注。年齢改変 京太郎は千里山の先生です



とき「なぁ京ちゃん・・・ウチ京ちゃんのこと応援しとるから」

??「そうか、だったら俺はしっかり優勝しないとな」ナデナデ

とき「京ちゃんが優勝したらウチももう少しリハビリ頑張れるようなきがするわ」

??「あぁ絶対優勝してくるからよ、怜もみんなと学校に行けるように身体を強くしないとな」

とき「約束や、京ちゃん」

??「あぁ約束だ怜」


______
____
___



怜「・・・と、言う感じで子供の頃病院暮らしウチにのために京ちゃんは全国で優勝を~」

泉「へ~先輩と須賀先生にはそんな過去が・・・」

竜華「もう、怜それ何度目や、耳にタコさんできてしまうわ」

セーラ「たしか高校で麻雀をはじめて、三年で優勝やろ?頑張ったんやなぁ」

怜「バカヅキだったって謙遜すんねんけど、あの時の京ちゃんは本当にカッコよかったわ///」

泉「あ~でも たまにありますね、何してもうまく行く日って」

浩子「先生は基本運が悪いですからね、その日だけ運の揺り戻し的なことが起きたのでしょう」

京太郎「基本運が悪いとか言うなよ・・・そりゃあ何故か危険牌がどんどん入ってくるんけどさぁ・・・」

竜華「あ、京ちゃん先生」ペコリ

京太郎「おう竜華、今日は雅枝さん用事があって部室にこれないから適当に打ってろだってさ」

竜華「OK、わかったわ、じゃあさっそくみんなで打とうかな」

セーラ「よっしゃ、じゃあオレやるで」

浩子「ウチもやりますわ」

京太郎「怜は?」

怜「ウチは京ちゃんの膝枕で少なくなった京ちゃん分を補給するで~」

怜「ウチは京ちゃんの膝枕で少なくなった京ちゃん分を補給するで~」

京太郎「京ちゃん分ってなんだよ・・・今日は部内を見て回るから無理だぞ?」

怜「な、京ちゃんはウチを見捨てるんかいな!?」

京太郎「雅枝さんがいないんだからしょうがないだろ」

怜「むぅ~」プク-

京太郎「頬含まらせてもダメだ、ほら、お前も打ってこい」ツンツン

怜「なら・・・一位とったら膝枕してくれるん?」

他「「「「!?」」」」

京太郎「まぁ全部見て回った後ならな」

怜「よっしゃ、じゃあウチが入る!」

京太郎「じゃあ、お前らも頑張ってな」スタスタ

他「「「「・・・」」」」

怜「どうしたん、みんな? はよサイコロ廻そうや」

竜華「一位とったら膝枕なんやな?」ゴッ

怜「!?」

浩子「今日はおばちゃんもいないですしね・・・怒られないでしょう」ゴッ

泉「私もまぜて下さいよ」

竜華「じゃあウチらで総当たりってことでええか?」ニッコリ

セーラ「ほな、じゃあヤろうか」

怜「な!?イカン、イカンで!?京ちゃんの膝枕ウチの特権やで!」

竜華「じゃあサイコロ廻すで~」

怜「くっ・・・そっちがその気ならこっちは全力や!一巡でも二巡先でもみてやるわ!」




京太郎「(おぉなんかやる気に満ちてるなぁ・・・さすが強豪校と言った所か・・・)」




カンッ!