穏乃「私、実は山より海が好きなんだ! 海行こ、海!」

京太郎「山の頂上指差しつつ何言ってんだお前」


玄「実は私はおもちなんて好きでもなんでもないのです!」

京太郎「宥さんの胸に顔をうずめながら言う台詞ですかねそれ」


宥「私、最近はあんまり厚着しなくても平気なんだ」プルプル

京太郎「震えてるじゃないですか、無理しないでください。
    ほら、俺のジャケットでよければどうぞ」ファサ

宥「えっ…あ、うん……。あったかい……」


穏乃「京太郎、騙されなかったなぁ」

玄「間髪入れず見破られてしまったのです…」

宥「ウソつくのって難しいね」

憧「アホかあんたら」


カン