京太郎「え、混浴だったんですか!?」

豊音「そうだよー!」

塞「ちなみに内風呂はないから観念して湯に浸かりなさい」

胡桃「タオル巻くのはマナー違反だからね。ほら、エイスリンも」

エイスリン「ハ、ハズカシイ……」

京太郎(ああ、天国って岩手にあったのか……)

白望「京太郎、背中ダルいから洗って」

京太郎「あ、はいはい。予想はしてました」

塞「あ、私もお願い」

胡桃「私もね!」

エイスリン「セナカ? アラッテクレル?」

京太郎「もうドンと任せてください!」

豊音「わ、私はいいよ……」

京太郎「な、なんで!?」

豊音「だって、私身長あるから背中広くて恥ずかしい……」

京太郎「そんなことありません! 豊音さんの背中は、スラッとして綺麗です! 最高です!」

豊音「そ、それじゃあ……」
______
____
___
_

京太郎「えへへ……豊音さんの背中ぁ……後ろからもおもちがちらり、うへへ……」Zzz…

胡桃「コイツなんて寝言を。どうしてやろうか?」

塞「まだ旅館にも着いてないのにね」

エイスリン「コンヨク?」

豊音「みんなで温泉に入ることだよー」

エイスリン「!?」

白望「そうか、京太郎に洗って貰えばいいのか」

豊塞胡エイ「ダメ!!」

白望「ダル……」

カンッ!