京太郎「……」

『アンッ…ブチョ…』

京太郎「今夜もまたずいぶん激しいことで…」

京太郎(哩先輩が卒業してからというもの毎晩これじゃなぁ…気になって眠れないって)

京太郎(前も2人でヤッてる音聞こえてたけどここまでじゃなかったぞ…)

『フキュッ…ソコッ…』

京太郎「アパートの壁薄いんだから隣気にしろよ…角部屋で隣が俺だからよいものを」

京太郎(それとそんな声聞かされてたら俺もムラムラがやばいわけで…)シコシコ

京太郎「うっ…ふぅ…」



京太郎「またやっちまった…」ズーン

京太郎(昨日も姫子先輩をオカズに3発も…すっげー罪悪感)

姫子「あっ、京太郎おはよー♪」

京太郎「…おはようございます」

姫子「どうした、元気なかね。寝不足?」

京太郎「昨夜もちょっと夜更かしちゃって…」

姫子「もう…夜更かしもほどほどにせないかんよ」

京太郎(一体誰のせいで寝不足だと…というかあんな時間までしてたのに元気だなぁ)

京太郎「昼休みに睡眠時間確保するんで大丈夫です」

姫子「対局中に寝たら駄目やからね?」

京太郎「先輩だって受験勉強で夜更かしとかしてないですか…?」チラッ

姫子「うっ…勉強はちょっと…」

京太郎「来年は受験生なんですからしっかりしましょうね」

姫子「さあ! 部活に遅れるから走るとね!」タタッ

京太郎「あっ! 逃げないでくださいよ!」

『ブチョッ…ソコッ……イイデス…』

京太郎「くっ…あっ…」ビュッ

京太郎(また今夜も姫子さんの声をオカズに…最低だ俺って…)

京太郎「ああっ! もうなにやってんだよ!!」ドンッ

京太郎(やべっ! 思わず壁殴っちまった!)

『……』

京太郎「…声が止まった?」

京太郎(これ聞いてることがばれたんじゃ…もしかしなくてもやっちまった?)

京太郎「ちょっと待て、これ明日からどうやって姫子先輩と会えば…」ピンポーン

京太郎「……」



姫子「……//」

京太郎(うわぁ…気まずいってレベルじゃねえぞこれ…)

姫子「その…声聞こえてた?」

京太郎「その…ばっちりと」

姫子「うっ…その…部長がいなくなってから毎晩寂しくて…//」

京太郎(顔真っ赤になってなんか可愛いしエロい…ってさっきまでエロいことしてたんだよな…)ムラムラ

姫子「……」

京太郎(いかん、この状況をどうにかしないと…)

京太郎「あはは…そんなに寂しいなら俺が相手になってあげましょうか…なんちゃって」

京太郎(って何言ってるんだ俺は!?)

姫子「ほんなこて相手してくれるの…?」

京太郎「……えっ?」



京太郎「まじでやっちまったなぁ…」

姫子「男の人とは初めてやったけどすごかなぁ。部長におもちゃでされるんと全然違ごうとる…」

京太郎「なんて言えばいいのかわからないですけど…これからよろしくお願いします」ペッコリン

姫子「うん、これから毎晩よろしゅうお願いするけんね♪」

京太郎「毎晩!?」

カン!