「おい須賀、見ろよこれ」

京太郎「ん?これ……おいおい何学校にAVなんて持ってきてんだよ」グッ

「親指立てながら言うことじゃねぇな。最近手に入れたブツでな、この前のお返しだ」

京太郎「あぁ、厳選巨乳シリーズか。最高だったろ」

「あそこまでの素晴らしいものの数々、入手法を聞きたいくらいだ。ほら、とっておきの一品も一緒に貸してやるよ」

京太郎「とっておき?なんだこれ、パッケージ無しに普通のケースに入れて」

「なんと、原村和そっくりの女優だ。今プレイヤーもあるし、チラッと見てみ」

京太郎「おいおい学校で再生とかマジかよこの野郎、最高だよ」グッ

「はっはっは、褒めるな褒めるな」ピッ

京太郎「ほほぅ……ん?……うーん……」

「そっくりだろ?……なんだ?気に入らなかったか?」

京太郎「んー……似てないこともないが……正直微妙だな」

「そうか?他の奴はそっくりって評判だったぜ?」

京太郎「うーん……ちょっと胸がな。和のはもっと弾力があるんだよ」

「そうか……んん?」

京太郎「足ももうちょい細いし、こう、もっと白いんだよなぁ。もっと感じやすくてすぐ赤くなるし、あと何より形は…」

和「……何をしているんですか?」

京太郎「えっ!?の、和!?」

和「学校にそんなものを持ち込んで、あろうことか私と比べるなんて……」

京太郎「ま、待て!違うんだこれは!!」

和「こういうのはある程度は仕方ないと思いますけど……やっぱり気に入らないですね。当面『こういうこと』は無しにしましょう」

京太郎「そんな!?お前だってあんな嬉しそうにもっともっとって…」

和「そういうことを言うからですよっ!!そもそも私よりこんなものの方がいいんですか!?」

京太郎「そう言う訳じゃなくてだな。男ってのは…」

和「その言い訳は聞き飽きました!!それではっ!!」

京太郎「ま、待ってくれ!!和!!この前みたいなプレイはもうやめとくから!!」

「……アホくさ。もうあいつに貸すのやめよ」


カンッ!!