京太郎「ウキャ?ウキ、ウキキキッ、ウキ!」

穏乃「キャッ、ウキャー!」

京太郎「キー、ウキッキッ」

憧「…何やってんのあんたら?」

穏乃「ウキッ!キーキー!」

京太郎「実は穏乃が急に言葉を喋れなくなったみたいでさ…こんなこともあろうかと学んでおいた執事式会話術でなんとかしてたところだ」

憧「どういうことなの…特に後半が…いや、別にいつかシズが野生化して人語を話せなくなるんじゃないかとかちょっぴりも思ってたわけじゃないけど」

穏乃「キー…ウキーキー…」シュン

京太郎「ウキッキキキー。キー」ナデナデ

穏乃「ウキー…」

憧(こう、なんだろう…とにかく図がシュールね…)

穏乃「ウキー!」

憧「な、なによ?どうしたの?」

京太郎「『憧と喋れないのが辛い』ってさ。すまんが憧、おまえも同じ言葉で話してやってくれないか?」

憧「えっ、そんなの急に言われてもわかんないわよ!そもそもなんて言ってるかさえ…」

京太郎「大丈夫、俺と同じ言葉を続けて喋れば問題ないさ」

憧「そ、そうなの?ホントに?」

京太郎「ああ、信じろ。じゃあいくぞ…ウキッキキキッ、キー!」

憧「う…うきっきききっ…きー…」ボソボソ

京太郎「駄目だ駄目だ!もっと大きな声で!恥ずかしがらずに!」

憧「う…ウキッキキキッ、キー…」

京太郎「そう!もっと心を込めて!」

憧「ウキッキキキッ、キー!」

京太郎「よし!そうだ!もう一回!」

憧「ウキッキキキッ、キー♪」

京太郎「ようし、合格だ!さあ、穏乃と話してこい!」

憧「うん!ありがとう京太郎!穏乃ーー!」

穏乃「ウキッ?ウキャッキキキ?」

憧「ウキッキキキッ、キー♪」

穏乃「日本語でおk」

憧「えっ」

穏乃「日本語でおk」

憧「………」

憧「……………えっ?」

京太郎「くっ………!ぶふふっ……!」プルプルプル

憧「え…?穏乃…言葉…えっ?」

穏乃「ほら、私たち日本人なんだから、日本語で喋ろう?おーけー?」

憧「お、おーけー…?あれ?え?」

穏乃「憧、少し落ち着こう?普通は人が突然人語喋れなくなるなんて起こんないって。何も話せなくなるぐらいならまだしも」

京太郎「カッカッカッカッ…は、腹痛て…ウキッて…」プルプル

憧「おい。お前。おい」

京太郎「だ、だって…普通…信じるわけ…んぶっふ…」

穏乃「いやー、憧変わったと思ったけど全然変わってないやー。勢いあるとつい信じるもん」

憧「す…須賀ァァァァァァァーーーー!!!」ゴゴゴゴゴ

京太郎「そう簡単には捕まらねえよー!」ダダダダダダダ

穏乃「二人とも元気だなー」ズビビー

カンッ