京太郎「叩いて被ってジャンケンポン?」

アレク「ああ、反射神経と判断力を鍛えるのに持ってこいだと聞いてな」

京太郎「で、俺が相手を。いいですよ、面白そうですし」

アレク「よし、じゃあまずは智葉からだ」

智葉「勝負だ京太郎」

京太郎「いきますよ。叩いて被ってジャンケンポン!」チョキ

智葉「ポン」グー

京太郎「ほっ! よし被っ……!?」ヒュッ

京太郎(鼻っ柱ギリギリを、横一閃!?)

智葉「あ、すまない。どうも居合の感覚が……」

京太郎「あ、あはは……」

アレク「次、ネリー」

ネリー「勝ったらなんか奢って!」

京太郎「勝ったらな。行くぞ、叩いて被ってジャンケンポン!」パー

ネリー「ポン!」グー

京太郎「よし!」

ネリー「へ、あ、ひゃあ! やめてぇ! 叩かないでぇ!」

京太郎「あ、え?」

ネリー「うぅ……ぐす……ぁぅぁぅぅぅ……」

京太郎「……」ポン、ナデリナデリ

ネリー「あ……えへへ」

アレク「次、ハオ」

ハオ「手加減しませんよ?」

京太郎「望むところだ。叩いて被ってジャンケンポン!」グー

ハオ「ポン!」パー

京太郎「く、被って防ぎ……あ、おい!」

ハオ「ハァッ!」

京太郎「まてこら!」ガシッ!

ハオ「相手の腕を掴んで防ぐのは反則では?」グヌヌ…

京太郎「ヘルメットで殴ろうとする奴に反則云々言われたくないわ!」グヌヌ…

ハオ「手加減しないと最初に言いましたよ?」グググッ…

京太郎「全力のベクトルが違う!」ヌォォ…

アレク「次、ダヴァン」

ダヴァン「覚悟はいいでスネ?」

京太郎「ロンオブモチです! 叩いて被ってジャンケンポン!」チョキ

ダヴァン「ポン!」グー

京太郎「くっ!」

ダヴァン「貰いまシタ!」パコー

京太郎「あー、やられた!」

ダヴァン「……」

京太郎「あれ? どうしました?」

ダヴァン「音が良くなかったデス。京太郎、テイク2」

京太郎「嫌デス」

アレク「次、明華」

明華「よろしくお願いしますね、京太郎」

京太郎「よろしくお願いします、明華さん。叩いて被ってジャンケンポン!」パー

明華「ポン」チョキ

京太郎「くっ、ヘルメット」

明華「あ、えと、こっち!」ピト…

京太郎「あっ……」スッ…

明華「あ、手……お、お手つきしちゃいましたね!」

京太郎「そ、そうですね!」

明華(京太郎の手、逞しくてあったかかった……)

京太郎(明華さんの手、ちょっと触れただけだけど、スベスベしてたなぁ…

アレク「なんだこれ」

カンッ!