14 名前: ◆3tY9LUZmV5E6[] 投稿日:2014/05/25(日) 17:27:30.40 ID:DmJQPPnw0
エンディング

淡「るんるーん♪」

京太郎「ご機嫌だな」

淡「もちろんっ!」

京太郎「五連覇だもんな、凄いよ」

照さんと菫さんが居なくなり、黄金世代は終わったと思われた白糸台麻雀部。

実際にレベルは落ちていたと思う、だけど。

淡が消沈する部員を立ち直らせ、見事にチーム虎姫をまとめあげたのだった。

京太郎「お前って誰かと協力したり、誰かをまとめたり、面倒をみたりするのが嫌いだと思ってたよ」

淡「そうだね、前はそうだったよ」

淡「でも、京太郎と会ってから変われたから」ニコッ

                ,. --- 、        ____
                  /,  ´ ̄ ̄` '⌒´     \
           、_/_/⌒ヽ , /            ヽ
            ,---、  / //    :       ヽ :.
           ,  / ̄-/ /' {   | |       | :
          / __   ̄,./ /-' l| l | |___ l |    |
            .:' /   ,イ _| | |ア__l { { | / }`| |    |
       /       ,:´ | { | l\{从 ∨ィ斧ミ、 |    |
    /\'´        /{  | 从{__,. \∨Vソ }イ ト、 ∧{
    ////\ r---  ´八 !∧  ̄   ,:  :.:.:  }/ノ/ リ
.   ///////\      \}∧         u 八/
  //////////〉        込、  __    ,.: /
  ///////// /          }>、   ` イ |从
 ,'//////// /   _      /--、l ` ̄ :,   |--、
.///////// /  イ/////\   {////}   /  「///|
'//////// /´// {////////ー '|////|   ,   |///l|
///////////// |l///////////ヽ// \    |////> 、
////////{/////{!/////////////////}--- /////////> 、
京太郎「お、俺?」

17 名前: ◆3tY9LUZmV5E6[] 投稿日:2014/05/25(日) 17:32:42.35 ID:MgL4Pg1Y0
淡「気付いて無いんだ……」

淡「京太郎はとても凄い力を持ってるよ?」

京太郎「俺が?凄い力?」

淡「人を変える力だよ」クスッ

京太郎「それはそれは、凄い力だな」

京太郎「でもな、淡」

京太郎「お前だって俺を変えてくれたぜ?」

淡「勿論知ってるよ~」

淡「京太郎が個人で全国に出れるなんて、最初は誰もがそうなるなんて思っていなかったよね」

京太郎「それもそうだけど……」

ナデッ

京太郎「お前と会えたからこそ、俺は人を変えられるようになったんだよ」

淡「……///」

淡「恥ずかしいなぁ……もうっ」

                      ´      `丶
                    /              \
                        /        \    ヽ
                 /   ,イ            ヽ    .
                     // |  |   ' ト、           .
                 j/  ;  |  | │:!∧     i    :
                /  i |¬|ト│ |八--:一   i    i
                .:   Ν 八八 Ⅴ´\ハ         |    | ┼ __ | \ (⌒⌒)
               i:  Λ x= ミ \ル‐ =ミV:| │  i │    レ(ノ\    レ 丿 \/
               | i  iハ   .       |.:| │  i │
               | i  i:  :. "       ""  ; :| .:|  i :.
               | i:. ∨込.  マ::::フ   / イ :リ  i  :.
               人八 ∨ 个ト  ,,_  <「∨ :/i   i  :.
                    /\[  |  __j_」   ∨∠:リ  リ   ::、
                /  リ jレ'´ 乂    У∨   ∧     \
                  /  /  /ー  --/ /  /⌒>、    \
                  / / /  /   广⌒゙ア  /  ///⌒\   \
            /     /   /  /   /  厶イ     ,  \ \
                 /   イ\   ,゙ /   __/   {//       |   \ \
             //  /イ 「\\_/  .:::´:::八 ∨ ′     | \      ヽ
              (/ ノ   人;::::\[__/ ::::::/::/ \∨{        人     ∨)_ノ
           \{    /   >::[_[\__;;;/    )У       〉   ト、 │
                 \__{ /::::::::几::::::\      〈          /|   |ハ |
                    [__∨::::::::∨| \::::::丶    込,,______ノ |  /  ∨
22 名前: ◆3tY9LUZmV5E6[] 投稿日:2014/05/25(日) 17:40:03.71 ID:UThBO65j0 [1/2]
俺の一目惚れだった。

可愛い奴だと思わされた。

私の一目惚れだった。

とてもかっこいい人だった。

彼とーー

彼女とーー

手を重ねるのが喜び。

会話すればドキドキする。

唇を重ねたら愛おしくなる

体を重ねたら一緒にいられる。

これからも絆は続く。

愛は永久ーー

絆はこれからも。

        /   /  //  . :〃  . :iト、|:. |             ヽ    ヽ  ヽ
      乂 .′ / ,イ .:/ !   . :i| |:. |\: .                  ハ
      .′ i`ーァ′/ ! .:i |   . : | |:. |  \: .  ヽ: .  ____ i-‐ ´   .
     .′  !/ . : ′| .:| |   . : | |:. |   \: .        ̄| ̄ ̄ `ヽ:
        /i|  :|. :|  | .:| |   . : ! |:. |_,,-‐====‐\   . : :|   . :|: . i
    j〃 . :i|  :|. :|‐===┼-  | : j   -‐     \: .    . : |   . :|: . |
    /  . :i|  :{. :!  \八  . : | jノ   , -‐ __,,.⊥   . : }   . :|: . 人
   ′ . : 八  Ⅵ ≫=ミ、 . : !     ≫≦Y⌒'マハ:、  . : .′ . :|: . : .\
   i . :i    . :\{ハ 《  )i:::::::ハ\{     ″{ .)::i::::::::::}::} 》 . : /  . :/!: . \: .\
   | . :|   . :i   '. ヾ い;::::::jj         八∨乂 _;ノ:ノ  . :/  . :  |: .    : .`ー-
   | . :|   . :| . :| . :l'.   V辷ク            ゞ゚-‐ '  . :/   . :/ . :|: .  .
   | . :|   . :| . :| . :|ハ               /    . :/   . :/ .:.:|: .    : .
   | . :|   . :| . :| . :| :.       ,        /  . . : .′ . / . : :|: .     : : . .
   | . :|   . :| . :| . :|  :.             /  ,. : ,イ  . :/  . : 人: .       : : : . . .
   |..:i:|   . :| . :| . :|   ゝ.     、   ノ .′ // / . : : /  . :.:/  \: .\: .
   l :从  . : :| . :| . :{   / > .        { /'   / . : / . : : .:′    \: .\: .
   乂{: \. : :!\〉、:\_/   . : .:〕jッ。.     . ィV`ヽ /. :/ . . : :/       \: .\: . .
    `\ \{   \;/  . : .://{{   ` ´ | |│ ,// . : .:/             \: .\: . .
続くだろう。

カンッ

26 名前: ◆3tY9LUZmV5E6[ ] 投稿日:2014/05/25(日) 17:48:01.54 ID:UThBO65j0 [2/2]
エピローグはまた後ほど投下

38 名前: ◆3tY9LUZmV5E6[] 投稿日:2014/05/26(月) 00:08:26.42 ID:rrvXf0Nr0
エピローグ


集中治療室。

京太郎「……」

多数の管、延命用の装置、人工呼吸器に繋がれていた。

淡「ばかっ……」

淡「身を投げ出して私を助けるぐらいなら、私を置いてって良いのに……」

大学生になった大星淡と須賀京太郎。

大星淡はプロの道へと進むと思われていたが、まだやりたい事があるとの事で大学に進学をしていた。

一方の京太郎は大学でプロを目指していた。

医者「植物状態ですね……」

医者「身体は綺麗に治したんですけど……」

医者「非科学的ですが……目覚めないんですよね……」

医者「理由はさっぱり……」

淡「京太郎おぉ……」グスッ

44 名前: ◆3tY9LUZmV5E6[] 投稿日:2014/05/26(月) 00:50:48.89 ID:3gUuhMqS0 [1/6]
淡ルートはこれにてカンッにした方が面白そうなので



カンッ



また淡ルートを選んでくれたらエピローグと本当のエンディングを解放した方が面白そうなので。

一旦淡ルートは封印


57 名前: ◆3tY9LUZmV5E6[] 投稿日:2014/05/26(月) 01:11:28.75 ID:3gUuhMqS0 [6/6]


つぎいっくよー

記憶引き継ぎに関しては
とある一定のコンマを引いたヤンデレのみ引き継ぎと考えています(高校が同じキャラの場合)ので、安心して前回選んだ高校も選んでください。

前回ヤンデレだったあの子も……ヒロインだったあの子も……!



プロローグ

意識が混濁としている。

酷い夢を見ているようだ。

何回も何回も酷い目にーー

咲……?

京太郎「はっっ……!」ガバッ

京太郎「夢か……」

京太郎「嫌な夢を見てしまった」

京太郎「そんな事よりも今日は入学式だ!」

京太郎「楽しみだな」

可愛い女の子と……うへへ。








次に行く高校は?


前行った高校でもあり
前行った高校の場合は記憶引き継ぎ安価します


安価下13

103 名前: ◆3tY9LUZmV5E6[] 投稿日:2014/05/26(月) 02:18:25.68 ID:UDWEd5F20 [2/2]
怜 好感度max 依存度144
泉 45
浩子 92
セーラ 02
竜華 46

それでは(地獄の)はじまりはじまり





京太郎「行ってきまーす」

ーーー

京太郎「千里山かぁ……頑張るぞ」グッ

登場人物安価 誰がくる?


0~20 怜

21~40 泉

41~60 浩子

61~80 セーラ

81~99 竜華

安価下1

108 名前: ◆3tY9LUZmV5E6[] 投稿日:2014/05/26(月) 02:23:58.76 ID:Im5js6m30
京太郎「あ……」

すばらです。

とてもすばらなおもちです。

京太郎「エクセレント」

竜華「ん?なんや?」

京太郎「あ!な、なんでもないです!」

竜華「自分で振っといて面白いやっちゃなー」クスクス

竜華「名前は?」

京太郎「京太郎です!」

竜華「私は竜華よろしくな」

京太郎「はい!よろしくお願いします」

竜華「よし、気に入った!麻雀部入らへん?」

       /  / ::/ :::::::::::::::::::://:´ ̄::ヽ:::/ /::/   |:l |:::::::::::::::::|::::::.     i
.      /  / : ::::| :::::::::::::::/ /:::::::::> ´ /,: ′  |:l |:::::::::::::::::|::::::::.    l
     /  /...::::::::|::i:::::::::::/ァ===ミ、 ヽ /イ      .:j_|:::::::::::::::::|::::::::::.   │
.     ′.:: :::::::::::リ、:::::::;《 ん干ハ\        〃 j\:::::イ::/::::::::::::.   /|
.   / .::: ::::::::/  ∨ |  {:ト::::::ノ:'         ,ノ  /::::::ヾ }/}::::\ __/ .′
   ′::::  ::::::::{    ヽ{  ゝ:こソ        =ァ=/:::/  ソ/::::::/::\   /
  / :::::! :::::::::∧     。              ん干ハ㍉  /::::::/::::::  ヽ.′
 ′:::::::|...:::::::::::::∧__   :.:':.':.:           {:ト::::::ノ:′|} /:::/:::::::   //
/ . ::::::::i|..::::::::::::::::::::|::{              、     ゝ:こソ //彡::::::::  //
.....::::::::::i|.:::::::::::::::::::::|∧                     ヘ:/::::::  / ノ
...::::::::::::i|::::::::::::::::::::::l::::∧     「   、    :.:':.':.° ′ノ┬=ァ ´
:::::::::::::::i|::::::::::::::::::::::|:::::/ :.     ` -- ′       ,: イ: / /
::/::::::::::j|::::::::::::::::::::::l:::/   \           /::::::::: / /
/::::::::::::j|::::::::::::::::::::::|/      丶 ___,,..  イ::::::::::::../ /
:::::::::::::::i|::::::::::::::::::::::ト         /:::/::i|::::::::::::::::::::::../ /
-=ニニニム::::::::::::::::::::{ニ\        /:::/::::i|:::::::::::::::::::. ,′/
京太郎「ーー」

1.遠慮します

2.入ります

3.自由安価

どれを選んでも千里山麻雀部の連絡先を知ることが出来ます

安価下 7

118 名前: ◆3tY9LUZmV5E6[] 投稿日:2014/05/26(月) 09:01:19.66 ID:fSj3w+aT0
京太郎「入ります!」

竜華「よし、じゃあ放課後よろしくな~」

京太郎「はい」

ーーー

放課後

京太郎「よし、麻雀部にいくぞ」

ーーー

京太郎「失礼しまーす……」

ジロッ

おお……流石名門。

部員が沢山いらっしゃる。

怜「あんたが京太郎か」ゴホッゴホッ

京太郎「あ、は、はい」

病弱そうな人だなぁ。

京太郎「貴女は……?」

怜「怜って呼んでや」ヒラヒラッ

京太郎「はい!」

怜「なぁ……後で抜け出さへん?」ピトッ

京太郎「ーー」

なんと言う?

自由安価

安価下8

139 名前: ◆3tY9LUZmV5E6[] 投稿日:2014/05/26(月) 23:10:31.53 ID:ehMaKL/i0
京太郎「愛の逃避行って奴ですか?いいですね、行きましょう」キリッ

怜「は、え、えぇ…///」カァァ

怜「そ、それはアカンわ……まだうちと君は高校生やし……///」クネクネ

京太郎「……?」

あれ?冗談のつもりなんだけどな。

怜「ま、まぁ京太郎となら考慮したるわ」ギュゥゥゥ

京太郎「ノーウェイノーウェイ。タンマタンマ」

怜「もう冗談じゃすまさんよー?」ニッコリ

京太郎「は、はい」ゾクゾクゥゥ

怜「ふふっ」ギュッ

ザワザワッ

どうして目立つんだよぉぉぉぉ!!!

     |: : : : : : : : : : : : : : :./__//  }: }: : : : : : : :./ |: :|___}: : : : : : : : : : : |
     |: : : : : : : : : : : : : :./ // ` //|: : : : : : : /´ l:./    |/|:..: : : : : : : : :|
     |: : : : : : : : : : : : :./ /イ  〃 ,:ィ: : : :../  〃    ,ノ : : : : : : : : : :.|
     |: : : : : : : : :..:.ト、/___j!__,/__/ /: :../   /_,j!______  |: : : : : : : : : :|
     |: : : : : : : : :..:i!〃つ。ノ.V/l|\-‐ ´    '´つ。ノ.V/l}㍉ |: : : : : : : : : ハ
    ,: : : : : : : : : :fヘヽ弋l(......)ツ           弋(......)lツ / ,:イ : : : : : : : : :.
.    ′: : : : : : : : :| i  ¨¨¨¨¨           ¨¨¨¨¨  / |: : : : : : : : :い
    i.| : : : : : : : : :.|  , ゚.:.:.:.:.:.:.:          :.:.:.:.:.:.:.゚  ,  |: : : : : : :..:..| |i
    |ハ: : : : : : : : : |  ′:.:.:.:.:.:.:.:     '       :.:.:.:.:.:.:.  ′ノ: : : : : : : : :| ||
    || |: : : : : : : : :.\__j                   j_/: : : : : : : : :..:| ||
    || l: : : : : : : : : : : :.∧                  /: : : : : : : : : : : : , l|
    リ 乂: : : : : : : : : : : :个:..      ´  ̄ `      ..:个: : : : : : : : : : : : ゚ リ
       \}: : : : : : :.ト、: : : : >...         イ: : : : : : : : : : : : : : :./
         \: : : : い乂: : : :..:.| >  __  <│: :j: : : :./}: :/}: : : :/j/
          `ー―ヘ   ヽ}ィニ|           |ニヽ:ノ}ノ/_,イノ ィ
           __ -=ニニニニニノ           ∨ニニ=- __
竜華「……なんやこれ」

竜華 好感度上昇安価 コンマ判定

0~30 小

31~60 中

61~99 大

145 名前: ◆3tY9LUZmV5E6[] 投稿日:2014/05/26(月) 23:17:15.10 ID:u62GOou90
鍛えられとるわ……

竜華の好感度が10上がりました

竜華 56

浩子「騒がしいなぁ……なにやっとんねん」

浩子「ん?」

京太郎「!!!」ビックウウウウウ!

京太郎「???」

か、身体が勝手に怯えた?

意味わからないぞ……

浩子「変な奴や」

浩子好感度上昇安価

0~30 小

31~60 中

61~99 大

148 名前: ◆3tY9LUZmV5E6[] 投稿日:2014/05/26(月) 23:56:01.99 ID:Wf7s0ic80
浩子 好感度10上昇、

セーラ「なんやなんや?騒がしい!」

京太郎「あ、男子部員」

セーラ「俺の事男に見えるのか!?」パァァァ

京太郎「あ、ごめんなさい!女性でした!」

セーラ「じゃかあしぃわ!!」バキッ

京太郎「なんで!!??」ゴホッ

セーラ 好感度上昇安価

0~30 小

31~60 中

61~99 大

156 名前: ◆3tY9LUZmV5E6[] 投稿日:2014/05/27(火) 00:04:46.42 ID:Z6kTfBpx0
セーラ 好感度30上がりました

セーラ 32

泉「皆騒がしい……」

泉「ん?なんや君」

京太郎「須賀……京太郎です」

泉「うちの事知っとるか」

京太郎「……」

泉「うちの事知っとるか、知っとるか?」キラキラ

京太郎「テレビで見た事あるような」トオイメ

泉「高校最強のうちのことは知っといて当然やもんな!」ドヤッ

       ''‐--‐__´      ヽ∨´  _, ア
        ,  ´  `           ` 、
      <_,-‐            _.  \
.      /     , ‐        ´  `', _`ゝ
.     /       , '      _  ,、      ', __ゝ
    , '   ,   / ./   / /:::i/:::i i     ', \
  , ' , -‐ フ  / /  , '/ /    ', .|| .|  、 ',、. \
   ̄..  /,-  | /  / /, ' \   ',.|/i、. ', ',`、-‐`
     ´ ´| ,-∨// ,´ ̄`ヽ    ,-‐-、 .', ',、ヽ
       ', i i` `|i |つ:::::::|    |っ::::::|、.|、|\|
          `i`-、  `ー‐´     ',:::::ノ|ノi ||ノ
.        ', ,. ', ////      /// i´ `´
        `| ∨\   (`-´)    .ノ
           ,->‐-  ̄__ , - ´
          // ̄ヽ 、',´i/、
            /;;|  ノ   >-v-i、
         〈;;;;;|,  `ー´  ) .〉
         >| ',    ,/ー〉
          ,<\ `ー ´,、〈`´
      /;;;;;;\ `ー-, /-| >
      `,;;;;;;;/;;;;;;` ー‐-´;;;;;`;;;\
      \/;;;;;;;;;;/;;;;;;;;|;;;;;;;;|;;;;;;;',/
        ',ー-、__,-┬-`ー|
         ',    |  .|    |
           ',    .|  .|    i
          i     i   ∨   ハ
           /    /    ∨  ハ
.        /、  ./      ∨ ._|
        〈ー-ニ/       . ',´,--|
          `ー´          `ー´
泉 好感度上昇安価

0~30 小

31~60 中

61~99大



159 名前: ◆3tY9LUZmV5E6[] 投稿日:2014/05/27(火) 00:22:06.07 ID:HV88/LAK0 [1/2]

行動フェイズ 夕方 京太郎の部屋

京太郎「さて、何をするか」




1 「雀荘に行ってみようかな」

2「街をうろうろするかな」

3「メールしようかな」

4「電話しよう」

5「LINEしよう」

6.バイト

7.TwitterとFacebookに登録

8.自由安価

安価下4


166 名前: ◆3tY9LUZmV5E6[] 投稿日:2014/05/27(火) 00:42:11.68 ID:xgBLZkpE0
失礼しました

泉 55
浩子 好感度max 依存度102

ーーー

店員「いらっしゃい」



0~20.わっかんねーなんで前の週で私と結ばれなかったのかわっかんねー全てが分からねー

21~40.シャーマン

41~60.すばらなおもちが!

61~80.プンスコ!

81~99.アラサー


ゾロ目 ネキ

171 名前: ◆3tY9LUZmV5E6[] 投稿日:2014/05/27(火) 00:50:30.35 ID:qeJGQstp0
170
シロはヤンデレにならずに殺されます

ーーー

健夜「……」

健夜「よろしくね」

京太郎「はい!」

ーーー

京太郎「」

ーーー

京太郎「」

ーーー

京太郎「」

ーーー

健夜 好感度判定AND上昇安価

ゾロ目±1は引き継ぎ

0~30 小

31~60 中

61~99 大

184 名前: ◆3tY9LUZmV5E6[] 投稿日:2014/05/27(火) 01:19:52.40 ID:MUCg9i6h0
健夜「ま、麻雀弱いのは知ってたよ」

京太郎「……?」

健夜「店員さん、知ってましたか?」

健夜「この子が私の注文です」

ゴゴゴゴゴ

京太郎「!!!!」ゾクゾク

健夜「別室……行こっか」

1.逃げる

2.着いて行く

3.自由安価

重要な安価です

安価下9

198 名前: ◆3tY9LUZmV5E6[] 投稿日:2014/05/27(火) 01:43:26.20 ID:9OT2M1oW0 [2/4]


196 マスコミ報道 見に覚えのない罪をかぶせられ 保護(物理)

京太郎「あ、用事があるんで帰ります」ソソクサ

健夜「えっ」

0~70 扉開いて全力で帰宅

71~99 鍵がかかってるだと?

205 名前: ◆3tY9LUZmV5E6[] 投稿日:2014/05/27(火) 01:58:11.32 ID:9OT2M1oW0 [3/4]
京太郎「!」

ガチャガチャ

くそ!健夜さんが迫ってる!

京太郎「!」

窓だ……これなら!

0~50 窓から脱出

51~99 皆が恐らく望んでいたであろう終焉

210 名前: ◆3tY9LUZmV5E6[] 投稿日:2014/05/27(火) 02:14:28.84 ID:9OT2M1oW0 [4/4]
ぱりぃぃぃぃん

京太郎「ふぅ……」

身体を鍛えていなかったら死んでいた所だった。

ーーー

健夜「……」

ーーー


行動フェイズ 夜 京太郎の部屋

京太郎「さて、何をするか」




1 「雀荘に行ってみようかな」

2「街をうろうろするかな」

3「メールしようかな」

4「電話しよう」

5「LINEしよう」

6.バイト

7.TwitterとFacebookに登録

8.自由安価

安価下4

218 名前: ◆3tY9LUZmV5E6[] 投稿日:2014/05/27(火) 02:26:27.56 ID:6NCZGSvS0 [1/3]
ゾロ目を勘違いしないで頂きたい


ゾロ目ボーナス

土方「筋がいいなぁ!!!」

土方「てめえ、地方とかはどうだ?」

京太郎「ち、地方?」

京太郎「???」

土方「地方に行きたくなったら呼べよ」

土方「どんな状況になっても呼んでくれたら必ず駆けつけますので」ニコッ

土方「今回は……助けますよ」

京太郎「……」ゴシゴシ

京太郎「あれ?一瞬イケメンの人が」

土方「ふふっ……じゃあな」

219 名前: ◆3tY9LUZmV5E6[] 投稿日:2014/05/27(火) 02:27:18.85 ID:6NCZGSvS0 [2/3]
京太郎「誰かに電話するか」

自由安価

今までに出会ったキャラにしてください

前週キャラは危険な場合あり

重要な安価です

安価下7

232 名前: ◆3tY9LUZmV5E6[] 投稿日:2014/05/27(火) 14:11:44.72 ID:6NCZGSvS0 [3/3]
京太郎「もしもし……警察ですか?」

京太郎「小鍛治プロが……はい、本当なんですよ!」

京太郎「……」

プツッ

京太郎「取り合ってもらえたけど……微妙な感じだったな」

ーーー

京太郎「誰かに電話するか」

自由安価

今までに出会ったキャラにしてください

前週キャラは危険な場合あり

安価下7

242 名前: ◆3tY9LUZmV5E6[] 投稿日:2014/05/27(火) 17:29:27.84 ID:HV88/LAK0 [2/2]
怜「京太郎かーどうしたん?」デレデレ

京太郎「いやー怜さんの声が聞きたくなって」

怜「そんなん照れてまうわぁ///」

怜「恋人同士なんやからいつでも聞いたってーな」ニヨニヨ

京太郎「ん?」

怜「ん?」

怜「どうしたん?」

京太郎「俺と怜さんって、恋人同士でしたっけ?」

怜「そやけど?」

京太郎「ーーー」

なんと答える?

自由安価

安価下7

250 名前: ◆3tY9LUZmV5E6[] 投稿日:2014/05/27(火) 17:57:24.53 ID:WxkMwhBL0
京太郎「ああそうだったんですか。
ごめんなさい、俺そういうの初めてで、まだ違うのかと思ってました。」

怜「そこまでしといて怖いわ~うち泣いてまうで?」クスッ

京太郎「あはは、ごめんなさい」

京太郎「でも恋人同士か……それならちょっと相談したい事が」

怜「ん?なんや」

京太郎「実は俺、健夜プロに狙われてて……」

ーーー

怜「にわかに信じられないけど……京太郎やからな、ジゴロやし」

京太郎「逃亡……二人でしませんか?」

京太郎「きっと……怜さんも危ないです」

怜「……」ゴホッゴホッ

怜「ええよ、あんたとなら」ニコッ

京太郎「良かった……!」

ーーー

ジジジッザザァ

健夜「へぇ……明日……ねぇ」

268 名前: ◆3tY9LUZmV5E6[] 投稿日:2014/05/28(水) 00:14:59.90 ID:Rk30kQB80 [1/3]
京太郎「……」

朝五時。

京太郎「さて……」

口で言ったのは六時だけど、メールで送ったのは五時半での待ち合わせだ。

母「あんた……そっか」

母「最後のお小遣い、あげる」

渡されたのは15万円、正直驚いた。

京太郎「っ……!」

京太郎「ありがとう……!」

ダッ

母「本当……立派になっちゃって」

コンマ判定

0~40 健夜ですけどー?京太郎君いますか?

41~99 怜の家に着く

271 名前: ◆3tY9LUZmV5E6[] 投稿日:2014/05/28(水) 00:19:23.96 ID:gG2FQVYt0 [1/3]
京太郎「……!」

玄関で待ってたか。

怜「遅いわアホ……」ゴホゴホッ

トランクバッグを持って春らしく足を見せた軽装で俺を待っていた。

京太郎「身体大丈夫ですか?」

怜「余計な心配はいらんよ、さっ行こか。王子様」ニコッ

京太郎「はい」

0~30 どこに行くのかな?

31~99 怜と共に出発

275 名前: ◆3tY9LUZmV5E6[] 投稿日:2014/05/28(水) 00:25:55.91 ID:gG2FQVYt0 [2/3]
ガタンゴトンッガタンゴトンッ

怜「なぁ、どこに行くんや?」

怜「うちら……アテがないで?」ゴホゴホ

京太郎「……」

行くところに迷って病弱な怜さんに負担はかけたくない……

たとえ遠くても、しっかりと行き先は決めた方がいい!

なら……!

京太郎「ーー」

どこに行く?

自由安価ANDコンマ判定

京太郎と怜の逃亡地を選んでください。

0~50 相席いいかな?

51~99 目的地決定

280 名前: ◆3tY9LUZmV5E6[] 投稿日:2014/05/28(水) 00:31:43.13 ID:CdY9CGn40 [1/8]
長野

京太郎「長野だ、昔住んでいた家があるんだ」

怜「京太郎の出生地かぁ」ゴホゴホ

怜「ええなぁそれ。素敵やわ」ギュッ

京太郎「なっ……ちょっと!怜さん!」

怜「敬語をやめて……怜って呼んで?」ジッ

京太郎「……!」ゴクッ

その上目遣いに惹かれるように俺と怜はーー

長いキスを交わした。

0~50 私の京太郎君に何をしてるのかな?怜ちゃん

51~99 東京駅到着、一旦休憩

291 名前: ◆3tY9LUZmV5E6[] 投稿日:2014/05/28(水) 00:52:29.18 ID:STZD8gdi0 [1/2]
東京駅

京太郎「東京着いたな」

怜「せやな」ノビー

京太郎「ちょっと疲れたな」

怜「せやな」

京太郎「そこのベンチに座るか」

怜「ええ提案や」

京太郎「よいっしょ」ストッ

怜「京太郎、おっさんみたいやな」ピトッ

京太郎「そうか?」

怜「ちょっと疲れたわー」ゴホゴホ

怜「ちょっと膝枕してもらってええか?」

京太郎「おう、大丈夫だぞ」ポンポンッ

怜「悪いなー京太郎」ゴロッ

怜「竜華の方がええわ」ジトッ

京太郎「悪かったな」アハハ

怜「でもこっちの方が好きや」ゴロゴロッ

0~50 んっ?あれは……

51~99 何もなし、ホテルへ向かう



299 名前: ◆3tY9LUZmV5E6[] 投稿日:2014/05/28(水) 01:37:10.79 ID:89CkP4E40 [1/2]
ここ、東京なんだぜ?

京太郎「ホテル行くか」

怜「ホテル大丈夫なん?」

京太郎「あっ……」ダラダラ

怜「あかんなぁ……もっとしっかりしてくれな」

京太郎「どうしよう……」

怜「あ、あのピンクのホテルでええやん」

京太郎「え、でも……そこって」

怜「休むだけやから大丈夫やでー」ウヒヒ

京太郎「目が大丈夫じゃないんですけどそれは」

怜「ほら、早く行くで!男やろ!」グイグイ

京太郎「マジで!?」グググッ

0~20 俺たちの天使

21~40 俺たちのチャイニーズ

41~60 俺たちの歌姫

61~80 俺たちのアメリカン

81~99 俺たちのヤクザ

303 名前: ◆3tY9LUZmV5E6[] 投稿日:2014/05/28(水) 01:41:48.08 ID:CdY9CGn40 [2/8]
ダヴァン「どうしましたカー?」

京太郎「あはは……なんでもないですよ」

怜「そこのアメリカ人さん、うちの彼氏に言ったってーや」グイグイ

京太郎「ちょっちょっと……!」

ダヴァン「?」

ダヴァン「何がでスカ?」

怜「男なら女をリードしろって」

ダヴァン「お安い御用デス!」

ダヴァン「そこの京太郎!!今度こそ幸せにしやがれなサーイ!」

京太郎「??は、はい!」

怜「ほれ、いくでー」

305 名前: ◆3tY9LUZmV5E6[] 投稿日:2014/05/28(水) 01:47:26.00 ID:dDpNlojc0 [1/6]
ホテル~SSS~

京太郎「ほ、ホテルか」

怜「そ、そやな」

怜(い、勢いで入ったのはええけど……///)

怜「緊張するわ……これ///」モジモジ

京太郎「そ、そうだな」

京太郎「ご、ご飯食いに行くか」

怜「そやな、東京のもんがどんだけうまいか確かめたる」

京太郎「よし、行こう!」

怜「おー!」

どこに食べに行く?

1.和食

2.中華

3.洋食

4.フレンチ

安価下5

313 名前: ◆3tY9LUZmV5E6[] 投稿日:2014/05/28(水) 02:07:41.96 ID:Rk30kQB80 [2/3]
京太郎「中華食うか」

怜「お、行こか」

ーーー

京太郎「うん、美味しい」

怜「中々やるやんか東京……」

京太郎「あははっ」

京太郎「よろこんでくれたらそれで何よりだよ」

怜「~♪」

怜「今……最高に幸せや」

怜「病気で倒れた時よりも……レギュラーになれた時よりも……」

怜「今一番生きてる実感があるんやで?」

京太郎「……」

怜「京太郎のおかげ……やな」チュッ

京太郎「なっ……///」

0~30 アラサー

31~99 ホテルへ

317 名前: ◆3tY9LUZmV5E6[] 投稿日:2014/05/28(水) 02:11:29.35 ID:dDpNlojc0 [2/6]
ホテル

京太郎「そ、そ、そ、そろそろ寝るか!」

怜「先シャワー入らへん?」ギューッ

京太郎「!!!????!!!???」

怜「なんなら一緒に入るか?」

京太郎「……」

怜と……

京太郎「」プシューッ

怜「顔真っ赤やで、まぁ…….高校一年生やししゃあないな、エッチな妄想しても」

怜「そういう所好きやでっ」チュッ

怜「ほな、先浴びてくるわ」

318 名前: ◆3tY9LUZmV5E6[] 投稿日:2014/05/28(水) 02:18:38.79 ID:gdV6bGMO0 [1/3]
怜「……///」

怜「どや?」

怜「あまり身体に自信ないから見んといてや」

怜「ま、まぁ京太郎が見たいって言うなら……///」

怜「バスローブ脱いでも……」

京太郎「……Zzz」グー

怜「起きろや!」ビシィッ

怜「そこまでさせて寝てるってなんやねん!?」ゲシゲシ

怜「自分ホンマに付いとるんか!?」ゲシゲシ

321 名前: ◆3tY9LUZmV5E6[] 投稿日:2014/05/28(水) 02:21:59.91 ID:Pc7lgruc0
京太郎「はっ!」

京太郎「うわっ!」

京太郎「怜!なんて格好を!!」

怜「もう……///」

怜「疲れてるもんな……」

怜「早く寝よう、な?」

怜「ずっと抱き枕になったるさかい」

京太郎「怜……」

ギュッ

怜「ふふっ……おやすみ」

京太郎「ああ、おやすみ」

怜「好きやで京太郎……」

322 名前: ◆3tY9LUZmV5E6[] 投稿日:2014/05/28(水) 02:27:41.04 ID:YHYzEuwJ0
京太郎「……Zzz」グー

怜「……」ナデッ

怜「うちより二つも下でよう頑張っとるわ……」

怜「あの時倒れたうちを運んでくれたってしっかり覚えてるんやで?京太郎」チュッ

怜「またここで出会えたんやから……好きになっても仕方ないやろ?」

怜「千里山の皆と京太郎で……」ゴホゴホ

怜「全国行こうな?」

怜「ずっと一緒やで?」

324 名前: ◆3tY9LUZmV5E6[] 投稿日:2014/05/28(水) 02:29:57.90 ID:Cr43A0k50 [1/3]

京太郎「よし、チェックアウトも済ませたし、長野に行くか」

怜「愛の逃避行は楽しいなぁー」

ーーー

東京駅

京太郎「よし、行くか」

怜「おーっ!」

0~50 健夜も長野へ

51~99 まだ健夜は気付かない

328 名前: ◆3tY9LUZmV5E6[] 投稿日:2014/05/28(水) 02:32:05.41 ID:Cr43A0k50 [2/3]
長野

京太郎「よし、着いたな」

京太郎「どこに行こうかな」

1.清澄

2.鶴賀

3.風越

4.龍門淵

安価下5

336 名前: ◆3tY9LUZmV5E6[] 投稿日:2014/05/28(水) 02:43:18.52 ID:CdY9CGn40 [3/8]
京太郎「ここが俺が前住んでいた家だ」

怜「ええ家やな」

京太郎「普通だろ」

怜「せやな」クスクス

ハギヨシ「おや、貴方は……」

ハギヨシ「なるほど…….一人でここまで」

ハギヨシ「次に危機が起きた時……読んでくれたら駆けつけますよ」スゥッ

京太郎「?」

怜「あの有名人ストーカー……まだ捕まらへんのかな?」

京太郎「ここまで頑張ったんだ、きっとうまくいくさ」

怜「せやな」

京太郎「愛してるよ」ギュッ

怜「当然や」アハハ


367 名前: ◆3tY9LUZmV5E6[saga] 投稿日:2014/05/28(水) 13:32:19.78 ID:89CkP4E40 [2/2]
健夜「……」

健夜「はぁ……」

健夜「今回は随分と幸せそうだね」

京太郎「っ!!!」ビクッ

健夜「まぁ……あの女同様、殺すけど」

怜「……」ブルッ

京太郎「怜……先に行け!」

怜「いやや!京太郎が危ない!」

京太郎「早く!」

怜「っつ……!」ダッ

健夜「行かせると思って……!」

ワラワラ

京太郎「この人混みの中で?」

健夜「どうやって?……まぁいいや」

健夜「タイミングはいくらでもあるからね」スタスタ

京太郎「は、は、ははは……助かった」

京太郎「学生の下校時間で助かった……」

369 名前: ◆3tY9LUZmV5E6[] 投稿日:2014/05/28(水) 13:45:42.93 ID:CdY9CGn40 [5/8]
不安だった。

恋人に逃がしてもらったのはいいけど、その恋人がやって来なかったらどうしようかと。

もし、捕まっていたりしたら……

怜「京太郎のアホ……」クスンッ

怜「早く帰って来いやぁ……」ウワーン

泉「なんですか?アレ」

竜華「恋人待ちらしいで、ほっといたり」

泉「はぁ……」

怜「アホー!お前が死んだらうちはどうしたらいいねん!?」クワッ

セーラ「うわっ!怖っ!」

「誰がアホだって?」

竜華「待たせ過ぎやろ」ウリウリ

「ははっ……すいません。まさか大阪まで行ってるとは思ってなくて」

怜「……!」パァァァ

怜「京太郎……」ウルッ

京太郎「はいはい、お待たせ」ニカッ

                    __/  , ,:   } l \
                  ` ー-, | /{ { l  | |  .
                   /_/  | / 从 :  ,-}/、 |l |
                    /   从 -rォⅥ /rォ- }イ {
                 _` ̄´ { {rI ゞ ,}' ゞ  } }∧
                  Y {{ |Y }  从∧  _    八{
                「l | || | | |    Ⅵ 、 ` ー` イ / '
                { ー '' ' | /^〉 「//}` ー ´r'-、
                    |       ' ノ_,」// |    |/()|
                 :.   /´ //////∧_ r '///>- 、
                   ∧ _人 イ///////∧-}//////////> 、
                {//\___「///////// ∨////////////∧
                 |////()/}//////////{/////====/// //|
                ////// //////////(_)//////////|////|
                ,'//////イ/////////////////////l|////|
              ////////j//////////////////////|////|
            {////////{//////////////////////|////|
            ∨//////イ////////////////////// ///∧
               マ//// |//////////(_)///////// {//////}
                ̄   |/////////////////////,イ///// |
                    |/////////////////////} 〉/////|
                    |////////////////////{ {//////|
                      //////////////////////∨///// }
                  //==///////////////==/\///イ
372 名前: ◆3tY9LUZmV5E6[] 投稿日:2014/05/28(水) 14:09:26.50 ID:bD+mXjK90
怜「待たせすぎちゃうか?」プイッ

京太郎「長野に居ると思ってたんだって」

怜「連絡ぐらいよこしてくれないと困るわ!」ビシ

京太郎「へへっ……ごめんって」

怜「もう……」

     |: : : : : : : : : : : : : : :./__//  }: }: : : : : : : :./ |: :|___}: : : : : : : : : : : |
     |: : : : : : : : : : : : : :./ // ` //|: : : : : : : /´ l:./    |/|:..: : : : : : : : :|
     |: : : : : : : : : : : : :./ /イ  〃 ,:ィ: : : :../  〃    ,ノ : : : : : : : : : :.|
     |: : : : : : : : :..:.ト、/___j!__,/__/ /: :../   /_,j!______  |: : : : : : : : : :|
     |: : : : : : : : :..:i!〃つ。ノ.V/l|\-‐ ´    '´つ。ノ.V/l}㍉ |: : : : : : : : : ハ
    ,: : : : : : : : : :fヘヽ弋l(......)ツ           弋(......)lツ / ,:イ : : : : : : : : :.
.    ′: : : : : : : : :| i  ¨¨¨¨¨           ¨¨¨¨¨  / |: : : : : : : : :い
    i.| : : : : : : : : :.|  , ゚.:.:.:.:.:.:.:          :.:.:.:.:.:.:.゚  ,  |: : : : : : :..:..| |i
    |ハ: : : : : : : : : |  ′:.:.:.:.:.:.:.:     '       :.:.:.:.:.:.:.  ′ノ: : : : : : : : :| ||
    || |: : : : : : : : :.\__j                   j_/: : : : : : : : :..:| ||
    || l: : : : : : : : : : : :.∧                  /: : : : : : : : : : : : , l|
    リ 乂: : : : : : : : : : : :个:..      ´  ̄ `      ..:个: : : : : : : : : : : : ゚ リ
       \}: : : : : : :.ト、: : : : >...         イ: : : : : : : : : : : : : : :./
         \: : : : い乂: : : :..:.| >  __  <│: :j: : : :./}: :/}: : : :/j/
          `ー―ヘ   ヽ}ィニ|           |ニヽ:ノ}ノ/_,イノ ィ
           __ -=ニニニニニノ           ∨ニニ=- __
怜「んーっ」

京太郎「ちょっ!皆見てる……」

怜「んーっ」

怜「見せつけるんやで」

京太郎「もうっ……!」

チュッ

キャーキャーザワザワ

竜華「なんか腹立つわぁ」

373 名前: ◆3tY9LUZmV5E6[] 投稿日:2014/05/28(水) 14:44:33.19 ID:gdV6bGMO0 [2/3]
エピローグ

全国大会準決勝

怜(トリプル……!)

照「……!」

ーーー

健夜「……」ニィィィ

健夜「ふふっ」

ーーー

恒子「先鋒戦終了ーー!」

ーーー

怜「……」フラッ

ダキッ

照「……」

京太郎「ふぅ……たくっ……無茶しやがって」

煌「すばら、ですね」

375 名前: ◆3tY9LUZmV5E6[] 投稿日:2014/05/28(水) 14:49:53.99 ID:rbRx0lWl0 [1/2]
病室

怜「……」

竜華「ん?どうしたんや?」

怜「あのな竜華」

怜「うち……」

ガララッ

京太郎「怜元気かー?」

怜「元気やでー」

怜「決勝まで行けへんかったけど、とても清々しいわ」

竜華「怜……」

怜「京太郎、少し飲み物買って来てくれへんか?」

京太郎「おう!」

ガララッ

怜「まだ京太郎には言えんわ……」

怜「あのな竜華……」

竜華「?」

怜「うち……」

376 名前: ◆3tY9LUZmV5E6[] 投稿日:2014/05/28(水) 14:50:42.61 ID:rbRx0lWl0 [2/2]

「あと半年しか生きられないねん」



378 名前: ◆3tY9LUZmV5E6[] 投稿日:2014/05/28(水) 15:06:46.29 ID:gdV6bGMO0 [3/3]
竜華「えっ……!」ガタッ

竜華「う、嘘やろ?」ポロポロ

怜「もう冗談じゃ済まされない所まで来てるねんて」

怜「うちの身体はあの時、倒れた時からずっと」

怜「ボロボロやねん」

竜華「ぅ……ぅぅ」ポロポロ

竜華「きょ、京太郎がいくらなんでも可哀想やろ……それだといくらなんでも……!」ダキッ

怜「だからな……あんまり傷付けないように考えがあるんや」ニコッ

ガララッ

京太郎「買って来たぞー!」

京太郎「ん?どうしたの?二人して」

怜「なんでもないわ、ほれ京太郎もこっきぃや」

京太郎「ん?」

竜華「……」スッ

ガララッ

京太郎「?」

怜(ありがとな、竜華)

怜「抱きしめてもらってもええか?」

京太郎「?」

俺は言われるがままに怜を抱き締めた。

京太郎「少し痩せたか?」

怜「気のせいやろ」

怜「……」チュッ

京太郎「んっ……」

舌まで……

怜(これが最後……)ツーッ

379 名前: ◆3tY9LUZmV5E6[] 投稿日:2014/05/28(水) 15:40:55.24 ID:p7qFKUSr0
数日後 千里山

怜「もう、別れよか」

京太郎「え?」

怜「ちょっと疲れてもうたわ」

怜「ほな、また部活でな」

京太郎「えっ……ちょっ!」

怜「しつこいわアホ」

竜華「……」

怜「いこ、竜華」

スタスタ

京太郎「……嘘だろ?」ガクッ

怜「……」ズキッ

竜華「……」チラッ

竜華「怜、これでええのか?」ボソッ

怜「うん。これがうちにできる最善手や」

怜「ゴホッゴホッ……病院までおぶってもらってええ?」

竜華「当然やろ?」


怜「恩に着るわ」

381 名前: ◆3tY9LUZmV5E6[] 投稿日:2014/05/28(水) 15:52:28.96 ID:bCEMWRwi0
それから俺は麻雀に没頭した。

怜は学校にも来なくなったらしい。

そしてーー

卒業式。

竜華(怜……)

竜華(うち……卒業したで)

セーラ「……」

セーラ「俺な、怜より強くなってみせるわ」

竜華「大学で頑張るでー」

セーラ「当然や」

ーーー

京太郎「先輩!お疲れ様です!」

竜華「お、京太郎早いな」

セーラ「いやー泣きそうになってもうたわー」

竜華「泣いとった癖にな」

セーラ「お前だって泣いとったわ!」

京太郎「あはは……」

京太郎「怜は……今日も……」

竜華「……」

セーラ「……」

382 名前: ◆3tY9LUZmV5E6[] 投稿日:2014/05/28(水) 16:00:27.62 ID:Rk30kQB80 [3/3]
京太郎「あいつ最後までサボって……何やってるんですかね」

竜華「やっぱりうちって最低やわ……」ハァッ

セーラ「俺も約束守れへんな」ヤレヤレ

セーラ「京太郎ぉ!」

京太郎「はい!」ビクッ

セーラ「男ならシャキッとしてやる事があるやろ!?」

京太郎「え、え!?」

竜華「千里山病院の○○○号室!」

竜華「はいダッシュ!」ゲシッ

京太郎「は、はい!!!」

ダッ

383 名前: ◆3tY9LUZmV5E6[] 投稿日:2014/05/28(水) 16:08:39.93 ID:mygbgYVP0
怜の病室前

京太郎「?」

怜……?

京太郎「まさか!」

京太郎「怜!!」バンッ

怜「京太郎……」コヒューコヒュー

京太郎「あっ……ああ」

そこに居たのは人工呼吸器でかろうじて息をしている怜だった。

怜「竜華とセーラか?」

京太郎「怜……怜……!」

怜「まぁ来るって薄々分かっとったわ」

怜「お母さん、お父さん。恋人と二人きりにさせてーな。最後のお願い」

384 名前: ◆3tY9LUZmV5E6[] 投稿日:2014/05/28(水) 16:17:27.42 ID:STZD8gdi0 [2/2]
怜「ゴホゴホ」

怜「半年前からこんな感じやねん」コヒューコヒュー

怜「すまんな、京太郎」

京太郎「いいよ、もう」

怜「許してや」コヒューコヒュー

更に痩せ痩けた怜、もうかろうじて息をしている状態だ。

長くない、簡単に分かる。

怜「膝枕させてもらってええかー?」

京太郎「ああ、当然だろ」

                        /.::::::::/::::::/::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \
                     / /:::::/::::::/:::::/}/:::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                  / /:::::/::::::::/:::::/ /:::/:::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::.
                    / /:::::/::::::::/::/ /::://:::::::::::::::::::::::/::::::::/|::::::::::::|::::::::::::::::::::::.
                / /:::::/::::::::/:7´~~//-/:::::::::::::::::://::: / !::::::::::::!:::::: l::::::::::::::.
                 ∨::::::l::::::::/l/  /´___/:::::::::::::::/、,/::/   !::::::::::::!:::::: l :::::::::::: |
                 /::::::/|l::::/xァ≠=-ミ l::::::/:::/__彡:へ   |::::::::::|::::::::|:::::::::::::::|
                   / ::::::i:八/{ /三三 ハ|::://  ̄ ̄、   \ 从:::::::l:|::::::::|:::::::::::::::|
.              . --./::::::::::l::::::′rうく三/   }/´    ____     // ::::::::l:|::::::::|:::::::::::::::|
          /: : :/:::::::::::::l::::′    `う         ⌒7三≧x // /:::::::从:::::/:::::::::::::::;
         /: : :/::::::::::::::::l::′///         /三三三ハ/::::/::::::)イ:::::::::::::::::;
       /: :.:/::::/::::::::::::::′       /      てうぅ三ジ 厶イ::::::/::::::::::::::::::::::
.       /: : :.:/::::/:::/:::::::::::::{  し               `う゚ ´  /::/::::::::::::::::::::::::::{
      /: : :.:/:::/:/:::/:.|::::::::::::::                    ///  /イ::::::::::l::::::::::::::l:::::::.
.     /: : : : |::/:/:::/: :.|:::::::/::::::::.、     乂_)             /::::::::::::l::::::::::::::l:::::::::.
    /: : : : : l/: l:::/ : : |l:::∧::::::::::::.、               U  /:::l:::::::: :l::::::::::::::l::::::l::::.
.   /: : : : : : : : :l/: : : :八{: ∧::::::::|:::\                   /:::: l::::::::: l:::::::::l::::|\{\{
..  /----=ニ二.:: : : : : : : : : : :\从::::::::l≧=--------‐┬=≦>-/::::::: l::::::::: l:::::::::l::::|: : ニ=-
  二/ /二二二二二ニ===ニ二ニ==\/           /::::::::::::::::/:::::: : :l::::::::: l:::::::::|)ノ: : : : : : :\
/ニ/ /二二二二二二二ニ二二二二′           /:::::::::::::: /::::::::::::::l::::::::: l:::::::/: : : : : : :/ ̄|
 lニ/ /二二二二二二ニニニ二/    /            /:::::::::::::: /::::::::::::::: l::::::::: l::::/: : : : : :/: : : :.:|
怜「ふー……なんだかんだでこっちが落ち着くわ」

385 名前: ◆3tY9LUZmV5E6[] 投稿日:2014/05/28(水) 16:25:21.65 ID:I1BfZYmM0 [1/3]
怜「本当……居心地ええわーこの膝枕」

怜「ありがとなー」コヒューコヒュー

怜「愛の逃避行が無かったらもっと早く死んでもうてたしな」ゴホゴホ

京太郎「……」

怜「京太郎に拾ってもらった命」

怜「京太郎の上で落とすのも悪くないわ」

京太郎「本当……馬鹿だな」

怜「あまり傷付けたくなかったんや」

怜「やっぱり竜華とセーラには敵わんわー」アハハ

怜「本当はもっと話したい事あったんやけど……」

怜「それはおいおい京太郎の目に入るとして……」コヒューコヒュー

ピビピッピビピッビー

怜「ほんま素晴らしい人生やったわー」

怜「ちょっと眠ってもええか?」フワァ

京太郎「ああ……」ポロポロ

怜「京太郎に会えてよかった……」コヒューコヒュー

怜「京太郎……おやすみ」スゥッ

ピーッ

386 名前: ◆3tY9LUZmV5E6[] 投稿日:2014/05/28(水) 16:26:03.43 ID:I1BfZYmM0 [2/3]

京太郎「ぁぁぁあああああ!!!!!」



387 名前: ◆3tY9LUZmV5E6[] 投稿日:2014/05/28(水) 16:27:59.26 ID:I1BfZYmM0 [3/3]
一週間後

京太郎「ふーっ」

京太郎「ただいまー」

母「お帰り、手紙が届いているわよー」

京太郎「ん?」

京太郎「はいよ」

ーーー

京太郎の部屋

京太郎「どれどれ?」

京太郎「差出人は……」

園城寺怜……

京太郎「!」

390 名前: ◆3tY9LUZmV5E6[] 投稿日:2014/05/28(水) 16:41:39.98 ID:Yi9gzWTL0 [1/2]

京太郎へ

これを見るって事は分かってると思います。

私は、ずっと前から病弱でした。

半年前になり、さらに病弱になってしまいました。

それでも特に悔いはありません。

貴方に会えた事がとても嬉しいからです。

一つだけ心残りなのは貴方と後の人生を歩めなかった事でした。

神様は残酷で理不尽です。

京太郎と会えて、京太郎と一緒に居た時間は何にも代え難い物です。

私は貴方を愛しています。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


京太郎「馬鹿……野郎」ポロポロ

391 名前: ◆3tY9LUZmV5E6[] 投稿日:2014/05/28(水) 16:47:39.89 ID:Yi9gzWTL0 [2/2]

               /.:.:/ : : : : : : : : : : : : :. :.:.ト、: : : : : : : .
             ′/: : : : : :. :.:ハ : : : : : : :.:| ヽ: : : : : : :.i
                |: :′.: : : :// !: : : : : ハ:.:l   V: : : : : :l
.              l: |: : : : :´ ̄ ̄│:. :./ j/ ̄ ̄`. :i.:.:. :.:l
             l:.:|: : :| .ィfテ示メ、/   ,行示ミx.V: : : : l
               l: :|: : 代 V/:/リ      V/:/ソ }} !: :. :.:.:l
.              l: : \:ヘ  `¨´    ,   `¨´   ムイ: : : l
             l: : : : ハ `  ""    - 、   ""  ′.:.:. :.l
               l: : : : !∧     /            ′:!: :. :.:l
           l: : :. :.lゝ.:.      ′    ',    .′: |: : : :.:.
             {从:.:.:.i!: : : >   /  ._   l   イ: :. : |:.:.ハハノ
               \:\ト、:. :.:〕 ,イ::::::::::v l<:.ノイ: :.ハ/
                > ‐‐ '´   |.:  ::| /    .j/
              ¨> ´ i         |::  ::|{`ヽ
.         /‐x/        v ー-|::  ::ト`ヽ \
     _/ /^Y ′ `l       |::  ::|  |: : : : \
.   l/  />.| l   l      !   _|::  ::|  | : : : : : : >、
    .′ /   | |    l      k'′ |::  ::|_| : : : :.//.\
      .′    |      、    lノ.  |::  ::|  ` ── く
   ∨     丶 丶  丶 __ノ   |::  ::l、        .イ /∧
    l        ー--┬r'  x. ─|::  ::|ヽ` ─ < .レ
「また会おうな」

393 名前: ◆3tY9LUZmV5E6[] 投稿日:2014/05/28(水) 16:50:57.02 ID:dDpNlojc0 [3/6]

\\// Y=ニニニニニニニニ∨   ∧ニニニニニ/⌒丶/  ./  { }ニ}ー-、    /  {}}   厂 ̄ ̄ ̄⌒ヽ__
=ニ∨/   }ニニニニニニ厂 ̄    〈  }==ニニ/⌒7  ー=彡  }.//}______厂 ̄}   {}} /      O ,ィ彡'´
ニ∨/  .ノ==ニニニ/  }ニ:Y  }  }==厂   ,.   -────-  /ニニニ}__/    {}}ニニニニニニ⌒ヽ___
ー=彡'"´ニニニニ/   人ニ{   ノ/⌒´  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`丶/  ⌒ヽ  {}}ニニニニニニマ
ー'=ニニニニニ/   /  ヽ=ニニニニヽ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\/⌒⌒ヽ         〉ー=彡⌒´
ニニニニニニ/   /    ノ===ニニニ/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ      ̄`ヽ     {ニニニニニニニニ
==ニニ\    /     ⌒ヽニニニニ/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.          \   \ニニニニニニ
=ニニニ/    ′         }=ニニ/:.:.:.:.:.:.:.: :/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,イ : }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.        }     Y⌒ ̄ ̄`ヽ
ニニ/\     γ⌒ヽ__rく==ニ′: : :i:.:.:./|:.:.:./{ハ: :./ |:.:/\:.:./ハ:.:.:|:.:.:.:.:.i        }     }      }
ニ/ー-  ⌒7 ̄}      /{.   i:.:.:.:.: :|:.:/ :l:.:./   ∨ レ'  ∨  }Ⅵ:.:.:.:.:.|       Y      /       /
ニニニニニ/⌒ /      /   } 〃|:.:|.:.:.:.Ⅳ  V                |:.:.:.:.:.|   / ̄ ̄⌒)    /     /
ニニニニニ}           ⌒)/  {{ |:.:|.:.:.:.|   ___,.   、____  |:.:.:.:.:.|____/,ィ彡'´  Y⌒ヽ/   /==ニ
ニニー=彡 ヽ_ _  O       |:.:|.:.:.:.| ´                ` |:.:.:.:.:.|:ニ/  /   /       /==ニニニ
ニニニニ\      >`¨´       |:.:|.:.:.:.| ,斗ぅ芋ミ      斗ぅ芋ミ  |:.:.:.:.:.| {__/   ./⌒ヽ     /ニニニニニニニ
ニニニニ厂⌒ヽ/\}  ,ィ彡'⌒    |:.:|.:.:.:.| {. 乂辷ソ::::::::::::::::::乂辷ソ .} |:.:.:.:.:.|  /    /==ニニニ\/    / ̄ ̄ ̄
:ニニニ/⌒)      \/     〃  |:.:|.:.:.:.|ハ   :::::::::::::::::::::::::::::    ハ|:.:.:.:.:.| ./    /ニニニニニニニ〉    /
=ニ/   _}ヽ   ー=彡'´    |:.:|.:.:.:.lヽ{        '         }ノ|:.:.:.:.:.| | __/===ニニニニ/⌒\/
/   __)   }          |:.:|.:.:.:.|:.人     __       人 |:.:.:.|: | | |=====ニニニ/O  Y
  /  / \/  ___________}\ |:.:|.:.:.:.l: :|:.:|:...    ̄ ̄    イ:l:.: :|:.:.:.|: | | |===ニニニ/ `¨´ /|
/ニニニ〉    Y  {ニニニニニニニニY.|八:.:.:.ト、|:.:|:.:.r‐}` ー--‐  {‐ァ: |:.|: : |:.:.:.|: | ∨ニニニニ/     / :|
\===/     |   〉ニニニニニニニニ   \l:_:|-‐'{厂         ア}ー- .:_:|:.: 八|===ニニ/       /  ヽ___/
  \/    /  /====ニニニニニ_ ,. <     |        |    ノ/=ー-、ニニ〈    〃   /ニニニニニニニニニニ
   `¨´ ̄ ̄`ヽ====ニニニニニ〈           |        |            〉/\_//   {ニニニニニニニニニニニ
⌒ヽ ー───ニニニニニニニニニ∧           ヽ       /           ∧    { {____/ニニニニニニニニニニニ
「今回潰したのは宮永照では無く園城寺怜」

「それだけの違いだよ」

「私の力は彼女にとっては毒だったみたいだね」クスクス

「私を選ばないのなら、次も邪魔してあげるよ京太郎君」

カンッ