はやり「ばぁぁぁや゛あぁぁぁぁ~」グデー

京太郎「アイドルが出しちゃいけない声出てますよ」グリグリ

はやり「自分の家なんだからいいの、あぁ~そこいいね~」

京太郎「ここですか?」

はやり「ちょっとずれてるなー、指0.5本分右にずらして」

京太郎「……ここだ!」ピキーン

はやり「はうっ!」

京太郎「ここか? ここがええんか?」グニッ

はやり「あぁっ! そこそこそこっ……いいよ…」

京太郎「おら、してほしいなら言うことあるだろ?」

はやり「はやりのここを…京太郎くんの指でめちゃくちゃに…」

京太郎「よく言えました!」

はやり「んっ…気持ちいい……声が…でちゃうよぉ…」ビクン

京太郎「我慢しないで声出しちゃってくださいよ」

はやり「ダメなの…んっ…いっちゃうっ!」ビビクン

良子「いやいや、ただのマッサージでなんですかこれ」

はやり「ふぅ…気持ちよかった」

京太郎「さあ、終わったんで良子さんどうぞ」

良子「ウェイト、ほんとうにただの肩もみなのですか?」

はやり「……見ていたとおりだけど?」

良子「肩もみであんなに感じるものですか…」

はやり「京太郎くんは上手だから☆」

京太郎「エリート執事にみっちり仕込まれましたから」

はやり「まあ細かいことは気にせず良子ちゃんも楽しいんじゃえ!」

京太郎「良子さんも肩こってそうですからね。やりがいあるなぁ」

良子「お…お手柔らかに…」

はやり「じゃあはやりは替えの下着用意しておくね☆」

良子「レアリー?」

はやり「京太郎くんのマッサージ上手だから慣れてないと……ね」

良子「どういうこ……んあぁぁぁぁぁああ!!」

良子「はぁ…はぁ…」ビビクン

京太郎「ふぅ…いかがでしたか?」

良子「んあっ……あんっ…//」

はやり「おつかれさまー、良子ちゃんはどうだった?」

京太郎「思ってたよりは肩こりも酷くなかったです、若いからですかね」

はやり「それははやりのことおばさんって言いたいのかな★」ゴッ

京太郎「いえいえ! はやりさんはまだまだお若いお姉さんですよ!」

良子「ふぅ…これはすごかったですね…」

はやり「でしょ? プロ顔負けのテクニックだよね」

良子「あの…良かったら腰もお願いしたいのですが…」

京太郎「腰ですか、はやりさんもやりますよね?」

はやり「う~ん…はやりは明日の朝にしてもらおうかな」

良子「……どうしてですか?」

はやり「だっていまやっても夜にまた腰痛くさせられちゃうし☆」

京太郎「どっちかというと俺のほうが搾り取られて腰と…が痛くなるんですけど…」

はやり「まあまあ、その分気持ちよくしてあげてるでしょ☆」

良子「あの…お二人はもしかしてそういう…//」カァァ

はやり「うん、それはもう会うたびに激しくね☆」

良子「あのっ! 私やっぱりもう帰ります!」

京太郎「腰はいいんですか?」

良子「お二人の邪魔はできないので、どうも失礼しました!」バタン

京太郎「気にしないでもいいのに…」

はやり「それじゃあ京太郎くん、良子ちゃんも帰っちゃったしさっそく…」ジュルリ



良子「はやりさんにあんな相手がいたとは…今頃二人は…」

―あはっ☆ 今度ははやりが京太郎くんのここマッサージしてあげる☆

―うっ…はやりさんの舌がっ……っっ!

良子(こんな感じに…はやりさんうらやましいです…)

良子「ううっ…体が熱いのはマッサージの余韻ですよね…?」

カン!