豊音「ひとりぼっちだし大っきいし重いし…私なんかよりもっといい人が」

京太郎「俺は豊音さんがいいんだ!ちょーかわいい豊音さんと愛し合いたい!」

豊音「ほ…ほんとに?」

京太郎「ほんとに!」

豊音「あ…あはは、ちょーうれしいよー」

京太郎「豊音さん、これからもよろしくお願いします」

豊音「こちらこそ!」

京太郎「もうひとりぼっちじゃないんですからね」

豊音「うん!これからはふたりぼっちだね!」

カン