【チャンプは乙女】

照「……」ツーン

京太郎「……」アセダラダラ

咲「お姉ちゃん。京ちゃんも謝ってるんだから」

照「私には妹も幼馴染もいない」

咲「またそんなこと言って」

照「家族に連れられて旅行だか何だか知らないけど先にしてた約束すっぽかすような幼馴染なんて知らない」

京太郎「いや、だからそれは悪かったって……」

照「知らないもん」ツーン

咲「……京ちゃん。わたし、ここまでお子様な高三見たことないんだけど」

京太郎「俺だってねぇよ」

照「……うそつき」

京太郎「ぐっ」

咲「……はぁ。もういいや。わざわざ付き合わせてごめんね京ちゃん。もう行こ」

京太郎「いや、でも」

咲「今の京ちゃんには部長や和ちゃんや優希ちゃんがいるでしょ?」

照「!?」

京太郎「待て。後の二人はわかるが何で竹井だ」

咲「初恋だったか何だか知らないけど、古い女なんて忘れた方がいいよ。応援するからさ」

京太郎「今それ言う!?」

照「……そう、なの?京ちゃん」

咲「幼馴染なんて知らないんじゃなかったの?」

照「少し黙って。私は京ちゃんに話してる」

咲「……」イラッ

照「新しい女って何?初恋ってどういうこと?」

京太郎「……別になんだっていいだろ。照には関係無い」

照「ぅ……」

咲「……そういうこと。もういいよね?」

照「やだ、待って京ちゃん」ギュッ

京太郎「ちょっ」

照「ごめん、ごめんなさい。京ちゃん悪くないのに。わたしが、勝手に拗ねてただけだから。だから行かないで。もっとおはなし、しよ……?」

京太郎「……」

咲「もう。最初から素直にそう言えばいいのに」

照「だって……」

京太郎「……わかったよ。咲、まだ時間平気だよな?」

咲「うん。ていうか、戻ったら部長に何言われるかわかんないから遅くなった方がいいかも」

京太郎「……それもそうか」

照「……部長って、確か中堅のあの人だよね?……まさか、イジメられてる……?」ギュルギュル

京太郎「回すな腕を」

咲「……どっかその辺入ろっか」

京太郎「だな。あぁ、まこにメールだけさせてくれ」

咲「いいよ。じゃ、私は和ちゃんたちに」

照「私も京ちゃんのあどれす知りたい」

京太郎「おう、いいぞ」

照「……ふふっ」

京咲「?」

照「楽しいな、って」

京太郎「……こうして三人で話せる日が、また来るなんてな」

咲「そうだね。わたしも何だか嬉しい」

京太郎「……ごめんな、さっき」

照「ううん、いいよ。……京ちゃん、手、繋いでいい?」

京太郎「おう」

照「えへへっ」ギュッ

咲「はいはい、ごちそうさま。ほら、速く行こ」

カンッ