初夜の後のピロトーク
照編

京太郎「照さん、大丈夫ですか?」

照「なにが?」

京太郎「いや、あんなに血が出てたし…」

照「私は平気。…京ちゃんは気持ち良かった?」

京太郎「気持ち良かったです、はい」

照「なら私は満足だよ」

京太郎「でも…」

照「京ちゃんは童貞だから勘違いしてるけど、女の子の初めてはどうしても痛いだけだから」

京太郎「ど、どうていちゃうし…」(震え声)

照「そうだね、さっき童貞捨てたね」

京太郎「ぐぬぬ」

照「まぁ、京ちゃんがどうしても気になるなら、来週にデートしようか」

京太郎「デートですか?」

照「うん、それでいいよ。京ちゃんがエスコートしてね。…で帰りにまたしよう」

京太郎「いいんですか?」

照「うん、で、その時は今日より気持ちよくしてくれたらいいよ」

京太郎「頑張ります」

照「期待してるね、じゃあ、おやすみ」

京太郎「おやすみなさい、照さん」

カン!