シノハユ注意



閑無「京太郎! お前ちょっと付き合え!」

京太郎「また麻雀? この前散々ボッコボコにされたんだけど」

閑無「いや、そーじゃねえ」

京太郎「?」


――映画館


京太郎「リンク……ホラー映画?」

閑無「おう。一人で見るのもなんだしな」

京太郎「はーん?」

閑無「な、なんだよ……」

京太郎「どーせクラスのヤツらにからかわれて悔しくなったんだろ?」

閑無「ぐっ……」

京太郎「んで、見返すためにきたけど一人じゃやっぱこわいと」

閑無「ちげ、お前は証人だ証人! こんな作りもんのくだんねー話なんざ怖くもなんともねえからな!」

京太郎「ハイハイ」

閑無「ぐっ……さっさと行くぞオラ!」


――鑑賞後


閑無「」

京太郎「やっぱりなぁ……」

閑無「べ、別に……何ともなかったし……」

京太郎「目、赤いけど」

閑無「た、退屈だったからだ。欠伸したら涙出るだろ」

京太郎「ふーん?」

閑無「ま、無敵の私からすりゃこんなもん――」

京太郎「で、いつになったら手ぇ離すんだよ」

閑無「っ!?」

京太郎「めっちゃ強く握られて痛いんだけど――」

閑無「違ぇ!……からな」

京太郎「ハイハイ」


京太郎(でも手は離さねえのな)

閑無「京太郎。ちょっと付き合え」

京太郎「お前中学に上がっても全然変わんねえな」

閑無「あん? いーだろ別に」

京太郎「……で、今回は?」

閑無「コレだ」

――リンク・2

京太郎「またこの展開か……」

閑無「リベンジだよリベンジ」

京太郎「前回の負けは認めるのな」

閑無「うっせ。いいから付き合え」

京太郎「あいよ」


――鑑賞後


閑無「どうだっ」

京太郎「確かに。リベンジと言うだけはある」

閑無「へへ、アイツラに付き合わせた甲斐が――」

京太郎「アイツラ?」

閑無「あっ」

京太郎「……」

閑無「てめ、その微笑ましい顔を止めろ!」


――高校。

京太郎「はーややー!!」

閑無「お前まじキメェな」

京太郎「なんだよ、お前だってはやりのこと好きだろ?」

閑無「お前はあのデケェ胸目当てだろうが」

京太郎「それもあるけど……否定はしないのな」

閑無「……ふん。それよか映画見に行くぞ」


――リンク・3


京太郎「もうリベンジ終わったんじゃねえの?」

閑無「勝ち逃げは気分わりーからな。私は無敵なのだ」

京太郎「へいへい……」


――鑑賞後


京太郎「……まさかSFモノになってるとは」

閑無「……」

京太郎「……ん? どうした?」

閑無「なぁ、京太郎」

京太郎「ん?」


閑無「お前、私と付き合え」

京太郎「いいけど。どこ行く?」

閑無「ちげー。そういう意味じゃねえ」

京太郎「じゃあ」

閑無「あーもう……面倒くせぇ!」ガシッ

京太郎「か、かんな?」

閑無「お前のことが好きだって! そう言ってんだよ!!」

京太郎「え、はぁ?」

閑無「これ以上女に言わせんな! イエスか! ノーかっ!?」

京太郎「そ、それは――」




京太郎「というワケでな。このリンクシリーズは俺たちの思い出の作品なのだ」

はやり・慕「へー」

京太郎「なー?」

閑無「……ふん」



特に山オチ意味なしカンッ!