時系列とかは無視で

咲「あのさぁ……またやったの?」

京太郎「わ、わざとじゃないんだ……」正座

和「わざとかわざとじゃないか、という問題じゃないんですよ」

久「そんな風な指導はしてないわよ」

まこ「全くじゃ。何を考えているんじゃ」

優希「ちょっとは反省するんだじぇ!」

京太郎「反省も何も……俺はただ、困ってたから助けただけで……」

咲「その言い訳、何回目?」

和「もう聞き飽きましたよ」

久「仮に、仮によ?あなたは100%善意でやったとしても」

まこ「向こうはそう思わん訳じゃ」

優希「何よりなぁ……どう収拾つける気なんだ?」

穏乃「京太郎!この前のお礼がしたいからさ、ちょっと来てくれない?」

憧「た、ただのお礼よ!?か、勘違いしないでよね!?」

白望「京太郎といるのだるくないし楽だし……」

エイスリン「キョウタロウ!!ニガオエカイタ!!」

洋榎「ガースー!!たこ焼き食べいこーや!!」

絹恵「お姉ちゃんだけやなくて、先輩達も待ってるんやでー!!」

小蒔「その……何かの縁ですので、是非お茶でも……」

春「黒糖、いる?」

智葉「まぁ、アレだ。世話になったしな……ちょっと、時間あるか?」

ハオ「美味しい中華のお店があるんですよ。是非あなたと行きたくて」

由暉子「新しい衣装があるので、是非とも見て欲しくて」

爽「ちょっと付き合えよー?え?仕方ないなー、いいことしてやるよー?」

怜「たまには、男の膝もアリやと思うんよ?」

竜華「むしろ、うちが膝枕してあげてもええでー?」

姫子「ご、ご主人様って呼んでよか?」

哩「その……縛って欲しか……」

桃子「私を見つけた男の人は、あなたが初めてっす……」

華菜「キャプテンばっかり見てるなし!!お前には華菜ちゃんで充分すぎるくらいだし!!」

透華「衣がお世話になったようですし、ハギヨシとも知り合いと聞きましたわ。是非1度お茶でもどうでしょう?」

衣「わーい京太郎ー。遊ぶぞー」

憩「あんま無理したら駄目ですよーぅ?ちょっと私と休憩せぇへん?」

菫「君には迷惑を掛けてしまったようだからな。部を代表してお礼をだな……」

淡「キョータロー!!いいから来てー!!」

咏「おー、ちょっと付き合えよー。高校生?知らんし」

良子「年下?ノーウェイノーウェイ。むしろ好みですよ?」

はやり「はやりのファン?嬉しいな☆ちょっと付き合わない?」

照「京ちゃん、お菓子食べよー」

咲「無駄にフラグ立てすぎなんだって!!」

和「どうするんですか、というかなんですかこの数は!!」

久「私だってここまでやらないわよ!!」

まこ「むしろおんし何やったんじゃ!!」

優希「私らだけじゃ不満だってのか!!」

京太郎「知らねーよ!!俺はただ困ってたりする人にちょっと話しかけて…」

5人『それが駄目なんだって!!』

京太郎「……どうしろってんだよ!!」


カンッ!!