京太郎「照さん…な、なんで……?」

照「ごめん、でも……ごめん。」

京太郎の背後から近づき、抱きつく様に刺した照。

京太郎「か……ハっ」

吐血、それでも京太郎は倒れない。

京太郎「照さ……ん、だ、だぃ…す、きでし、た」

京太郎は愛故に立っていた。
だが告白を終えた京太郎に立つ意志は無く、それ故に倒れ逝く。


照「え……?なん、で…?だって京ちゃん、淡と…」

聞いても返事は帰ってこない。なぜなら、最愛の相手は自分で刺し、自分で葬ったのだから

照「そ、うだ…」

そして出す結論は最悪。だが今の照にとってはそれが最善だった

照「京ちゃん、愛してる」

言葉を言い終えると、自分を刺し、京太郎に重なるように倒れる。

擦れ違いが産んだ悲劇。けれど二人の若者は最後に、自分の生に意味を感じただろう


ーー殺し愛?end