http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1341114511/



京太郎「語尾がニャーとかだったらもっと可愛いんだろうなぁ」

京太郎「あれ、風越にそんな子が居たような…」

京太郎「誰だっけ…?」


ドン

池田「にゃー!前見ろし!」

京太郎「っと、すみません、考え事をしていて…ってあー!」

池田「な、なに?」

京太郎「そうだ、風越の池田先輩だ!」

池田「なに?誰?なんで私を知ってんの?」

京太郎「清澄高校麻雀部の須賀京太郎といいます」

池田「清澄?麻雀部に男子なんていたの?」

京太郎「あはは…ですよね」


ナニシテンダイケダァ!

池田「にゃ!やば!じゃーね、清澄の!」

京太郎「あ、はい!…かわいいなぁ」



--麻雀部

京太郎「はぁ…」

まこ「どうしたんじゃ、あれ」

久「今日来てからずっとこうなのよ」

咲「何かあったのかな…」


京太郎「風越か…」


久「風越?どうして風越の名前が出てくるのかしら」

まこ「さぁ、よーわからん」

咲「風越ってあれから接点あんまり無いですよね?」

久「ええ、部長さんとはやりとりはしているけれど」


京太郎「池田先輩か…」


3人「!」

久「え、池田ってあの池田さん?」

咲「たぶん、私と打ったあの人だと思いますけど」

まこ「ははぁ、アレは気があるっちゅーこっちゃね」

久「あはは、まっさかー」

京太郎「尻尾があればもっと…」

まこ「…スマン、勘違いじゃったかもしれんの」

久「彼、どこに行こうとしているのかしら」

咲「京ちゃん…」


<コンコン

久「はい、どうぞー」

美穂子「こんにちわ」

久「あら、こんにちわ。今日はどうしたの?」

美穂子「いえ、特にどうというわけではないのですが…」

久「?」

美穂子「上埜さんに会いに来ました」

久「あら、嬉しいわね」

池田「キャプテンまたいい笑顔だし…」

京太郎「あ!池田先輩!」

池田「にゃ?」

池田「あ、ぶつかった人!」

京太郎「須賀京太郎です!」

池田「そうだっけ?」

京太郎「俺ってそんなに存在感ないのかな…」

池田「まぁまぁ、元気だすし」

京太郎「どうして今日はここに?」

池田「キャプテンが清澄の部長に会いたいって言うから付き添いなんだよ」

京太郎「ああ、そうなんですか」

池田「キャプテン嬉しそうだし、華菜ちゃんも来たかいがあったし!」ピコピコ

京太郎(アナタの猫耳のほうが素敵です)

京太郎「池田先輩!」

池田「にゃ?」

京太郎「コレ、つけてもらえませんか?」

池田「にゃ?猫の尻尾?」

京太郎「はい!これで完璧なんです!」

池田「…なんかキモイし」

京太郎「!」orz

まこ「あからさまに落ちこんどるのう」

美穂子「あら、猫の尻尾なんて可愛いじゃない」

池田「キャプテンが言うならつけてみようかな…」

池田「つけましたよキャプテン!」

美穂子「あら、やっぱり可愛いわね」

久「似合うじゃない」

まこ「ほほう、これはいいものをみたの」

京太郎「マジ可愛い!天使だ!」

池田「て、照れるし…」

美穂子「京太郎さんが尻尾を持っててよかったわ」

池田「キャプテン…」

京太郎「先輩!にゃーっていってもらっていいですか!?」

池田「に、にゃー…」


全員「!」


京太郎(こ、これは!)

久(予想外だわ、これほどの破壊力を秘めているなんて)

まこ(おお、射抜かれるところじゃった)

美穂子「まぁ!やっぱり可愛いわね」

池田「か、かわいくなんて…」

京太郎「いや、マジ可愛かったですよ!」

池田「や、そんな…」

美穂子「ね、これからその格好で学校に来ない?」

池田「コレはさすがにはずかしーし!」

美穂子「いいじゃない、部の皆も可愛いって言ってくれるわ」

池田「勘弁してくださいよキャプテン…」ウルウル

京太郎「涙目な池田先輩可愛い!」

美穂子「うふふ、決定ね?」

池田「そんなぁ…」

まこ「ありゃ部長よりもドSじゃ」

久「あら、私はSなんかじゃないわよ?」

池田「お前のせいだし!」

京太郎「俺ですか!?」

池田「尻尾なんて持ってくるからいけないんだし!」

京太郎「やだなぁ、俺は似合うだろうと思って」

池田「うっさい!」

京太郎「ああ、嫌われた…」

まこ「自業自得じゃの」

久「可愛いしいいじゃない」

池田「よくないし!」

美穂子「華菜、取ったらご飯抜きね?」

池田「キャプテンが鬼だし…」

美穂子「あら、もうこんな時間。お暇させていただきますね」

久「ええ、またいらっしゃい」

美穂子「ええ、華菜もまたつれてきますね、京太郎さん」

京太郎「は、はい!」

池田「もう来ないし!」

美穂子「華菜、わがままはダメよ?」

池田「うう…」

美穂子「では、また」

久「じゃあね」

まこ「ありゃあ逃げられんの」


咲「にゃーん」

京太郎「猫の真似なんかしてどうしたんだ?」

咲「…なんでもない」


美穂子「うふふ、次はいつ行こうかしらね」

池田「もう行かないし…」

美穂子「あら、でもそれだと京太郎さんが寂しがるわ」

池田「どういうことです?」

美穂子「秘密。華菜は可愛いから嫉妬しちゃうかも」

池田「キャプテーン、教えてくださいよー」

美穂子「そのうち分かるわよ、きっとね」



--風越麻雀部室

池田「あれからずっとつけてるから先生にも怒られるし…」

美穂子「可愛いから問題ないじゃない」

池田「そんなもんだいじゃ…」

文堂「可愛いですよ、先輩!」

深堀「うん」

池田「みんなして可愛い言うなし…」テレ


<バン!

久保「池田は居るか」

美穂子「コーチ!」

池田「は、はい」

久保「……」

池田「……」ビクビク

久保「その尻尾は何だ」

池田「その、あの…かわいいから付けろって…いわれて…」

久保「池田ァ!」

池田「ひゃい!」ビクビク

久保「可愛いじゃないか」

池田「…へ?」

久保「いや、邪魔したな。練習してろ」


<バタム

美穂子「なんだったんでしょう…?」

文堂「さぁ…」

池田「私ってそんなに可愛い?」

美穂子「ええ、それはとっても」

池田「…華菜ちゃんの時代が始まったかも知れないし!」

美穂子「あらあら、すっかり元気になっちゃって」

文堂「コーチに可愛いって言われましたからね」

深堀「うん」

美穂子「華菜、お礼言いに行かなきゃね」

池田「お礼?」


未春「にゃー」

深堀「…」

未春「…ごめんなさい」



--清澄麻雀部室

池田「というわけでお礼しに来たし!」

京太郎「わざわざありがとうございます!」

池田「お前のおかげだし、感謝してる」ピコピコ

京太郎「ああ、猫耳と尻尾…俺生きててよかった…」


久「なにかしたの?ずいぶんと変わったようだけど」

美穂子「うちのコーチが可愛いって言ってくれたんです」

久「ああ、それであんなに調子に乗ってるのね」

美穂子「そんな華菜も可愛いですし」

久「あら、アナタも可愛いわよ?」

美穂子「上埜さん…」カァ


まこ「居づらいのぉ」

咲「京ちゃん…」

池田「仕方ないから連絡先教えてやるし」

京太郎「マジっすか!?やったー!」

池田「勘違いするなし!教えてやるだけなんだからな!」

京太郎「なんでもいいっす!」


久「あの子、池田さんに惚れてるのかしら」

美穂子「どうなんでしょうね」

久「優希が怒りそうね」

美穂子「うふふ、修羅場もいいものですよ」

久「ふふ、そうね」

まこ「あんたら鬼か」


池田「じゃあ、コレで帰るし」

美穂子「お邪魔しました」

久「気をつけて帰るのよー」

京太郎「メールしますね!」

咲「ねぇ京ちゃん」

京太郎「ん?なんだ咲」

咲「池田さんのこと好きなの?」

京太郎「んー、猫耳と尻尾が可愛い上級生ってとこかもな」

咲「そ、そっか…へー」

京太郎「なんかあったのか?」

咲「う、ううんなんでもない」

咲(麻雀で立ち直れないくらいにしてやろっかな…)ゴォ



--数日後

京太郎「ひゃっほい!」

まこ「うっとぉしい」

久「最近ずっとああなのよね」

まこ「どれ、ワシがちょっとばかし探ってみるかの」

まこ「ちょっといいか?」

京太郎「はい、なんですか?」

まこ「あ!あそこに風越の猫耳が!」

京太郎「え!?どこですか!?」

まこ「…わりゃぁ疑うことを知らんのか」ヒョイ

京太郎「ああ、俺の携帯が!」

久「咲、押さえといて」

咲「分かりました」ガシッ

京太郎「はーなーせー!」


まこ「どれどれ?」

久「うわー、さすがにコレは引くわね…」

まこ「猫耳娘の画像、しかも池田ばっかりじゃ」

京太郎「やめろぉー!」

久「メールも毎日してるのね」

まこ「でも、内容はふつうじゃ」

久「須賀君が画像くれって言ってるみたいね」

まこ「送ってくる辺りがなんというかの…」

久「付き合ってるの?」

京太郎「付き合ってませんよ!」

咲「京ちゃん、コレはどういうことなの?」

京太郎「咲、顔が怖い…」

久「でもこの画像の量だとちょっと疑っちゃうわね」

まこ「100は超えとるからの」

咲「京ちゃん?」

京太郎「誤解ですって!ただのメル友ですよ!」

久「…へぇ」

まこ「ただのメル友のう」

咲「でもこのメールの内容おかしいよね?ちょっとえっちぃ画像ついてるし」

京太郎「いや、だからそれは…」

咲「ねぇ、どういうことなの?」

京太郎「え、ええと…」

咲「答えてくれないと分からないよ?」

京太郎「えっと…」

久「観念したほうがいいと思うわよ?」

まこ「このままだと咲が大変なことになりそうだしの」

京太郎「と、友達以上恋人未満な感じで…」

まこ「また曖昧じゃのお」

京太郎「や、ホントなんですって!」

久「で、付き合う気はあるの?」

京太郎「どうなんでしょう…猫耳と猫の尻尾、それににゃーって言ってくれるってだけで相当ポイントは高いんですけど」

咲「それって好きってことなの?」

京太郎「…まぁ、たぶんそうなるんじゃないかな」

咲「……」ゴォォ

久「さ、咲?」

咲「よかったー、ちゃんと好きなんだね」

京太郎「は?」

まこ「おりょ」

咲「曖昧じゃなくてよかったよー」エヘヘ

京太郎「お、怒ってないのか?」

咲「え、私が怒るとかそんなオカルトありえないよ」

久「よく言うわね…」

まこ「まぁ、最悪の展開は免れたようじゃし、いいんじゃないかの」

咲「じゃあ、ここに池田さん呼ぼっか」


----
---
--


池田「呼ばれたし」

美穂子「何かあったんですか?」

咲「いえ、たいしたことは無いんですが…」

咲「池田さんに大事な用があるんです」ゴォォ

池田「にゃっ…オーラが怖い…」


美穂子「華菜…」

久「さ、私達は隅で傍観しておきましょう」

まこ「出て行くんじゃないのか」

京太郎「ああ…」ハラハラ

咲「池田さん、京ちゃんのことどう思ってるんですか?」

池田「どうって…き、気になる相手ではあるし」

咲「…そうですか」

池田「用事ってそれだけ…?」

咲「いえ、まだありますよ?」

池田「にゃっ…」

咲「あのちょっとえっちぃ写真、どうして送ったんですか?」

池田「そ、それは…おだてられてちょっといい気分だったしつい…」

咲「…」

咲「池田さん、麻雀しませんか?」

池田「へ?」

咲「池田さんが勝てば京ちゃんは譲ります。私が勝てば京ちゃんは私のものです。いいですか?」

池田「…受けてたつし!」

京太郎「ちょ、咲!」

咲「京ちゃんは黙っててね?」ゴォォ

京太郎「…はい」

咲「面子は私、池田さん、染谷先輩、部長でいいよね?」

池田「ぜんぜんかまわないし!余裕で勝ってやるし!」

久「咲、貴女…」

まこ「ありゃ、こうなってしまうのかの」

池田「私が勝って見せるし!」

咲「さぁ、どうかな?」

久「…」

まこ「気は進まんがのう」

京太郎「あああ、どうしてこうなった…」

美穂子「華菜…」


東風戦 東1局 東:咲 南:まこ 西:久 北:池田

咲「私からだね」

池田「親番最後だし…」

咲「…」タン

まこ「やりづらいのぉ」タン

久「まぁ仕方ないわね」タン

咲「…」


11順目

池田「リーチだし!」

咲「はい」タン

まこ「ありゃ、リーチか…」タン

久(咲が考えるとすれば…」

池田「ツモ!4000オールだし!」

咲「はい」

久(この子…)


--そして局は進み--

オーラス 5順目

咲:22000 池田:39000 まこ:12000 久:27000

美穂子「華菜が勝ってる…?」

京太郎「いや、でもこの点数だと逆転されるかも知れません」

美穂子「華菜…」

池田(張った!安いけど、ダマでさっさと和了して1位だし!」タン

咲「さて」

咲「カン」

池田「え…?」

美穂子「華菜…!」

京太郎「…!」

咲「ツモ。2000・4000です」

池田「あれ…?これって…」



咲:30000 池田:35000 まこ:10000 久:25000

咲「負けちゃったね」

池田「か、勝ったし!よくわかんないけど勝ったし!」

久「咲、わざとでしょう?」

咲「いえ、私は真剣にやりましたよ?」

まこ「うそつけ」

池田「京太郎!勝ったし!」

京太郎「よかったですね!」

久「ま、気づいてないしいいんじゃない?」

まこ「じゃね」

美穂子「よかった…」ウル

池田「やっぱり清澄より私のほうが強いし!」

美穂子「華菜、あんまりはしゃがないで…」

池田「あのときのリベンジも果たしたし、華菜ちゃん最強だし!」

京太郎「さすがだぜ!」


咲「…やっぱり飛ばしておけばよかったかな」イラッ

久「飛ばしてたら須賀君と付き合わなきゃいけないわよ?」

咲「私はそれでいいんですけど、京ちゃんはやっぱりあっちのほうがいいのかなって」

まこ「素直じゃないのう」

咲「いいんです」


池田「えっと、ちょっとしゃがむし!」

京太郎「?こうですか?」

池田「そうそう、それで目を閉じて」

京太郎「へ?」

池田「早くするし!」

京太郎「え、は、はい!」

池田「…っ」チュッ

京太郎「は!今何か当たったような」

池田「き、気のせいだし!」



咲「吹っ飛ばしていいですかね?」

久「奇遇ね。私もそう思ってたのよ」

美穂子「華菜…!」

まこ「やめんかおまえら」


池田「京太郎、華菜ちゃんとその…付き合ってほしいし!」

京太郎「はい!喜んで!」

池田「にゃ…」テレ




咲「もう爆発すればいいんじゃないかな」

久「私達もしてみる?」

美穂子「はい…」

まこ「あんたらもか…」


京太郎「この後どうしましょうか」

池田「華菜ちゃんが尻尾つけてご奉仕してあげてもいいけど…」

京太郎「マジで!?ひゃっほう!」

池田「こ、こんなこと京太郎以外にはしないんだからな!」

京太郎「マジありがてぇ…」


久「さ、私達も」

美穂子「上埜さん…」



咲「蚊帳の外ってこういうことを言うんですかね」

まこ「たぶんの」

咲「私には和ちゃんがいますし」

まこ「あれ、ワシだけ仲間はずれになって」

咲「冗談ですよ。私は染谷先輩好きですよ?」

まこ「ま、ありがたくうけとっておくかの」


池田「京太郎、もう一回」

京太郎「え、何をです?」

池田「にゃー!」

京太郎「冗談ですよ」チュッ

池田「にゃ…不意打ちはずるいし…」

京太郎「ははは、可愛いからですよ」

池田「にゃー!」

京太郎「まったく猫耳、もとい華菜ちゃんは最高だぜ!」



お わ り