タコス「咲ちゃん。京太郎はどうしょうもないおっぱい星人。このまま貧乳の私たちがアタックしていってもアイツは振り向かないじぇ。」

咲「そ、そうだよね。どうしようか?」

タコス「でも一人じゃ無理でも二人ならイケるかも知れないじぇ!」

咲「!!」

タコス「咲ちゃん、私とジョグレス進化してほしいじぇ!」

咲「き、京ちゃんと結ばれる為だもんね。うん、やろう!」

タコス「よし!行くじぇ、咲ちゃん!!」

咲「来て、優希ちゃん!」

タコス咲「「ジョグレス進化ーーー!!」」

ガキン!!

タコス咲「「!?」」

咲「し、進化出来ない?どうして!?」

タコス「い、一体どうして...?」

和「あれ?咲さん、ゆーきどうしたんですか?」

タコス「の、のどちゃん。実はカクカクシカジガ」

和「そういうことでしたか。私たちはまだ成長期なのでジョグレス進化は出来ませんよ。」

タコス咲「「!?」」

タコス「そ、そうだったんだじぇ?」

咲「な、なら私たちどうしたら...。」

タコス咲((ん?成長期ってことはまだ胸が大きくなる可能性もあるってこと)だじぇ)

タコス咲「「なーんだ、気にしてそんした」じぇ」

和「何だかよくわかりませんが、良かったですね」

カン!



一方...

久「ねぇ、須賀くん?私とデジクロスしましょ?」

京太郎「それはロッカーに閉じ込めて言う言葉じゃないです!!というかやめ、アッーーーー!!」

もう一個カン!