京太郎「あの、小蒔さん。一つお願いがあるんですけど」

小蒔「はい、何ですか京太郎ちゃん」

京太郎「……その『京太郎ちゃん』って呼び方、そろそろやめて貰えないっすかね」

小蒔「どうして? だって、京太郎ちゃんは京太郎ちゃんじゃないですか」

京太郎「いや、もうお互い高校生なわけですし、小さい頃のままの呼び方されたら流石に恥ずかしいというか」

小蒔「そうなんですか?」

京太郎「そうなんです!」

小蒔「でも、私は京太郎ちゃんが昔みたいに『こまきおねえちゃん』って呼んでくれたら嬉しいですよ?」

京太郎「悶死レベルじゃないですか勘弁して下さい」


カン