初「日頃お手伝いお疲れ様なので、ご褒美をあげちゃいますよー!(ウーンウーン)」

京「初美さん、伸びをして何がしたいんですか?」

初「む~。いいからちょっとしゃがむのです!」

京「は、はい…」

初「(ナデナデ)」

京「こ、これは!?(目の前に、初美さんのはだけられた胸が…)」

初「頑張ってる京太郎君に、お姉さんからのご褒美ですよー」

京「が、我慢できるか!ご褒美いただきます!」

初「あっ、おっ…胸にむしゃぶりついちゃダメなのですよ…ご褒美はナデナデであって、あんっ」

京「初美さんっ、初美さんっ」

初「あっ、もう大きな赤ちゃんみたいですよ…あんっ…あんっ」

……


初「はぁ…はぁ…」

京「初美さんの甘い声やら甘い香りやらで、俺もうこんなですよ。(ギンギン) 責任、取ってもらえますか?」

初「お、お姉さんが優しく教えてあげますよー。と言いたいところですが、私も初めてなので、その、優しくしてくださね?(ハート)」



姦ッ