―――21世紀初頭

麻雀…ではなく仮面ライダーが世界的に大人気な世界

仮面ライダー発祥の地、日本で発明された携帯端末(ベルト)によって

仮面ライダー(なりきり)同士によるバトルは競技化され、

今や知らない人はいなくなった

世界競技人口は数億を超え、発祥地日本は高校生の大会でも大人顔負けの激戦区と化した

そしてこれは、そんなライダーバトルに情熱を燃やす少年少女たちの物語―――


「―――スゥゥゥゥパァァァァァッ!」

アマゾンが駆ける、穏乃が空を駆ける!
山を駆け、森を駆け、空を駆けて道を作る!

『京太郎!』

「ベルトさん…こいつは迎え撃つしかないぜ!」

左手のシグナルカーのスイッチを2度捻り、一気にトップスピードに
自然を駆けるアマゾン―――それも走りきってやると!

『そういう奴だったな君は…フルスロットル!スピード!』

トライドロンのタイヤが京太郎―――ドライブを軸に高速回転し、加速して行く
それと同じく頂点に達したアマゾン―――高鴨穏乃が降下してくる!
アマゾンだからこその、人間ではありえない高さ
自然を体現したライダーの、高鴨穏乃が降り降ろす渾身の一撃・・・!

「大っ!」

ドライブは周りをグルグルと回るタイヤに向かって跳びはね
更に先回りしたタイヤへ跳ねていく
それを繰り返す…一回では足りない、それだけじゃ彼女たちに届かない…!

「切っ!」

一回跳ねる度に速度は増して行き、威力は倍増して行く
そして空へ、アマゾンを迎え打ちに行く…!
今こそ、今日こそ、この瞬間こそ、この一撃を走らせる為に…!

「だぁぁぁぁんっ(スーパー大切断!)!」

『行け京太郎!君ならできる!』

「うおりゃぁぁぁぁぁぁぁっ!!!」

アマゾンの大切断が振り下ろされると同時にドライブの一撃が最大の加速を持って衝突する
大自然と只々走り続けた愚直な男のスピードが生み出した衝突エネルギーはスパークを起し―――