2 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/11/06(水) 22:57:30.46 ID:/L+gJUY9o [2/7]

                > -─── <
              / : : : : : : : : ` 、
            / : : : : : : : : : : : : \
           / : : : :/ : : : : : : : : : : \
          ./ : : : : : :/ : : : : : : : : : : :  ヽ
          /: : : : /: : /: : : :/: : : : : :l : : : : : ヽ どうして、こうなっちゃうのかな?
        .∨: : : : :j: :∨: : : /: : : ::ル : : , j : : l : : : Y
         .j: : : : :Y´:ノ: : : ,; : ノ/j: : :イハ: : : : :! : : :  }
        .イ: : : : :ト'´Y: : : :ナ卅'‐x- zノ/j: : : : /ハ: : : : }: : : }
        l:!: : : : ::!: ::!: : : :レ'≠=≦、ノ ./: : : ::イ/.!:イ: : :!: : :!:!
        !:!: : : : Y .Y: : : :{ んzハソ  ノ ノ: :ノ/∧!' !: : :!: : ハ:}
        〉:l : : : : | .!: : : :| ゝ-ク'    ´ r=≦'.`メ: :ノ :/ノ.リ
       ./: :{: : : : ::! !: : : :l         ん.v/.}ノ::ノ': /'
      ./: : :〉: : : : ト-!: : : :!        ゝ.乂./: : :/:ノ
      /: :/´∧: : : :!`|: : : :|       `   ./: : :/イ
    ノ -‐'  .ヽ: : : {. {: : : :!   r--,    ./: :!: : : :j
 , r:'´'´     .∧: : :∧.、: : :{.`ヽ、  ̄´   ノ: !リ: : : リ
´: : :/,r ‐ .、   .∧: : :∧ヽ: :ゝ  `ヽ -‐<r‐-、': : : /
: : :/r.⌒ヽ、 `ヽ、 ∧: : :∧、\ゝ     ̄ /./Y !: : :/
: : {     ヽ  〉、∧: : ::∧` ,v‐ー-、   / }l | {:/
::/.!.     ヽ ∥} `}: : |: ::ヽr' ´   >./ /j' j .!
' .!      ∨' l  .}: :l: : ::Y´  r'´ r./ 〉'  { .ト,
  |      ∥ .j  l::j: : : ::}ゝ-{ / \    .' }、
  l      .∥∨  }/: : : : }  ∨   \   .∧
【須賀京太郎】

<アイドルランク>(ファン人数)
  • Dランクアイドル(10000~100000)

<容姿> A(63) <雀力> E(29) <歌唱力> E(23) <演技力> C(42)

<特技>
  • タコス作り

<担当>
  • 清水谷竜華(プロデューサー)
  • 花田煌(マネージャー)
  • 弘世菫(麻雀コーチ) 
  • 瑞原はやり(トレーナー)
  • 竹井久(事務員見習い)
  • 龍門渕透華(スポンサー)
  • 松実宥(メイク)

<アイドル経歴>
  • 雑誌特集&パンフレット
  • サイン会
  • ドラマ主演
  • いい○も出演
  • CM出演

      |.  G |  F |  E | . D |. C | . B |. A | . S | SS |SSS
―――┼―――――――――――――――――――――――――
容姿  |llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
雀力  |lllllllllllllllllllllllllllll
歌唱力|lllllllllllllllllllllll
演技力|llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
<須賀京太郎のファン>

  • 宮永照
  • 宮永咲
  • 蒲原智美
  • 愛宕洋榎
  • 愛宕絹恵
  • 江口セーラ
  • 鹿倉胡桃
  • 染谷まこ
  • 片岡優希
  • 原村和
  • 国広一
  • 福路美穂子
  • 深堀純代
  • 藤田靖子
  • 滝見春

34 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/11/07(木) 00:35:31.29 ID:ZNMj1rFRo [3/4]

【おまけ】


ビッグスターバブル「お兄ちゃんの応援をしなきゃ」シメイカン


パソコン「」ウィーン


コードネームたかみー「ねぇ、なんで私達が?」

コードネームフィッシャー「こう見えて忙しいんだけど」


ビッグスターバブル「うるさーい! いいから会員サイトを作って!」プンプン


たかみ「……はぁ」カタカタ

フィッシャー「やれやれ」カタカタ




                                       ¨ ̄ ̄ ̄¨  、
                                    /   _/ ̄} ̄`ー-、
                                 /  ./ /{____:}⌒ _  \
                                   /  ./ /└.//-‐ /l \  \
                              |  |. /'‐-//  |. / .i-‐''\  \
                              /   .| {.〃⌒ヽ |/〃⌒ヽ |:|   》
                              //   ./| |.{i. (^ノ i}  {i (^ノ i}リノ  /
                  -‐=ニニ二二二二二二 /   ./:::|::::ヾ 二ノ  ヾゝ.イ|: /  ふっふっふっふっ
.              /                  /   ./:: ∧::∧  丶 フ   |:|r,人
              ((                  //   ./::::/::::\. \┌--‐ /「/^i \
.              ヽ             /.::/   ./ /:     ‐-┐ヽ. /  {  ヽ\ 二二二ニニ==‐
                      /..::::/   /:〈     -==}  i}     }   .}\\         ヽ
                     / //   /  :∧:::} : // ̄\/   /  /   \\           ノ
                    / /.::/   /   /∧{ : {.{\.   \/  /     \\      /
                    /    ./|   /     //└-=:\\     /           \\
                 (    (.  |   /     ::/:::∧:::::::〉 \/             ) )
                       ヽ   } / ̄{{__     .// }::: /               //
                    \ /  :. \..   ´   《∨                  /
                       /    .|::.  -===={ }=r‐-==‐-┐
                   ノ     {/\  /   /    / ̄  ‐-
               -‐=='´         ∨/ ‐-‐::::::/      /        }
             <      i/          ∨///  /      /            |
                \   i            ∨////  {  /‐-===┐    :|
                 \           ∨//    ヽ../     }      :|
               /\          |-‐  ̄ ̄               |
               /|::::::::: \__  -===┘                :  ̄ ̄|
               /  \:::::::                                |
.            /    ,.  `                        |    |
         /   ,.  `                              |.   |
.      rr/     `                             |.  :|
.    / {冂./                                 |   |
   /  /                                     }   |
.   {{.   {                                      {二二二ヽ_
.    \__〕                                  {_____〕



 一体彼女は、何星何淡なんだ……?


 続く


66 名前: ◆RwzBVKdQPM[] 投稿日:2013/11/07(木) 22:37:07.44 ID:Iz5s8tB/o [2/11]


【アクセル1】


 あのCM撮影から三日後のことだ   ※まだ放送されていません
 大事な話があるからと、竜華さんに事務所に呼び出された


 そこで俺を待っていたのは……


京太郎「クリスマス……ですか?」キョトン

煌「はいっ!」ニコニコ

京太郎「クリスマスがどうかしたんですか?」

煌「んふふっ、それはですねぇ」ニコニコ

竜華「ちょっと待った」

京太郎「竜華さん?」

竜華「その前にこれを見て」サッ

京太郎「どれどれ」ノゾキ


PC[須賀京太郎ファンクラブ]デデーン


京太郎「……」

竜華「……どう?」ドヤァ

京太郎「……え? 何これ?」

久「京太郎君のファンクラブよ」

京太郎「はえー、ファンクラブですか」

宥「凄い……」カチカチ

京太郎「……」

竜華「……」

京太郎「アイエエエ!?」



一同「反応遅っ!?」ガビーン


67 名前: ◆RwzBVKdQPM[] 投稿日:2013/11/07(木) 22:44:38.49 ID:Iz5s8tB/o [3/11]

京太郎「す、すごいじゃないですか!?」

竜華「まぁ、非公式なんやけどな」

京太郎「ど、どれくらい……!」ドキドキ

煌「今のファンクラブの人数は……1919人ですね」

宥「これって多いのかな?」

久「出だしだし、十分じゃない?」

京太郎「う、うぉぉお……」ブルブル

久「京太郎君もアイドルらしさが増してきたわねー」シミジミ

京太郎「……んー?」モヤモヤ

久「あら、どうしたの?」

京太郎「いえ……何か違和感が」

竜華「え? 十分な人数やん」

京太郎「いえ、そっちじゃなくて……」

煌「?」

京太郎「なんだ、なんなんだ……」

久「変な京太郎君ね」

京太郎「……んー?」



 コンマ安価↓3 ゾロ目でラキスケ

00~89 違和感に気づかない

90~99 違和感に気づく


 回答安価 ↓1~3

 違和感の正体に気づいた人は回答ドゾー




75 名前: ◆RwzBVKdQPM[] 投稿日:2013/11/07(木) 22:52:56.25 ID:Iz5s8tB/o [4/11]

73
 勿論サービスイベント 


竜華「京太郎君、話続けてもええ?」

京太郎「あ、はい」

久「ちゃんと聞きなさいよ、京太郎君」

京太郎「!!」キュピーン!

煌「!?」

宥「??」

竜華「どうかした?」

京太郎「分かりました! 違和感の正体!」

久「?」

京太郎「部長ですよ! 部長!」

久「!!」ドッキィイン

竜華「竹井さん?」

煌「はて、何かおかしいところがありましたか?」

宥「うーん?」

久「きょ、京太郎君の勘違いよ」アセアセ

京太郎「ほらぁ! またですよまた!」

三人「?」

京太郎「名前ですよ名前!」

久「……」モジモジ

三人「あっ、そっか」

京太郎「急にどうしたんですか部長?」

久「だって……」ソワソワ

京太郎「?」

久「私、もう部長じゃないのに……その、ずっと部長としか呼んでくれないし」モジモジ

京太郎「!!」

            ,;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         /   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::::::ハ
.        /:::::..   ::::/:::::::::::::::::::::::::::::::/:::::/l:::::::::::::::,
.         /:::::::::::::::... /     .::::::/ /:::/ノ乂:; :::::::l
        !:::::::::::::::::::::l::::::─:-:、 / //    ノ,l :::::::|
.         |::::::::::::::::::::::l ::::::::;;r''"\/"        |  |
        |:::::::::::::::::::::::|: /  ,/`ヽ    ,=--─-| ::::::!
.       |::::::::::::::::::::::::l.' __.,           -   ,4 :::/
.       |:::::::i:::::::::::::::::ト、`ヾ==、      .__   / :|:::/
        l:::::::|:::::::::::::::::;::i  、、、       `== /:::::| /
       / ::::::l:::::::::::::::::l::}         、  `゙ /:::::::l/
.      /::::::::/:::::::::::}::::}::!     _      /:::::;::/
   //:::::::::/::::::::::://ノ\  ‘ー '゙   ,. イ::/ノ
.   /:::::i:::::::::;l::::::::::::(、    ` ,z‐= 爪::::::/
  |:::::::{::::;x〈::::::::::::::ヘ.\    /ヘミ:、:(::::::(
  ,ゞ-‐'".:.:.:丶、::::::ハ.:.:\ (  \ヽ\::::\
久「だからその……気づいて、欲しかったのに……バカ」カァァァ

京太郎「」キュン



81 名前: ◆RwzBVKdQPM[] 投稿日:2013/11/07(木) 23:02:27.53 ID:Iz5s8tB/o [5/11]
79
 可愛ければ許されるのじゃよ


京太郎「いや、なんかすみません……俺にとって部長はその……」アセアセ

久「……」ツーン

京太郎「あの、話を聞いてくださいよ部長」

久「……」ツンツーン

京太郎「あわあわ!?」

淡「呼んだ?」

京太郎「呼んでねぇっての」ペシッ

淡「あぅっ……えへへ」スリスリ

京太郎「それにしても……どうすりゃいいんだ」

煌「ここは別の呼び方をしてみては?」

竜華「うん、それがええと思う」

宥「頑張ってー」ブルブル

京太郎「別の呼び方……」


 とは言っても、一体なんて呼べばいいんだ?
 うーん……


 選択安価 ↓2 から最初に二票orゾロ目

※ 呼び方が成功するかどうかは好感度依存&呼べない呼び方もあり
※ 成功すれば今後の呼び方が変わります

1 竹井さん

2 上埜さん

3 久さん

4 久ちゃん

5 先輩

6 竹井先輩

7 ひさりん

8 ひさっち

9 女王様

10 ハニー

92 名前: ◆RwzBVKdQPM[] 投稿日:2013/11/07(木) 23:10:43.84 ID:Iz5s8tB/o [6/11]


京太郎「あの、すいませんでした……久さん」

久「!」ピクッ

京太郎「えと……これで、いいですか?」ビクビク

久「……い」プルプルプル

京太郎「ひっ?!」

久「……かい」ボソッ

京太郎「え?」

久「も、もう一回……呼んで?」ニヘラァ


煌黒龍「「めっちゃ顔とろけとるゥー!?」」ガビーン


京太郎「久さん」

久「ふっ、ふふっ……いいわね、これ」ニマニマ

煌「……」パシャパシャ

竜華「なんなんや一体」ゲンナリ

宥「あったかそう」コナミカン



久「それじゃあ私も呼び方変えてみようかしら?」クスッ

京太郎「え?」

久「何がいいかしら?」フフフ



 選択安価 ↓2 から最初に二票orゾロ目

※ 呼ばれ方が成功するかどうかは好感度依存&呼ばれない呼び方もあり
※ 成功すれば今後の呼び方が変わります

1 須賀君

2 ガースー

3 すがっち

4 京太郎君

5 京ちゃん

6 京君

7 キョン

8 犬

9 下僕

10 丁稚

104 名前: ◆RwzBVKdQPM[] 投稿日:2013/11/07(木) 23:18:25.19 ID:Iz5s8tB/o [7/11]


 京ちゃんの能力はリーチ一発……? 
 ぶっこぉすのか……(困惑)


久「やっぱりこれがいいわ、京太郎君」

京太郎「いやいや、それ以外になんて呼ぶ気だったんですか?」

久「すがっちとか、どう?」フフ

京太郎「似合わないですって」アハハ

久「犬とか丁稚は?」

京太郎「似合いすぎるのでやめてください」キリッ

久「あら残念♪」

京太郎「もう、久さんってば」ムスッ

久「ごめんなさいね。でも……」

    ,..::::::::::::;::::::::::ハ;' \::;k;ヾxヘ⌒  ,,>、:ヽ;:::::::::::::::::::::::\
.    /::::::::::::/:::::::::イ  ヽ   ' 〆'  ,;;≠ヌミヾ;:!;::::::::::::::::::::::::::ヽ
   i:::::::::::/:::::::i::/i       /'   ;彳::::::::::::::ヽi! |::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   |::::::::::i :::::::i::i:.|      "  斤ヾろ:::::::::c} |::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.   !::::::::i ::::::::i:i. |         '  ゙ゝ;:::::::ノ  |::::::::::::::::::::::::::::::::}
    !::::::i ::::::::::レ|"`              // |::::::::::::::::::::::::::::::::}、
    .!:::::i ::::::::/i | _`__ _              i:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
.    !::|| ::::::':!| レシ;キ=ミ;            {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ、_
     ゙:i|.::::::::::|, ;il゙ヘ;:::::::::::ヽ             ,  \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::~ヽ,
      :iト::::::::::'l:;ゞ、 ゝう;:::゚ノ  ,      / l    `ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.     !| ゙、::::::::|ミ\.          /  /     / `ヽ、::::::::::::::::::i~\:::::|
       :i|. \::::|;::::::\ i l !     ー-  '           ゙ミ::::::::::::::|  ):/
       'i!  \.{:::::::::::\               /       i:::::::::::ソ   '
       '!     ヾ; ::::::::::.ヽ.._____ , .イ"         ノ:::::/
.         \     \ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\         {:::::/
           ヽ    ゞミ,;;;:::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::/i\    , ヾ;:i|
                  ̄ ̄ ゙ ミ、::::::::::::Y ,イ  ヽ  ./ /j
久「これからは先輩じゃなく……【一人の女】としてよろしくね、京太郎君」

京太郎「はいっ!」ニッ


 キャッキャウフフ アハハハー


竜華「……」

煌「まぁまぁ」ポムッ

竜華「妬いてへんもん」

淡「うーん、義姉としては嫌だなぁ」カキカキ

宥「?」





竜華「って、そろそろ本題や!」

京太郎「あ、そういえばそんなこともありましたね」



 デデーン!
 部長の呼び方、呼ばれ方が変わったお!


107 名前: ◆RwzBVKdQPM[] 投稿日:2013/11/07(木) 23:28:49.46 ID:Iz5s8tB/o [8/11]


竜華「とにかく、このファンクラブを正式に認めようと思うんよ」

淡「えー? 別にいいよ……」フワァァ

京太郎「それすっげーいいと思います!」


     /                  \
 _人_ '                      ` 、  \
  Υ'/ /  /              ト、        丶
   / /  /         |    | | Χ     }
  .′   il  /   |  | \ | / `、  リ   |
  i | _|l__∧ト、八  |   メ´  ニニ  /   } |  私もそう思う!
  | |   ||  `>x、\|   斗チ芋ミ、∨   ,′j
  | |l   l|斗示芋ミ、    ''h!::::::::}  ,′    ,
  |l 八  И'h!::::::}      乂___ノ /     /
  ||  \| 乂__ノ       /i/i/ /     /l|
  .八   ゝ /i/i/i    i       / /  / / |
   ‘,\ ハ      r    ア  /l/ /  /:: |
     ト、  込、         _ノ   //  ,イ::: l|
     |l l\ \> .,_       /∨  /l|:  八_
 |ヽ.  八l_\ \-─=ー ァ--<  /   / 八 {  \ `ヽ
 | | ./ /´  ハ 〕     { 〉     ,′ /   ` ヽ  \∧
 | |/─、_ / |∨  __ Ⅴ__=|   /     〕\  \
 | | Y´ \\.ノ (`ヽ \\)     |  ,′         \ 丶
宥「?」

煌「それでですね、今度のクリスマスにパーティでも催そうかと」

京太郎「パーティ?」

竜華「ファンクラブから抽選で、京太郎君と食事会! みたいな感じやね」

京太郎「お、おぉぉ!!」

久「これでファンクラブに入る人も増えそうね」

淡「……クリスマス……お兄ちゃんと……食事」ブツブツブツブツ

宥「???」ブルブル

京太郎「じゃあ、善は急げですよ! ファンクラブ会長に連絡を!」

竜華「とりあえずメールを送ってみるで……」カタカタカタ

 ソウシンチュウ

淡「!」ブーッブーッ

京太郎「ん? 淡、携帯鳴ってるぞ」

淡「あ、うん。そだね」

竜華「これで後は返信待ちやな」

淡「……」カチチカチカチカチカチカチカチカチカチ

 ジュシンチュウ

煌「あっ。返信が来てますよ」

竜華「はやっ?!」

京太郎「なんて書いてあるんですか?」

久「なになに……」




112 名前: ◆RwzBVKdQPM[] 投稿日:2013/11/07(木) 23:38:04.99 ID:Iz5s8tB/o [9/11]

差出人:ビッグスターバブル

タイトル:光栄です

本文
 初めまして、アクセル1のスタッフの皆さん。
 私は須賀京太郎ファンクラブの会長、ビッグスターバブルです。

 この度は~~~

 ~~~中略~~~

 それでは、当日を楽しみにしております


久「あら、礼儀正しい人ね」

竜華「これなら任せても安心そうやなぁ」

煌「早速アクセル1のブログにも載せましょう」

京太郎「おぉぉ、俺のファンクラブが出来るなんて」ジィィーン

淡「そんなに嬉しい?」

京太郎「ああ! むちゃむちゃ嬉しいぜ!!」

淡「え、えへへっ……! やった……//」ギュッ

宥「(さっきから忙しそうだなぁ)」ボーッ

久「それじゃあ会場の手続きとイベントのプランを練りましょうか」

竜華「せやな、スポンサーに連絡せんと」


???「その必要はありませんわ!!」バーン!!


京太郎「!?」

                   l´    ,'::\ヽ∨//_ ヘ:l:.   ',
                   l     !| ̄  ̄/' ´     ',ト::    ',
.                    ,'   Ⅵ    /'        l!∨   ',
                  /   :,'_!|__.{(   _≦千‐<へヽ
.                 //レ//「 ',l -- ´ \   ‐‐ /  ',iヽヘ`ト、
                 //ノヘ // -ヽ_‐   |  , ====ミ  !|:: :: `\
               //  :::i! ! '´ ̄ ̄`  /      ` jレi::: :::.  ', \
.              ///   :::|ヘ.',        '        /!´ !::::   ∧ `',
              // {    ::::|  ト     ー-....‐:::丶l    ,'  }:::   ノ  i!
.             l ! ヽ   :::\.ヘ    ',::::::::::::::::,'     -'/:::  /ヘ. j!
              ヾ / \   ::ヽ人    ヽ:::::; -'-‐っ /「/:::  :::   ∧
.              ∨  ::\  ∨!>   . /, ィ≦ イ  /:  ∧::    ヘ
              /   ::/ ヽ :∨::_レ ´ ヽ _.,ィl }┤ ::|:::  / ∨    \
.             /    /   !_ |/  \  ヽ'‐ヘ」つ、:!:: :{  ::\    :::\
              /  --‐‐ フ::::::ヽ       /´__   l  ├──-ヽ _  ::\
.           / / \ イ::::::::::::::::::::ト  r‐‐   {/ /   ヽ::: \     |  `.i \ ト、
.           /  !  イ⌒ヽ:::::::::::::::::∧ヽ    __ 、イト 、   / \ ヽ   l      \ \
        / /` 彡'      ∨:::::::::::::::∧ク ̄ // .!', `ヾ /、    Y: i   !   |、   \ \
.     / /イ           ∨:::::::::::::イ.  /イ  | ヘ   `i }   ノj/ i  ,'   ,┐、    ヽ
  ___./_/´            ∨::/ ヾ//i !.  !|ヽ\ /,'   / :::i /   ' ::| \   ∧ 、ヽ
透華「私ですわ!!」ババーン

京太郎「あ、透華さんだ」

久「相変わらず騒がしいわね」

竜華「寒いから早く扉閉めて」

宥「寒い……」ブルブル

煌「暖かいココアですよ、どうぞ」スッ

淡「……いい気分が台無し」ボソッ


透華「」


117 名前: ◆RwzBVKdQPM[] 投稿日:2013/11/07(木) 23:42:50.99 ID:Iz5s8tB/o [10/11]


透華「なんなんですの!? なんなんですのぉぉ!?」キィィィ

           __        /|
     , -、____/,、  \   r‐' ̄_/
    / |\\|//|   | ̄ r‐'
    |  |ミミァ‐''''"|    |   \
    |  | /   |    |    |
    / / 〈   _,`ィヽ、   |   |
  / /`ー、Y", -‐'iヽ |  \  |   キィ~
  / ,イ !、ii〕'!、`┸" ノ 〉  i  ) \
. (  |>r‐'  ,二、" /  //、   \___
  \ 、!(三ニ´ー~)(  <   \ ___     ̄`ー--、_
   \ ゞ、"゛  ̄ _, ゙、   h_/ ̄_, -‐ヽ      `ー-、`ー-、
     ) r≧ーtく /\ )   /    ト、    `ー-、 `ヾ 、_ \
     /ノ|   .| ,个、  ノ  /  / ./ \      丶   \ ヾi
   /人|\  !' ∧ V"  V /   |   \__    \  | .|
  /   |  \ /| |\ ===|/     /、 \   |\    |  | .ノ
. /    ζ | U| .|`U   〉     | \  \  丶 \  |  |
/ /  / | .{  ハ |     /    /、 \  \  \ \ | |
|/|  /  |  ゙、  ゙、    ./     / \  ゙、  ゙、  ゙、  | ノ|
| |  |  ,|  ゙、  人   /     /    >  |   |   |  | /
  \ |  | ゙、  ζ  入 |     /   /  |     |   |  ノ/
   \ | ゙、 <  /  V.    /  /\  ハ   |  /  /
ハギヨシ「透華お嬢様、落ち着いてください!」



京太郎「うわぁハギヨシさんだぁ!」ワーイ

久「あらいらっしゃい!」ニコッ

竜華「そんな場所におらんで、こっちのストーブに当たったらええよ」ニコニコ

宥「こっちはあったかいよ?」

煌「ハギヨシさんもココアをどうぞ」スッ


ハギヨシ「んっふ、困ったものです」アセダラダラ

              ,r'´ ̄ ̄ ヽ
       /丶  _//∧      l'⌒ヽ-、_
      /  .|ヽヾ、7/ i|     ヘ_/^ヽヘヘ
     /    |,⊥ミ∨/l|      ト、  └ユ
     !    .i    ト、  ヘ ヌ二¨   ヽ   !
     l    |L_   ゝヽ_/>ャ=ヽャ‐   \-、
     i   '7_,.≧=- }} ′ `   ヘ.    \ヽ
     j   ff'"⌒ヽ ノ   、_,.ィi レ、    l ヘ!
.      ノ   7弋   , ,    爪从 . i    l
.    イ    ハ  tt彳′        l j    ∧
   //   ! ト、       _   ‐ュ   /7   ∧ヘ
.  /,ハ    ヽヽヘ   f二´-‐'' "   / /    / ヘ ヘ
  { { ヘ    丶 ゝ _       /∨  /   ヘ ヘ
  ヘ!  ゝ     \  `  ┬-‐'  /!  ィ′     ヘ ヘ
       丶、_  \  广弌irく  l l 〉────'┼‐-、
         !| \   Y/ /V ≦ヽl ∨       l   ト
         !|   ハ l| ィイ' 7ソトミ、 ヽヽ ヽ.       l   l
        厶イ  j ∧/ //ハヽ\∨lルl       l
       f´ i   ノ/ ∧∨//  ヾ 、 ゝ'.ノ         l
透華「」



121 名前: ◆RwzBVKdQPM[] 投稿日:2013/11/07(木) 23:53:07.10 ID:Iz5s8tB/o [11/11]

~~そんなこんなで~~


透華「私だって、私だって……」グスグス

     / /       /    ├-、
    / /    /     ノ     レi 〉
   //    /    /      N ' /
  /;'   /   //    / /!|.| /
// // r='/   ,   ナメ ハ!.| i
/.//   《/     i,.cイナソノノ ! ト、
//     メ、      !  `′{ リ ノ !))
/    //メ、!    | __ ノ/ /  ノ(
.   ///ノ,ハ   |_ / ノ /_/
 //-‐=<\ ゙、  |/ / /
// ∧  \\\ハ  i! 〈 (
/   /  \  \! i |. | 丶、ヽ
 、 /    \\ト-V ノ    ヽノ
  \    \ 〉/ /    ノ
    ヽ      ヾ、(
     ゙、  \  Vイ
      ゙、  \ Y!
        i    ` ! ゙、
京太郎「冗談ですよ透華さん」ナデナデ

久「からかい甲斐があるわねぇ」ヨシヨシ

竜華「もうちょっとメンタル鍛えんとなぁ」ポンポン

宥「みかん食べる?」スッ

煌「ほら、涙を吹いてください」スッ


透華「みんな……暖かいですわ」ジィーン


竜華「ということで、かくかくしかじかなんやけど?」


透華「ええ! 勿論! 私が全身全霊をかけてイベントを成功させますわ!」


一同「おー!」パチパチ


透華「これも仲間の為ですわ!」ウルウル


京太郎「あの、非常に罪悪感が……」ズキズキ

煌「もっと別のやり方があったんじゃないかな?」

竜華「うちはまだ、以前のドッキリ(合宿)のこと許しとらんし」プイッ

久「私なんて連れて行ってもらえなかったし」ムスッ

淡「なんでもいいよー」フワァァ



透華「ああ、仲間……いい響きですわ!」ジィィン



ハギヨシ「(透華お嬢様が変な男に騙されないか、非常に心配ですね)」サメザメ

京太郎「後でフォロー入れておきます」

ハギヨシ「助かります」ハァ


124 名前: ◆RwzBVKdQPM[] 投稿日:2013/11/08(金) 00:05:08.69 ID:6YCnRf2Qo [1/10]


竜華「この龍門渕グループのホテルなら安く借りれそうや」

煌「京太郎君のファンは学生が多いですから、なるべく安くしたいですね」

久「旅費や宿泊代もバカにならないしねぇ。クリスマスならなおさら」

竜華「いっそのこと泊まりがけのイベントにする?」

煌「しかしそれでは予算が……」


 アーダコーダ  ワイワイガヤガヤ


京太郎「なんだか白熱してるな……」

透華「そういえば、一つお聞きしたいことがありますの」

京太郎「え? 俺にですか?」

透華「ええ。貴方、天江衣をご存知ですわね?」

京太郎「天江衣……? ああ、あの県大会決勝で咲と戦った……」

透華「……その様子ですと、覚えてはいないようですわね」ハァ

京太郎「はい? いや、ちゃんと覚えてますよ。あのうさ耳ですよね?」

透華「いえ、そういう意味じゃありませんのよ」ウーン

京太郎「???」


 透華は悩んでいた――
 京太郎と衣を合わせるべきかどうか。


 もはや京太郎はそれなりのアイドルとして成長し、活躍もしている。
 まだ荒らさこそあるものの、衣に合わせるには申し分ないスペックだ。

 しかし、彼には大事なものが欠けている。
 それは……衣との思い出


透華「(やはり彼にとっては大した思い出じゃないようですわね)」


 たまたま泣いていた女の子に声をかけて励ました。

 された方には心に残る思い出なのだが、
 年がら年中そんなことばかりしている京太郎にとってはそうではない。

 それゆえに、思い出すのは困難の極み


京太郎「透華さん?」

透華「……」


128 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/11/08(金) 00:14:01.53 ID:6YCnRf2Qo [2/10]



透華「もしも、の話ですわ……」

京太郎「はい?」

透華「もし、遠い昔に貴方が……一人の泣いている女の子を見かけて」

京太郎「女の子……」

透華「その女の子を励ましてあげて、やがてその女の子は泣き止む」

京太郎「……」

透華「ですが、貴方と分かれてすぐにまた、涙を流すような日々を送ることになってしまう」

京太郎「え?」

透華「それから十年近く、辛い毎日に耐えながら……ずっとずっと」

京太郎「……」

透華「貴方と再会することだけを希望に……生きてきたとしたら」

京太郎「……」

透華「貴方はその子に再会した時……なんて言葉をかけてあげますの?」

京太郎「……」




 コンマ安価↓ 3


00~39 京太郎「(あれ、もしかしてこれ……口説かれてる?)」キュピーン

40~69 京太郎「いや、いきなりそう言われても……」

70~89 京太郎「……分かりません」

90~99 京太郎「……」

ゾロ目  京太郎 覚 醒



134 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/11/08(金) 00:20:26.78 ID:6YCnRf2Qo [3/10]


京太郎「いや、いきなりそう言われても……」

透華「……そう、ですわね」ウツムキ

京太郎「あっ」

透華「気にする必要はありませんわ」スタスタ

京太郎「透華さん?」

ハギヨシ「京太郎君、今は……」スッ

京太郎「ハギヨシさん……」

ハギヨシ「大丈夫、きっと……分かる日が来ますから」

京太郎「……はい」



 この時、胸の中に残したわだかまりが……

 まさかあんなことになるなんて



透華「(やはり衣に会わせるわけには……)」


 今の俺には、まだ知る由もなかった


京太郎「……」ギュッ



【???】



                            //////\/ハ
                              ///,/    \!
                 ,....-―-.、     ////
               , イ////////\   ////
            , イ/////,/ ^ーァ/ヽ≠//,.く
          ///////,/   ,ィ///////////\
         ////> '´    ///////////////,ハ
       /> '´          〃////////////////!
      ,..'/            从////////,γ⌒ヽ//,|
     /'                `i///////,乂__.ノ//,ハ
                    /////////////////ヽ
                   ////////////////////\
                  ///////////////////////,\
               , イ///////////////////////////ヽ
           ,.....イ/////////////////////////////////\
        ,...イ´///////////////////////////////////////>.、
      ,..イ///////////////////////////////////////////////,>.、
    .//>ァ//////////////////////////////////////////////////>、
  .///.///////////////////////////////////////////////////////.ヽ
. ///.////////////////////////////////////////////////,ヾ.、/////ト、/\
/// ///,イ///////////////////////////////////////////////ハ ヾ///ハ ヾ//ヽ
//   ///〃////////////////////////////////////////////////ハ ヾ///} Y//ハ
/  //// {//////////////////////////////////////////////////}  Y//! .|///!

?「……須賀、京太郎」ボソリ





 続く


282 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/11/08(金) 22:37:00.28 ID:QaBiZFySo [7/13]


【6話終了後 アクセル1】


トゥルルルルッ ガチャッ

久「はい、アクセル1です。ええ、はい、はい……」

トゥルルルルッ ガチャッ

煌「はい、アクセル1です。はい、いえ、それは……」

トゥルルルルッ ガチャッ

竜華「はい、アクセル1……ぐっ」


 ガヤガヤガヤ


和「……」

京太郎「」ズーン

はやり「あはは……気持ちは凄くわかるよ」

菫「なに、気にすることはない」ポム

京太郎「いえ……いいんです」シクシク

和「私も、それなりに批判などを受けていますから」

京太郎「新人に辛いよな、この世界」

はやり「特に下積みの無いとね……やっかみもあるし」

社長「また手紙が届いているよ」ザッ

京太郎「……読みます」

菫「いや、そこまでしなくても……」

京太郎「これもファンの声ですから」ガサガサ


 ヨムヨム


京太郎「Oh……」

和「うわっ……酷い」

はやり「罵詈雑言ってこういうことをいうんだねー」ゲンナリ

菫「おのれ……射抜いてくれる!」シュッシュッ

京太郎「やっぱり、俺もまだまだだなぁ」ブルブル

和「須賀君……」

京太郎「ドラマの主役に選ばれて、ちょっと浮かれててたのかも」ズーン

菫「須賀君?」

京太郎「やっぱり俺なんかが主役なんて……」ウジウジ

宥「それは違うよ!」バキューン

一同「?!」

京太郎「宥さん……?」

宥「京太郎君じゃなきゃ……ダメ、だよ」ギュッ

京太郎「……」

宥「だから、その……! えと……」オロオロ



283 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/11/08(金) 22:47:03.21 ID:QaBiZFySo [8/13]



京太郎「……すいません」ペコリ

宥「え?」

京太郎「情けないっすよね! これくらいでへこたれてちゃ!」グッ

和「須賀君?」

京太郎「……まだ、折り返しなんです」

はやり「うん、そうだね!」

京太郎「これから……もっともっと頑張らないと」

 誰にも負けないくらい頑張って、最高のトップアイドルになるんだ
 こんなところで、諦めてたまるか!

京太郎「ありがとうございます、宥さんのお陰ですよ」ギュッ

                 _,,  ----- _
             , r : : ´: : : : : : : : : : : : : :`:ヽ.、
           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::\
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::\
      ./: : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
      /: : : : ::/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : i: : : : : : : : : : : : : : ヽ
     /: : : : ::/: : : /: : : : : : : : : : :ハ: : : : : : : :|: : : : : :|: : : ::i: : : : :ヽ
     ./: : : : ::j: : : ::|: : : : : : : ::ハ: : | |: : : : : : : |: : : : : ::|: : : ::|: : : : :ヽ
     j: : : : : :|: : : ::|: : : :, r:ナ'ナ.|`:メ, |: : : : : : ::|i_,rハ-:、i: : : : |: : : ::i: ヽ
    .i: : : : : ii: : : : |: /: ::/::/ .j:::/  |: : : : : : /1:/ !: ::/iヽ、::リ: : : ::|:::ヽ
    |: : : : : ||: : : : |: : : :/_ノ--i:/  .|: : :::/|::/ .V ._i::/ .|: : :/: : : : :|i: :|
    |: : : : ::|:|: : : ::|: :::/r'   ノ' ヽ  |: :/ i/  r'´ y ヽ|:::イ: : : : :::|i::::|
    |: : : : ::|:|: : : : |/.{      .} レ     {    .レ'/: : : /::/|:リ
    .〉: : : : :|´|: : : ::|.  ゝ    ノ       、    .ノ./: : :/|::/ レ
   /:|: : : : :|. !: : : : !   ゝー''´         ゝ _.ノ /::::/:ノ'  '
   /: :|: : : : :|ゝi: : : ::|  \ \ \ \ \ \ \ \ \/::ノ: ::|:イ
   〈: :|: : : : ::|: :|: : : ::|                   ´ i: : ::j::|
   .ゝ:::|: : : : :|: :ヽ: : : |、       / ̄ ̄ ̄ヽ     ノ: : :ノ::|
    ヽ:|: : : : :|: : ヽ: : ::|.ゝ、     ゝ-------'__ -- ' /: : /: : ヽ、
    〉::!: : : : :|: : :>: : ::i  ` ヽ------- ' ´  __, --/: : :/: : : : : :ヽ
    /: !: : : : :i: :/ ヽ: ::i、        __ - '   ,,ノ::/::<: : : : : : :i:::ヽ
   ./: : :ヽ: : : :Y   〉、:ヽ、__,     ´    _ -´ // .ヽ: : : : ::iヽリ
  /: : : : :ヽ: : : ::|  ./ \ゝヽ      _, r ´      r⌒ヽ: : ::ノ レ
 /: : : : : : :ヽ: : : :|  |  `]-___, r ' ノ        /   ヽノ
宥「う、うん……頑張ろうね」ジュゥゥ

和「……」ジェラジェラ


社長「……やはり、演技力はともかく音楽の先生が必要なようだね」

透華「どうやらそのようですわ」

社長「ふむ、しかしどうするか……」

透華「誰か知り合いはいませんの?」

社長「……! ティンと来た!」

透華「?」

社長「あの子がいいな、うん。そうしよう」ウンウン

透華「あの子?」

社長「……ふふふ、待っていてくれ京太郎君。最高のボイストレーナーを用意しよう」

透華「最高の??」

713 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/11/02(土) 00:40:26.70 ID:kLWQah23o [3/9]

 あっ、やべ
 おいらも↓3だと思って明華で書いちゃった テヘペロ


 没にするの勿体ないから、一応透華(72)します

 ※ この1レスのみです





明華「……」ニコッ

京太郎「(美人っ!!)」ピカーン

煌「確か、臨海の雀明華さん?」

明華「お久しぶりです」ペコリ

煌「ええ。ですが、それにしてもどうしてこんな場所に?」

明華「それは……」チラッ

京太郎「?」

明華「……あの日、私は勇気が無くて見て見ぬフリをしました」ウツムキ

京太郎「??」

煌「あの?」

明華「須賀京太郎さん」ジッ

京太郎「はい?」




明華「私に、貴方を調教させてください!」ズザザーッ



京太郎「……」

煌「……」



明華「いい声で、鳴いて欲しいんです!」



京太郎「」

煌「」



 ※ 明華ちゃんは社長にボイトレで雇われてきた設定だったっす



  竜華Pごめんよ、すぐに書き直すから


422 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/11/10(日) 21:59:27.83 ID:+kF/cFuio [2/18]

【アクセル1】


テレビ「テレテレテレテレテレ♪」

竜華「おぉ、もうCM流れとる!」パチパチ

京太郎「うわぁ……こうして見ると緊張しますね」

煌「結果が出るまではあと二、三日待ってください」

宥「うーん、クール過ぎてちょっと苦手かも」

久「あら、私はいいと思うけど」フフ


社長「京太郎君、ちょっといいかな?」

京太郎「あ、はい!」

社長「年末の予定の事なんだが……本当にいいのかい?」

京太郎「……はい。決めたことですから」

竜華「ほんと、勿体無いで京太郎君」ポン

煌「ほんとそうですよ、年末の仕事を全部キャンセルだなんて」

京太郎「……俺、CMの仕事を受けて気づいたんです」ボソリ

竜華「え?」

京太郎「やっぱり今の俺じゃ、折角の仕事も活かせない。たまたま成功しても、いずれボロが出るって」

社長「……うむ」

京太郎「それに、他の仕事にかまけて……大切なドラマの仕事をおろそかにしちゃいましたし」

竜華「そう……」

京太郎「だからまずは、ソルサキを完璧に成功させます!」


 もう二度と、ファンの期待を裏切るわけにはいかねぇから……


社長「……その心意気、その覚悟。本物のようだね」

京太郎「はいっ!」

久「じゃあ、社長。あの話を進めてもいいですよね?」

社長「ああ。勿論」

京太郎「……あの話?」

竜華「おじさん、なんのこと?」

社長「……須賀京太郎育成計画」ボソリ

京竜「!?」

社長「その最終段階に入るのさ!」デデーン


426 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/11/10(日) 22:10:09.20 ID:+kF/cFuio [3/18]


煌「なんですか、それ」ジトーッ

京太郎「??」

社長「今、京太郎君に付いているトレーナーは三人だ」

久「総合の瑞原プロ、容姿の松実さん、あとおまけの弘世さん」

菫「おい」

社長「おまけはともかく、残りの演技、歌のトレーナーが欲しいとは思わないかね?」

京太郎「確かに……」

竜華「確かにおまけはともかく、歌と演技はすぐにでも欲しいかも」

菫「ちょっと待て」

社長「そこで、新たにトレーナーを二人追加することにしたのだよ!」デデーン


一同「な、なんだってー!?」


照「やったね京ちゃん! 仲間が増えるよ!」

菫「おい、やめろ」


社長「つまりこれで、須賀京太郎のトレーナーが勢ぞろいということになる!」

京太郎「お、おぉ……」

竜華「正直麻雀トレーナーは見直しても……」

宥「うん、いいんじゃないかな?」

菫「ぐぬぬぬっ……おのれ、あの時の借りを!」

照「菫、うるさい」

菫「」ポンコツーン

久「とりあえず続きを聞きましょ」

社長「これにより四人の専属トレーナー、そしてそれらのまとめ役の瑞原プロの五人が君を鍛えることになる!」

京太郎「す、すげぇ……仲間がいっきに二人も増えるのか」ゴクリ

淡「妹は仲間に入る!?」ガバッ

京太郎「いや、妹は普通に家族だろ」jk

淡「か、家族っ!?」

京太郎「うん」

淡「……」フニャァ

京太郎「??」



434 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/11/10(日) 22:19:39.62 ID:+kF/cFuio [4/18]
433
 それもう孫を選べばよくね?


社長「そして、その二人はもう既に雇ってある」

京太郎「!?」

竜華「うちに相談もせんといつの間に……」

煌「何やら最近こそこそしていると思ったら」ハァ

社長「二人の初出勤日は、クリスマスパーティの翌日の予定だよ」

久「ふふっ、そしてもう一つ大事なことがあるのよ」ウィンク

京太郎「?」

社長「実は慰安旅行を計画しているのさ」

一同「!?」

社長「まぁ、私達は年末の仕事があるから行けないが……アイドルチームは予定が無いからね」

久「つまり、そこで新メンバーのお披露目と、京太郎君の強化合宿を兼ねた旅行ってわけ」


竜華「……すばらぁ」

煌「すばらっ!」

宥「どこかなぁ?」

菫「温泉がいいな、うん」

透華「出資は私ですのよ」ドヤァ



淡「家族同伴はオッケー?」

照「(未来の)妻はどう?」


久「ダメ」バッサリ


淡照「!?」










久「ダメ」


淡照「」ブクブクブク




441 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/11/10(日) 22:30:22.00 ID:+kF/cFuio [5/18]

社長「それと、スタッフのみんなに新しい知らせがある」

久「あ、私も含めてね」

一同「?」

社長「トレーナーの二人が揃ってから詳しく話すが、君達にも新たな目標が追加されるよ」

竜華「新たな目標?」

久「……上を目指すのは京太郎君だけじゃないってこと」

煌「まさか……」

宥「??」

菫「なるほどな(分からないけど分かったフリをしておこう)」


京太郎「?」

社長「さて、そろそろ仕事の時間だ。では詳しい話はまた今度」

久「ふふふ」


透華「……生きてますの?」ツンツン

淡「……許さない」ブツブツブツ

                 ~~    ~~
                   -―――-    ~
              ~ .....::::::::::::::::::::::::::::::::.::::::::::::`丶
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\  }
            } .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. {
           { /::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
           .:::::::::::::::::::::::::::│::::::::::|\:::|\::::|:::::::::::::::::::::::. }
         } /::::::::::::::::::|::::: / | ::|:::::::ト- ::|--∨\ ::::::::::::::::| {
       { /::::::::::::::::::/|::::::|ノ|:八 ::::| _..斗-=ミ\| ::::::::::|::::|
      /::::::::::::::| :: /-匕-=ミ\|\|  〃⌒゙ヾⅥ :::::::: |::::|  }
        ̄ ̄ |::::::|::イ /〃⌒ヾ     {{    }} }|/| ::::::|::::|  {
      {  |:: 八ハ{ {{   }}     ゞ==(⌒) | :: /:::::|
       } |/|::: {. ハ (⌒)==''         ///  |/}:::::|
            |:::: ヽ_| ///              __,ノ :::::|  }
.          { |:::::::::八     _.. ‐~‐-、   イ:::::::::::::::|  {
.          } |::::::::::::个 .._ (_,,.. ‐~~' イヘ::::::::::::::::::|
           レヘ::::::::::::::::::::::_≧=一ァ  〔/⌒T:iT7ス::::/
            ∨\::/r ̄ ̄ ̄7____/    / ∧/  }
               {  ∧    |   /    /   / ∧ {
                } / {\/⌒)_∠__/|    / ∧
              /  ゙T{  二(__ `ヽ        _ヽ
            /   ∨ハ.  {_  /     \/  _〉
.            { /\ _ |  ノ   _) 人._     |_/|/ }
              } \_____,|/  /i:i\     ̄ ̄`ヽ  j  {
             ∨ /   /|i: ハ:i:\            |
              /     /:i:i:i:ハ:i:i:i:i:丶 ... ______丿
               〈      i:i:i:i/   :i:i:i:i:i|    |    }
              、___/:i:i:i:i/    Ⅵ:i/    |   {
照「ふえぇぇ咲ぃ」ボロボロッ

透華「わーお、ですわね」ドンビキ



竜華「……上を目指す」ギュッ




530 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/11/10(日) 23:19:20.35 ID:+kF/cFuio [12/18]


【クリスマスパーティ 当日】

スタッフ「花田さん、準備できましたー」

煌「うーん、そこの証明機材をもっとこっちに向けて貰ってもいいですか?」

スタッフ「ういーっす」


 ガヤガヤ


京太郎「お、おぉ……」

竜華「いよいよ、ファン感謝パーティやね」

久「抽選で選ばれた30人だったっけ?」

菫「うむ……」プルッ

京太郎「ん?」ピクッ

菫「? どうしたんだ京太郎君」ボヨーン

京太郎「い、いえ……いつの間にそんな」

菫「ど、どこを見ているんだ!?」カァァァ

京太郎「あっ、いやっ! すいません!」アワアワ

菫「全く……//」カァァ


竜華「偽物やな」

煌「偽物ですね」

久「偽物に決まってるじゃない」

宥「にせもの?」

菫「おい、これは自前だぞ!」イライラ


煌黒龍「え? ナイナイ」プークスクス

菫「確かめてみろ!」バッ


 ポロンッ


京太郎「」ハナジブーッ!


宥「あわわっ!?」

久「な、なにやってるのよ!?」エーッ?


菫「うぁっ!?」カァァァ

京太郎「黒のブラ……」グッ b

菫「わ、忘れてくれ……//」ブシュゥゥウ



竜華「ぐぬぬ」サッ

煌「卑怯な!」サッ


久「はいはい、そこは対抗して脱がないよーに」グイグイ





539 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/11/10(日) 23:25:57.64 ID:+kF/cFuio [13/18]
535
 割り切れよ……でないと、死ぬぞ



竜華「なんかピンク色空間できとる」

久「いいんじゃない? たまにはそっちの需要に答えても」

煌「さてと、そんなこんなで開場まであと十分ですね」

竜華「食器の配膳とかはまだなん? テーブルクロスも」

久「あ、それは今あの子が……」


?「すいません、今運びますねー」トテトテ


京太郎「ん? この声は……」

                     ,. - ──‐- 、
                   /,,.-‐‐──- 、  ゙ 、
.                 ∠/´           `.、 ヽ
                 /./  /   / ハ      ヽ  '
                ,ィ゙ {.  ム--.、l | | !ハ! i .i  ,  ゙
                / ヾヽ|人|ヽィリヽ! !ナ'リメ、_ノ.} | }   !
                 / / ヽ| ィ==、   ___ ",ィノ リ |/ {
.               ヽ7  l        ゙̄ヽ /  |__'、_
                {   |.    '     /}  i| :{/
                |   {\.  v ̄リ   ./小   | :|
                |   ||" \ `ー , <二|   ! :!
                |   ||ィ=| `  _..!≧_i_/|   } :リ
/ ̄ ̄ ̄¨二二 ̄ ̄`゙ー-、_r‐‐'"´/´′/    ,>リ ./リ /
、 .二二/, ─-、\___)〉  /-‐/ , .ィ " ─ 、"、∨
ミ==!ミ 、___..冫 )__..)/∧/ /, .// /    '. | |
::::::::::::::::::`ー-  、.ミ.`──‐} ̄\_/ /, '      }.| |
          : : :`゙  、 `' 、ノ   〃       ,'. | |
               :: ` 、 ` 、../     ./// | |
                ::::::__ヾノ"´      /゙./__」 !
               :::::〆        〃:/_____」
            ─-‐'" `ー─ "   ./i/



美穂子「お久しぶりですね、須賀君」ニッコリ

京太郎「福路さん!」



541 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/11/10(日) 23:27:23.18 ID:+kF/cFuio [14/18]

 コピペミスってた



菫「……」マッカッカ

宥「赤くなってあったかそう」ギュゥゥ

菫「くっ、は、離せぇっ!」

宥「あったかい……」ムニムニ

菫「ぬわーっ」

宥「えへへ」


竜華「なんかピンク色空間できとる」

久「いいんじゃない? たまにはそっちの需要に答えても」

煌「さてと、そんなこんなで開場まであと十分ですね」

竜華「食器の配膳とかはまだなん?」

久「あ、それは今……」

?「すいません、今運びますねー」トテトテ

京太郎「ん? この声は……」

                     ,. - ──‐- 、
                   /,,.-‐‐──- 、  ゙ 、
.                 ∠/´           `.、 ヽ
                 /./  /   / ハ      ヽ  '
                ,ィ゙ {.  ム--.、l | | !ハ! i .i  ,  ゙
                / ヾヽ|人|ヽィリヽ! !ナ'リメ、_ノ.} | }   !
                 / / ヽ| ィ==、   ___ ",ィノ リ |/ {
.               ヽ7  l        ゙̄ヽ /  |__'、_
                {   |.    '     /}  i| :{/
                |   {\.  v ̄リ   ./小   | :|
                |   ||" \ `ー , <二|   ! :!
                |   ||ィ=| `  _..!≧_i_/|   } :リ
/ ̄ ̄ ̄¨二二 ̄ ̄`゙ー-、_r‐‐'"´/´′/    ,>リ ./リ /
、 .二二/, ─-、\___)〉  /-‐/ , .ィ " ─ 、"、∨
ミ==!ミ 、___..冫 )__..)/∧/ /, .// /    '. | |
::::::::::::::::::`ー-  、.ミ.`──‐} ̄\_/ /, '      }.| |
          : : :`゙  、 `' 、ノ   〃       ,'. | |
               :: ` 、 ` 、../     ./// | |
                ::::::__ヾノ"´      /゙./__」 !
               :::::〆        〃:/_____」
            ─-‐'" `ー─ "   ./i/





美穂子「お久しぶりですね、須賀君」ニッコリ

京太郎「福路さん!」


543 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/11/10(日) 23:34:21.15 ID:+kF/cFuio [15/18]




京太郎「あれ、どうしてこんな場所に?」

美穂子「それは若の為……げふん、上埜さんの為……げふんげふん、色々あって」

久「私が頼んだのよ、バイト探してるみたいだったから」

竜華「へぇ、長野の人なん?」

美穂子「風越女子の福路美穂子です。初めまして」ペコリン

煌「感じのいい人ですね、すばらっ!」

京太郎「まさに聖人」

菫「ふんふむ」

久「挨拶はそれくらいにして、早く仕事に戻らないと」

美穂子「そうですね。では皆さん、また後で」

京太郎「お願いします」

美穂子「はい、頑張りますね」ニコッ

                       -
                    ´      `  
                 /              \
                   '  / ./       ゛  
                  /  / ./ ./__'  ./   i i   ゚.
                    /  /  .' ´/ /|  / ./  .l !   
                /  .゚  .i ./ / .|/ /l ヽ' / i   l
              '  l    x≠ミ  ´ // ./ '   '|
             i   ゚.   |         x、 //   .//
             |   ,. 、  |  , _     ゛/   ./
             _ -, ‐ , ´  ヽト、 l  `,     .'  ./
         / /   .'       'ヽ_|ヽ_─‐ ´   /
       /─ ' ‐-、./.|   -- _ '  } /     /
            / |´       | / /   _  ´
              /  .|, i  ̄ i>'´./ - ' '--、
           ┌ '    ゚̄.     ´     r' ¨
 タタタッ

京太郎「天使……あとおもちが大きい」ジィーン

竜華「……むっ」グイッ

 フニュン

京太郎「ファッ!?」

竜華「ほら、主役も用意せんと!」グイグイ

 ムニュムニュ

宥「あ、メイクしなきゃ!」グシッ


 フニュフニュ ボヨヨーン

 ズルズル


京太郎「幸せ……」ビクビクッ



564 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/11/10(日) 23:55:44.10 ID:+kF/cFuio [17/18]

【開演 パーティ開場】

 ウワァ、ゴチソウガイッパイナンダヨ! オ、オチツケ!
 オネェサマァァァ!! ゲ!?ナンデアンタガインノヨ!

 ネーネーアナタハドウシテコンナパーティデモウルトラマンナノ? ッテワタシハワタシハキイテミル
 チッ、ウッセェナァ   ギャハハハッダイイチイハレイギモシラナインデスカー?


優希「うわぁ、人がいっぱいだじょ」キョロキョロ

久「あら、優希じゃない」

優希「おー! お久しぶり!」トテテッ

久「咲や和はどうしたの? まこにも招待状を出した筈だけど?」

優希「咲ちゃんやのどちゃんは現地集合だから分からないじぇ。染谷先輩はキャンセルだって」

久「店が忙しいのかしら、クリスマスだし」ウーン

優希「そう言えば犬はどこ?」キョロキョロ

久「今は準備中よ。もう少し待っててね」

優希「うぅ……別に犬に会いに来たんじゃないじぇ」モジモジ

久「ふふっ、可愛いわねー」ナデナデ



照「……あ、バイキング式なんだ」

ケーキの山「」ズモモモモ

照「……」ジュルリ


 パクパクパク


憩「うーん、先生にチケットもろたんはええけど……」キョロキョロ


~~~一週間前~~~


BJ「以前担当した患者から貰ったんだが、私には無用でね」

少女「あー! ちぇんちぇー! それ須賀君のパーティ券なのら!」

BJ「お前にはまだ早い」

少女「あっちょんぷりけー!!」ピョイン


~~~~

憩「うーん」



565 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/11/10(日) 23:57:08.23 ID:+kF/cFuio [18/18]


小蒔「い、いよいよ会えるんですね」ドキドキ

春「うん」ポリポリポリ

小蒔「……これも、運命なのでしょうか?」


※チケットが当たったのは巴さんです


~~一週間前~~


小蒔「……外れました」ズーン

巴「あ、当たった!」

霞「ふふっ、よかったわね」ニコニコ

巴「え……?」

霞「よかったわね」ズイッ

           /|   __
             {.:|  /: :_⌒ヽ
        -─……─‐-: : `∧
     /: : : : : : : : : : : : : : : : :.\:.
    /: : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ:.:.:.ヽ
  :' : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.,:.:.:ハ
  ′: :/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :∨:.l
 |: : : :i: : l / l!: : : ト、 : : : :ト、 : : : : |:.::.,
 |: : : :|: : |'   |: : : :|'´\: : |‐-: :}: :|i.:.::.,
 |: : : :|\|'⌒ | l: : :|   \|  ∨: :八:.:.:.,
 ' : : : |:l   __ 乂 : :|  ,イ示冬、〉:/ ミ:.:.:.:.,
 |l: : : |:l_ ,竹冬、\|  .乂:ン / }::|  〉:.:.:.:..
. 八: : :|:l〃乂ン/ ̄`ー─‐‐′|::|〉/.:.:.:.:.:..`、
   \{:|i:ハー‐"  '     u r|::| '.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
     |:| 人"     __     ,イ_}∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:..\
    ':}         ‘ ′ ...:  |八:∧:::|.:.:.:.:.:.:.:.ト、.:.:..
            >-<::   /  〉-}/|.:.:.:.:.:.:.:.| \|
           / ∧::   /  /  \.:.:.:.:.:.:.|   
巴「……」アセダラダラ

霞「よかっ」ゴゴゴゴゴッ

巴「姫様にどうぞ」スッ

小蒔「え?」

巴「私は興味無いので」

小蒔「ほ、本当に?!」パァァァ


霞「Gut!」

巴「……」シクシク

初美「きっとそのうちいいことありますよー」ポンッ


春「……当たった」ニマニマニマ


~~~~

572 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/11/11(月) 00:07:23.02 ID:LGCvCxbEo [1/6]



胡桃「……」ドキドキドキ


~~一週間前~~


豊音「うわぁ、ダメだったよー!」ガックリ

エイスリン「ガッテム!」

塞「あー、残念」

シロ「ダル……」グテーン


胡桃「うっ……ひぐっ……」メソメソ

豊音「げ、元気だして!」アセアセ

エイスリン「ダイジョウブ、ネクストトライ!」

白望「次があればねー」ボソッ

胡桃「うわぁぁぁん!」ビエー

塞「シロ!」クォラ!

白望「あ、ごめん」シュン



 ガラガラッ


トシ「なんだい騒がしいね」

一同「!?」

トシ「……ん? 泣いてるのかい?」

胡桃「あぅっ……」ゴシゴシ

トシ「うーん、飴でもあればいいんだけど……そうだ!」ガサゴソ


 スッ

胡桃「これは……?」

トシ「以前結婚相談に乗ってあげてた子からもらってね。私はいらないから、あげるよ」

豊音「ああああっ!! そ、それは!?」ビクッ

塞「嘘……」


パーリィ券「」デデドン!


胡桃「……」バチバチバチバチバチッ!ッ!!


 シュインシュインシュイン!


一同「す、スーパーサ○ヤ人2!?」

胡桃「……」ニパァァァァ



~~~~


577 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/11/11(月) 00:16:47.56 ID:LGCvCxbEo [2/6]


 アッ、イイトモアノオンナガイルワケヨ! チョウスガクントナカノイイヤツデスネ
 ブ チ コ ロ シ カクテイネ  ダイジョウブ、ソンナノドッチヲワタシハオウエンシテル
 オッパイオオキイカライイジャン  ウゥゥウマヅラァァァ!!   ヒィィィイ!?


和「なんだか居心地が悪いですね」ズーン

智美「……やぁ、清澄の」

和「え? 蒲原さん?」

智美「久しぶりだなー」ワハハ

和「はい、本当に久しぶりですね」

智美「……」

和「……?」

智美「……負けないぞ」ボソリ

和「はい?」

智美「なんでもない、なんでもない」ワハハ

和「???」



 ウワッ! ナンカデッカイビーカーガアル!  シカモナカニヒトガハイッテンゾ!
 コドモノヨウニモロウジンノヨウニモオトコニモオンナニモミエルゾ!

 ナニヤッテンダリジチョウォォォ!? 



咲「うぅ……京ちゃんはどこかなぁ?」キョロキョロ

??「きゅいきゅい」

咲「うん、ごめんね。無理に連れてきちゃって」

??「きゅいー」フルフル

咲「えへへっ。ありがと」ギュゥゥ

??「きゅぅう」スリスリ




584 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/11/11(月) 00:29:27.23 ID:LGCvCxbEo [3/6]

【舞台裏】


宥「よし、できた!」

京太郎「おお、いい感じですよ」シャキィーン

竜華「もう時間や!」

煌「京太郎君、急いで急いで!」

京太郎「はいっ!」タタタッ


【ステージ】


 ザワザワ ガヤガヤ

煌「それでは皆さんお待たせしました!」


 ヒューパチパチパチ  アクシロヨ
 ンァッー! イキスギィ!  アァ~イイッスネ~

煌「いずれトップアイドルになる男、須賀京太郎君の登場です!」バッ

                        _ , 、
                      /ィ--∨  :.- 、
                    __/  , ,:   } l \
                  ` ー-, | /{ { l  | |  .
                   /_/  | / 从 :  ,-}/、 |l |
                    /   从 -rォⅥ /rォ- }イ {
                 _` ̄´ { {rI ゞ ,}' ゞ  } }∧
                  Y {{ |Y }  从∧  _    八{
                「l | || | | |    Ⅵ 、 ` ー` イ / '
                { ー '' ' | /^〉 「//}` ー ´r'-、
                    |       ' ノ_,」// |    |/()|
                 :.   /´ //////∧_ r '///>- 、
                   ∧ _人 イ///////∧-}//////////> 、
                {//\___「///////// ∨////////////∧
                 |////()/}//////////{/////====/// //|
                ////// //////////(_)//////////|////|
                ,'//////イ/////////////////////l|////|
              ////////j//////////////////////|////|
            {////////{//////////////////////|////|
            ∨//////イ////////////////////// ///∧
               マ//// |//////////(_)///////// {//////}
                ̄   |/////////////////////,イ///// |
                    |/////////////////////} 〉/////|
                    |////////////////////{ {//////|
                      //////////////////////∨///// }
                  //==///////////////==/\///イ

京太郎「どうも! 須賀京太郎です!」


\キャーッ!!/  \イキマスヨーイクイク! ヌッ!/  \んあー/ \ファッ?! くぅーん……/




590 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/11/11(月) 00:40:44.83 ID:LGCvCxbEo [4/6]



588
 基本的にAAの服装は気にしないのがマナー(大嘘)



煌「それでは須賀君より一言どうぞ」


京太郎「あーえっと、折角のクリスマスを俺なんかと過ごしてくれて、本当にありがとうございます!」


\シアワセダヨー!/ \アタリマエダヨナァ?/ \ソウダヨ/


京太郎「あははっ、すっげぇ嬉しいっす!」

\コッチミテー/

京太郎「はいっ!」ニコッ


\カミネクゥーン/


京太郎「お前とやる音楽なら悪かねぇ!」キリッ


\キャーッ!!/


京太郎「ありがとうございます!」ペコリン

煌「(いい感じですね)」

京太郎「えーっと、とにかく今日はガンガン楽しみましょう! 俺も楽しみます!」


\ウン!/ \スガクントイッショニタノシミターイ/ \ダイテー!/


京太郎「あぁ、クリスマスにこんなにモテるなんて……」ウルウル


\ナカナイデー/ \カワイイー!/


京太郎「へへっ、それじゃあ挨拶はこれくらいにしておきます! 早くごはん食べたいですしね!」

煌「はい、ありがとうございましたー!」

 ガヤガヤガヤガヤ

煌「この後須賀君はテーブルを回りますので、皆さんはそれぞれのテーブルでお待ちくださいね」

 タノシミー!  アクシロヨ

煌「食事を取りに行く時以外はあまりフロア内を歩き回らないでくださいね」




626 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/11/11(月) 21:30:29.85 ID:mlj3/utfo [2/16]

624
 気にしたら負け



【パーティ会場】

 ワイワイガヤガヤ

京太郎「さて、まずはテーブルを回らないと」

竜華「一人で大丈夫?」

京太郎「折角ですし、一人で向き合ってみます」

竜華「京太郎君……」

京太郎「大丈夫ですよ」ニッ

煌「それじゃあ私達は席で見守ってますね」

透華「さて、なにから頂きましょうか」

久「お腹が空いたわ、もうぺこぺこよ」テクテク

宥「あったかそうな料理……」キョロキョロ

菫「コレクッテモイイカナ?」

はやり「わーい、ご馳走だねっ☆」


 ガヤガヤガヤ


京太郎「……さて、順番に席を回るかな」テクテク

 \キャーッ!/ \コッチミテー/

京太郎「後で行きますからー!」


 よし、まずは知り合いから話してみるか


【Aテーブル】


京太郎「よっ、お前ら」ニッコリ

咲「京ちゃんっ!」パァァァ

和「ふふっ、楽しませてもらってますよ」

優希「来るのが遅いんだじょ!」パクパク

京太郎「そういうなよ、おまえの好きなタコス用意したの俺なんだぜ?」

優希「!?」

京太郎「うまいか?」

優希「う、うん……ありがと」モジモジ


 \タコスガスガクンノテヅクリ!?/ \ウバエー!/ \リャクダツダー!/ \ジョウシキハツウヨウシネェ!/


京太郎「あ、あはは」

優希「先に取っておいてよかったじょ」モグモグ