清澄高校 屋上にて


京太郎「俺にはー! 好きな人がいるー!」


\ダーレー?/


咲「ええっ、き、京ちゃんに、好きな人?」

咲(誰だろ……やっぱり和ちゃんかな? でも優希ちゃんとも普段から仲良いし……)

咲(……)

咲(もしかしたら私……なんて)

咲(ううんそんなわけないよねだってもう随分付き合い長いんだし今さらそんなことあるはずが――)


\ワァアアアアア…!/


咲「えっ、なに? なに?」

和・優希「「咲さん(ちゃん)!」

咲「の、和ちゃん、優希ちゃん。すごい歓声だけど何が――」

和「何が、じゃないですよ!」

優希「京太郎が咲ちゃんの名前を呼んだんだじぇ!」

咲「ええええ!?」

咲(う、うそ……京ちゃんこっち見てる……!)

京太郎「咲!」

咲「ひ、ひゃい!?」ビクッ

京太郎「  」スゥゥゥ…

京太郎「好きだ―――――――!!!」

咲「!◇★※?☆▲◎■」


\ワァアアアア…!/ \キャー!/


京太郎「今までー! 咲のことをー! ただの幼馴染としか思ってなかったけどー!」

京太郎「 対局してる時の姿を見てるうちにー! お前にー! DANDAN心魅かれてく自分にー! 気づいたー!」


\オォー!/ \イイゾー!/ \キャー!/ \ヒューヒュー/ \チクワダイミョウジン/


咲「あ、あわわわ……///」プシュー

京太郎「麻雀も弱くて情けなくて、おまけに腐れ縁な俺をー! 今さらそんな風に見れないって、思うかもしれないけどー!」

京太郎「俺もお前に相応しい男になれるように頑張るからー!」

咲(……!) 

京太郎「だから! 俺と!」

咲(京ちゃん……)

京太郎「付き合ってくれー!!」

和「わぁ……なんというか清々しいくらいの大告白ですね」

優希「恥ずかしげもなくよくやるもんだじょ」

咲(京ちゃん、京ちゃん……!)

咲「わ……わ……」

和「咲さん?」

優希「どうした咲ちゃん?」

咲「わた……わたし――っ!…………っくぅ、ぅ、あ、ううぅ……」ジワッ

咲「うぅ……あぅ、う、うぇぇえええ……」

ポン

咲「……!」

和「咲さん、がんばって」

優希「咲ちゃんの想い、アイツにどーんとぶつけてやるんだじぇ!」

咲「うっ、うぅ、あ、あり…がとう。和ちゃん、優希ちゃん」

咲「……」

咲「  」スゥゥゥ…

咲「き、京ちゃんっ!!」

咲「わ、わたしもっ!!」

咲「どんくさくて、すぐ迷子になって、泣き虫な、こんな私を!」

咲「いつも気にかけて、支えてくれてたっ、京ちゃんのことが!」

咲「ずっと……ずっと……!」

咲「好きでしたっ!!」

京太郎「……!」

咲「だからっ、いま京ちゃんが言ってくれたこと……すごく……すごく……!」

咲「ほんとうに、うれしいですっ!!」

咲「ふっ、ふつつかものですが!」

咲「よろしく……お願いします!!」

京太郎「……」

京太郎「……ぃぃいいよっしゃぁああああああ!!!」


\ウォォォォ…!/ \スエナガク!/ \バクハツシロ!/ \サキチャンハ イイヨメサンダナァ/


カン







おまけ


部室にて


咲「……」

京太郎「なあ、咲。いい加減出てこいよ」

咲「やだ。むり」


久「ねぇ何あれ、さっきからずっとあの調子なの?」

和「ええ、部室に来るやいなやベッドにもぐりこんで」

優希「かれこれ三十分くらい篭城を続けてるじょ」

まこ「ま、あんなことがあった後だし、気恥ずかしいんじゃろ」

久「まあねぇ。屋上から告白する須賀君も相当だけど、咲も咲で随分大胆だったわねー」ケラケラ


咲「~~~~~っ///」ジタバタ

咲「ううう……///」

咲「ああもうやだはずかしいしにたい」

京太郎「そう言うなって。俺めちゃめちゃ嬉しかったんだぜ」

咲「……」

京太郎「そろそろ顔出してくれよ、な?」

咲「うぅ……」モゾモゾ

京太郎「よっ」ニカッ

咲「~~~~~っ///」カァァァ

咲「や、やっぱり無理!」ガバッ



もいっこ カン