京太郎「わっはっはっはっはっは!やはり貧乳はいいのう!」サワサワ

咲「あんっ♪京ちゃんったら…」

照「んっ…♪京ちゃん、すけべ…」

透華「もう、京太郎様ったら…わたくし達を忘れていただいては困りますわ」

衣「そーだぞ!衣達を忘れるとひどいぞ!」

京太郎「はっはっは、すまぬすまぬ。ほれ、こっちゃこい。こぬならこちらからいくぞー?」

「「キャー♪」」

京太郎「はっはっは!ほれほれい!」



?「待てぃ!!」




京太郎「むっ、何奴!?俺の楽しみを邪魔するとは、許さんぞ!」

?「須賀京太郎、お主…余のおもち、見忘れたか?」

京太郎「…はっ!?ま、まさか…玄様!?」

玄「いかにも!すばらしいおもち持ちを気にもせず、角もちばかりを愛でるお主の所業、もはや見過ごすことは出来ぬ!神妙にせい!」

京太郎「え、ええいっ!ここに玄様がおろうはずもない!こやつは玄様のおもちを騙る不届き者だ!者共、であえ!であえい!」

洋榎「はっ!」

初美「であうのですよー!」

玄「どこまでも板々しい奴らめ!おもち番衆、共に成敗いたすぞ!」

竜華「かしこまりました、玄様!」

宥「ひ、開き直りはあったかくないよ…?」

てー♪てー♪ててーててー♪てーてーてー♪ててー♪

ーーー
ーー



洋榎「うぅ…やっぱりおもちにはかなわへんのか…」

初美「ただの脂肪なのに理不尽ですー…」

玄「須賀よ、まだ刃向かうか?」

京太郎「ぐっ…ぬぬぬぬぬ…!」

玄「須賀、お主は元々おもち持ちが好きであったな。しかし、少しも相手にされぬ為、角もちに走ったとも聞く」

京太郎「…確かにきっかけはそうかもしれませぬ。しかし!この胸に宿るこの貧乳への愛しさは偽物ではござらぬ!こればかりは玄様といえど否定することは出来ませぬ!」

「京ちゃん…」「京太郎様…」

玄「ふふふ、余は何も否定するつもりは毛頭ない…ただ、丸もちにも愛を向けよと言いたかっただけだ。そなたにも、心に残っているおもち持ちがいるのであろう?」

京太郎「し、しかし…その娘は…「京太郎様!」…!お、お主…!」

和「はぁ…はぁ…」

京太郎「和…何故ここに…?」

和「あることを申したいが為に…玄様に…」

京太郎「そうか…これはお前が…」

和「京太郎様…私はあなたをお慕い申し上げております…」

京太郎「!」



和「あの頃は素直になれませんでしたが…再びお会いできたこの機会、もはや抑えることは出来ませんでした…」

京太郎「和…和…!」

和「京太郎様…!」

玄「ふっ、これ以上は野暮と言うものよ…皆の者、帰るぞ!」

「「はっ!」」

ーこの後、須賀京太郎は貧も巨も等しく愛でる名君として名を残したそうな…

ーーー
ーー

玄「めでたし、めでたしぃ…ふへへ…おもちぃ…」スピャースピャー

京太郎「寝言までおもちって…幸せそうな顔しちゃって、どんな夢見てんですかー?」ナデナデ

玄「むにゃ…しょーぐんのおもちはめでられぬともうすかー…すぴゃー…」スヤスヤ

カンッ