ショタ京太郎「ころねぇ、ころねぇ」

衣「どうしたきょーたろー?」

ショタ京太郎「童貞ってなに?」

ゴフ

ウワ、ジュンクン、キタナイナァ

衣「…その言葉をどこで知ったのだ?」

ショタ京太郎「ハギヨシさんのもってる漫画に書いてた」

バカナ!?ホンハキョウタロウサマガミツカラナイトコロニオイテタハズ…ッハ!?

ハギヨシ、アトデヘヤニキナサイ

衣「ふむ、簡単に言えば性経験の無い男性のことをいうな。ある年齢になると童貞なのは恥ずかしいらしい」

ショタ京太郎「そうなの?」

ナンデコロモサマガソンナコトバシッテルンデスカ?

ワタシガオシエタ

ショタ京太郎「えっと、せいけいけんって僕ないけど、恥ずかくないよ?」

衣「安心するといいきょーたろー。きょーたろーの年齢ならばまだ恥ずかしくないし
  それに恥ずかしい年齢になる前に童貞ではなくなる」

ショタ京太郎「そうなの?」

衣「うむ、衣が予約してるからな。それに弟の童貞を奪うのは姉の約目だ」

ショタ京太郎「じゃあ僕の童貞はころねぇのなんだ」

衣「そうだ、よくわかったなきょーたろー!さすが衣の弟だ!」

純「…さすがに止めたほうがよくね?」

一「止めれるなら止めてきなよ」

ハギヨシ「京太郎様と衣様なら良い夫婦になれるかと…すみませんお嬢様そろそろ土下座つらいです」

透華「石をおかないだけまだマシだと思いなさい」

歩「京太郎さんの将来がいろんないみで不安ですね」

智紀「大丈夫、衣からきっと逃げられないから」



ショタ京太郎「ころねぇ大好きー」

衣「衣も愛してるぞ、きょーたろー!」

カン!