http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1341759326/



咲「京ちゃんは清澄の雑用係として重宝してます」

霞「ふんふむ……」

霞「性格とかはどうなのかしら?」

咲「うーん、特に乱暴とかはしない感じだし…なんていうか、悟ってるっていうか。」

霞「へぇ……」

咲「あ、でも……」

霞「?」

咲「おっぱい好きで、ちょっと…えっち……」

霞「ふんふむふんふむ」


京太郎「おっす、咲」

咲「あ、京ちゃん」

霞「あら……」

京太郎「えっと…この人は……」

霞「永水女子の大将をしてた石戸霞です」

京太郎「あぁ、霞さんでしたか!あの咲より稼いでた!」

霞「あら……それでも敗退したわけだから、意味ないのだけれどね」

京太郎「あ、すんません……」

霞「あ、いいのよ」

霞(ふふっ、姫様のお相手はこの子にしようかしら)

京太郎(実際に見てみると…すごいおっぱいだなぁ)

咲「む、また鼻のしたのばして」

京太郎「ちょ、伸ばしてねぇよ!」

霞「あらあら」

咲「石戸さんごめんなさい…こんなヤツなんです」

霞「いえいいのよ……」

霞「むしろ、興味を持ったというか……」

京太郎「えっ」

咲「ーーーッ!」

咲「いくよ、京ちゃん!!」

京太郎「えっ?咲、ちょまっ……」


霞(いじめたくなる子だわ……)ゾクゾクッ

霞(おまけに料理もできる……咲ちゃんが言うように優秀物件ね)

霞「ふふっ、楽しみだわ」


京太郎「ど、どうしたんだよいきなり……」

咲「ツーン」

京太郎「ええっ!?俺何か悪いことしたか?」

咲「知らないもん」

京太郎「はぁぁ?」

咲「おっぱい星人め」ボソッ


優希「おやおや、咲ちゃん…手なんか握っちゃって、あつあつですな」

咲「!」バッ

咲「これは不可抗力で……」

優希「ほっほーう」

咲「うう……」

優希「で、犬よ…タコスは?」

京太郎「あ、そうだよまだだった!」

優希「とっとと買ってこんかぁーい!」

咲「わ、私が知らずに連れてきちゃっただけだから許して!」

優希「む!それならいいが…」ギロッ

京太郎「わーった、わーったから買ってくるから」

優希「早く動けー!」ゲシッ

京太郎「はいはい」


京太郎「ってー…まったく、優希のやつも容赦ないよなぁ」

京太郎「はー、ここの近くのタコス屋っていっても……」カチカチ

霞(あら……)

霞(こっちに気づいてないわね……わざとらしくぶつかって見ましょうか)


ポヨンッ

霞「ひゃんっ」

京太郎「うおっと…大丈夫ですか?」

霞「え、ええ…大丈夫……あら?」

京太郎「あ、石戸さん…でしたよね?」

霞「あら、名前覚えててくださったんですね」

京太郎「いやまぁ、さっきあったばかりだし……」

京太郎(さっきの感触……すごかったなー)

京太郎(おっとりお姉さんって感じだなぁ……美人さんだし)

霞(視線がエロいわ)ゾクゾク


霞「立ち話もなんですから、座って話でもどうかしら?」

京太郎「えっ!?」

京太郎「お、俺なんかが石戸さんなんかと話すことなんて何もないんじゃないかなー……あはは」

霞「まあまあ、そう言わずに」フニュ

京太郎(うおおおおっ!!なんだこの感触ぅ!!)

霞「何か悩みとかあれば、聞けますから」ニコッ

京太郎「は、はひ……」ホワー


霞「喉乾いたわね」

京太郎「あ、俺おごりますよ!」

霞「京太郎くんに悪いわ」

京太郎「い、いえいえ!全然問題ないです!」

霞(チョロいわ)

京太郎(な、なななな…名前ェーーーー!?)

霞「あ、そうだ…京太郎くんは麻雀部なのよね?」

京太郎「へ?あ、そ…そうですね一応は」

霞「一応?」

京太郎「いやー、麻雀部入ったのはいいけど、弱いから雑用ばっかなんすよねー」

霞「ふんふむ」

京太郎(ふ、ふんふむって可愛らしいなぁ……)

霞「それって辛くはないのかしら?」

京太郎「辛い?」

霞「みんなにこき使われるようなものでしょう?」

京太郎「あー、そういうの…考えたことなかったな」

霞「あら……」

京太郎「俺が雑用に回ることでみんなが練習に集中できる……」

京太郎「それでみんなが強くなってくれるならそれもいいかもしれないって思ってさ」

京太郎「おれって、麻雀の才能ないみたいだらさ…はは」

霞(……)

京太郎「あ、すみません…こんな話聞いてもらっちゃって……」

霞「そうね、ちょっと時間をもらえるかしら?」

京太郎「へ……?あーっと…ちょっと買い物の途中で……」

霞「買い物が、そんなに大事……?」ムギュウ

京太郎「なーーッ!?」

京太郎(う、上目遣いで胸があたって……ええいっ)

京太郎「わかりました……問題ないですよ」

霞「じゃあちょっと、人気の無いところにいきましょう?」

京太郎「は、はい……」

霞「うふふっ」

京太郎(人気の無いところで男女二人って…つまりは……)

京太郎(ええい、落ち着け…俺!)


霞「ここでいいかしら」

京太郎「は、はぁ……」

霞「ん…」シュルッ

京太郎「ちょ、ちょー!?」

霞「うふふ……」

霞「これ、どう思うかしら」


彼女は纏っていたものをはだけさせ、そう問いかけてきた。
そこには、この世のものとは思えない大きさの胸がそこにある。
──ゴクリ。生唾を思わず飲み込む。


霞「ここ、パンパンに膨れてるわ」

京太郎「うっ!?」


股間をさすられ、変な声が出てしまった。


京太郎「な、なにして……」

霞「京太郎くんの話を聞いてたら、そういう話もご無沙汰なんじゃないかと思ったの」

京太郎「それと、これとは…話が別じゃ……」

霞「ごめんなさい……これは私の自己満足なの」

京太郎「……」


なぜだと思った。


京太郎「あ、あの……」

霞「ごめんなさい」


彼女はおもむろにズボンのファスナーを下ろし、俺のを露出させる。


霞「ふふっ……可愛い子ね」


その言葉と同時に柔らかいものに包まれた。


霞「んっ……」

京太郎「うぁっ!?」


全体を包んでもまだ余ってるのではないかというぐらいの感触だ。


京太郎「だ、だめです……だめですからっ」

霞「んっ……あつい……」


声が届いていないのだろうか、行為に集中している。


霞「んっ…ふっ……どうかしら……?」

京太郎「くっ…」


動かれるだけで全体が擦れる。
とんでもない気持ちよさだ。


京太郎「や、やめてください…霞さん、どうしたんですか……」

霞「んふっ……んっ……」


ズリュッズリュッとリズミカルな音がに響く。
彼女は完全に自分の世界に入っているようだ。


霞「んぁ……」

京太郎「よ、涎……?なにを……」

霞「んっ……潤滑液……」

霞「はっ…胸の中、んん…熱いわ……」


さっきよりスムーズに動くようになったおかげで速度が速くなっている、相当マズイ。


京太郎「くっ……そろそろ…やめてください……」

霞「あ、んんっ……終わらないわ、よ……」


上下の動きが加速する。
逃げることもできるはずだ、だが足が動かない。


京太郎「石戸さん……そろそろ、マズイです……」

霞「そろそろ?んん……いいのよ、胸に出して」

霞「んっ……れろ…」

京太郎(ぐっ!?舌が先端に当たって…)


限界が近づいてくるのを悟った。


京太郎「ほ、ほんとにマズイですから……」

霞「んん♪ふっ……んむ…ちゅっ」


その言葉を発した途端、こちらの願いとは逆に更に動きが速くなる。


京太郎「うあ……」

京太郎「くっ、もうだめです…っくぅ」


限界を超えてなんとか堪えていたものを、そのまま彼女の顔に吐き出してしまう。


霞「あっ……♪」


勢いが止まることなくどんどんら彼女の顔や髪を汚していく。


霞「んんっ……まだ止まらない……」

京太郎「はぁ…はぁ…」

霞「んふっ……どうだったかしら?」


霞「あらあら、まだこんなに大きいわ」


思考もままならない頭に流れ込んでくるのは罪悪感だけだった…。
なぜ、こんなことをしたのか……どうしてこうなったのか……そんな考えが頭の中を駆け巡る。


霞「ん…ちゅ……」

京太郎「うあっ!?」

霞「ん……んふっ…ちゅっ…じゅる」


彼女の口から、まさに吸われるようにまた吐き出してしまう。


霞「んっ…んんん……んくっ…」


ドクドクと波打つそれは抑えられるように口の中に入り、彼女に飲み干される。


霞「んくっ……ん……」


彼女はコクンッとそのまま飲み干してしまう。
二連続で出したせいでなにも考えられない。


霞「んふ…ごちそうさま」


意識はそこで途絶えた。



京太郎「ん……あれ?」

霞「あら、お目覚めのようで?」

京太郎(えーと…俺って今まで……?)

霞「京太郎くんの精液、美味しかったですよ」ニコッ

京太郎「!?」

京太郎(思い出した……この人に抜かれて……)

京太郎(ってなんでそんなことになったんだ!?)

霞「くすくす」

霞「ごめんなさい、あまりにも可愛かったので、つい……」

京太郎「は、はぁ……」

霞「うん、まずは合格よ」

京太郎「うん?なんの話で?」

霞「ふふっ、こちらの話です」

京太郎「はぁ…」

霞「あ、あと……私のことは霞って呼んでいいわ」

京太郎「か、霞さん……ですか」

霞「あら、いやかしら?」

京太郎「いやまぁ、年上を名前で呼ぶことなんてありませんでしたし」

霞「あらあら」


京太郎「で、なんで膝枕……?」

京太郎(とんでもないのが目の前にあるし……)

霞「……?」

霞「膝枕は嫌だったかしら?」

京太郎「い、いえいえ……極上です」

霞「あらあらっ……嬉しいわね」

京太郎(で、なんでこうなったか…聞きにくいなぁ……)

霞「なんで襲ったか、わからない?」ツツー

京太郎「は、はひっ!?」

京太郎「なんで心の中が……」

霞「秘密♪」

京太郎「はぁ……まぁ、知りたいですけど」

霞「小蒔ちゃんのお相手探しを、小蒔ちゃんのお父様に頼まれててね」

京太郎「……は?」

京太郎「あの…うちの片岡と打ったあの子……ですよね?」

霞「そうそう」

京太郎「え、本家……?」

霞「くすっ」

霞「私が襲ったのは個人的な趣味よ」

京太郎「あ、はは……さいですか」

霞「私も楽しめたからよかったわよ」

京太郎「は、はぁ」


霞「霧島神境の姫は17の時に必ず破瓜をしないといけないの」

京太郎「え?え?」

霞「というわけで、小蒔ちゃんにはもうそろそろお相手が必要なんです」

京太郎「それが……」

霞「はい」

京太郎「えええええええ!?」

京太郎「俺が……あの子と……?」

霞「ええ、でもしきたりがありまして……」

京太郎「はぁ」

霞「姦通した相手の子供を産まないといけないとか……」

京太郎「ぶっ!?」

霞「ちなみに前代の姫もインターハイでお相手を見つけたそうです」

京太郎「な、なんですと……」

霞「なので、お願いします……」

京太郎「い、いやぁ……その…」

京太郎「ぐぬぬ……」

霞「だめかしら?あそこまでしたのに……」

京太郎「うぐっ!?」

京太郎「そこは個人的なんちゃらだったんじゃ……」

霞「んー……」

霞「下も、欲しい……?」

京太郎「くはっ」ブシャッ

霞「うふふ、気絶したわ」

霞「強行手段でいくしかないわね」パチンッ



小蒔「えと……こう、ですか?」ズリュズリュ

霞「その調子よー」

小蒔「うぅ、難しいです…」ズリュズリュ

京太郎(あれ……なんかしたの方が、ぬめぬめして……)

小蒔「んっ…ふぅっ……」ズリズリ

京太郎(え、なんで神代さんが……!?)

京太郎「うっ!?」

小蒔「ひぁっ……あ、あつい……」

霞「あらあら」

霞「それが子種ですよ、小蒔ちゃん」

小蒔「こ、これが…ん……変な味ですね」

京太郎「ひ、ひぃぃ……」

小蒔「ん……ちゅぱっ…癖になりそうです」

霞「おはようございます、京太郎」

小蒔「お、おはようございます……京太郎、さん……」カァァ

京太郎「え、えと…ちょ…」

霞「強行手段に出ました……ふふ」

京太郎「……」

京太郎「夢、か……」

小蒔「ガーンッ!?」

霞「あらあら、せっかく小蒔ちゃんが頑張ってたのに……」

京太郎「これ、現実なんですか…」

霞「そうよー」

小蒔「えと……私じゃ、ダメなのでしょうか?」

京太郎「え……」

京太郎「いやいや、こんなのと一生なんて、神代さんはいやでしょ!?」

小蒔「いやなんかじゃ、ないです」

京太郎(う……)

霞「さてと、小蒔ちゃん」

小蒔「は、はい!」

霞「もう一発行っちゃいましょうか」

小蒔「はっ…はい……」

京太郎「ーーーッ!?」


霞「ん……小蒔ちゃんは、お口で……」

小蒔「はい、ん……ちゅっ…じゅる…んん」

霞「あっ…鼻が当たって…んっ」

京太郎(が、顔面騎乗ーー!?)

霞「くすくす、どうかしら?」

京太郎「んー!んー!」

霞「やんっ…くすぐったい……」

小蒔「んぶっ……ぢゅるっ……んぐぐ……」

霞「んっ……乳首もいじめてあげないと……ね」クリクリ

京太郎「んんー!」

霞「あっ……いい…これ…んんっ」スリスリ

京太郎(やべえ……これは死ねるんじゃないか……)

小蒔「んちゅっ……れろ…んん…ぬちゃ」

霞「そうそう、小蒔ちゃん…んっ…そんな感じよ……」

京太郎(これは……やば……)

小蒔「んふっ…んっんっんっ……」

霞「京太郎も、舐めてくれても…いいのよっ…」

京太郎(ぐっ…)レロッ

霞「んっあぁっ…ザラザラしたのが、こすれて……あっあぁ……」

小蒔「んっんぐっ…んんんっんっ」

京太郎(だめだ…そろそろ……)

霞「あっあぁっ……」

小蒔「んぐっんっぐ……んんんっ!?」ドクドク

霞「あっ…あああっ……あ……はぁ…」

京太郎「うぁ……」

小蒔「んっ……んくっ……んくっ……」

霞「最後に……吸ってあげてください」

小蒔「ん……ぷはっ」

霞「完璧です」

京太郎(罪悪感しかのこんねぇ……)

小蒔「えと……美味しかったです」モジモジ

京太郎「ぶっ!?」


初美「はぁ、やっと終わりましたか……」

巴「隣の部屋だからすごい響くわー」

春「二人とも顔真っ赤」

巴「あ、あんたこそ……」

初美「はー、本家のほうもとんでもないしきたりを残してくれたもんですよ…」

巴「ほんとよねー」

春「でもこれが一族のため」

初美「まぁそうなんですけどねー」

巴「はぁー」

春「霞だけ、ずるい」

初美「たしかにですよー」


小蒔「すぅ…すぅ…」

霞「あらあら、寝ちゃったわね」

京太郎「えっと……あの話、マジなんですか?」

霞「うふふ、そうね……小蒔ちゃんを放置するとあとが大変だし、ちょっと隣の部屋に行っててもらえないかしら?」

京太郎「となり…ですか、はい」

京太郎「はー、たしかにいい思いしてきたけど、こんな俺でいいのかなぁ……」


ガラッ

初美「ジー」

春「ジー」

巴「……」

京太郎「えーと、あの……」

春「飛んで火に入る夏の虫」

初美「もうこうなったら犯してやるですよー」

巴「よっこらせっと」

京太郎「え?え」

京太郎「あのー俺、なんか悪いことしました?」

初美「なにもしてないですよー?」

巴「大丈夫、あんたは無罪だから」

春「……」ジリジリ

京太郎「えええっ!?」


霞「あら、手をだしたらあとでお仕置きよ?」


「「「ひっ!?」」」

霞「始めてのお相手は姫様じゃないと……ね?」ゴゴゴ

「「「は、はい……」」」

京太郎「え…なんで俺が経験人数なしって……なんで知られて」

霞「ちょっとばかりお友達に聞かせてもらいました」

京太郎「うわあぁぁ!!」

初美「どーてー……」

巴「姫様で素人童貞になれますよ」

春「格下げ」

京太郎「うわあー!!」

霞「クスクス」

霞「しょうがないですから、一日一人、一回だけふぇらちおすることを許可しましょう」

京太郎「んなっ!?」

初美「それなら、いいです」

春「うん」

霞「じゃー、はっちゃんから、どうぞー」

京太郎「え、ええー…」

初美「なんですか、不満ですか?」

京太郎「いや、まずこんなことしてるのが間違いだろ……」

初美「ふふっ、私は嬉しいですよー?」

京太郎「うっ……」

初美「大きくなってきましたねー」ツンツン

初美「私みたいなボディーでも、反応してくれるんですね」

初美「んふふっ……ちゅっ」

京太郎「っ!?」

初美「んー……」ツツツ

京太郎(ううっ……筋に沿って舌が……)

初美「びくんびくんっていってますよー」

初美「そんなにうれしいんですかー?」

京太郎(うぐっ……)

初美「あー」

初美「んぷっ……んん……んくっ…ぷはっ」

初美「……大きすぎですよー」

京太郎「し、しるか……」

初美「んんっ……んー!」

初美「あはまほほーまへ、はいひまひた」(頭の方まで入りました)

京太郎(くぅ……きっつ……)

初美「うほひまふへー」(動きますねー)

京太郎(いちいち声に出されると震えて…うくっ)

初美「んぐっ……んん……んー……ん……」

京太郎(き、きつすぎ……)

初美「んー……ん…んっ…んぐっ」

京太郎(くっ……これ犯罪級だろ……)

京太郎「えと、入り口までで平気ですんで」

霞「あら、そんな遠慮しなくても……」



咲「……京、ちゃん」フラフラ

京太郎「!?」

咲「京ちゃん……おかえり……」フラフラ

京太郎「お、お前……様子がおかしいぞ……?」

霞「あら、そういえばあの時の行為、見られてたわね」

京太郎「ーーーッ!?」

咲「京ちゃん……」

霞「あらあら……」

霞(これは退散したほうがよさそうね)

霞「それでは、送り届けましたよ」

京太郎「ちょ、」

咲「いこ、京ちゃん」

京太郎「……お、おう…」チラッ

霞(早朝、問題ないですよね?)

霞「心配ですねぇ……」

霞「と、私も帰りませんと」

京太郎(いったか…)

咲「ねぇ、京ちゃん」

京太郎「ど、どうした?」


咲「今日は、どこにイッテタノカナ?」


京太郎「い、いやぁ……買い物の途中に迷っちまってさー」

京太郎「途方に暮れてたら石戸さんが助けてくれて、ここにかえってこれたってわけだ」

咲「……へー」

咲「半日も……迷ってたの?」

京太郎「っ……」

京太郎「いやぁ……ちょっとついでに荷物もしちゃったもんで……」

京太郎「女の子一人だと大変そうだと思ってな」

咲「へぇ……」

咲「なぁんだ、そういうことかー」パアッ

京太郎「……?急な話だったからな」

咲「次はちゃんと連絡するんだぞぉー!」

京太郎「お、おう」



咲(臭うなぁ………)

咲「色んな女の臭いがするよ……」


優希「きょーたろー!!」

京太郎「ん…なんだ、優希か……すまん、一人にさせてくれないか」

優希「じぇ!?」

優希「そんな……」


咲「……」

咲「永水女子かぁ」クスッ


霞「まずいわね……」

小蒔「……明日ですか」

霞「丑三つ時……」

巴「」

初美「」

霞「春ちゃんは、この子たちを見ててね」

春「了解」

霞「さて、いきますよ……小蒔ちゃん」チャキッ

小蒔「……はい」チャッ


京太郎(そろそろくるはずなんだが……)キョロキョロ

京太郎「周りに咲の姿はない……よな?」


小蒔「あ、あそこに……」

霞「よかった、無事ですね……」

京太郎「お、いたいた……」

霞「なんともなくてよかったです……」

小蒔「……ほっ」

京太郎「そ、そんな大げさですよ」

霞「大げさだったらよかったんだけど……いるんでしょう?」


咲「……」スッ

京太郎「なっ!?」

咲「京ちゃん……信じてたのに……」グスン

京太郎「ど、どういうこと…」

咲「幼稚園のころから誓ってたよね?」

京太郎「ん?幼稚園のころはまだ知り合いじゃなかったぞ」

咲「えっ、じゃあ小学生だったはずだよ」

京太郎「俺たちが知り合ったのは中学から」

咲「えっ、うそうそうそ……」

京太郎「嘘じゃないんだが……」

霞(あら、何か憑いてるわ…)スッ

咲「うそじゃないもん!ほんとだもん!」

京太郎「ええ……」

咲「私のこと、信じてよ!」

霞「えいっ」ストンッ

咲「きゅう……」


京太郎「……?」

霞「んー、何が憑いてるかわからないわねー」

京太郎「え、どういうことですか?」

霞「専門的なのはわからないから、春ちゃんにみせたほうがいいかしら、これは……」

京太郎「はぁ」


春「んー、下級霊が取り憑いてるね」

京太郎「えっ、そうだったの!?」

春「最近憑いたらしいから、すぐ追い出せる」

京太郎「は、はぁ……」


春「あれ、妄想癖でもあったんじゃない?」

京太郎「あー、そういえばある事ないこと……」

春「じゃ、もう安心」ポリッ

京太郎「ほっ」


咲「ん……」

霞「あら、目覚めた?」

咲「は、はい……って霞さん!?」

霞「あらあら、そんなあなたは咲ちゃん」

咲「えっと、あの……あの後どれくらいまで行ったんですか……」カァァ

霞「あらあら、あれで終わりだったわよ」

咲「ええー!?チャンスあったでしょ!?」

霞「そうは言ってもねぇ~」

咲「やっぱり、覗いてたのがいけなかったんですか……」

霞「そうことでもないのだけれど……」


京太郎「……なに、あれ」

春「ただのガールズトーク」

京太郎「ええっ、あれが!?」

巴「やっと立てるようになった……」

初美「股が……裂けますよー……」

春「おはよう」

小蒔「……」アセアセ

春「宮永咲は割と乙女だった」ポリポリ

巴「幼馴染は眼中にないってね」

京太郎「oh...」

京太郎「まぁ……あの様子なら、安心かな」

小蒔「……」ウズウズ

巴「ん……」ニヤリ

初美「……」ニヤリ

初美「きょーたろー…あそぼー」ギュッ

巴「いや、私と話でもしよう」ギュッ

小蒔「あ……」アタフタ

京太郎「ちょ、お前ら腕に引っ付くな!」

小蒔「~~~!!」モフッ

春「ぽりぽり」

京太郎「うおっとと!!」

咲「ん……京ちゃんが巫女さんたちに囲まれて……薄い本のネタになるよっ!!」


小蒔「…チラッ……チラッチラッ」

京太郎「……声出てますよ」

小蒔「ひゃい!?」

霞「あ、そうだ……まだあれ…やってなかったわ」

京太郎「あれ?」

霞「あれ、です」


霞「床の準備おーけー」

霞「じゃ、寝転がってください」

京太郎「お、おお…?」

京太郎「二人で俺を挟んで、一体何を……」

霞「二人で挟むのがミソです」

京太郎「……?」


霞「ズボンはいらないわね」ポーイ

霞「ほら、小蒔ちゃんも」

小蒔「は、はい……」

京太郎(うはー…天国)ビンビン

小蒔「わっ……もう元気ですね…」

霞「絶倫ねぇ」クスクス

霞「んっ」フニュン

小蒔「ぁぅ……」フニュン

京太郎「ぉぉ…」

霞「乳首が、こすれて……んん」ムニュムニュ

小蒔「京太郎さんのが、波打ってます…」ムニュムニュ

霞「ふふっ、これが小蒔ちゃんの中に入るのよ?」フニュフニュ

小蒔「ひぁぁ……」フニフニ

霞「しっかりご奉仕して、精液絞り出してあげないと」

小蒔「はっ、はい……んちゅっ…」

霞「うんうん、いい感じね」

小蒔「んっ…れろぉ……」

霞「あらあら、小蒔ちゃんは積極的ね」

小蒔「んっ……こうでもしないと…他の人に取られちゃいます……」

霞「あらあら、はじめては小蒔ちゃんのものよ?」

小蒔「んっちゅ……ちゅぶっ」

小蒔「それでも、不安になります……」

霞「くすくす、だそうだけど…京太郎?」

京太郎「へっ!?」

小蒔「む~~」ジー

京太郎「早い者勝ちさ……」

小蒔「かぷっ」

京太郎「ひぃん」


ーーーーーー
ーー


小蒔「んくっ……」

京太郎「いくらなんでも、飲まなくても……」

小蒔「いいんです」ニコッ

京太郎「なんていい子なんだろう……」

小蒔「あふんっ」ボフンッ

霞「あらあらー」


一時間後

霞「あっんんっもっと、もっと頂戴!」


二時間後

霞「あ、ああっ……もう何回イったかわから……んんっ」


三時間後

霞「もー無理だわー!あっ…うにゃぁぁぁ」


四時間後

霞「んあっ…ね……寝かせて…んん…ください……」


五時間後

霞「あ……あひぃ……」


六時間後

霞「」


巴「やりすぎた」

京太郎「ふぁー、よく寝た……うおっ!?」

巴「あ、おはよう……」

初美「一晩中騒いで、うるさかったのですよー」

春「その隣で寝てた京太郎……」

小蒔「えと……霞ちゃん起きないと、できないよね……」

巴「あ」

初美「おいおい」


春「起きろー黒糖突っ込むぞー」

霞「はっ!?」

巴「ぐっじょぶ」

京太郎「……」

霞「はー、久しぶりに発散できたわー」

巴「あれだけやってそれかい……」

霞「さ、気を取り直して……」


霞「まずは、私達で手と足を抑えましょう」

「「「ラジャ」」」ガシッ

京太郎「え、まじで?」

霞「こうしたほうが捗りますので」

京太郎「……」

霞「さ、小蒔ちゃん」

小蒔「は、はいっ」

小蒔「ズボン、降ろします……」

初美「あー、だらしなくテントはっていますねー」

京太郎「は、恥ずかしい……」

霞「ほら、パンツも脱がさないと……」

小蒔「は、はぃ……」スルスル

霞「じゃあ、まずは手で」

小蒔「……」コシュコシュ

京太郎「うおっ!?」

京太郎(弱くはない、しかし控えめな手コキ……)

京太郎「も、もうちょっと強く……」

小蒔「は、はいっ」ギュッギュッ

京太郎「おっ……」ビュルビュルッ

小蒔「ひゃっ!?か、顔に……」

巴「はやっ……」

初美「……」


小蒔「えと……その……」

霞「そのままお口でやってー」

小蒔「は、はい……んちゅ、ちゅぱっ」

小蒔「んっ……んふぅ……ちゅぽんっ」

小蒔「れろ……ちゅっ…はむ……」

京太郎「ふおお…」

小蒔「んん……んぐっ……んむんむ」

小蒔「んっ……んむ……」

霞「喉の奥で出してもらうのよ?」

小蒔「んっ」

小蒔「んー…んくく……」

小蒔「んっ、んくっんんっ」

京太郎「あ、まずい」

小蒔「んん?んっ……んんー!」ドクドク

小蒔「んくっ、コクン……ん…くちゅくちゅ、ごくん」

小蒔「ぷはぁ……んん……」

霞「よくできました」


霞「次は胸ね」

小蒔「ん、はい……」フニュ

小蒔「よ、いしょ……」ムニュ

小蒔「ど、どうですか……?」ムニュムニュ

京太郎「あ、あぁ……すごいいいよ」

小蒔「は、はい……」ズリュズリュ

京太郎「お、おお……」

小蒔「す、すごいビクビクって……んっ」ズリズリ

京太郎「そ、そろそろ……」

小蒔「き、きてください……胸の中に、いっぱい……」ズッズッ

小蒔「んっ!?」

小蒔「あ……胸の中で跳ねて……んぅ」



小蒔「かっ……はぁ……はぁ…うく…」

小蒔「あ、ぅぅ……いたい……です……」

霞「それがはじめての痛みなのよ」

小蒔「ん……はじめて、奪われちゃったんですね……」

京太郎「こっちも奪われたけどな……」

小蒔「あはは……」

霞「んー、動けそうかしら?」

小蒔「え、えと……んっ…つぅ……」ヌチュ

小蒔「はっ…ぁ……んく、うぅ……」グチュ

京太郎(苦しそうだな……)

小蒔「んっ……だい…じょぶ、いけそうです」カクカク

霞「うん、そのままお願いね」

初美(いたそう)

巴(あれだけ勢いつけて喪失しちゃったらなぁ)

小蒔「んん~っ……はぁっんっ……」

小蒔「はぁっはあっんくっ……んんっ」

京太郎(ゆ、ゆっくりだけど…締め付けられて……)

小蒔「んぅ……ん…んん……」

小蒔「んっ、んんっ……あっ、んんっ」

京太郎(うお……スピードが上がってる……)

小蒔「あんっくふぅ……やぁ……あっ」

小蒔「あっ…きょうたろ、さん…んっ……どうですっ…かぁ…」タプンタプン

京太郎「や、やばい……」

京太郎(揺れるおっぱいも…エロすぎる!)

霞(絵になるわ……)


小蒔「あっ、やんっ……なんか、気持ちよく……くふぅっ……」

小蒔「なに、これ…あっ…腰、とまらなっ……いぃっ!」タプンタプン

京太郎(うおお…やばい……)

小蒔「あっ、やぁぁ……んん……なんか、きちゃう……」

小蒔「あ、あぁっ…止まらない…んんんっ止まれない……よぉ……」

京太郎「くっ、そろそろ……」

小蒔「あっ…んっ……きて、きてくださいっ……せーし、注いでくださいっ」

京太郎「くっ、射精る!」

小蒔「あっんああっ……奥で、せーしが…あばれて……あふぅ……」ポフッ

小蒔「すう……すう……」

京太郎「くっ、まだ出てる……」

小蒔「んっ……んん……すう……」

霞「あらあら…寝ちゃったのね」

霞「じゃあ、次は初美ちゃんね」

初美「え、ええ……」

初美「いたそうですー」

霞「気持ちいいわよ」

初美「……」


小蒔「すう…すう……」コロン

霞「……あれは後回しね」

初美「いきますよー……」クチュ

初美「うう、見てるだけで濡れてしまいました……」

京太郎「ぜ、前戯なしで平気なのか…?」

初美「しらないですそんなの!」ズプッ

初美「ひっ!?」

初美「ひ、広げられて……痛いです……」

京太郎「言わんごっちゃない……」

初美「う、うるさい!」ググッ

初美「ぐ……ぅぅ……この……」

初美「もう……ちょっと……で…」プッ

初美「かはっ……!?」

初美「ぅ……ぁ……」ガクガク

初美「なんですか、この痛みは……」

霞「抜きたい?」

初美「ぅ……抜きたい…です……」


霞「動いていいわよ」ボソッ

初美「と、とりあえず……痛みが収まるまで、まってほし……あがっ!?」ズンッ

京太郎(やべぇ……このキツさは犯罪級……)

初美「ぁ……あぁ……ぁ…」

霞(その顔、見てるだけでゾクゾクするのよねー)

京太郎「突き上げる度に……締まる……」

初美「あ゛っ……やめ……んん゛っ!」

初美「うぐっ……ひぐっ……うあ゛ぁっ…いだい゛っ……あああっ」

霞「あらあら」

京太郎「くっ、すまんっ……」

初美「しきゅ…こ……あいちゃ……ぐううっ…」

京太郎「ぐ…」

初美「ひ…ぎぃ……あ……ああ……」ガクガク



京太郎「くっ……いくぞっ…」ドクドク

初美「ぁ……」ビクッビクッ

初美「は、ぁ……」ズルン

初美「ぁ……痛い……ですよぉ……」

霞「あらあら」ゾクゾク

京太郎(悪女だなー)


初美「す、すこし……休ませてください……」

巴「次は私がいいな……」

京太郎「えーと」

巴「そ、その…正常位でお願い」テレテレ

春「……あざとい」

霞「まぁいいわよー」

京太郎「は、はい……」

巴「やさしく……お願いね?」

京太郎「……善処します」

京太郎「思ったより濡れてるな……いらないかな?」

巴「んっ……いいわよそんなもの……ていうか恥ずかしい……」

京太郎「え、あぁ…ごめん」

巴「その、変な形してたりしたらいやだし……」

京太郎「そんなことはないと思うぞ?」

巴「へ……」

巴「ぁ……」カァァ

京太郎「っと、そろそろ挿れちゃいますよ」

巴「う、うん」

京太郎「んー、ちょっとほぐそう」スッ

巴「ん……ひぁ……」

京太郎「だいぶキツい……」クチュクチュ

巴「あっ……ちょ、ちょっとぉ……」

京太郎「あ、ごめんな……?」

巴「う……まぁいいけど……」

京太郎「うし、だいぶほぐれたし……いくぞ?」

巴「うん…きて」

巴「んくっ……入って、くるぅ……」

巴「んっ……あれ、もう入ったの?」

京太郎「い、いや……小休止ってところかな」

巴「あぁ……」

巴「一気にいっちゃって……」

京太郎「いいのか?」

巴「…」コクッ

京太郎「わかった……」ググッ

巴「くぅ……んっ……」プッ

巴「うぐっ……いたいわね……これ…」

京太郎「奥まで、入ったな……」

巴「うふっ……子宮口をノックされてるわ……」

巴「ふうっ、堪能完了……めちゃくちゃにして?」

京太郎「ーーッ!」

京太郎「いいんですか?」

巴「うん、きて……」

巴「ぁっ……あんっ……やぁっ……くぅ…」

巴「あはっ、京太郎のが、暴れてる……」

巴「んっ、んんっ…あっ…やぁ、んっ…」

京太郎「強くしますよ……」

巴「ああっ!?やっ、つよっ……ああんっすぎ……よ…やぁっ」ズッズッ

巴「も、もう……すごすぎて……ひぃんっ」

巴「あ…んあぁっ……何か、くる!きちゃうっ……」

京太郎「くっ、俺もそろそろ……」

巴「んっ、きてっ!きてぇっ!わたひ、いっちゃ……イっちゃうぅ……」


京太郎「うっ…くぅ……」

巴「んっ、あっ、あんっ…ああっあっあっあっ…ああああっ!」

京太郎「うああっ!」ドクンッ

巴「あっ、あああっ!やああぁ……」ビクッビクッ

巴「はっ……ぁ……はぁ……」コポッ

京太郎「うぁ……」ズル

巴「うふっ、よかったよ……想像以上だった」

霞(なーんかつまらかったわ……)


春「次は私」

霞「えー、私が最後ー?」

春「なんか長そうだから……」

霞「そんなことないわよー……」

春「まぁ、とりあえず私が……」


ーーーーー
ーー


春「んぁ……すご…ひぁぁ……」ビクッビクッ

京太郎「ふぅ……」

霞「次は私ねー」


霞「私は、バックで突いてほしいわね」

京太郎「……そこに立ってください」

霞「……はい♪」

京太郎「うわ……壮観」ゴクリ

霞「うふっ、そうかしら……」

京太郎「い、いきますよ?」ズプ…

霞「あっ…♪」

京太郎「っと」

霞「ないと思ってた?でもあるのよねぇ」

京太郎「い、いきますよ?」ググッ

霞「んっ……はふぅ……あっ……いっ…たいわ……」

霞「ふふっ、でも幸せな痛みね、これ……」

京太郎「そ、そうですか…?」

霞「うふふ、女ってそういうものよ」


ーーーーー
ーー


霞「くぅ……くぅ……」

京太郎「お、おわった……」

京太郎「霞さんだけ三連発もしちまった……」

京太郎「あー、眠いな……」

京太郎「寝ちまうか……」

京太郎「……zzz」

初美「うーん、むにゃむにゃ……」

巴「うふふっ……すやすや」

春「んー……くぅ」

霞「すう……すう……」

小蒔「ん……みんな寝てしまったのですね」

小蒔「えーと……いました」

小蒔「京太郎さん、こんな一族ですが末長くよろしくお願いしますね」

小蒔「……ん」

----------------------------------------------------------------------

咲、久しぶり

まず謝らなきゃいけないのは、いきなり転校したことかな。
あの時は急で話す暇がなかった、今更だけどごめんな。
あれから一年、音信不通だったのは許してくれ、なかなか時間が取れなかったんだ。あはは。

まぁ、積もる話もあるだろうし、こっちに遊びにこないか?
まってるぜ

神代京太郎より

----------------------------------------------------------------------

咲「京ちゃん……ここは、うん…遊びに行ってみるかな」


咲「えっと、ここだよね?」

咲「立派な神社だなぁ……」

霞「~♪」

咲「あ、あれ……霞さーん」

霞「あら、咲ちゃん…遊びにきてくれたの?」

咲「はい、京ちゃんの手紙に書いてあったので」


京太郎「んお、なんだ…客か?」

京太郎「お、咲、か…?」

咲「あ、京ちゃん…久しぶり」

京太郎「髪伸ばしたんだなぁ」

咲「えへへ」

霞「むっ」

霞「立ち話もなんですし、中に入って話しましょう」

京太郎「そうだな」

小蒔「んー…お客さんですか?」

咲「お邪魔してます……て、お子さんですか」

霞「うふふ、可愛いでしょ?」

咲「こんなに可愛いんですねぇ……」

小蒔「こう、子供を見てると和んでしまいます」

小蒔「ほら、この写真とか…」

咲「あら、これ全員神代さんの子供……じゃないですよね?」

霞「去年出場した5人と京太郎の子供よーふふっ」

咲「なっー!?」

咲「その話、詳しく聞かせてください!」

霞「え、まぁ…いいけれど……」

京太郎「あぁ、始まった」

小蒔「さっきと様子が違いますね」

京太郎「あぁ、あいつな……」

咲「次描く本のネタが潤うよー!」メモメモ

京太郎「オールマイティな同人作家なんだよ……」

カン!



霞「んっ、やぁぁ……膜破かれた後なのに…きもち、ひゃんっ」

京太郎「膜破かれて感じるなんて、ドMなんですかね?」パシンッ

霞「やっ、ひぁぁ……お尻叩いちゃ……んんんっ」

京太郎「くっ……ほら、叩いた時に締まりがよくなります……」パチンッ

霞「あっ、まって……それ、やば……ひぃんっ」パンパン

霞「あっ、あっんんっ……らめぇっ……敏感になっちゃって……はぁんっ」パンパン

霞「えっ、あっ……なにか、くっる……んああっ」パチッズチュッ

京太郎「も、もうイくんですか!?」

霞「うんっ、くる……これっ、イっちゃうよぉっ…やっ…らめぇ……」

霞「あっ、イくっ…イっちゃうっ……んっやっああっ」

霞「あっあっあぁあっ、あああっ……んひぃっ」ガクガク

京太郎「くっ、あと少し……ですっ」パンパン

霞「んぐっ……あっらめっ…敏感になって…んきゅうーっ」

京太郎「うおおっ…」パンパン

霞「またっまたきちゃうっ…あっこれっ、飛んじゃうぅ!」

京太郎「くっ、射精しますよ!」パンパン

霞「あっ、んああっ、せーしが、当たって……んんっ」

京太郎「はぁ……はぁ……」

霞「はぁっ……すごいぃ…これが……」

霞「はっ……あん……お腹の中、京太郎でいっぱいだわ」

京太郎「はっ、はは……さすがに疲れた……」

霞「あら、なにいってるの?」

京太郎「へ?」

霞「もっと、ちょうだぁい?」グイッ

京太郎「~~~~!!!」


ーーーー
ーー


咲「こんなこともあったのか……ネタがどんどん作られていくよぉ」メモメモ

霞「その後も激しく求めあって、気づいたら寝ちゃってたわ」

咲「うひょー!これは大ヒット間違いなし!」

小蒔「……」ジトー

京太郎「うぐっ、こっちを見ないでいただけますか……」

小蒔「え、えっちです……」カァァ

京太郎「ぶっ!?」


さらにカン!



小蒔「……」ソーッ

京太郎「……ぐごー」

小蒔「……」ススッ

小蒔「えへへ……」ピトッ

小蒔「はぁ……やっぱりここが落ち着きますね」

小蒔「京太郎、さん……」クンクン

京太郎「zzz」

咲「はよ、はよ襲え」ポソッ

小蒔「!?」ビクッ

咲「夜這いもネタにできるから、早く…!」ヒソヒソ

小蒔「あ、あわ、わ……」カァァ

小蒔「きゅう……」

咲「あれ、気を失っちゃった……」

咲「ネタなさそうだし、私も寝よっと……」

小蒔「うーん……助けて……助けてー……」ウンウン



翌日

京太郎「お、もう帰るのか?」

咲「うん、結構かかるからね」

京太郎「あー、そうだな」

咲「あ、京ちゃん」

京太郎「ん?」

咲「二人目×5(を作る時のお話)、楽しみにしてるよ!」

京太郎「ぶっ!?」

霞「あらあら、早速作っちゃいましょうか?」

小蒔「ちょ、ちょっと霞ちゃん……」アワワ

巴「あはは……」

初美「ふ、二人目ですか……」

春「ん」ポリポリ

京太郎「いやいや!」



もいっこカン!