京太郎世代改変注意


美月「はやく孫の顔が見たい」

京太郎「今日高校入学を迎えた男にいきなり言う言葉っすかそれ」

美月「だってー、いくら何でも焦った過ぎなのよ。昔は小2でしょーにって微笑ましく見てたけど」

京太郎「うっ……」

美月「どー見ても両思いだしさっさと告っちゃいなさいな」

京太郎「いや、それは」


はやり「あ、京くん来てたんだ!」


京太郎「っ!」ドキッ

はやり「おかーさんも言ってくれたらいいのに」

美月「ごめんねー。高校制服の京太郎がちょっと新鮮で」

はやり「そうだね。よく似合ってるもん」

京太郎「は、はは……はやりもよく似合ってるぜ」

はやり「ありがと! ね、このあと時間ある? 色々話したいことあるんだけど」

京太郎「あ、えっと――」

美月「ちょうどそのコトで話してたの。京太郎もはやりと話したいって」

京太郎「えっ」

はやり「わかった。じゃあお部屋で待ってるから」フリフリ


京太郎「……そんな勝手に」

美月「でも行くんでしょ?」

京太郎「……」

京太郎「……」コンコン

はやり「どうぞー」

京太郎「んじゃ……」


はやり「……」

京太郎「……」


「なぁ」

「ね」


はやり「……さき、いいよ?」

京太郎「……わかった。じゃあ、言うけど」


京太郎「俺、お前とは付き合えない」

はやり「……そっか」

京太郎「ごめんな」

はやり「……理由、聞いていい?」

京太郎「お前、牌のおねえさん目指してるだろ」

はやり「うん」

京太郎「アイドルってさ……恋愛、禁止みたいなもんだろ」

はやり「……」

京太郎「それに……夢に向けて頑張るお前の、足かせになりたくない」

はやり「……ねぇ」

京太郎「なんだ」


はやり「はやりのこと、キライじゃないの?」ずいっ


京太郎「え」

はやり「はやりのこと、スキ?」ずいっ

京太郎「いや、その」

はやり「スキ? キライ?」ずいっずいっずいっ


京太郎「……スキ、だよ」

はやり「じゃあ、もしはやりが牌のおねえさんじゃなかったら?」

京太郎「な、お前――」

はやり「ううん、そうじゃないよ」

京太郎「……」


はやり「はやりは京くんのこと好き。大好き」

京太郎「おう」

はやり「でも、京くんもはやりのことが好き」

京太郎「……おう」

はやり「だから」


はやり「牌のおねえさんになって、頑張ってみんなを元気にして」

京太郎「……」

はやり「また、新しい牌のおねえさんが来たら」

京太郎「……」

はやり「その時にまた、告白するね」

京太郎「何年、先の話だよ」

はやり「何年後でも、だよ」


京太郎「はぁー……」

はやり「どう?」

京太郎「どうってお前……負けたわ。ボロ負けだわ」

はやり「あは、勝ちました」


京太郎「……待ってるから。そん時まで」

はやり「ごめんね」

京太郎「いいんだよ、惚れた方の負けなんだから」






京太郎「――てのが、もう15年前か?」

はやり「そんなに経ったっけ」

京太郎「まぁ……な」

はやり「ねぇ、京くん」

京太郎「待った。俺から話させてくれ」

はやり「?」


京太郎「悪い。俺、お前のこと待てなかった」



はやり「えっ……」

京太郎「コレ……ベタで、お前の給料より安いけど……それでも、3カ月分だから」

はやり「……あ」

京太郎「こういうの……男からやらないと、さ」

はやり「……うん!」



京太郎「瑞原はやりさん」

はやり「はい」

京太郎「俺と――結婚してください!」

はやり「……はい!」



それから、暫く経ってから

初孫を母に見せにいく、牌のおかあさんの姿があったそうな


カンッ