小蒔「うーん…」

淡「ありゃ。どったのコマキ?」

憧「あんたはまた年上を……」

小蒔「あ、いいんです新子さん。……実は、その」

淡「なになにー?」

小蒔「その、また少し、下着がきつくなってきてしまいまして……」

淡「あわ?」

憧「えっ」

小蒔「もう大丈夫だと思ってたんですけど、最近になってまた……」

憧(え、どういうこと?ただでさえ和と同じかそれ以上のサイズなのにまだ成長中とか何それどんなオカルト?)

淡「あー、わかる。わたしもなんだよねー」

憧「!?」

小蒔「そうなんですか?」

淡「うん。なんかキョータローにマッサージお願いし始めてから急に」

憧「マッサージって……?」

淡「おっぱい欲しかったからさ。どうしよっかなーって思ってたらマッサージしてもらえば大きくなるって聞いたからキョータローに頼んでみた」

憧「何してんのあんたもあの馬鹿も!」

小蒔「ああ、そうだったんですね!」

憧「!?」

小蒔「私の場合は肩凝りがひどかったのでどうすればいいかはっちゃんに相談したら」

初美『京太郎にでも揉ませてやればいいと思いますよー』

小蒔「って言っていたので、お願いしたのですが……逆効果だったみたいでどうしたら良いのかと思ってたんです」

憧(薄墨さん、それは神代さんの後押しのつもりだったの……?)

淡「アコは?」

憧「へ?」

小蒔「そうですね。新子さんも以前仰っていましたよね?京太郎さんが確か……」

憧「ふきゅっ!」

淡「変な声ー」

憧「あ、ああアタシは別に何も無い!べ、別に京太郎にもっと見てほしくて自分で頑張ったりとか色々言って揉んでもらったりとかそんなのぜんぜん」

京太郎「えっ」

憧「えっ」

京太郎「……」

憧「……」

京太郎「……」

憧「……し」

京太郎「へ?」

憧「死ねぇぇぇぇっ!!!」

京太郎「なんで!?」

憧「アタシだけじゃなくて淡や神代さんも毒牙にかけた報いよぉぉ!!」

京太郎「待て待て待て待ってくれぇぇぇっ!」

フキュァァァァッ


淡「……ていうか、何の話だったっけ?」

小蒔「えっと、何でしたでしょう?」

カンッ