【須賀家の食卓】

姉妹電話中

照「そうなんだ、相変わらず咲は京ちゃんと仲良いね」

咲「もう、お姉ちゃんいつもそればっかり」

照「だってホントのことだし」

咲「別にお姉ちゃんが言うほど仲が良いってわけじゃないし、いたってフツーだよフツー」

咲「お姉ちゃんはお菓子の食べ過ぎでちょっとフツーの人とヅレてるからそう思うだけだよ」

照「………………」

照「朝はいってらっしゃいのチュー」

咲「!」

照「昼には丹精込めた愛妻弁当をお届け」

咲「ちょっ、お姉ちゃ」

照「二人の愛の巣に帰ってきた夫をおかえりなさいのチューでお出迎え」

咲「ストップ!ストップ!ストップ!」

照「そして夜になり…ついに二人は」
咲「そ、そうだお姉ちゃん!!久しぶりに家に遊びにおいでよ!!!」

照「(話をそらした…)

咲「さっきご飯まだって言ってたでしょ、それなら家で食べてってよ!!ね!ね!ね!」

照「(バカップルがしてそうなことを挙げてっただけだったんだけど…全部図星だったのかな)」

照「咲がそこまで言うなら、頂きに行こうかな」

咲「うん、待ってるね」

咲「あ、そうだお姉ちゃん、なにか食べたいものとかある?」

照「シェフのおまかせで」

咲「うーん、私も特にないから京ちゃんの好きななのにしてあげようかな」

照「(無意識なんだね…)」


咲「京ちゃーん、今日の晩ご飯なにが食べたいー??」

京「咲の好きなのでイイぞー」






照「(こっちも大概だね…)」



カンツ