽヘ
    |\:::::::\/━━─┐彡::::::::
    |ヽ\:::::::ヽ ::::::::::::::::::》《  ::::
    | \ \::| ::::::::::::: /::::\:::::::
    |/>/::ノ: :::::::::::::::/::::: :::\::
    |/::\:::::::>::::::::::/ :::::::::::::>::
    |ゝゝゝゝ\:::::\:::\::::::::::/::
    ||::::::::/ \::\::::::\::\/::ヽ:

一同「ウェッ!?」

京太郎「よーし、やるぞ!」コキコキ

明華「ふふっ」クスクス


コンマ安価 ↓3 ゾロ目でソウルキャッチ


00~09 京太郎「ムズイ……」ガクッ
大失敗 

10~39 京太郎「ぐぎぎぎぎっ」ポロンポロン
失敗 +1

40~89 京太郎「おもしれェ!!」ポロポロロン
成功 +3

90~99 京太郎「だって、モーツァルトはピンク色ですよ?」
大成功 +5

ゾロ目 明華「ああ――なんて美しいラフマニノフ!!」キラキラ




74 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/12/27(金) 21:38:52.41 ID:8hoXbFyZo [7/13]

明華「落ち着いて、ゆっくり」

京太郎「うーん」ポロロン

 ド、ド、ソ、ソ、ラ、ラ……ソ

京太郎「キラキラ星でもこんなに難しいのか……」ウーン

明華「初めてにしては筋がいいですよ」ニコニコ

京太郎「そうですか?」

明華「そのまま続けてください」スッ

京太郎「っ!」ドキッ

 明華さんが隣に……?!
 しかも、スッゲェ近い!!

明華「~~~♪」ポロロロン

京太郎「!?」

明華「合わせようとしないで、ゆっくり……」ポロポロン

京太郎「おお!? なんかジャズっぽい!」ポロポロ

 しかもノってきたら……弾きやすい!?

京太郎「おもしれェ!」ポロロロン

明華「クスッ……」ニコニコ


一同「……」


京太郎「ありがとうござました!」

明華「いえ、これからも頑張りましょう♪」ニコニコ

京太郎「よーし! 掴めて来たぞ!」メラメラ


 歌唱力が上昇した! テテテーテーテーッテッテー♪


透華「世の中所詮胸ですわ」キッパリ

久「そうね」ムカムカ

煌「全くです」イライラ

菫「……」




霞「(ふーん?)」ニマニマ






75 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/12/27(金) 21:52:10.59 ID:8hoXbFyZo [8/13]


【合宿所 リビング】


テレビ「デデーン 全員アウトー」


はやり「ふふっ、面白いねー」

久「なんだかんだ毎年これを見てる気がするわ」

宥「あったかいギャグ……」ホカホカ

竜華「本来やったら出れたんやけどなー、誰かさんは」ジトッ

京太郎「うぐっ」ドキッ

煌「まぁ、いいじゃないですか。まだまだこれからですよ」ウフフフ

美穂子「またすぐに若をテレビで見たいですね」クスクス

和「(須賀君とまた共演したい)」

京太郎「はい、頑張りますよ! まずはソルサキを完全にこなさいと!」」

菫「その意気だ」ウンウン

竜華「さて、そろそろ年も明けるで」

明華「年越し蕎麦美味しいです」チュルルッ

京太郎「……」

 もうすぐ12時を回るのか
 折角北海道に来てるんだし……何か特別なことしたいな

京太郎「(とは言っても、ここにはゲレンデくらいしかねぇ)」

 どうする?


選択安価↓3

1 このままみんなと新年を迎える

2 誰かを誘ってゲレンデに行く


79 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/12/27(金) 22:13:26.46 ID:8hoXbFyZo [9/13]

京太郎「(本当なら和を誘って……ロマンチックに年越し、なぁーんて)」チラッ

和「……須賀君?」キョトン

京太郎「っ!? な、なんでもない!」プイッ

ヽ./ : : : : : : : : : : ,: : : : : : : : : : : : : : : ヽ    ヽ冫
:: |: : : : ::/::/: : : /」: : : /}: : : :}゙`「丁ヽハ:!:!: !:  }
-ィ: : : |_,'_,,|-‐''/ / / .}: : /.|: :|: |:::/. }:|:|:. リ !.|. ト.、   ,. ──‐、
: :ト、::ィ゙ |: ::|\/ //.  /: :/ !: :!/!/  !从:/|:.| !∧冫 //´ ̄ ̄ヽ',
: :|人小|ヽ:!.ィ爪沁ヽ. /./ /,.イ爪心ヽ.! イ/.//′   U     } }
: :l: : ヾ |/{:::::::::⊂. ′   ´ ! :::::ィ./ ト,ムノ:!            , ,' '
:γ⌒ⅵヽ弋二;;ノ       ゝ-.″ | }: : : :|         //
',:{ :::`    ::::::::::::::     、  ::::::::::  レ′ : :!.        { !
..',\     ::::::::::              ノ:   ::::!           U
: : :| `ー´\       ,. ,      / !:! !  !
: : :|.     ` 、          ./|: :. !:! !  ::!        ◯
: : :|         }`   .. __ , イ  |::|: |:|: :|  |
: :: }     ィ‐┤.        ├ .、|::|: |:|: :|  {
和「??」

京太郎「……(流石にそんな空気の読めないことはできないか)」ハァ

 でも、こうしてみんなと年を越せるだけでも最高だ

竜華「お、そろそろやん」

 俺のことをよく考えてくれる竜華さん

煌「ワクワクしますね」

 こんな俺の世話をしてくれる煌さん

久「そう? 別に普通じゃない」ソワソワ

 意地っ張りだけど、本当は誰よりも仲間想いの久さん

透華「こうして賑やかな年越しも悪くありませんわ」フフ

 素直じゃないけど、一番期待してくれている透華さん

ハギヨシ「皆様、今年もお疲れ様でした」

 俺の憧れで、その夢を……背負わなければいけないハギヨシさん

美穂子「カウントダウンが始まりますよ」ウキウキ

 まだ過ごした時は短いけど、もう立派な仲間の美穂子さん

はやり「また年を迎えるんだねー」ズーン

 年長者なのに子供っぽくて、でも実は頼りになるはやりさん

菫「ふふ、来年もいいことがあるといいが」クスッ

 ぽんこつだけど、やる時はやってくれる菫さん

宥「京太郎君のお陰で、今年は暖かかった……」ポワー

 寒がりだけど、心の内は熱血な宥さん

明華「年越しらぁめん♪」チュルチュル

 まだキャラがうまく掴めてないけど、俺を的確に指導してくれる明華さん

霞「来年には……ふふっ、必ず手に入れるわ」クスクスクス

 おもち、おもち! おもちぃぃいぃぃぃぃ!! とにかく素晴らしい霞さん

京太郎「(みんないい人達だ。そんで……)」チラッ


和「もうすぐですね……」


 きっと報われないだろう……想い人


83 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/12/27(金) 22:28:42.99 ID:8hoXbFyZo [10/13]

82
 早く新刊買いたい



 この人達だけじゃない
 応援してくれるファンの人、俺に仕事をくれる制作サイド
 スタッフさんや、共演者の人達

 多くの人に支えられて、俺は今ここにいる

京太郎「……」

 正直、今年は何度もくじけそうになった
 いじけて、イラついて、何かに当たり散らしたくなって

 それでも、ここまでこうして歩いてこれたのはきっと――

京太郎「みんながいたから」ボソッ

一同「えっ?」

京太郎「俺がこうしていられるのは、きっとみんなのお陰だから」

竜華「京太郎君……」

京太郎「だからお礼を言わせてください」ペコリ

 俺を俺でいさせてくれて、俺に生きる意味をくれて

京太郎「……ありがとうございます」

一同「……」グググッ

京太郎「……あれ、なんで皆さん拳を握りしめていらっしゃるんでしょうか?」アセダラダラ

竜華「京太郎君、今何時?」ニコニコ

京太郎「へっ?」チラッ


時計「0時1分だお!」


京太郎「」

竜華「そんなくだらない話で年明けしたんやけど……?」ニコニコ

煌「言いましたよね? 私達は好きでやってんだって」ゴゴゴッ

久「今更礼なんて言われても、ねぇ?」

美穂子「水臭いです若!」

菫「呆れて言葉も出ない」ハァ

透華「全くですわね」

京太郎「ふぇぇ」ウルウル


85 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/12/27(金) 22:46:15.97 ID:8hoXbFyZo [11/13]

82
 行きつけの店が売ってなかった
 地道に探すお


和「ふふっ、でもこんな感じが私達らしいんじゃないでしょうか?」

京太郎「和?」

竜華「せやね。京太郎君はどこか締まらない方がええかも」クスッ

京太郎「え? え?」

一同「うんうん」

京太郎「なんか腑に落ちない」ズーン

煌「京太郎くんはかわいいってことですよ」ヨシヨシ

京太郎「嬉しくないです!」

久「何にしても、年も明けたんだからそろそろやっとかない?」

霞「そうね。ちゃんと締めましょう」

美穂子「では若、今度は情けない姿を見せないでくださいね」ニコニコ

京太郎「……はい」サッ

一同「……」ジッ

京太郎「俺は……トップアイドルになりたいです」

竜華「なりたいって、あんなぁ京太――」

煌「静かに」シッ

京太郎「だから皆さんに宣言します」

和「え?」

京太郎「俺は今年以内にトップアイドルになります! だから――」

 そう、もう俺は弱気になんかならない
 これは過去の俺との決別

京太郎「俺に付いてきてください。必ず、俺が頂上を見せます!」デデーン

一同「!!」ドキッ

京太郎「俺からは以上! よろしくオナシャス!!」ペコッ


一同「……」パチパチパチ


京太郎「……」カァァァァ

竜華「ええこと言うやん」ツンツン

煌「このこのー」ツンツン

 カッコイイー ダイテクダサイ

 ヌレルッ!  オカズニシヨウソウシヨウ

 ケッコンシヨ  ニンシンシタカモ

京太郎「ふぇぇ……」


104 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/12/29(日) 22:12:39.39 ID:NmoVx1rQo [2/11]

【元旦 合宿所】

京太郎「うーん……」ムニャムニャ

和「Zzzz」スピー

京太郎「うぇー、正月早々餅つきれすかぁ」ムニャムニャ

和「んっ……」スースー

京太郎「じゃあこねますねー」ウヘヘ

 モミモミモミ

和「んぁっ……」ビクッ

京太郎「んぇー、やわこいですねぇ……Zzzz」コネコネ

和「ぁっ、んっ……//」Zzzz

京太郎「ZZzzzzzz」モミモミモミモミ

和「~~~っ!!」ビクンビクンッ

 ガラガラッ

竜華「ほら、いつまで寝て――!」


京太郎「ウェッ!?」ガバッ

和「んぅっ?」パチッ


京太郎の手「ハートキャッチ」ワーオ♪


和「あっ……//」カァァァ

京太郎「……」

竜華「……」ゴゴゴゴゴゴゴッ

京太郎「ちゃうねん」

竜華「……」

京太郎「こ、これはクリボーが勝手に!」

竜華「少し……頭冷やそうか?」

\ウギャァァァアァァァ!!/

 モゾモゾモゾ

はやり「ふあぁぁ、よく寝た」ゴシゴシ

久「結局みんなこたつで寝ちゃったのよねぇ」

宥「うぅ、ちょっと寒い」ブルブル

 ガラガラ

美穂子「みなさん起きました?」

ハギヨシ「朝ごはんはできていますよ」


 モゾモゾ

透華「ふぁぁ、流石ですわ」ネムネム

菫「完全に寝過ごしてしまった」ズーン

明華「Zzzzz」スピー

霞「うぅ、うつ伏せで寝ちゃったから胸が痛いわ」サスサス



105 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/12/29(日) 22:22:31.65 ID:NmoVx1rQo [3/11]

竜華(殺意の波動)「はぁ、はぁっ……!」ギリギリッ

京太郎だった物質「」グチャグチャ

竜華「そ、そんなに触りたいなら、う、ううううちのにす、すすすれば!!」カァァァァ

肉塊「」

煌「●耶みたいになってるし、聞こえてないと思うな」ツンツン

肉塊「」ビクンビクンッ

和「わ、私の胸を……」ガッツポ!

久「まーた抜けがけね」ハァ

煌「完全独走ォ……」

竜華「う、うちが越えてやる!」チョウヘンシーン

透華「それよりも、初日の出を見逃してしまいましたわ」

霞「あら、ほんと。残念ね」

明華「くぁっ……」ネムネム

ハギヨシ「おせちとお雑煮です、どうぞ」スッ

宥「あったかぁい♪」モチィーッ

 ワイワイ キャッキャウフフフ

肉塊「」ズルビタズルビタッ

霞「これタッパーに詰めてもいい?」スッ

久「しょうがないわねぇ」つ【おっぱいマウスパッドVer美穂子】

美穂子「そ、それはっ!?」カァァァァ

久「ほーら、どう? この間(無理やり)型どったばかりのホヤホヤよ」

竜華「そんなんで元気になるわけ――」

美穂子「そうですよ! 若はそんな――!!」アタフタ




   /  /     |  ハ       |  | i 、 ヽ  \     \_
.   i  /     |  | |       |  | |、 i  ゙、 、 \_     _>
   |  i   | i  |  | |       |  ハ ハ _i!_ i   \ ヽ` ̄ ̄
   |  |   |+--|、_|! |   | i! ,/.ィ'|"i´ ハ  | i  ヾ 、 ヽ
   |  |   |.|ヽ |、_|王!ー  |./i .;"´/=、!/ | ! |   \ 、i      人
.   !. r|   i.|、!,,ィ'":::._iミi!  |/ /彳:::: r:!ヽ,| ,イ | 、_   \      `Y´
.   | |^!.  N 《 _、o;;;;i_ 丶、/ / ┴゜‐'"´ !イ | λ i` ー--ヽ
    ! | i、i、 ゙、  ` ̄ ̄   メ(        /^|イ `、|
   ノi \ヾi:.、、         i!      i ノリ   `
    |  ヽ__i                 |イ|/
    ヽ i、  i    ____....,     |/
      ヽ!、  i\   `ー-- ―'´  /、!
       i !i 、 \     ̄´  /!/       人
         |ハ,i、! 、 \      / ./.|       `Y´
         ト、! ゙、  `ー---'′ /|V

京太郎「A,HAPPY NEW YEAR!!」キリッ


一同「……」


京太郎「あ、それ貰っても」グヘヘ

久「別にいい――」

美穂子「絶対にダメです!」プンプン



108 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/12/29(日) 22:34:04.49 ID:NmoVx1rQo [4/11]


106
 1/1 美穂子型おっぱいマウスパッド
 和Ver、霞Ver、咲VerもNow on Not Sale!


【そんなこんなで】


 ギュッギュッ 

京太郎「さて、荷造りはこんなもんかな」ガサゴソ

久「忘れ物しないようにね」

菫「それにしても長い一週間だった」

霞「忘れたいことがたくさんありそうね」クスクス

菫「う、うるさいっ」カァァァ

竜華「一応今日まではレッスン出来るけど、どうする?」

京太郎「そうですね。折角ですし」

はやり「レッスン終わったら、すぐに出られるようにしておかないとね」

宥「忘れ物無いかな」

美穂子「掃除も全て終わりました」フゥー

ハギヨシ「皆さんご苦労様です」フフフ

透華「折角北海道に来たのに、結局観光もありませんでしたわ」

久「まぁいいじゃない。また今度来ましょ」

明華「……」つカニ

霞「(なんで蟹を持ってるのかしら……)」ウーン

カニ「オィデュエルシロヨ」カチカチ

はやり「しかも生きてるんだね☆」

京太郎「カニ鍋食いてぇ」

美穂子「では戻ったら作りますね」フフ

京太郎「わーい」


煌「……」シュインシュインシュインッ


竜華「は、花田さんが怒りのあまり金髪になっとる!?」

菫「そんなに胸筋を守りたいのか……(困惑)」



109 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/12/29(日) 22:41:36.78 ID:NmoVx1rQo [5/11]


竜華「それじゃ、何のレッスンする?」

京太郎「そうですねぇ」ウーン

                > -─── <
              / : : : : : : : : ` 、
            / : : : : : : : : : : : : \
           / : : : :/ : : : : : : : : : : \
          ./ : : : : : :/ : : : : : : : : : : :  ヽ
          /: : : : /: : /: : : :/: : : : : :l : : : : : ヽ
        .∨: : : : :j: :∨: : : /: : : ::ル : : , j : : l : : : Y
         .j: : : : :Y´:ノ: : : ,; : ノ/j: : :イハ: : : : :! : : :  }
        .イ: : : : :ト'´Y: : : :ナ卅'‐x- zノ/j: : : : /ハ: : : : }: : : }
        l:!: : : : ::!: ::!: : : :レ'≠=≦、ノ ./: : : ::イ/.!:イ: : :!: : :!:!
        !:!: : : : Y .Y: : : :{ んzハソ  ノ ノ: :ノ/∧!' !: : :!: : ハ:}
        〉:l : : : : | .!: : : :| ゝ-ク'    ´ r=≦'.`メ: :ノ :/ノ.リ
       ./: :{: : : : ::! !: : : :l         ん.v/.}ノ::ノ': /'
      ./: : :〉: : : : ト-!: : : :!        ゝ.乂./: : :/:ノ
      /: :/´∧: : : :!`|: : : :|       `   ./: : :/イ
    ノ -‐'  .ヽ: : : {. {: : : :!   r--,    ./: :!: : : :j
 , r:'´'´     .∧: : :∧.、: : :{.`ヽ、  ̄´   ノ: !リ: : : リ
´: : :/,r ‐ .、   .∧: : :∧ヽ: :ゝ  `ヽ -‐<r‐-、': : : /
: : :/r.⌒ヽ、 `ヽ、 ∧: : :∧、\ゝ     ̄ /./Y !: : :/
: : {     ヽ  〉、∧: : ::∧` ,v‐ー-、   / }l | {:/
::/.!.     ヽ ∥} `}: : |: ::ヽr' ´   >./ /j' j .!
' .!      ∨' l  .}: :l: : ::Y´  r'´ r./ 〉'  { .ト,
  |      ∥ .j  l::j: : : ::}ゝ-{ / \    .' }、
  l      .∥∨  }/: : : : }  ∨   \   .∧
宥「たまには選んで欲しいな……」シュンッ

京太郎「容姿で」キッパリ

菫「え? 雀力じゃないのか……」グスッ

京太郎「麻雀で」キリッ

霞「ふーん?」ガリゴリガリゴリ ←くるみをこする音

京太郎「演技力で!」アセダラダラ

明華「……」ジィーッ

京太郎「……か、歌唱力」


はやり「優柔不断はダメだぞっ!」メッ

京太郎「そうは言っても!」

はやり「それじゃあスキルにしようねっ!」ニコニコ

京太郎「ほわぁぁぁぁ!」


 ヤイヤイ ガヤガヤ! ギャーギャー ウッウー!


竜華「……」ハァ

和「どうするんですか?」

竜華「せやな。ここはうちが決めたる!!」クワッ


選択安価 ↓3

1 容姿

2 歌唱力

3 演技

4 雀力

5 スキル開発

115 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/12/29(日) 22:50:25.86 ID:NmoVx1rQo [6/11]

竜華「容姿や!!」デーン

京太郎「へ!?」

菫「!?」

明華「あら……」

霞「……」グシャッ パラパラ

はやり「うーん、残念♪」

                 _,,  ----- _
             , r : : ´: : : : : : : : : : : : : :`:ヽ.、
           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::\
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::\
      ./: : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
      /: : : : ::/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : i: : : : : : : : : : : : : : ヽ
     /: : : : ::/: : : /: : : : : : : : : : :ハ: : : : : : : :|: : : : : :|: : : ::i: : : : :ヽ
     ./: : : : ::j: : : ::|: : : : : : : ::ハ: : | |: : : : : : : |: : : : : ::|: : : ::|: : : : :ヽ
     j: : : : : :|: : : ::|: : : :, r:ナ'ナ.|`:メ, |: : : : : : ::|i_,rハ-:、i: : : : |: : : ::i: ヽ
    .i: : : : : ii: : : : |: /: ::/::/ .j:::/  |: : : : : : /1:/ !: ::/iヽ、::リ: : : ::|:::ヽ
    |: : : : : ||: : : : |: : : :/_ノ--i:/  .|: : :::/|::/ .V ._i::/ .|: : :/: : : : :|i: :|
    |: : : : ::|:|: : : ::|: :::/r'   ノ' ヽ  |: :/ i/  r'´ y ヽ|:::イ: : : : :::|i::::|
    |: : : : ::|:|: : : : |/.{      .} レ     {    .レ'/: : : /::/|:リ
    .〉: : : : :|´|: : : ::|.  ゝ    ノ       、    .ノ./: : :/|::/ レ
   /:|: : : : :|. !: : : : !   ゝー''´         ゝ _.ノ /::::/:ノ'  '
   /: :|: : : : :|ゝi: : : ::|  \ \ \ \ \ \ \ \ \/::ノ: ::|:イ
   〈: :|: : : : ::|: :|: : : ::|                   ´ i: : ::j::|
   .ゝ:::|: : : : :|: :ヽ: : : |、       / ̄ ̄ ̄ヽ     ノ: : :ノ::|
    ヽ:|: : : : :|: : ヽ: : ::|.ゝ、     ゝ-------'__ -- ' /: : /: : ヽ、
    〉::!: : : : :|: : :>: : ::i  ` ヽ------- ' ´  __, --/: : :/: : : : : :ヽ
    /: !: : : : :i: :/ ヽ: ::i、        __ - '   ,,ノ::/::<: : : : : : :i:::ヽ
   ./: : :ヽ: : : :Y   〉、:ヽ、__,     ´    _ -´ // .ヽ: : : : ::iヽリ
  /: : : : :ヽ: : : ::|  ./ \ゝヽ      _, r ´      r⌒ヽ: : ::ノ レ
 /: : : : : : :ヽ: : : :|  |  `]-___, r ' ノ        /   ヽノ

宥「い、いいの?」ドキドキ

竜華「最近やってなかったし、それに……」ポンッ

京太郎「?」

竜華「折角東京に戻るんやし、カッコつけんとね」ニッ

京太郎「……はいっ!!」ニィッ


和「これ以上かっこよくなってどうするんですか?(正論)」

久「ロッカーで責任取りなさいよ(半ギレ)」

煌「あの胸の中で抱かれたいです(ガチギレ)」

透華「貴女達、少しは落ち着きなさいな」ドウドウ


宥「久しぶりだね」ワーイ

京太郎「頑張りましょう」グッ


コンマ安価 ↓3 ゾロ目であは~ん♪


00~09 京太郎「フゥーハハハッ!」ドヤッ
大失敗 

10~39 京太郎「ふむふむ」
失敗 +1

40~89 和「う、美しい……ハッ!?」
成功 +3

90~99 竜華「なぁ、すけべしようや……」ドキドキ
大成功 +5


123 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/12/29(日) 23:02:09.05 ID:NmoVx1rQo [7/11]

宥「それじゃあやるよー!」ワキワキ

京太郎「おお、どうなるかな」ワクワク

煌「楽しみですねー」ワクワク


~~数十分後~~


宥「できましたっ!」フフン

竜華「お、自信アリやな」

宥「今回はちょっとクールに攻めてみたんだ」ニコニコ

美穂子「寒いのが苦手なのに、クール系なんですね」

菫「それはあれじゃないか、ほら寒い日にアイス食べたくなる心理」

和「もう待ちきれません!」ハァハァ

久「ハリーハリー!!」バンバン

宥「それじゃあ、開けるね」カーテンガラガラ

透華「さて、どんな感じ――」

京太郎「……」スタスタ


 /|  :::| ::| ::i:::|       /!::::/i::|:ル-‐弋 ::|  ::::::::| ::::/| :|//::::|
. /|  :::| ::| :|!::|_    / |::/斗匕-‐弋サX|  ::::::::| :// :|/::::::!
  /|  ::::| ::|:iヾ!弋牙ヽ / / ^ー―‐'''" |  :::::::i| /∧ ::|/::/
.  /|  ::∧::i|    ̄   i             |  :::::/|// ∧ :|/
.   /|  :::::|\       |            |  :://|///∧ :|
.   ∧ ::::::|.∧      |            |  /// |.///∧:|   ※京太郎
    ∧ ::::|./丶    i             | :///   |.///  :|
.     ∧ ::|///|\   `           / ///    !∧| ̄\
      ∧ ∨/|  |\  `==‐-     / ///    |  ∨:∧ \
.       ∧ ∨|  |//.\ ー    // //     丿   ∨/!  |\
        /\ !_|//i/\  , <  //           ∨  | |\
      / |l\ !ハノ ./ 厂 ∧  /              /   | |  \

和「う、美しい……ハッ!?」ドキッ

竜華「なんやこのイケメンッ!?」

明華「ふふっ」パチパチ

美穂子「わ、若……!!」フラフラ

煌「……」パシャパシャパシャ

京太郎「この顔すっげぇ疲れるんですけど」フゥー


霞「……」カシャッ ピローン メルメル


~~~~


 ブーッブーッ

??「霞ちゃんから……?」パカッ カチカチ


 添付:京太郎の写真


??「ぁっ……//」キュンッ

 フラフラ

 バッターン!!



128 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/12/29(日) 23:13:51.95 ID:NmoVx1rQo [8/11]

竜華「京太郎君も幅が広くなったなぁ」ジーン

京太郎「でもこれなんか婚約者取られそうな顔だちですよね」シンドウー

久「その哀愁感がいいんじゃない?」テキトウ

霞「(絶対に手に入れる)」フフフ


宥「よし、じゃあ次にチャレンジ!」ワキワキ


はやり「次はもっとガツガツ系が見たいな!」

菫「確かに京太郎君の肉食系は見てみたいかも」ウン

京太郎「肉食系ですか?」

宥「うーん」

透華「何かいい案でもありまして?」

 ダダダッ

和「す、須賀君! か、かかかっこいいです!」ドキドキ

京太郎「ああ、ありがとうな」ニコッ

和「クゥーン」ボシュゥゥゥ!


宥「とにかくやってみます!」メラメラ!

京太郎「お、お願いします」アツイッ


 コンマ安価↓3 ゾロ目で容姿が日本一ソフトウェア


00~09 京太郎「フゥーハハハッ!」ドヤッ
大失敗 

10~39 京太郎「ふむふむ」
失敗 +1

40~89 京太郎「こ、これは!?」イッケメェェェェェン!
成功 +3  容姿S!!

90~99 京太郎「……」ドドドドドッ
大成功 +5

149 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/12/29(日) 23:41:21.23 ID:NmoVx1rQo [10/11]

~~一時間後~~


透華「随分時間がかかってますわね」

竜華「それだけ気合入れてるんとちゃう?」

久「どうかしら」

 ガタッ ガサガサ

和「あ、もう準備できたようですよ」

煌「楽しみです」

 タタタッ

宥「たたたた大変だよぉ!!」ガタガタガタ

美穂子「どうかしたんですか?」

菫「失敗したのか?」

宥「そうじゃなくて、そのやりすぎたというかその……//」モジモジ

一同「??」

宥「と、とにかく開けるよ!」サッ

はやり「肉食京太郎君楽しみだね!」

透華「さて、鬼が出るか蛇が出るか」

明華「……」ドキドキ

竜華「京太郎君……」

 ファサッ

京太郎「……」コツコツ

一同「!?」

京太郎「ふぅっ……」ザッ

                     ,イ
                       { ( 丶
                     . -┴′  ̄ ̄   \
                      / 
                   /                  \
               /       ,                 ヽ、
                       ,′/  ,ィ            、 ___ >
                / /  / / / .|    , /Ⅳ |∨.  ∧
              ーイ ′ |==トミz、Ⅳ}  //_,斗V ,| Ⅳ ∧
               ノイ  八ヽ {うソ``//Ⅳ=ぅニア/! l V  }
                   | { ′     /         '7,/ ∨/
                   {'∨  !        {      /イ ∧Ⅳ
                   \               Ⅳ レ′
                     圦    ー― 一  八
                  | \       , イ
                       !   \     /!/
                _|___  ー<  |′
                  |三三三o三|     ,' | ___
                  |三三三三=|    ,'  |ニ{三o=|
          -=二三//三≧o=|   ,'   |ニ{三o=|
   -=二三三三三三//三三三三≧ュ   ヽ圦三≧ュ
/三三三∧三三三//三三三三三/ /   r‐「 V三\\ニ≧ュ
三三三三=∧三´-<三三三三三三/ /    Ⅳ Vニ三\\三三≧ュ___
三三三三三=}三三三三三三三ニ / / \    ||∨}三三三>`三三\三ヽ
一同「「「「「「んぁっ♪」」」」」」ズッキュゥゥウゥウン!

京太郎「こ、これは!?」イッケメェェェェェン!




155 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/12/29(日) 23:49:17.61 ID:NmoVx1rQo [11/11]

151
 ちょこっとだけホーンいじってる


京太郎「あの、どうですか?」ズイッ

竜華「ちょ、こっち見ないで……//」モジモジ

京太郎「?」チラッ

久「ひっ!?」ゾクゾクッ

美穂子「んっ……//」モジモジ

菫「」ジュワッ

京太郎「和?」

和「」チーン

はやり「」ハナジダラダラ

煌「取り敢えず踏んでください!」ズザァァァ!

宥「こんなに危険なものを生み出しちゃった……//」ドキドキ

明華「なんという……」ドキドキ

霞「結婚しましょう。鹿児島に家を建てたの、白くてきれいなとても静かな家」ブツブツブツ

透華「お金なんて、なんの価値もありませんわ。あ、アナタの前では……//」モジモジ


 モワァ~ン  ※発情した雌の空気


京太郎「」

 ガチャッ

ハギヨシ「そろそろ時間ですが――」

京太郎「……」

ハギヨシ「……」

女性人「」ポワーン

ハギヨシ「……」ニッコリ


 バタンッ


京太郎「助けてェー!! 開けてくださいぃぃ!!」ダンダンダンダンッ!

ハギヨシ「お世継ぎをお願いします」ペコリ

京太郎「イヤァァァァァァ!!!」ダンダンダンッ!




162 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/12/30(月) 00:00:25.35 ID:le0lQTnjo [1/16]


~~そんなこんなで~~


京太郎「ひどい目にあった」ゲッソリ

竜華「ま、まぁちょっと錯乱しただけやん」ツヤツヤ

久「そうよ」ツヤツヤ

美穂子「~~~//」ツヤツヤ

透華「……」ツヤツヤ

和「須賀君が、ふふっ……須賀君の須賀君」ツヤツヤ

はやり「若返ったよ☆」ツヤツヤ

菫「ゆるくなってる……」ツヤツヤ

宥「まだあったかい……//」ツヤツヤ

明華「こ、こんな気持ち……//」ツヤツヤ

霞「ご馳走様」ツヤツヤ


京太郎「もうお婿にいけない」シクシク

ハギヨシ「美とはかくも罪なものですね」フフフ

 ブブーン

京太郎「あれ、もう一台バスが来てますね」

竜華「ああ、うちらの次にここを使う団体やない?」

京太郎「うわ、しかも可愛い子がたくさん乗ってる!」

煌「他所のアイドル事務所じゃないですか?」

久「へぇ、でもうちには関係ないわね」スタスタ

ハギヨシ「時間もおしてますし、行きましょう」

京太郎「はいっ!」


 スタスタスタ

アイドルS「全く、このボクがどうして元旦そうそう修行なんですか?」プンプン

P「そう文句言うなよ」ヤレヤレ

アイドルS「そ・れ・に! 世界で一番可愛いボクにレッスンなんてそもそも必要な――」チラッ


京太郎「ん?」チラッ


 メトメガアウー


アイドルS「」ガタガタガタガタガタ

京太郎「(可愛い子だな、同業者だろうし挨拶しておくか)」ニコッ

アイドルS「」ジョバジョバジョバジョバジョバ!!

P「な、72ィィィィイ!?」ゴクゴク


京太郎「(???)」スタスタ


アイドルS「あ、あばばばっ!? こ、このボクが……」ガクッ



175 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/12/30(月) 00:10:50.77 ID:le0lQTnjo [2/16]

173
 うむ
 赤羽根Pはまた別に出る予定


~~バスの中~~


京太郎「なんだったんだろう」

菫「(あれも経験さ)」フッ

竜華「これがうちの京太郎の力や!」ドヤァ

久「大人気ないわよ京太郎君」

京太郎「挨拶しただけなんですけど」

和「もはや須賀君の存在が凶器ですから」

京太郎「えぇー?」

煌「さて、では帰りましょうか」

ハギヨシ「では出発します」

 ブーンブロブロ

竜華「京太郎君、いよいよこれからや」グッ

京太郎「はい。今年で……やってみせます!」グググッ

 目指すべきトップアイドル!
 絶対に……やり遂げてみせるぜ!


和「私も、須賀君に相応しいレベルに……」ギュッ

竜華「(うちが絶対に京太郎君を――!!)」


 それぞれの思惑を乗せながらバスは走る


霞「(須賀京太郎、あぁ……早く欲しいわね)」チュルリ

明華「……」


 その想いの行き着く先は、果たしてどこなのだろうか 


京太郎「よーし、頑張るぞー!!」


 京太郎は未だ、自らを待ち受ける運命を知らない



【合宿編】 カンッ!



232 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/12/30(月) 00:38:34.87 ID:le0lQTnjo [7/16]

230
 早く買いたいんやけどね
 というか誰も明華さんのキャラを指摘してこないということは大体当たってる?(謎の自信)


【翌日 京太郎のアパート】

京太郎「遂に戻ってきましたねー!」

 シーン

京太郎「……」ポツーン

 えー、どうも皆さん
 俺は須賀京太郎、アイドルやってます

 そのアイドルがなぜ、今こうして部屋でひとりぼっちなのかと言いますと


~~~

竜華「じゃあ、二日ほど大阪に帰るから」

煌「福岡に戻ります」

久「長野に帰らないとねー」

美穂子「私もです、すみません」

和「すぐに戻ってきますから!」

透華「衣達が心配するから仕方ありませんわ」

ハギヨシ「よいお正月を」

はやり「あー、またママに文句言われるかも☆(切実)」

宥「奈良に帰らなくちゃ」

菫「私は暇だなー、初詣とか行きたいなー」チラチラ

霞「鹿児島に戻るわ。近況報告もしたいしね」クスクス


~~~~


京太郎「あー、俺も長野に戻ればよかったかなー」 ゴロゴロ

 でもトップアイドルになるまではあまり戻りたくない
 うぅ、これが男の意地ってやつか

京太郎「誰か暇な人いないかな」

 東京だと照さんか淡とかか
 でもあの二人はなぁ……色々と面倒だし

京太郎「……はぁ、どうしよ」ズーン






235 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/12/30(月) 00:47:14.50 ID:le0lQTnjo [8/16]


 ピーンポーン

京太郎「ん?」

 誰だ?
 グルーポンのおせちは頼んでないし……

京太郎「はーい、今あけます」トテトテ

 一体誰だ、こんな日に?

 ガチャッ

京太郎「はーい」

明華「あけましておめでとうございます」ニコッ

京太郎「みょ、明華さん!?」ビクッ

明華「はい、明華です」ニコニコ

京太郎「う、うわぁ……//」カァァ

 すげぇ! ただでさえキレイな明華さんが、振袖を着てることによって……

明華「?」キョトン

京太郎「めっちゃ可愛い……」ボソッ

明華「えっ?」ドキッ

京太郎「あっ! いや、これはその!」アセアセ

明華「……//」モジモジ

京太郎「……//」ポリポリ

 やべぇ、気まずいな
 でもどうして明華さんがここに?

京太郎「えと、明華さんはどうして俺の家に?」

明華「あ、そうでした。実は初詣に行きたくて」

京太郎「へぇ……初詣ですか」

 初詣に行きたくてここに来たのか
 なるほど

 ふーん、なるほどなるほどー


京太郎「あの、明華さん」

明華「はい」

京太郎「ここは神社じゃないですよ」

明華「はい? ……そうですね」

京太郎「だから初詣はできないです」

明華「え? 予定があるんですか?」

京太郎「いや、ないです(半ギレ)」

明華「じゃあ大丈夫♪」ニコニコ

京太郎「???」

 スッ

明華「これで一緒に神社に行けますね」ギュゥゥッ

京太郎「!?」ドキッ


237 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/12/30(月) 00:52:08.27 ID:le0lQTnjo [9/16]

京太郎「も、もしかして俺と一緒に初詣に!?」ドキドキ

明華「はいっ♪」ニコニコ

京太郎「」キュンッ!

 ヴァンパイアガール……

明華「しゃなりしゃなり?」

京太郎「生きててえがった……」ポロポロッ

明華「???」

京太郎「それじゃあ今、着替えてくるので」

明華「はい」

京太郎「あ、それと」

明華「?」


 選択安価↓3


1 京太郎「キレイですよ、明華さん」

2 京太郎「綺麗な振袖ですね」

3 京太郎「その格好、動きにくくないですか?」



242 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/12/30(月) 01:00:58.42 ID:le0lQTnjo [10/16]

京太郎「キレイですよ、明華さん」

明華「~~っ//」モジッ

京太郎「あはは、それだけ言いたくて」

明華「S'il vous plait prenez la responsabilite et associe.」スラスラ

京太郎「へ?」

明華「あっ」ドキッ

京太郎「今……」


明華「……//」カァァァァ

京太郎「……(よく分からなかったけど適当に返事しておくか)」

 明華さんのことだし「冗談はやめてください」とか「そんなことないです」
 とか言ったんだろう、多分

明華「い、今のはその!」アタフタ

京太郎「俺、本気ですから」

明華「えっ?」

京太郎「だから冗談であんなこと言わないです」キリッ

明華「」ボッ

京太郎「じゃあ、着替えてきますね」スタスタ


明華「La personne de destin♪」エヘヘ



 バッチリ、いい印象を与えたみたいだぞ!




243 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/12/30(月) 01:11:17.89 ID:le0lQTnjo [11/16]

【神社】

 ガヤガヤガヤ ザワザワ

京太郎「うわぁ、人が多いですね」

明華「あっ……」ヨロッ

京太郎「足元気をつけてください。ほら」スッ

明華「……」ギュッ

京太郎「はぐれないようにしましょう」ニコッ

明華「はいっ」パァァ

 ミテミテー チョウキレイジャナーイ?
 シカモカレシモカッコイー  イケメーン  ダレカニニテルー

京太郎「(そんなカップルがいるのか?)」キョロキョロ

明華「??」

 グヘヘ、オナカノコアンザンキガンピヨ  スコシハオチツイテ

京太郎「大分行列が出来てますね」

明華「これは一体?」

京太郎「お賽銭ですよ」

明華「あ、知ってます」パチパチ

京太郎「折角ですし行きましょうか」

明華「はいっ!」


 トテトテトテ  ガヤガヤ

 ザワザワ


?「今の……お兄……ちゃん?」



249 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/12/30(月) 01:17:45.10 ID:le0lQTnjo [12/16]

~~そんなこんなで~~



京太郎「ようやく俺たちの番ですね」

明華「では早速」つ5円

京太郎「お、知ってるんですか」つ5円

明華「ご縁がありますように、ですよね」クスッ

京太郎「去年はご縁ばかりだったからなぁ、今年は何を祈ろうか」ウーン

明華「ふふっ」

京太郎「うーん」


 さて、どうする?


選択安価↓3

1 アイドルとして成長したい!

2 いい仕事が来るように!

3 恋愛が上手くいきますように!


259 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/12/30(月) 01:26:53.21 ID:le0lQTnjo [13/16]
258
 同じコナミだが違うのじゃ



京太郎「(周りが美人の女の子ばっかりだし……)」チャリンッ

 頼みます神様、俺にも少しくらいいい想いをさせてください!
 オナシャス!

京太郎「……」ガラガラッ

 パンパンッ

??「その願い、叶えてしんぜよう……」


京太郎「お、なんだか神様の声が色っぽい気がするぞ」

明華「さぁ、終わりましたね」

京太郎「そろそろ戻りましょうか」

明華「あっ!」コケッ

京太郎「危ないっ!」ダキッ

明華「あ、ありがとうございます……//」ドキドキ

京太郎「気をつけてくださいね」クスッ

明華「~~//」カァァ

 カラコロ スタスタ

京太郎「お、おみくじがありますよ」

明華「おみくじ、ですか」

京太郎「やってみましょうよ」

明華「面白そうですね」チャリン

京太郎「よーし、どうだろうな!」チャリン


 コンマ安価↓3

00~09 大凶

10~49 凶

50~89 吉

90~99 大吉

ゾロ目 博多華丸



270 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/12/30(月) 01:35:18.06 ID:le0lQTnjo [14/16]

 メクリ

京太郎「きょ、凶……」ガビーン

 なになに、あなた自身の運は最悪でーす☆


 今日死にまーす☆


京太郎「!?」

 なーんてウソウソ、本当は結構いい感じかも

京太郎「そんな嘘いらねーよ」

 あなたの運はゴミクズ以下の三流だけど、周りの仲間が助けてくれる筈

京太郎「へぇ」ペラッ

 黒髪ロング太ももむっちり巨乳か、ピンク神弁護士の娘巨乳が貴方の女神かも?
 昔好物だったわかめも、じつは今でもあなたのこと……

京太郎「ほえー」

 でもでも、浮気はダメだぞ!
 妹系金髪や超爆乳巫女に気をつけろぉ!!


京太郎「なるほど、分からん」グシャグシャポイッ

明華「ふんふ~ん♪」ニコニコ

京太郎「明華さんはよかったんですか?」

明華「はい!」パァァァ

京太郎「いいなぁ」

 まぁ、俺がダメでもほかの人がよければそれもいいかもな

京太郎「さて、それじゃあ帰りましょう」

明華「そうですね」ニコニコ

 スタスタスタ




 コソコソ



?「……」ジィーッ









275 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/12/30(月) 01:43:50.47 ID:le0lQTnjo [15/16]



?「……」ジィーッ


菫「おーい、何してる?」

照「置いてくよ」ヒュバババッ モグモグ

誠子「お腹壊しますよ」ハァ

尭深「もう手遅れになってそう」クスッ



?「……やっぱりお兄ちゃんだ」ボソッ

 一週間見なかっただけのに、あんなに変わっちゃった
 ううん、それだけじゃない

 顔以外も、演技力も歌唱力も雀力も……全然違う

 成長したんだ
 この短期間で……


?「ふふっ、やっぱりお兄ちゃんは……」


                _, -──-  .,_
               '´         `丶、
            /              \
           ,          /         \
.           /     .   /            ヽ
           ′     / /              `、
.          .' /   /,     // /|   |       `
         i     . /    」_ ′/  |   | i|  . i
.         i |   j/,    /イ`メ、   |  小 ||   ト.!
          j .|  ∨/    / |/ ヽ  |  ァT丁l   | |
         ノ i|  V    j 抖竿ミ    ノ ノ ,ノイjノ   | i
___ ____彡' , i|  i| j   八|:x:x:    /ィ竿ミ 刈    | }
 ̄¨ え≠  / 八 i|/l   |  |        :x:x:/ ノ    | ′ 
 /  -‐ '    ハ  八  ト、  ヘ.__ `  厶 イ   ノ  カッコイイなぁ……♪
/    __,.斗‐=≠衣  ヽ八\ 丶.__ソ  . イ(⌒ソ  イく
     jア¨¨^\   \   \ >-=≦廴_  ア /ノヘ\
  斗ァ'′     \   \   ヾ. \___ ⌒ヾく<,_ `ヽ )ノ
/圦 |       、\   ヽ   、∨tl  `ヽ . ∨ V\ i
 { `|           Vi:\  ハ  i } |    } i }  ∨,} }
≧=- |         辻_V\`i}  i } |  /} iハ}   辻ノ
   ノ          ¨〕V//リ  iノ ////V〔    ¨〕

淡「私の自慢のお兄ちゃん!!」エヘヘ


 これからも、もっともっと頑張ってね!






照「お腹痛い……」ウルウル

菫「やれやれ」ハァ



 初詣編  カン!




330 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/12/31(火) 21:38:10.02 ID:4UnPebNco [2/19]


【1月2日】


明華「ではまた」フリフリ

京太郎「はい。今日はありがとうございました」ペコリ


 明華さんとの初詣も終わり、やることもなく帰宅
 そんな俺をアパートの前で待ち受けていたのは……


淡「おっかえりー!」ダダダッ

京太郎「淡!?」ビクッ

淡「会いたかったぁ♪」ダキッ

京太郎「ちょ、おまっ!?」アタフタ

 自称、俺の妹だった




~~そんなこんなで~~~




淡「おかわりー♪」

京太郎「はいはい」

淡「んふー、タローのお雑煮美味しいよ」ニコニコ

京太郎「そうか? なんだか嬉しいな」アハハ

淡「毎日食べたいくらい!」

京太郎「お雑煮毎日は飽きるだろ」コトッ

淡「飽きないもん」プクーッ

京太郎「いーや、絶対に飽きるね」

淡「んむぅ……」モグモグ

京太郎「しっかしお前もよく食うな」

淡「うん、一週間くらい何も食べてなかったから」フゥー

京太郎「へー、そりゃまた……」


 一週間も食わないなんてダイエットかな?


京太郎「って、いやいやいや!! おかしいだろ!?」クワッ

淡「?」キョトン

京太郎「家に帰って何か食えよ!」

淡「それがね、最初は食べようと思ったんだけど……」

京太郎「思ったんだけど?」

淡「吐いちゃうの。げろげろーって」オエー

京太郎「は?」

淡「もうね、タローの料理しか食べられなくなっちゃった」ケロッ

京太郎「……はい?」

 ひょっとして、ギャグで言ってるのか?


334 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/12/31(火) 21:45:11.50 ID:4UnPebNco [3/19]

京太郎「あの、冗談だよな?」

淡「ううん、まったくもって」フンス

京太郎「いや、普通は死ぬんじゃね?」

淡「この一週間は飲み物とサプリメントだけで乗り切った、えへへ偉いでしょ」ブイッ

京太郎「偉くないわ馬鹿ちん!」ペチッ

淡「うゅっ!?」

京太郎「あのな、俺が作っても誰が作っても一緒だろ?」

淡「……全然違うもん」

京太郎「だったらほら、このポッキー」つポッキー

淡「?」

京太郎「あーん」スッ

淡「あーん♪」カプッ

 ポリポリポリ

京太郎「うまいか?」

淡「美味しい!」キラキラ

京太郎「……」

淡「……」ウマウマ

京太郎「食えんじゃん!!」ビシッ

淡「食えたー!!!」ワーイ

京太郎「なぁ、さっきのは……やっぱり嘘だろ?」

淡「ううん、嘘じゃないよ」

京太郎「いやいや、今食べたじゃん」

淡「うーん、分かった。多分タローの料理は問題じゃない」

京太郎「ほら」

淡「でも」

京太郎「でも?」

淡「タローがいなきゃダメ」

京太郎「へ?」

淡「タローと一緒じゃなきゃ食べられない」

京太郎「」



淡「タローがいなきゃ生きられなくなっちゃった」エヘヘ

京太郎「ジィィィィザァァァァァス!!」




339 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/12/31(火) 21:52:08.71 ID:4UnPebNco [4/19]


京太郎「ま、まぁそれはおいおい解決するとして」

淡「?」

京太郎「俺は明日から仕事なんだよ」

淡「へー、そうなんだ」

京太郎「だからお前のそばにずっと付いてやるわけにもいかねぇんだ」

淡「……」シュン

京太郎「悪い、何かいい方法を考えなきゃな」

淡「……ごめんね」ウルウル

京太郎「え?」

淡「私、妹なのに……お兄ちゃんに、グスッ、迷惑、かけて、ばっかりで……」グスグス

京太郎「……」



 選択安価 ↓3 +ゾロ目であわあわ復活の兆し


1 京太郎「甘ったれるな!」バチコーン!!

2 京太郎「バカ、俺達は兄妹なんだからそんなこと気にするなっての」ナデナデ

3 優しく抱きしめる 

4 耳をハミハミする



351 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/12/31(火) 22:05:34.24 ID:4UnPebNco [6/19]

京太郎「淡」

淡「あ、ごめっ……そのっ」ゴシゴシ

京太郎「もういい」ギュッ

淡「あっ」ドクンッ

京太郎「お前は何も悪く無い」ギュゥウ

 自分でも、どうしてそんなことをしてしまったのか分からなかった

淡「お、お兄ちゃ――!」ドキドキ

 ただ、目の前のこの少女が――
 俺の妹を名乗るこの少女が本当に、実の妹の様に思えて

京太郎「ダメな兄ちゃんでごめん」

 今こいつを見放したら、きっと自分がダメになるような気がしたんだ

淡「うぁっ……お、お兄ちゃん……//」カァァァ

京太郎「これからはお前のこと、ちゃんと大切にする。しっかり守る」

 ふと、思い浮かんだ
 遠い昔、僅か一日だけ共に過ごした少女

 自分によく似て、妹のように接した一人の女の子

京太郎「約束したからな、あの日」

淡「えっ……?」ドクンッドクンッ

京太郎「……あれ、俺今なんて」

淡「あ、あぁ……」ポロポロッ

京太郎「すまん、ちょっと混乱してて……あれ、この記憶って確か」ウーン

淡「思い出して、くれた」ポロポロ

京太郎「……そうだ」

 ガキの頃、一日だけ遊んだ女の子
 名前は聞かなかったけど、俺に良く似ている女の子で、確かその時――

京太郎「カメレオン……」

淡「うん、うんっ!!」ギュゥゥ

京太郎「そうだ。思い出した、思い出したぜ淡!」ギュッ

淡「たろぉ……お兄ちゃん」ギュゥゥ


 あの日――俺が妹にしたのが、淡だった


 俺は、そんな大切なことを忘れていたのか


京太郎「そっか、お前はずっと覚えてくれてたんだな」ナデナデ

淡「うん。私、お兄ちゃんの妹の淡だよ」ゴシゴシ

京太郎「ああ、お前は俺の妹だ。誰にも文句は言わせねぇよ」




352 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/12/31(火) 22:14:55.65 ID:4UnPebNco [7/19]
京太郎「……」ギュッ

淡「……」ギュッ

 それからは、気の遠くなるような時間が過ぎた
 二人で抱き合いながら、何も話すこともなく……ただ抱き合っているだけ

 でも少しも苦痛じゃなかった
 ほんの一言も言葉はいらなかった

 ただ抱き合っている

 それだけで、今までのすれ違いを埋めるられるような気がしたから

京太郎「……もう、いいか?」

淡「うん……」スッ

 どこか名残惜しそうに離れる淡の頭を軽く撫でる
 麻雀では魔物と呼ばれ、恐れられるコイツも……俺の前では一人の妹

 飾ることも、取り繕うこともない
 ただ純粋に、一人の少女として俺の前にいる

 それがどこかむず痒くもあり、嬉しかった

淡「……でも、いいの?」

京太郎「ん?」

淡「私、本当の妹じゃないよ……?」

京太郎「馬鹿、さっき言ったろ。誰にも文句言わせねぇって」ワシワシ

淡「ひゃっ」

          /   /     |   | |   | |  :       l :l   |  |   :|   | |
       / /    |    |__ | |   | |  |  :   l :l:  /|  |   :|   | |
.      ///     |    |\ |‐\八 |  |  |    |__,l /-|‐ :リ   リ  | |
     /  /   - 、     :|   x===ミx|‐-|  |:`ー /x===ミノ//  /  :∧{
       /   |  :.八   _/ {::{:::刈`|  |  l:  /´{::{:::刈\,_|  イ  /ー―‐ ..__
.      / / :|  ::|/ \{^ヽ 乂辷ツ八 |\| /' 乂辷ソ ノ^l/ } :/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: `「⌒:.
.       //  /|  ::l、   :    ー‐   \{  | /  ー‐    j/ /}/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.
     / _,/:.:..|  ::| \ !           j/        ′/:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.
        / :.:.:.:.:{  ::|\ハ_,          ノ            ,___/{:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.∧
.    /:.:.:.:.:.:.:.::′ ::|:.:.|\圦                       / j/l/.:.:′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.∧
.   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:′_,ノ⌒ヽ::|  、    、      _  -‐'     /:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:/:.:.::/:.:
 /\:.:.:.:.:.:.:r‐ ' ´     ∨\/ ̄ )  ̄ ̄        /   /.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /:.:/:.:.:./:.:.:
/:.:.:.:.:.:.\:.:.ノ  ----- 、  ∨/   / 、          /   ,/:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /:.:/:.:/:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /        ‘,  ‘, ./、 \       /   /.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.://:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:/:.:.:.:.:.{   ---- 、   ‘,  } /:.:.:} ̄ \ ̄ ̄ ̄/ ̄ /:.{/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:-<⌒:.:.:.:.:
:.:./:.:.:.:.:./       ‘,  ‘,「l /⌒^\________/}/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/´    \:.:.:.:.:
:/:.:.:.:.:.:.{: .    . :    ‘, 人U{:.:.:.:.:.:.:.|:\        /:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.―‐┐:/        \:.:
:.:.:.:.:.:.:.: }: : : :--:/\: . ノ:r/   / .: .:.:.:.:.|:.:.:.:\    ,/:.:.:. |:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
京太郎「勿論お前にも言わせないからな」ニィッ

淡「……うんっ!」パァァァッ

京太郎「そう決まれば、これからもよろしく」スッ

淡「えへへ、タロー大好き!」ダキッ


 これでいい
 本当の兄妹にはなれなくても、周囲から認められなくても

 俺だけはこいつを裏切らない
 こいつを守ってやる

 それでいいよな?

淡「んふ~♪」スリスリ

 こんなにも、幸せそうな顔を見ちまったんだからさ


【ヤンデレ雀士妹(自称)に死ぬほど愛されて夜も眠れないアイドル 編】  カンッ!