菫「…」ペラッ

ヒャァァァァァァ…

菫「…ん?」

バタンッ

淡「うひゃぁぁぁぁぁぁぁ!!」ダダダダ

菫「…淡、廊下は走るなと何度も」

淡「そ、それどころじゃないの!隠れるとこ!隠れるとこどこ!?」キョロキョロ

菫「?一体どういう…」

マテゴルァアワイテメェェェェェェェ…

菫「…そういうことか」ハァ

淡「何納得してるかわかんないけどそういうことなの!どっか隠れるとこない!?」

菫「…ふむ、ならばこっちに来るといい」

淡「わかった!」タタタタ

菫「そしてほら、ここに座って」ヒザポン

淡「あいっ!」ストン

菫「これでよし」ガッシン

淡「…はれ?」ハガイジメー

淡「ちょっ、ねえスミレー?動けないんだけど」ウネウネ

菫「当たり前だ。逃げられないようにしてるんだからな」

淡「う、裏切り者ー!」バタバタ

菫「それは心外だな。私はこっちに来いとは言ったがかくまってやるとは一言も言っていないぞ?」

淡「うぬぬぬぬぬぬぬ…!」

菫「それより抜け出そうとしなくてもいいのか?そろそろ…」「オルァァァァ!」バァァァァン!!「おっと」

京太郎「とうとう追い詰めたぞあぁーわぁーいぃー…」ゴゴゴゴ

淡「ぴぃぃぃぃぃぃ…」カタカタカタ

菫「ふむ…京太郎、こいつはいったい何をやらかしたんだ?」

京太郎「えぇ…こいつはですね、俺が楽しみにしてた宇治抹茶あんみつパフェチョコクリームケーキのせを食い尽くしやがったんですよ…!」

淡「ちょっと一口のつもりが美味しすぎてついやっちゃったんだよー!!」ジタバタ

菫「なんだその聞くだけで胸焼けしそうな代物は」

京太郎「俺のオアシスです。ダブルポンコッツですり減った心の最後のオアシス…でした。それをこの淡の野郎が…!」グニグニグニ

淡「いーはーいー!ほめんっへばーー!」

菫「まぁ、うん…それは…しょうがないな…気の済むまでやると良い…」

京太郎「クッソほっぺもちもちしやがってこの淡野郎…!」モニュンモニュンモニュン

淡「ふみゃーーーーーーー!」

菫「…」

菫(ん?この状況はドア開けた奴がとんでもない勘違いをしたりしないか?)

菫「おい、京たろ」「ちゃーっす」ガララ「おぃぃ…」

誠子「ちょっと釣り道具を置きにきまし…た?」

←            →
 菫淡京     誠 ド

誠子「えっと…」ウーン

菫「…」←淡羽交い締め中 ポク

淡「…」←涙目+暴れて服乱れてる ポク

京太郎「…」←覆い被さってる ポク

誠子「…ああ」チーン!

誠子「多分淡が何かやらかしたんだでしょうけど程々にしといてやってくださいよー?」スタスタスタ

菫(残念、勘違いされるには女子力が足りない)

淡「ひゃみはひんだぁー!」ジタバタ

京太郎「おらおらおらー!」モチモチモチモチモチ

この後満足するまでもちもちされた。

カンッ