ポンコツ部長哩さん


京太郎「・・・ここが新道寺高校麻雀部か」

京太郎「(強豪らしいけど・・・俺でも強くなれるのかな)」

京太郎「・・・なやんでも仕方ない・・・行くか」

コンコン ガラッ

京太郎「失礼します、一年の須賀京太郎ですここに入部をしに来たんですが・・」

ブチョー ニュウブキボウシャデス
        ハーイ、チカットマッテぇ

京太郎「(やっぱほとんどの人が方言使っているんだなぁ・・・)」

タッタッタ

?「えっと君がここに入部希望しとっと?」

京太郎「・・・あ、はい1年の須賀京太郎です( ・・・っ!?)」

哩「うん須賀君やな、私は白水哩、ここの部長ばい!よろしゅうな」

京太郎「あ、はいよろしくお願いします白水部長・・・それで、その白水部長・・・」

哩「ん?なんかわからんことでもあっと?」

京太郎「あ、いや質問というか、なんというか」

哩「ふふん、この部長になんでも聞くとよかばい!!」

京太郎「あ、では・・・」

哩「うん、で何?」

京太郎「・・・鼻に生クリームついてます」

哩「ひゃ!?///」

京太郎「(そこはかとなく、この人からポンコツ臭がするなぁ・・・)」

________
______
____


哩「たはは、なんかかっこ悪うところ見せちゃったばい」

京太郎「・・・いえ、大丈夫です」

哩「コホン で、京太郎君は麻雀経験無しっと?」

京太郎「あ、はい一応ネトマは最近やり始めたんですけど・・」

哩「よかよか、はじめは誰も初心者ばい、ここで頑張って強くなるとよか」

京太郎「は、はい!(よかった・・始めはどうかと思ったけど良い先輩だ!)」

哩「そいぎ、入部届けわたさんとね・・・えっと確かカバンに入っとるはず・・えっと、あ、あった」


哩「はい、入部届け!」

京太郎「ありがとうござ・・・・うん?」

哩「どうしたん?」

京太郎「白水部長・・・   これあなたの進路希望書です」

哩「にゃ!?///」

京太郎「(やっぱりこの人ポンコツかもしれない)」


カン