~~~登校中~~~

淡「お?キョータローっ!!」ガバッ

京太郎「うおぅっ!?お、おい、淡!降りろって!」

淡「え~?いいじゃ~ん。いつものことでしょ?」

京太郎「いや、そうは言うけどさ、その……」

淡「ん?」ムニュムニュ

京太郎(い、言えない……最近成長してるのか、おもちの当たってる感覚が強くなってきて戸惑ってるなんて……!)

京太郎「……いや、何でもない」

淡「ん~?んふふ~♪ついにキョータローも淡ちゃんの魅力に悩殺されたのかな~?」

京太郎「んなわけねぇだろ」

京太郎(割りとその通りだよ!!)


~~~部活中~~~

京太郎「っと、買い置きが少なくなってるな。皆さん、今から買い出しに行ってきますけど、入用のものってあります?」

尭深「お茶っ葉も切れそうだからお願いしてもいいかな?」

京太郎「ええ、勿論です」

照「お菓s」

京太郎「お菓子はまだあります。むしろ買ってくると照さんが食べ過ぎるので買いません」

照 (´・ω・`)

誠子「他には無いかな。多分それくらいだよ」

菫「いつもすまないな、須賀」

京太郎「いえいえ、俺はチーム虎姫のマネージャーみたいなものですからね。これくらい当然ですよ」

淡「お、キョータロー買い出し?久しぶりに私も行きたいっ!」ダキッ

京太郎「だから、淡、腕に抱きつくなって」

淡「一緒に買い出しに行くんだし、いいじゃん!」ムニュムニュ

京太郎(だからそれを止めろって言ってんだよっ!!)

京太郎「あ~……いいんですか、菫さん?」

菫「はぁ……淡がこう言い出したらもう聞かないだろう。その代わり、淡、帰って来たらちゃんとやれよ?」

淡「は~い。やったぁ!」

京太郎「それじゃあ買い出し行ってきます」







~~~買い出し中~~~

淡「えっへへ~♪久しぶりにキョータローとお出かけだ~♪」

京太郎「……なあ、淡。そろそろ腕離してくんねぇ?」

淡「え~、なんで~?」ムニュムニュ

京太郎「いや、なんでって……」

京太郎「ずっと当たってて理性がやばい、なんて言えないしなぁ……なんか適当な理由は無いものか……」

淡「……え?えぇ!?」ババッ

京太郎「ん?どうした、淡?」

淡「え、えっと、その……キョ、キョータロー、もしかして最近離れろってよく言うようになったのって……」

京太郎「前から言ってると思うが」

淡「そ、それでも、ちょっと前には言わなくなってたじゃん!でも、最近また言うようになってて……」

京太郎「そうだったか?」

淡「う、うん。そ、それってもしかして、その……わ、私のむ、ムネ、が当たってたから……?」

京太郎「うぇ!?な、なんでそれを?!」

淡「い、今キョータローがぼそぼそと……」

京太郎「ウワー、ヤッチマッター…ドウシヨー、コレ」白目

淡「も、もし……」

京太郎「……ん?」

淡「もし、キョータローが嫌じゃなければ、私は今みたいな関係を変えたくないな、なんて……」

京太郎「……なあ、淡。自分が言ってること分かってるのか?お前の行動がどれだけ俺たち男にとって――」

淡「す、好きでも無い男にこんな風にスキンシップなんて取れないよっ!」

京太郎「っ!?」

淡「あ……え、ええとね、つまり、その……」

京太郎「あ、いや、待ってくれ、淡」

淡「ふぇ?」

京太郎「なんか、こうなってからってのは卑怯な気もするけど……もうどっちも引けないだろうから、俺から言わせてくれ」

淡「う、うん」

京太郎「スゥー……俺は淡が好きだ!学校の期待を一身に背負ってる淡には不釣り合いかも知れないけど、それでも好きだ!だから……俺と付き合ってくれ!」

淡「ねぇ……それ、本当?」

京太郎「こんな状況になって冗談なんて言うかよ……」

淡「本当なんだ……フフッ、とっても嬉しい……」

京太郎「で、返事は、どうかな?」

淡「はい、私と付き合ってください、私もキョータローのこと、大好きだよ♪」

~~~部室~~~

京淡「「――というわけで、付き合うことになりました」」

照「」

菫「お前たちは買い出しとはいえ、部活中に何を……いや、まあいい。但し、部活に支障は来さないようにしろよ」

誠子「ま、収まるべきところに収まったって感じかな。めでたしめでたし、ってところ?」

尭深「宮永先輩が意識飛びかけてるけどね」

菫「はいはい、この話はここまでだ。部活を再開するぞ」

一同『は~い』

カン!